相手に強要する人

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

恋愛のご相談が増えています。年末だから?(笑)

恋愛に限らずかもですが最近気になることが。。。

相手に自分がいいと思ったものを

『強要する』

これって恋愛でやりがち💦

たとえば、自分の趣味によって相手との関係がなくなるってもったいないですね。

友達関係でもそうですが私はメタルが好きというと

それだけで相手が離れていく、という体験をしています(笑)

同じ趣味しか受け入れないというのは世界を狭めているな~と思います。

理想的なリレーションシップとは?

尊重する関係ってどんなふうにしたらいいのでしょうか?

強要してしまう心理の裏には何が隠れているかな?

パートナーに自分の趣味を強要する人がいます。
自分の好きな音楽やスポーツ、、、相手が興味を示したら教えてあげる程度ならいいのですが一番やばいのが

趣味をいっしょにやろうとする

相手が興味を示してないのに自分の趣味の場所へ連れて行ったり、音楽聞かせたり。。。

尊重、ゼロ(笑)

 

この心理の裏には「自分の都合」が隠れてますよね。
同じものを好きになってもらったほうが都合がいいわけです。
一緒に遊べたり、出かけたり、同居してるなら空間が共有できるし。
他には承認欲求的なものもあるでしょう。

付き合わせされるほうは大変。好きな相手だから、と無理したりイヤイヤ付き合う・・・それって自分の人生を生きてません。
趣味の部分って個性、感性そのものだからきっついはず><
しっかりと言わないと後々たまりにたまって爆発することもあります。
好きな人だから我慢するというのは歪んだ愛ですからうまくいきません。
逆に好きじゃないけど嫌いになったら困るから自分から「好き」とウソをつく人もいるでしょう。それはそれでいいんじゃないかなら?後々後悔しても自分で責任をとれるだろうから。
違いを尊重する、自分の意見を主張というのが苦手な日本人。

同じものが好き、でなくても仲良くやっていけます。人それぞれ個性があります。
ではどう言えばいいのか?

「楽しそうだね!私はそれを楽しんでいるのを見るだけでうれしいよ」
「いいね!でも私は興味がないから遠慮するね」

まずは受け入れる。そして、自分の考えを述べる。
これ、やってしまうのが否定から入っちゃう場合。

それって相手のことを否定しかねない。傷つける。相手も自分も。
「そんなもの集めて何が楽しいの?!」と喧嘩した腹いせに旦那さんがいない間に全部捨ててしまう、なんて悲劇が起きてしまう💦

大切なのはこれ。

好きな人の好きなもの、、、それを好きになることが相手のためになるのではなく、それを好きな相手を好きでいればいい

ちなみに趣味が同じだといいこともありますがそのせいでダメになる関係もあります。
私は主人とバンドを15年くらいやっていて、喧嘩が絶えませんでした。
一緒にやっていない今は摩擦がないので喧嘩も減って、バンドをやめてよかったな~と思います。(今思えば、バンドの問題ではなくバンドを通した自分自身の問題でしたけどね)

強要しているつもりはなくても強要になっている場合もありますのでお気をつけあそばせ。

※そんな恋愛のご相談はダイアローグ(トークセッション)やヒプノセラピー、ふっとリーディングなどで承っています。が、リフレクソロジーの足裏分析でもちょっとできるし、オプションでオラクルカードやるとばちこーん!な結果が、なんてこともあったりでとても面白いかもね^^

自己肯定感が低い人はまずはセクシュアリティの講座をどうぞ。

12/16

まじめなセクシュアリティのお話~自己受容

https://resast.jp/events/305438

 

広告

医者も薬も不要?~未来の医療へ~

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

これから医療が変わる!

ワクワクするこの方々の話し!

この動画、聴いたらめちゃワクワクしてきますよ(笑)

AIやゲノム研究、新ビジネスによって従来の医療システムが変わります!近々!わくわく♪

医者や薬が不要になる???(看護師は必須ですよね~ひひひ)

現代医療、特に日本の医療システムは古すぎます。

これからはプレシジョンメディシン(精密医療)が主流になっていく。。。

病気と人生を見直す、違う視点から根本的に意識革命が必要です。

先進国の負の側面は安定。

安定しているからこそ見えていない部分。

安定していないからこそ新しいことができる発展途上国。

医療のイノベーション(技術革新)が始まっています・・・

さて、医者が要らなくなるというのは嘘でもあり、本当でもある。
いつも思うことだけど、大きな病気すると大きな病院へ行って診察して検査して手術して・・・という流れだけど私が経験した「医者いらなんじゃない?」ってエピソード。

某有名病院の副院長が担当医だったとき、私の顔も見ず、カルテのみ、数値のみ、で2分くらいで診察終了、というのがふつーだった。検査して検査結果伝えるだけなら猿でもできるわ!自分でセルフでもできるわい!と当時思ってたっけ。。。ほんと、そんな医者なんて要らないよね。
はい、ですからこれからの医療はこの部分を自分でやろうっていう時代にやはりなるそうです!!!はっはっはー。もちろん、医者も必要です!

