空腹時に出る若返りホルモン

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

及川ゆりかさんの「小顔ケア」&相澤裕子さんのファスティング

(9月もあります!)→https://www.facebook.com/linous.official/

に参加した際に

『若返りのホルモンは空腹時に出る』

と聞いて、そういえば!と。。。
食べ過ぎは酸化もさせるし、

いいことないんだよな。。。

でもなぜ食べてしまうのか?

それは心の問題ともつながってて、、、

で、色々と思うところあって
これやります!!!

食べる瞑想

食べる瞑想の会をやります~→詳細

よくあるものではなく、普通のレストランで動物性の食事をします!

ベジタリアンでない方用の会です。

あえて、肉や魚を食べることで命の大切さ、だけでなく、自分の心理面で起きている葛藤(抑圧されていてそれすら認識されてないかもですが)や罪悪感に取り組む会。

罪悪感はどこからできているのか?

そして、胃腸と対人関係、食べることと感情の関係などについてもお話しできればいいな~

ゆっくりと噛んで食べることで得られるものは?
どんな栄養や毒が体内に取り込まれてエネルギーになる?
食べることから気づくことはとても多い。。。

生きようとする力

アンチエイジングってじつは老化と同じだったりして。
そもそも死に向かって生きているといえばその通り。

生きることは死ぬことではない。
生きたから死ぬだけ。

その限られた期間のなかで身体は一生懸命生きている。
私たちは生きているんじゃなくて、この環境、肉体に生かされているだけ。

だから抗えないし、抗おうとするほど変なことが起きたり、エラーが起きる。

身体は毎瞬、細胞を殺し、新しい細胞を作り出す。
これが代謝。
これがエネルギーとなって私たちは生きている。
臓器が動いて「生きている」となる。

その臓器の餌になってエネルギーを作っているのは「栄養」。

人間の栄養は食べ物から得る。

 

毒になるものもあるし、栄養にもなる。
消化されて固形が形を変えたり。。。

細胞に変わり、また生まれて死んでいく。
循環。

一番身体や心に悪いことはこの循環を滞らせることかもしれませんね。

 

代謝のシステムの停滞=循環の停滞=エネルギーシステムの不具合

 

 

対人関係と胃腸

 

食べることは人間の感情面に大きなつながりがあります。
ストレス発散には一番手っ取り早い。。。

自分ですぐに簡単にできるし、すぐに満たされるし、快楽感情に働きかける。

脳も充たされます。

 

ショックなことが起きたときは食欲がなくなったり。

ストレスがたまると胃が痛くなったり、、、お腹には腹腔神経叢というお腹の脳があります。
たくさんの神経が集まっているんです。
それだけスピリチュアル的にも大いにつながっている場所。。。消化できない思いがあると下痢や便秘になります。

わかりやすい。

食べることに今一度向き合ってみると人生の悩みにつながる何かの気づきがあるかもしれません。。。

 

肉食や菜食へのジャッジは不要

 

でも、瞑想をして何かを変えようとする目的ではありません。
瞑想というのは自分の中で起きる気づきの時間であって、結果を求めるものではない。
結果を求めた時点で歪んでしまいます。

肉食がダメとか菜食がいい、と言ったことは横に置いて、まずは今自分がどう食べていて、何が起きていて、どう感じるのか?ということだけでいいんです^^

 

ま、何を食べるかというのはとても大切です。
自分のカラダは食べ物でできている。
しかし、それより大切なことは「どう食べるか」です。
食べ方なんです。どんな意識で食べるか、でその食べ物はまるきっり違うものに変化しているから。

 

 

テーマから外れちゃったな(笑)
若返りのホルモン出したい~♪ので私は朝のごはんをやめて、ランチ後8時間以内に夕飯を食べ、その後16時間食べないというのをゆる~く続けている二週間ほどです!

身体は勝手に色々とやってくれていますが余計なものを摂取したり、余計なことをしない、というのが自然の摂理に則っての結果になるんですね~^^

 

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

9/4 ハンドリフレクソロジー復習会&無料体験

https://resast.jp/events/369456

9/29 ハンドリフレクソロジー一日講座
※ブログを見た!と言って下さると消費税サービスです!

https://resast.jp/events/367751

広告

資格や肩書に捉われない~自分にしかできない施術・手技

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

リフレクソロジーは施術のオプションとしてではなく、メインとなる究極の自然療法だと感じています。

セラピストはいくつかの資格を自然に、或いは故意的に取得するものですが

私が資格を取ったのは学びのためであり、肩書のためではありません。

目標が資格、ではなく、習得。

資格は習得の結果、証明。
それだけ。。。

本当にそれが意味をなすのは
その後、自分で行っていくうちにできる

”自分の施術”

そしてそれは常に進化する。

でも、変わらない根幹の部分。

あなたにしかできないことをやるために・・・

自分だからこその手技・施術を提供する

教わったままの手技や施術なら別に私でなくてもいいんですよね。

そこから自分なりに変わっていくのが施術者には当然起きることですね。
よって私にしかできないこと、私だからこそのことを提供したいと思って丸9年やってきました。

自分にしかできないこと、、、自分だからこそできること・・・
それってどこから生まれるのか?というと、
自分がクライエントさんの症状や自分の施術と向き合うなかで感じたことや興味を持ち学んだことが自分なりの解釈や探究心や結論によって導き出されていくんだと思います。