ということは、逆に医者は医者がすべきことをできるってわけです。
医者の仕事に専念できる!それってAIすべてに言えます。
AI問題は様々な分野で心配されていますが、AIが人間の仕事を奪うのではなく本来の人間の仕事に戻るためにとても役に立ってくれると私は思っています。

そして、同じ症状に同じ薬、ではなく、個人ごとに合った治療のプレシジョンメディスン(オーダーメイド医療)が進んで病気に対して効果的に治すことができれば無駄な薬、副作用がなくせます。

動画でも言っているように抗がん剤は4割の人(半数以下よ)に効くからという理由だけで誰でもかれでも同じ薬を効くかどうかわからなくても処方されて副作用に苦しんでいますがこれがなくなると余計な病気も減ります。

効かないのに毒を身体に入れているなんてナンセンスな時代はもう終わります。。。日本の医療って本当に無駄な時間とお金が多い。多すぎる!

自宅で検査ができて、自分にあった薬を処方される。。。そんな未来の医療。

製薬会社や病院はいまだ古いやり方でしかいまだできません。医療システムを変えるには大きな動きがありますからそう簡単には変わりません。でも、もう時代は変わってきています。
不明確な効果ではなく、効いたものだけにお金を払うって視点は至極当然です。
この点が同じ場所にいると見えなくなっているのと同じで目を覚ますことが時には必要。

こんなに機械も医療も進んでいるのに医療体制が古い日本。。。まるで患者をつくるためにあるようなガン検診とか、本質を見極められてない人が多すぎます。健康オタクの不健康国、日本。TVの健康番組よりもいいサプリよりも運動や食事や自分に目を向ける。。。

動画の中で識者が述べている「不安定だからこそできること」にすごく共感です。
安定しているアメリカや日本の医療は新しいシステムを受け入れにくい。でも、不安定だからこその耕されていない土地だからこそ新しい視点で革新的なことができるんです。

この点から自然療法や代替医療をみると、ようやく欧米並みに日本人も時代相応の医療を受けるようになるのではないかな?
たとえば、乳がん治療。日本は外科手術をバンバンやっているけどアメリカではなるべく温存します。ほかの手術でも切らないように、というのが常識。

常識というのは常に変わっています。医学は特に新しい常識がいつも塗り変わっています。
予防医学、と動画のなかでも話してますが個人的にはこの点は共感できません。
日本の医療は「病気を待っている」とこの動画のなかで語っていますが、病気は悪ではなくそれも自然の摂理です。それを消そうとするのではなくどう付き合っていくかを考える。
どう治すか、よりもどう生きるかを考えさせてくれるメッセンジャーとして付き合うことが本当の意味での医療だと思います。そのことを忘れずにいればよりよい医療になっていくでしょう。

これからの医療、本当に楽しみです!

どう治すか?よりどう生きるか

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)
「すべては意識」と言っているのは
良くも悪くも意識がすべてを決めているからです。

脳が認識する意識が行動になるからです。

例えば、「病気を治そう」とすると同時に

「病気だ」という事実を脳は認識、意識します。
ということはもし「治そう」というところのみに

意識が行っていると治らない現実をつくります。

怖いですね(*´Д`)
ですから、どんな意識にすればいいのかというと

「どう生きるか」

です。
そもそもですが、生きるために病気を治したいわけですよね?

なのに人は病気になると病人になってしまう。
そこにとらわれすぎる人がいます。私の母もそうでした。

病気をどう治すか!という意識ばかりに気を取られ、
どうして病気になったのか?ということに意識が行ってなかった。
するとずっと不安に駆られていて心身はより一層病みます。
状況を把握して何ができるか、とか
どんなメッセージが隠れていたのか?
と自分と向き合ったり、
その時の状況による判断よりも
「病人」として生きてしまう。
断定的に・・・信じて真実にしてしまう。。。
生きる上で何をしたいのか?という
自分の本質的な欲求よりも
病人だからこうしよう、が先に立ってしまう。

でも、病人というレッテルを自分で強く信じ、
ビリーフにしたら常に意識は病気にあります。
病気を完治させる人はこれがない。
病気がきっかけとなって自己探求した人は治るんです。

病気は人生の一部であって、すべてではない。

どう生きるかにフォーカスしているのか、
病気や現状のトラブルにフォーカスしているのか、
それだけで生き方が変わってきます。
結果、病気が治ったり、状況が変わります。
もうお分かりですね?
これは病気に限らず、言えることです。

問題を消そう!とかどうにかしよう!とするよりも
起きていることへの原因や要因に目を向けたり、
そこに反応している自分自身をケアする。

結局自分次第。

環境によって『自分をあきらめる』というのが一番生きづらい状態を作っています。
我慢したり、やりたいことをあきらめる、というのは
生きていて本質の自分ではないから苦しくなる。
本質の自分が何なのかさえ、隠されているかもしれませんが。
それを探すのも楽しい人生の過ごし方の一つでもあります^^
参考になれば幸いです。

☆☆☆☆☆

11/18

ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/299812

11/25

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292101

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

施術中の不思議な体験

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

施術中、「〇〇が観えました!」

と言われる方がたまにいらっしゃいます。

自分で考えたものではないイメージが浮かぶんです。

これは特別なことではなく夢と同じようなことが起こっています。

脳波の関係。

深いリラックスをしているときはシータ波という寝る寸前の状態になります。

意識が朦朧となっているような状態。そのとき普段の思考では出てこない

無意識(潜在意識)とアクセスしやすくなっています。

ここに深層心理が隠されているので出るイメージは大切なメッセージとなる。

浅い眠りのときに観る「夢」もこのイメージと同じく

何かしらのメッセージが隠されている場合があります。。。

リフレクソロジーやアロマトリートメント、ヒプノセラピーなどでリラックスして気持ちよ~くなっているとき、様々なイメージをみなさんが観られます。(私もw)

そのイメージにご自身が驚く。。。

自分の先祖につながっていたり、氏神様だったり、今関係の深い人物やものごとだったり、自分の過去だったり、とにかく「あ!」とつながる( *´艸`)

面白いですよね~。楽しい♪

そして、何かに気づいて、問題が解決したり、前向きになれたり、腑に落ちたり。その時でなくても後から納得できたり、何かが起きたり、、、ふふふ。

 

大切なのはそれにとらわれるのではなく、

心当たりやつながりを探ってみて、自分のことと照らし合わせてみて、そこにどんな意味づけをするのか?(フロイトの夢診断ですね)

大切なのはそれがすべての答え、ではなく、どんな意味づけをして気づきを得るのか?

ヒプノセラピー(催眠療法)もそうですが前世のイメージが「今の」自分に役に立つように意味づけやヒントとして活用するんです。逆に悪い意味にしがみつくこともないし、いいイメージにもとらわれないこと。

自分とつながってますか?それには思考すること(左脳)じゃなく、自分の右脳を使ってあげること。そして左右がバランスよくなる。。。
右脳を使うには左脳を休ませる。音楽聞いたり、五感使ってますか~?

いいアイディアもボーっとしているとき、リラックスしているときに浮かびます~^^

素敵なメッセージにするのはあなた次第♪

 

☆☆☆☆☆

11/18

ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/299812

11/25

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292101

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

プロの触れ方「タッチングの意識」

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

私が施術時に心掛けている触れ方があります。人に触れるプロでもこの触れ方をしてくれる人は少ないです。

それは今までの先生方の教えや実際に触れてもらって体感して覚えたこと。

繊細な私だからこそ、

エネルギー体質の私だからこその

解ること・・・感じられること・・・伝えられること・・・

触れ方ってどんな意識かで全然変わる。

昨日のブログで波動の話をしましたが

意識の持ち方だけで波が違ってくる。

だから同じことをやっていても

伝わり方が違う!

自分の意識がそのまま触れ方、相手の感じ方、そして施術自体が変わります!

プロの人には絶対に欠かせないこの「意識」。

これがない人には私なら触ってほしくない。

だって、気持ち良くないし、痛いから・・・

もうベツモノですね~💦

プロじゃない人もセルフケアでこの「意識」があったら

自己肯定感が上がってきますよ^^

さて、その意識とは「本当に大切だ~」と思って触れること。赤ちゃんに触れるときのように!