習ったら終わり、じゃなくて、習ってからが学び。
なんですよね。。。

クライエントさんの身体を借りて、施術を極めていく作業をさせて頂いている。

施術って、一人の人間の命に関わっているんですよね。
一生に関わり、その人の人生そのものを背負っているくらい。。。

そして、自分も同じようにエネルギーの交換をしている。
させてもらっている。。。

自分のことよりクライエントさんのことを考えれば、おのずと答えは出ていて、、、
まずはクライエントさんのことを考えれば何をやらなければいけないのか?何が必要なのか?ということがわかる。。。都度、それは経験によって人によって違うから変化する。

 

資格じゃなくて人を見ている

資格がいっぱいあっても、肩書が素晴らしくても結局施術が気に入らなかったら一回で終わってしまいます。
自分が本当にやりたいもの、自分のなかから欲したものであるから真剣に向き合えるし、自然に極めるってなるんじゃないかな?と思うんです。

クライエントさんは資格よりも人なりを見ている。。。

セラピストを始める前、資格を持ってないと・・・とか沢山学んでからサロンをやろう、、、なんて思っていました。

でも、それじゃあせっかく学んだ手技をやることなく忘れてしまったりなんてことに。
手を動かしてこそ、セッションをしてこそ、自分がやりたい手技、施術、目的に近づけます。

それこそが自分の手技になっていくんだと思います。
経験によって進化していく。。。

本当に伝わる手技

本当に伝わる手技って意識だと言っていますがこれについては各講座やレッスンのなかで伝授させて頂いています。

私が手技として行っているのはリフレクソロジーです。

リフレクソロジーはオプションとして習われる方や単なる足のマッサージ、として認識されている方が多いかと思いますが私はメインとして行っています。

自然療法として素晴らしいセラピーだと思っているんです。
自然療法って、自己治癒力を快復させるだけなんですよね。
それってどこにも余計な負担をかけずに不要なものを取り去って、本来の状態へ戻す。

治療ではないので何か手を加えるというよりも手助け。

全面的ににその身体、その人を信じている。

足の施術は足つぼやフットマッサージなどいろいろあると思います。
リフレクソロジーにも種類が多数ありますし、手技の方法もそれぞれ。

私しかやってないことをお伝えして、自分を通してまた違ったものを作り上げたい方、レッスン行っています。

施術を深めたい方、さまざまな手技を知ることや比べることで新しい進化に興味のあるプロの方へお伝えしたい。

資格を取得したけれどいまいち自信がない、経験が少なくてサロンを始められないなど、ご相談ください。リフレクソロジー以外でも相談可能です。

手技のレッスンのみは15万円(税込み)となっていますがプロのための手技確認一日レッスンは3万円(税抜き)で随時希望日にてマンツーマンで行っています。
お気軽にご相談下さい。

セラピスト相談は 90分 ¥15,000→9月末まで¥10,000(税抜き)~

セラピストマインド個人レッスン「本当に伝わる手技~ケアの本質であるアノ意識」
3時間~??? 使命を見つけてどう生きるか、どうブランディングするかを一緒に導き出して目的を明確に モニター料金¥30,000→¥20,000(税抜)

リフレクソロジーのレッスン詳細はこちら→スクール詳細

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

 

閉経、セックス、膣の萎縮~性と命と人生と

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

セクシュアルヘルス勉強会、楽しかった~^^

勇気を出してお越しくださり、ありがとうございます!

今まで「躊躇する」「恥ずかしい」と思ってたから参加するまでは・・・と思っていた方がほとんどで

でも帰るときは「来てよかった!」とスッキリしたり、

偏見が取れて自信がついたり、

今後の人生の変化にワクワクで目を輝かせて帰る人が多い。。。

性の話、身体の話ってそのまま人生の話しなんだよな~

と改めて唸る。。。

そして、共通するキーワード。

「閉経」

「女性ホルモン」

「セックス」

「膣が痛い」

「このまま終わるのか・・・」

「性欲がない」

「周りに話す人がいない」

『こういう話なかなかできなかった(できない)』

とセクシュアリティに関するイベントをすると出てくるご意見。

子供の頃から相談できる人や相談できる場があったらきっと私たちの人生はもっと違ってたんだろうな~って思う。

未来の子供たちのためにもここで私たち一人ひとりが不要なビリーフを変えておくことが今生きている役割なんじゃないかと思った・・・

そして、多くのアラフィフ女子の悩みが共通するこのこと・・・

 

昨日はさまざまな話が出ました!

お子さんがいる方ばかりだったので性教育について、、、コンドームの種類とか安全性とか実際に見て触って確かめました。

condom
男性や女性の生殖器の障害、治療の有無、解剖生理学的なからだの知識、
膣のケア、骨盤底筋をどう鍛えるのか?という実践も行い、

2019.08.18 セクシュアルヘルス勉強会小松さやか
普段恥ずかしくて買えない、でも知りたい!なんて内容の様々な本も手に取ってみたり・・・

小松さやか本.jpg
そして一番はこういった性の話しを安全な場だからこそ自分の悩みや意見を
話せるということが何よりも参加される方にとっての学びになったのではないでしょうか?
私も皆さんの話しを聞いて、悩みを聞いて、これからお伝えすることに関しての学びとなりました。
とにかく面白かったし、楽しかった!またやりたいな~(興味あったらいつでも連絡下さいね)

 

アラフィフの身体の悩みは心の悩み?!

 

参加者の悩みで多いのはセックスレス、年齢による身体の変化、膣萎縮の不安・・・。
それを聞いていくと結局は精神的な悩みに行き着く。(当然ですが)

ご主人との関係、パートナーが欲しい、セックスレスと性欲、デリケートゾーンの変化による不安や恐怖、子供への性教育、などなど。。。

 

でも知識を持っていれば大丈夫だと安心します。

まず、これを言うと皆さん安心する・・・

「膣は枯れません」

閉経すると膣は萎縮します。膣は筋肉でできているので鍛えればいいだけ。
これだけで尿漏れ、便漏れ、臓器下垂の不安が軽減されますね。
更年期障害同様、全員がなるわけでもないのでご安心ください。

膣の健康は全身の健康でもありますが膣の健康のためにすること

セ ックスしなくてもいいし、しまくってもいい(笑)

どっちだっていいんですよ~
大きく分けて悩みは二通り。

1、したくてもできない→セックスレスだから、、、相手が居ないから、、、
2、したくない→性欲がない、、、性交痛で自信がなくなった、、、

 

性行為、自慰行為をするのがいいのですが性欲なんてない!と言う方は膣のマッサージや膣のトレーニング用器具などでも鍛えることはできます。
性交痛がある方、相手が居ない方などまずはできることからケアを。

相手が欲しい、と言う方は直接ご相談下さい。

余談ですが、、、最近では「膣ダイエット」なる本も出たりしているらしいですがここはどうでもいい(笑)使い捨ての情報なのでここの躍らされているといつまでも同じことのくりかえし、、、きっかけになることはいいのですがその先が大切です。
ダイエットって言うのはなんだってなりえるのでわざわざ〇〇ダイエットってやる必要はないし、本当に成功するならなぜあれほど毎回色々なものが延々と終わらずに出ているのかわかるはず。もうそういった本質から反れているものから目覚める時期なんです。余談終わり。長いな!w

 

 

膣の潤いは心の潤い=人生の潤い

 

人生潤ってるな~って見える人って自分のやりたいことをやっていますよね~^^

身体も元気だったり。。。膣も(男性ならペニス)。

心が潤っていると膣も潤い、膣が潤っていることは人生が潤っている!
と言っても過言ではないくらい、女性にとって膣は健康のバロメーター&人生のバロメーター!

更年期、閉経が気になるお年頃。。。

 

「このまま女性(男性)が終わってしまうのか・・・」

 

という不安をお持ちの方が多い。

だから膣のケアをしようとする方、実際に膣の不調を感じて不安を抱える方も多い。

 

個人差はありますが男性も女性もいろいろな方法で死ぬまで行為は可能です!
夢だってそうですが何事もあきらめるから終わるんです。できないんです。
でも、それでその場の感情を抑えることだって生きる上で必要なこと、、、
要は自分が何をしたいのか?どうしたいのか?ってこと。

今はいろいろな器具や器材も豊富ですし、いくらでもできますし、行為をすることだけが男女の歓びでもありません。

本能的に欲するものは安心感=愛、です。
これは触れ合うこと、スキンシップによっても充たされます。

だから一緒にどこかへ行く、マッサージしあう、などでもいいんです。

まずは形式や観念、情報にとらわれずに自分が心地いいこと、楽しいと思えるところを探してそこに居てみて下さい。

そしたら自ずとその先のことも見えてきますから。

そして、年齢関係なくいつでも恋ができます。
この気持ちは脳への良い影響を与え、病気を無くし、予防医学にもつながっています。
恋愛もあきらなくていい。仕事や遊びに愛を傾けてもいい。
閉経しても、女性は終わりませんよ~

 

性って生命だと思うんです。
すべてにつながっている生きるテーマ。
でも、それがなんだか変な固定観念によって「偏見」や「否定」のビリーフで支配されていると「出しちゃいけない」と目を背けて違うところばかりいじくろうとします。
問題は表面的なところにはなく、本質的なところ見ない限り堂々巡り。

だから、不要な偏見をなくす、正しい情報を得る、その上でケアをしたり、自分と向き合ってみる。。。
性のことは自分の本質的な根源ですからなおさら向き合うことが難しいのかもしれません。

でも、逆に言えばだからこそ本当の答えが出てくるんです。

性的なことを観ないでいたり、子供にも隠したりしていませんか?
完全にオープンになれ、というわけではありません。
でも、本来伝えるべきことすら伝わっていないと逆に怖いんです。
病気もそうだし、自己否定にもつながっている。
ふざけたり、隠したり、過剰に反応したり、避ける必要なく生きるためにはまずは「避ける」根源になっている罪悪感や嫌悪感がどこから来ているのか?そしてそれらを癒すことが必要だと思うのでセクシュアリティの講座を勘違いや偏見のリスクがあっても続けていきたいと思っています!
このことで笑顔になった人たちを沢山見てきたから!!!