私はリフレクソロジーをメインにしているので施術では足を主に触れさせていただいています。

「足」はその方のすべて、心の状態、身体の状態、性格、気質、現在過去の状態が刻まれていてますので「足」という部位としてよりもその方自身全体として、触れています。

この意識があるかどうかだけで感じ方が違うのです。

なぜか?

その想い、思考で施術者自身の波動が変わります。で、筋肉が変わります。で、動き方が変わるんです。

ご自身のセルフケアとして触れるときも「お疲れ様」と労わって触れるのと「姿勢が悪いからこっているんだ!消さなくちゃ」と思って行うのとでは結果が違ってくる。。。しかも、前者は自己肯定感ワークにもなっています。なのに後者はその逆。。。ストレスを余計にためてしまっています。。。

さて、伝わり方が変わると作用も違うのは当然ですね。

信頼感が施術や治療には何よりも結果に影響します。

タッチングは安心感=信頼感

 

本当に心から慈愛の心で施術すること。。。

そして、やってはいけないのが施術者がその症状やコリなどを消そう、どうにかしようとすること。

自然を信じ、身体を信じ、相手を信じる。

そんなタッチング、触れ方はしっかりと伝わり、

すんごーーーーーく気持ちいい!!!

 

涙が出ちゃうほど、温かく、包まれるかんじ。胸が熱くなるかんじ。。。

ただのマッサージではない。味わえない感覚です。

これは施術に限らず、日常生活においても意識してほしいこと。例えばセックスでも^^特に不妊に悩むカップルさんやマンネリしているカップルなどにも。

触れ方(タッチング)はコミュニケーション!肌の触れ合いは心の触れ合いです。

満足感も、ね^^

この意識になってから私自身の手技、気持ち、施術が変わったと思います。。。

クライエントと一体になるとエネルギーも循環しますのでより気持ちいいし、結果にも現れるんですよね~

セミナーで以前やっていただいたとき、参加者の皆さんが違いを感じて下さいました。

みんながこの意識で施術するとこの業界も変わるだろうな~

技術は必要ないというわけではなく、技術こそこの意識の上に成り立っているということです。よくあるキラキラした美談ではありません(笑)この意識がある人だけが本当の技術を使えるのではないかと思っています。

 

☆☆☆☆☆

11/18

ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/299812

11/25

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292101

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

波動医学・素粒子・細胞という終着点

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

怪しいじゃん!波動?!

こんな話をしているところはダメ!とこれを読むのもやめようとしているかもしれません!固定観念で生きていることこそ”怪しい”ですよ・・・

なーんて言ってちゃ遅れてますよ(笑)

でも、波動って言葉だけで嫌悪感や「怪しい宗教だ!」「騙されるな!」

な~んて人もいらっしゃると思います。

自然療法って言っただけでも「宗教でしょ?」といまだに多くの方が思っているし。

知らないって怖い。逆に…💦

日本の医療現場(医師と患者の関係)のほうが新興宗教にみえるけどwww

だから知識は必要ですね。

正しい判断のためにも。

偏見をつくらないためにも。。。

通常の治療も最新の医療機器も波動医学も

結局、何を信じるかは自分次第。

冷静に考えればわかるし、自分が信じたものをやればいい。

私たちの身体は細胞でできている。

それは部分的に存在しておらず、

全ての細胞が影響しあっている。

目に見えるところは現代医学で治せる(治せたと見えている)

けど、根本の根本であるところが本来は必要・・・

人間の肉体・・・遺伝子のもっともっと元の部分。それは細胞。分子。電子。

細胞は私たちの身体を構成していて常に変化しています。常に新しく生まれ変わっていて同じときはない。(各臓器ごとに周期が異なり再生しています。そして老化へ向かうのです)速度がゆっくりで同じ身体に見えているけど実は常に古いものを捨て、新しい細胞に生まれ変わっている。止まっていません。動いていて波を打っている。振動。(だから音だって光だって”見える”んです。聞こえるんです。”存在する”んです。それをキャッチできる感覚を持っているけど使ってないから感じない現代人)

目に見えている世界だけが現実ではありません。

私たちの身体は電子を帯びていて(体液のphもそうだけど)全てバランスなんですね。

病気になると身体は酸性(酸化)に傾き、プラス電子が増える。ですからこれにマイナスを増やし、正常な状態へ戻せば健康体(本来の状態)に戻ります。※食物によっても偏ります。これが本当の偏食。