 

ちょっとの勇気で人生が変容していく、、、そんな領域であり、とても大切な愛おしい部分。

 

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

アラフィフこそ性に目覚めよ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

40代~50代、アラフィフこそ性に向き合う時期。

女性は性欲が上がり、男性は下がる。

勘違いされている人多いですよね~

そして、性交渉は生殖だけ、とか

若いときだけ、なんてのは時代遅れすぎます。。。

性欲は人間の3つの欲求に入り、性欲があることは食欲と同様に自然なこと。

それを否定していると生命に影響します。

60代~80代は健康に気を遣う年代ですが現代の研究ではセクシュアルヘルスとして

性が健康を保っていることが証明されてきているんです・・・

性への偏見をやめる

 

性と聞くと嫌悪感、、、これは刷り込まれた観念による心理的な反応です。
この反応によっていろいろな人間関係、恋愛など、トラウマなどとつながっている。
これに関しては「まじめなセクシュアリティ講座」でワークをやって自分の肯定感、自己否定、インナーチャイルドの癒しなどで向き合っています。

性への偏見は環境によっても起きますよね。

朝から満員電車で目の前に座っているおじさんの新聞から否応なく目に止まってしまう女性の裸の写真、、、
「あ~、気分悪い」
これは当然です。

しかも、痴漢にあったことがある女性ならそれらに対して嫌悪感も恐怖心も当然できる。。。

でも、それは性に限ったことではありません。
だからちょっと性に関して偏見があるなら、自分のために一線を引くことをお勧めします。

 

性欲ってじつは・・・

 

性欲って聞くとなんだか卑猥でいやらしくて悪いもの!みたいなイメージが湧いてきます。

持ってはいけないもの。。。

人間の三大欲求なのに、それによって私が生まれてきたのに・・・うむむ。
なぜでしょうか?

これは全員じゃない。北欧の人は日本人と異なる印象を性に対して持っています。
ということは人間だから、ではなく、後天的につくられた固定観念や先入観によってなんですよね。日本人でも個人差ありますもん。

性欲ってとても素晴らしいんですよ。
解剖生理学的、脳科学的に見てもこの快の刺激伝達というのはガンや病気を治すパワーを持っています。
そりゃあ強いはずですよね、だって、種の保存の根源なんですから!!!

 

なのにイメージが悪いのは認識のせい。
じゃあ、その認識をつくった先入観や固定観念はどこからくるか?
それは情報元であるメディアや環境のせい。

実際の性生活においても

個人的には性欲って愛だって思うんです。(つか全部愛なんだけど)

愛がほしい、寂しい、肌寂しい、、、

 

風俗だって、身体だけだって、結局求めているのは「愛」。
そこにパートナーシップがあるから愛が存在するとかそういうこと以前の愛。
根源的な人間が求めている生きる糧の愛。

もし、そこをお互いが理解しあっていたらパートナーと最高の愛情表現、コミュニケーションができて愛でいっぱいの家族がつくれたり、
愛を感じながら幸せな生き方ができると思うんですよ。

それと、行為自体が性でも愛でもない。。。

 

性を解放しなくていい

 

こういうことを書くと勘違いされる方が多いのですが、別に性を解放しなくていいんですよ(笑)
性にオープンにならなくても、性が好きじゃなくてもいい。
隠してもいいし、隠さなくてもいい。やってもやらなくてもいい。
行為もそれぞれ。

性欲も人それぞれ高い人もいれば低い人もいます。

大切なことは性に対してちゃんとした知識と認識を持つことで自分自身の人生を全うにすること。

例えば、セッ クスって究極のコミュニケーションなんです。
普段から自分の主張が出来ない人は相手に言えない。

普段は言えてもベッドの中では言えない、と言う人もいるでしょう。
それはまたいろいろな理由が絡み合ってますがこれって伝え方を知っていたり、相手への勝手な想像による不安や遠慮、批判などがなくなったら軽減されます。

セッ クスによる低い知識が夫婦のセックスレスやパートナーとのコミュニケーションエラーになっていることが多いのは本当に悲劇です。

セッ クスは挿入して、男性がいって、射精して、おわり、というのがそもそも二人の関係、いや自分自身をおかしくしているのです。
そこだけを意識しているから(特に)女性はしたくなくなる。。。
そして、そんな激しいのは若い時にしかできない、、、と思って年齢が上になってからやるものではないと思います。。。

セッ クスは激しいものだけでもないし、イクのでもないし、射精しなくてもイかなくてもいいんです。それよりも大切なことは二人で触れ合い、愛を交換すること。。。

ここを勘違いしているからこれほどセックスレスや対人関係もおかしい社会になっているんです。。。(社会問題にまで発展!)

 

性を楽しんでいい

 

身体的には女性は閉経後に性欲が上がります。
なのに、「しない」とか「性はもう終わり」という観念があると(いやこれが今までの常識でしたよね?)これを抑圧します。

本能的なものを抑圧するのは理性は得意♪でも、強いのに押さえつけていると意識のギャップで色々な不具合が出てきます。

以下のような観念が常識になったらどうでしょう?

・性を楽しんでいい
・年齢は関係ない
・高齢になるほど性を楽しむことで健康になる

 

女性の場合、女性ホルモンが下がり、男性ホルモンが表になってくるので性欲が上がります。
男性は男性ホルモンが下がり、性欲が下がるので勃起をしないことで「自信」がなくなり精神的に落ちます。そして、肌に触れることが少なくなる世代。。。これは大問題!