このマイナスの電気を作り出す機械を使ってガンの治療をする病院が増えてきています。AGW(素粒子波動照射)です。

専門家でないので語ることはできませんが「波動」ってまじめな科学的な話です(笑)エネルギー療法とかもそうだったんだな~といまさら感じています。当時は「怪しい!!!」と言っていた無知な側でしたから💦あー恥ずかしい。。。

でも、(ここからが本筋。。。)この波動というのは心の状態、環境によっても影響されています。だからいろいろな側面から観て、リフレクソロジーも波動の作用は大きいと感じます。

例えば、

押す→波紋が起きる(押した先に届く)→波を整える→正常な波(バランス)に戻る→症状がなくなる

ここで気を付けなければいけないのは心の状態も身体に影響している、一心同体ということ。

ですから身体だけを治療して治してもまた再発したりほかに症状が出たり、ということは心の状態がその病気や症状を作っているのにとても影響していた、ということ。であれば心をケアうことも必要なんです。

この波動でリフレクソロジーを考えると、強い圧で行うと波が荒立つようなかんじがします。すると身体や心に負担になりますよね?ご経験ないですか?強いマッサージは血圧が上がって分します。一瞬、血流が良くなるし、刺激が強いだけに終わった後の感覚は解放的な「気がします」よね?

でも、本当に必要なのは整えることであって、気持ちいいと感じることだけではしょうがない。それでは身体を壊すことになります。

全体の波動を整える、、、これが最新の科学的な治療になってきていて、ようやく変わりつつあるのかもしれないと思っています。。。(が、これが一番、とも思っていません。常に知識を精査して冷静な判断を心掛けたいものです。固定観念は偏見になりますからね)

結局、波動であっても西洋医学であっても自分自身の意識に気づかなければどんな治療をしても同じ結果になります。本来の病気が出てきた意味を成し崩してしまったら本末転倒。

例えば、メタトロンという波動照射して身体の状態を測る器械がありますがこれは振動によってバランスを整えたり、合わないものを探したり、、、。でもこれが原因を探すツールになってしまったら本質からそれるけど。

医学というのは常に進化していて、いや、医学こそ常に変わっているんです。だから昔言っていた常識というのはあっという間に変わります。(だから今言っていることも変わるかもだしこれが本物とも思ってませんが感覚的な波動、振動っていうのはエネルギーと表現すると一番しっくりきますね)昔のやり方にこだわるのは逆に治療を阻む。しかし、これは医学の父であるヒポクラテスの時代、伝統医学などの精神は揺るぎないベースることは変わりません。ここが違う。

細胞、、、

波動、、、

どれも結局はすべてのものが関わってきます。食べ物、環境、精神、感情、、、考え方、思考パターン、感情パターン、一緒にいる人、住んでいる場所、、、あらゆるものが影響する。

だからこそ、癒しも治療には欠かせないのです。

私たちの身体は教えてくれている。一生懸命、健気に。。。この声を聴くことが生きるということで本当に必要な治癒、人生の治癒として起こっていることなんだろうな~と究極的な本質に執着してきた医学の時代を観ていてつくづく人間や自然のその美しさ、素晴らしさに感動しています。

※ただし、こういったことを安易に商売にする輩がいるので怪しまれてしまう。その見極めはこちら側に必要です。何事も一つのことに偏らないこと。。。自分で感じること^^

 

☆☆☆☆☆

11/18

ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/299812

11/25

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292101

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

 

 

自殺したい子供たちへ

先日観たニュース。

自殺した少女の手紙と

その子の両親のインタビュー。

手紙には

「お父さん、お母さん、ごめんなさい。私は悪い子でした」

両親は

「もっと学校がちゃんと対応してくれていたら・・・」

とっても違和感。憤り。なんだ、これ?

子供が謝ってるのに、親は他人のせいにしてる。

死にたいって思っている子供は

自分が悪い子、と思っていることが多い。

謝るのは大人のほうなのに。。。

本当にやりきれない。

小さい心が押しつぶされてしまうとき、、、

大人が助けてあげれないこと。。。

自殺したいと思っている子供たちに言いたい。

あなたは一切悪くない。

自分を責めなくていい。

あなたが悪いからそれが起きているのではなく

あなたを守ってあげれない大人が居ないだけ。

謝るのは大人のほう。

親のせいにしたいわけじゃなく・・・

周りの大人が少しでも気にかけてあげていたら

違っていたんじゃないか・・・と

思うのです。

自殺した子供たちがどんだけ孤独で寂しかったろうって。

別に自殺をやめようって話じゃない。

そんなきれいごとじゃなくて、

とにかく「自分を責めなくていい」ってこと。