肌の触れ合いがないのは人間には致命的なこと。
タッチングがないと愛がないのでオキシトシンが分泌されません。。。一大事!

ですから、挿入や射精することだけが目的だと思わずにいくつになっても性を楽しんでほしいのです!

それには今までの偏見をなくすために先入観や固定観念を無くすこと。

そのために私は講座をやったりするようになりました。

性は生命、命のことなんです。
だからここを正しい知識をもってよりよい人生、幸せを感じてほしいと思います。

一人一人の愛が充たされていたらそのエネルギーは循環するから!

 

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~「性と健康をまじめに明るく」
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

家族や友達がガンになったとき

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昔、寄り添うということを勘違いしていました。

癌、大病になった家族や友人へ
自分ができることは
アドバイスでも声かけでもなく、、、

本当に欲しいものは
これしかなかったのにね・・・

やってしまった過ち

 

私の家族はガン家系。

母は乳がん、胃がん。
姉、伯父、伯母、、、

癌に対して私は敏感でした。。。

友人が肺がんになったとき、私はすでにセラピストでした。
寄り添うケア、ケアの本質を追求していたのに全く別のことを当時やっていました。

なのに、私は彼女に自分を押し付けてしまったんです。。。

原因を追求しようとしたり、アドバイスしたり、、、
今思えば最低なことだったと思います。

これって、彼女を否定しているんですよね。
まるで「今までの〇〇が悪かったからこっちにしないとダメだよ」的な。

そのときは必死だった。。。

彼女を”救おう”と。

 

それがそもそも間違いだったんですよ。

病気を否定していた、という事実。
彼女を否定した、という事実。。。

サイテー。です。

 

最善が起きている

 

病気は悪くない、ということがその時は知らなかった。
病気が悪い、病気は治すもの、病気は苦しめるもの、、、
そんなビリーフがあったんです。

だから、友達に色々と口を出した。

こうしろ、ああしろ、ということはなかったですが行動自体がダメでした。

一緒に病院へ行ったり、セッションをしたり、、、

病気って治癒過程だってことをその当時は知らなかった。

そして、一番やってはいけない「どうにかしよう」としていた。

そこにあるのは「彼女のため」という偽善で、本当は自分が怖かったんです。。。
彼女を失うこと、病気の彼女にどう接していいかわからなくて何かしたかった。。。
その恐怖が行動の源でした。。。

 

一緒に居るだけでいい

 

本当はね、、、何もしなくても、何も言わなくても、ただただ一緒に居るだけでいいのにね。
隣にいて、どんな彼女でもどんな状態だろうが、私の隣に彼女が存在してくれればそれでいいのに。。。

何かしなくちゃって思っちゃったから余計なことを色々とやっちまったんですわ。

後から反省しました。

 

母のときもそうでした。

まるで病気になったら自分より劣ってしまったかのように、何か不足があるかのように、労わろうとしてしまった。。。

本当は病気になるっていうのは全然劣っているわけでも、ダメなことでもなく、逆にその人の起こすべくことを起こしているだけ、ってことを自分の解釈で悪いことに変換してしまった。。。

〇〇してたから病気になった、とか

障害があるから可哀想だと思って援助すべき、とか。

 

それってすんごく失礼なこと。

だって、自分より下に見ているんですから。。。

 

本当にしてほしいこと

 

友達も母も、本当に欲しかったもの、私に求めていたものはそこじゃなかった。
ただ自分の決めたことを認めて、受け容れて、見守ってくれるだけで良かった。

それが最良だった。。。

何かあると人は「こうしたら?」とアドバイスしてしまうもの。。。

でも、本当は今のままの自分を受け入れて、ただ一緒に、隣に居てくれるだけでいいんですよね。

そこにジャッジは必要ない。

そこに気づいたときはもう彼女とは連絡が途絶えていました。。。

 

彼女から私のほうが教わった経験でした。
大切なこと。生きるってことを教えてくれた。。。

母もそうです。

どんな風に生きようとも、どんな状態であろうとも、その人のプロセスで、最善が起きていて、そこに私のジャッジは必要ないってこと。

震災ボランティアのときも自分の気持ちをどうにかしたくて避難所へ行ってました。

本当のケアって、自分のことなんて入ってないんです。

いや、正確には自分しかない(笑)
相手のことよりまずは自分で、、、それが相手のためになる。

ただ、ただ、したいからするだけ。
そこにやったことへの見返り、とか、それがない。

 

相手を信じているか、、、

癌って、すごいメッセンジャー。。。

癌になった友達じゃなくて、友達。
癌になった家族じゃなくて、母。

 

別に特別なことは全くない。

どんな状態でも友達に変わりないし、何もしなくていい。
自分からすることなんてない。

 

いつも通りでいい。
同情、要らない。

特別扱いするほど失礼なことはない。

 

何ごとにも言えるよね。

特別に扱われるというのは違うところへ追いやられるような・・・
もう一緒じゃないような・・・
寂しいよ。。。それは。病気よりも悲しいこと。

 

でも、何かしたい!っていうのは本能的にあるものなんです。
だから、何か言わなくちゃ、何かできないかな?というのは間違いじゃなくて、、、
そんなとき私は一緒にいるだけ。ただ手をリフレクソロジーしたり(希望があったら)。
私がしたいことじゃなくて、相手が求めることをできる限りやる。
でも大体、特別なことなんて要らなくて。。。ただフツーにしててほしい。
(それもできない状況があるから困るんだけどね、お互いに。それもまたプロセス)

サポートって相手のことをとことん受け容れてあげるだけでいいんですよね。
何もしなくても勝手に良くなるんだから。最善が起きているんだから。
悪いことだと思っているのはこちらの解釈で。
すべて鏡。投影。

 

自分の考えを押し付けないってことを彼らから学びました。
命懸けて、母は大切なことを教えてくれました。

治療法もぜんぶ、その人が決めること。。。
口出さない、ただ、否定せずに一緒に隣に居てあげるだけでいい。

 

ただ同じ場所に居る

 

それだけでいい。あとは何も要らない。

という私の学びでしたが皆さんの経験も教えて下さいね^^

 

☆☆☆☆☆

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

コンプレックスだった私の手

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

※↑この写真は昨日、朝顔の種を収穫したんです♪めちゃ独り言いいながら(朝顔と話してた)テンションあがりました(≧▽≦) 200年の朝顔♪

今ではこの手が私の人生そのもの・・・
だけど、

子供の頃は大嫌いだった。。。

母に似て、グローブみたいに分厚くて
肉厚だったからすごくコンプレックスだった。

姉の手はスラっとしていて父に似てて、

爪もマニキュアが映える。

でも、今では皆さんが

「うわぁ~、気持ちい手!」

と言って下さって・・・

天職のために授かったのだと納得しています・・・

コンプレックスなものって突出しているものでもあって

本当の幸せはそれが変わるのはなくて

自分の認知が変わること、なんですよね~

 

コンプレックスってなんなんだ?

そもそもコンプレックスっていうのは逆から観れば人と違うところ。

人と違うって個性なのになんでそれが嫌なのか・・・

 

ちなみに定義はこちら👇

精神分析で、感情の複合。現実の意識に反する感情が抑えつけられたまま保存され、無意識のうちに現実の意識に混じり込んでいるもの。強迫観念や夢はこの複合が象徴的に現れたもの。特に、「インフェリオリティー コンプレックス」(劣等感)の略。

劣等感!
劣等感って悪いイメージあるけどもアドラー的には劣等感があるからこそ自分を高めれるんだよ、と言っている^^

 

そうそう、私の手のひらも「劣っている」「醜い」「キレイじゃない」というのがあって、幼い頃から嫌いだった。。。
スラっとした美しい手が良かった、、、なんて思っていた。

これって・・・何で生まれると思いますか?どこから?

はい。そうです。自分の経験や思考から、です。

なんで劣っている、キレイじゃないという思考が生まれたかというとちょっとした出来事から。
例えば、「お姉ちゃんの手と違ってあんたの手はお母さんに似てぷくぷくね」って言われて「お母さんと一緒で嬉しい」と思うか「ぷくぷくって嫌」と思うかってその時の感情や状況や自分の性格タイプ(気質)によって感じ方、捉え方、解釈が変わるんですが一度思うとこれを持ち続けてたりします。。。
覆すような出来事がない限りこれが自分の無意識(つまり情報の棚)にしまわれます。
で、それが真実(信念:ビリーフ)となって生きる。

信念はそのとき必要だったりするけど、後から必要じゃなくなるときがある。
そのとき、書き換えればいいんだけど無意識にしまわれているので蓋が開かないと観れないし、取り出せない。

習慣になっているものはなかなか難しい。

私の「手が嫌い」が外れたのはアロマテラピーの師匠に「セラピストの手」と言われたとき!

「この手で良かったんだ!」

 

気づき、目覚めも元に戻ってしまうので習慣化させること

 

一度、信念が変わっても今まで何十年もそれがあったのですぐに戻る性質がある。
だからその後が大切w
私はその手を活用し(笑)、施術をどんどん行った。

するとクライエントさんが「気持ちい!」とか「柔らかい!赤ちゃんの手みたい」と言って下さることで証明されていき、今では愛おしいくらい大好きな手となった!

意識って一度ひっくりかえってもバネのようにまた戻ろうとする性質がある。
習慣による「ふつう」はそう簡単にもとに戻らない。
習慣を変えるには日々の行い、反復が必要。

だから自分を変える的なセミナーやセッションで変えていってもその時だけじゃ意味がないんですよね~

それをどう日々に使っていくか、が何事においても不可欠。。。

 

劣等感をミカタにする

 

こうして、自分の嫌いなところには何か感情や思い込み、刷り込みが眠っている。
だからこの劣等感ってやつを観てあげる。。。

そこにどんな感情、身体の反応、言葉が詰まっている?

こんなことを日々やるんだ。。。

 

ところで劣等感って他者との違い、ですよね?
その違いってじつは自分にしかないポイントってよく言いますけど無理に変えようとしなくていいんですよ。

ただ、そこにある違いを見つめてあげる。
見つけなくていい、ただ見つめる。。。

 

違いは受け容れろ、という思考でやってもしょうがない。

自分がそれでどうしたいのか?
どうありたいのか?

そこを見つめる。

 

私はこの手で「触れる」ことで癒される、とか「愛」を感じることで生きやすくなるって自分の経験をシェアすることで自分がこの人生を楽しみたい。

私の生きる糧は、天命は、誰かの笑顔を観ることだから。ただ見たいだけ(笑)

そしたら本望。
私の将来なんてどうでもいいんだよ。私がどう思われるとかどうでもいい。
そのとき、一緒に笑ってその場のキラキラを感じることができたら私が楽しいだけ。

私が触りたくて、触ったら相手も笑顔になったら万歳(≧▽≦)

ってただ単に触ることが大好きなのでぜひ触らせてくださいね^^(笑)

あなたの天命はなんですか?見つかったらそれやるだけよね~
違うからこそ役立つんだからね^^
そこに気づけたら生きることが見えてくる、心地よくなる♪

 

ハンドリフレクソロジー1Day講座随時募集しています!

定期は9/29、練習会および体験は9/4!

https://resast.jp/events/367751

※練習会は不定期で受講者に無料で行っています。
☆☆☆☆☆

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

 

正直に生きることにした

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

私は決めた。とことん正直に生きようと。

自分にね。

ご縁あって、画家のマシマタケシさんと出逢った^^

マシマさんの絵は生きている。
ものすごい波動を感じ、バイブレーションがハンパない。

ある絵をネットで見つけて、涙が止まらなくなった。

その絵に会いたい!

これを描いているマシマさんに会いたい!

Facebookでの投稿文章を読んで増々興味をそそられ、自分からメッセージ!

そして、マシマさんのアトリエで沢山お話しできた!!!

そして、「正直に生きる」ってことを再確認した。。。生まれて初めて一人暮らしした次の日。。。すごいタイミングだった。

もうこれしかない。

これが私たちが生き残る、というか、魂を全うすることだと確信した。

直感で動くと本当に最善が起きる^^

 

自分の生き方を生きよ

 

私たちはどれだけ繕って生きているのだろう・・・自覚がなくやっている。(やっていると気づけていたらそれだけでまだましだ。)
それは「正直に生きよう」って思ったところで今までの思考の癖、習慣をすぐに変えることはできない。

おいおい、って自分で気づく前にすでに今までの通りに嘘ついたり、繕って、自分を防衛し、自分じゃない自分で生きてしまう。。。
ここからが勝負。。。
一つずつ、修正していくんだ。。。

だって、意味がないことに気づいたから。

嫌われないように、反れないように”正しく”生きようとずーっとやってきた。
カッコつけたり、無条件に従ったり・・・自分を押し殺したり、自分を抑圧したり、無くしたり・・・

そろそろ、みんなも気づいてきた頃でしょ?

もうこれが通用しないってことを・・・

 

いじめも、差別も、虐待も、受ける側の問題ではなくて、相手の問題。。。
だから、気にせずに自分らしく生きればいい。
相手のせいにすることとは違う。

あなたがやったこと、していることを笑う人や白い目で見る人がいたら、それはその人の問題であって、あなたの問題でない。

自分であることに恥じることも負い目を感じることもない。
相手を責めることとも違う。

この世の常識やルール(もちろん最低限のマナーや社会的な規律はあれど)に完璧に合わせなくていい。それは生命の役割じゃないということ。

 

自分の感覚で生きてますか?
自分の意見を持っていますか?
自分を能動的に動かしてますか?

 

何かの言いなりに合わせて生きているんじゃ、ロボットと一緒よね?
日常がだいじ!非日常で日常を否定するんじゃなくてこの一瞬が大事。
その仕事を選んだのは誰?その相手を選んだのは誰?
きっとそれを選んだときの自分はどうしようもなくそうしたのかもしれない。。。
マニュアル通り、ただ心ここにあらずに同じ単純作業をしているのは”人”と”自分”とつながっていない=死んでいる、ということ。

自分の意志、そこにありますか?

ブラック企業!と会社のせいにして自分の責任を自分以外になすりつけて・・・
あんたのせいで私の人生はめちゃくちゃだ!なんてパートナーや親のせいにしたり・・・
自分の人生をダメにしているのはほかならぬ自分だということに気づかずに、、、

いくらでもどうにでも、自分さえ、自分の意志で行動すれば自分が動きたいほうへ動けるのに。。。なぜできないのでしょうか?

そうやって、自分を隠したり、自分じゃない自分で生きることが当たり前になってしまって、、、自分の気持ちなんて麻痺しているのかも。

『こういうもんだ』とあきらめたり、決めつけたり、相手にも同じものを求めたり、、、

本当は自分が自分を認めてれば誰の承認も要らない。

だから、私はそっちを選ぼうと思う。(用意が整っちゃったらしいw)
と、今までの自分を止めた。人生をぶっ壊し、やりなおす覚悟ができた。
何事も起きているのは、自然の摂理である『死と再生』だから。
(壊そうとしなくていい。それは急にはやってこない。壊すタイミングが来る。
そうじゃないで壊したら大変だからね)

それは容易じゃない。
でも、常に成長は必要だから・・・成長とは今が足りないという意味ではなくてね^^

 

 

正直になる、とは?

 

正直に生きるって、じつは一番怖いことなのかも。。。
だって、そうなるといろいろな反発に当たるから。
反発してくる人は自分が自分で生きることを放棄しているから、自分を正当化するためにあなたを罰したり、避難したり、コントロールしようとしてくる。
都合悪いもんね。(それも相手の問題でもあり、自分の中に答えがある。どちらも責めなくていい)
ごまかさないこと。自分を。習慣は無意識だから気づかぬうちにやっている。
だから習慣を変える。容易ではない。。。でも、気づいたらやる。

 

正直になったら、仕事がもらえなくなるかも。
正直になったら、あの人は離れていってしまうかも。
正直になったら社会からつまはじきされるかも。

それでも、正直に生きていたら自分に嘘をついてないからね。
それが本当は一番心地いいはずなんだ。
誰かに恨まれようが、批判されようが、、、それが本当に自分の生き方だったら、自分の意見たら、それは信頼にあたる。この世の、自分との。。。

自分でも気づかないうちに自分を無くし、消失させて、目の前のことに目をつぶり、自分じゃない自分として生きる人が多い。。。多すぎる。この国の政治もそう。
そして、まだこの地球も幼稚すぎて戦争を終わらせることができていない。
戦争を終わらよう!って叫ぶ前に自分の心を平和にしよう。
本当の戦争を終わらせるんだ。この世は一人一人、自然の一部であるものたちでできている。

 

自分を無くして、働き、時間が来るまで閉じたまま・・・
終わったら仕事の愚痴、誰かの悪口を言って、自分を正当化させる。

一番ひどいのは自分が自分をジャッジして、ダメ出しして否定すること。。。

誰かに責任をかぶせ、自分は「ナイス」な人になって当たり障りない関係を築く・・・
そんな人生、楽しいのか?

いい子になることも、いい人になることも、正しく生きようとすることも、もう通用しない時代になってきた。。。

でないと本当に終わってしまう。

自分の人生を他人に任せて生きることはもうやめました。
心地よく生きるために何をしていますか?

 

戦争も依存症も愛をもってみること

 

例えば、戦争って誰もがやめたほうがいいと思うものですよね。
「賛成」だなんて言おうものなら頭がおかしい、とか注意人物だと監視されそう。

いかにもな意見です。(そりゃそうだ)

例えば、「子供好き」というとイメージが良くなる。
逆に「子どもが嫌い」というと優しくない人、という悪いイメージになる。

例えば、麻薬に数回捕まった芸能人のニュースをみて、「なんて愚かな!」と非難する。。。

悪いことをしたら罰を与える・・・

そもそも、これが犯罪を起こしている。この憎悪が憎悪を増長させていく。。。だから終わらない。

愛が必要な人に愛を断絶してしまうから。

北欧ではもう始まっています。
罰を与えるのではなく、赦すのです。

「え~そんなことしたら図に乗るだけ!犯罪が広まっちゃう」

と聞こえてきそう・・・

本当にそうでしょうか?実体験ありますか?

「それはダメ!」の世界は本当に平和?愛から生まれているの?
彼らへの愛がない限り、愛というエナジーは消えてしまう。
愛はすべての人に必要なものだから。愛は人を選ばない。

 

刷り込みの世界から脱却する時代へ

 

すべては刷り込みです。
祖先から代々継承されてきた。。。母、父、祖母、祖父、曾祖母、、、

「こうあるべき」

型にはめる、自分の経験を押し付ける、家系や性別を優先させる、集合意識、、、
お金のために仕事をする、将来のために貯金が必要、がんばれば報われる、努力しないと得られない、女性は子供を産まないといけない、家族は仲良しがいい、社交的なほうがいい、、、などなど

自分が決めたことではない。

刷り込みの催眠から覚醒するのはあなた次第・・・最善のタイミングでくる。

自分の感覚を感じて、ジャッジせずにとことん素のまま、自分らしくあれればある程度心地よく生きることができるはず、、、ある程度、というのは完璧というのはないから。

見えているものじゃなくて、見えてないものを感じて生きること。
それが現実。見えているほうが幻想。

 

自分がどう生きるか、どう決断するのか、、、

 

私も常に自分の気持ちに常に正直であろうと感じました。
誰かに言われたことをやるのではなく、あの人みたいになるのではなく、
私が私になる。私にしかできないこと、心地よい状態で生きること。

誰にもコントロールされず、マイクロマネジメント(あやつられず)もされず、せず、、、(←これ、自分が一番やっちゃっているんだよね)

正直って見た目は時折NGな人になっていることもあるでしょう。
それでも自分を貫きとおす。。。そうなりたいな~
マシマさんみたいに^^本当の自由。本当の人生。

 

それこそが「生を」揺さぶらせて、「生きる」ということ(≧▽≦)
死にながら生きてたってしょうがないもんね!
マシマさんのこの絵のように震えながら生きたい✨

命を全うする。命を感じながら生きることに決めました。
(いや、そんなカッコいいことじゃなくて単に正直に・・・(笑))

みんな、堂々と生きようね^^自分のままに。
どんなあなたであろうと愛される資格は変わらないのだから。。。

 

【営業日変更】日曜日も営業!平日は21:00まで(18:00以降の予約は前日まで)

☆☆☆☆☆

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

8/25 13:00~ まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545