ブラジャーと乳がんとホルモンバランス

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ブラジャー、乳がん、ホルモンバランス。。。

これらは影響しあっています。

ナイトブラ、流行ってるけど、あれ、やめたほうがいい💦矯正下着とかも。

やらないほうが形がキレイにもなるし、大きくもなります。ケアになってませんよ。

そんな方に限って生理のトラブルやなんだか体調がすぐれないとか、、、、あるはず。。。

なぜなら&おっぱいケアに必要なのはこれ・・・

おっぱいケアに一番必要なのはブラジャーではなく血流です!

おっぱい(乳房)は血と水でできている

血流が悪いと病気になります。というか、病気になるということは正常な状態、本来の状態でないということ。。。異常なんです。

しかも、乳房というのは心臓に一番近い臓器で一番新鮮な血液が出る場所。
赤ちゃんにとって命の栄養である乳汁が出る場所だからです。

その乳房が血流が悪いという現代。一番血流がいいはずの場所が冷えている、なんて信じられないことが起こっているらしいのです!

なぜでしょう?

おっぱい(乳房)の場所にヒントがあります。おっぱいはどこを指すのでしょう?
輪郭のある飛び出ている場所?

答え・・・二の腕、背中、鎖骨から下、、、と広範囲!

顔が頭と同じと言われるようにつながっています。。。
だから出ている場所だけマッサージしたりするのではなく広範囲にやる。
背中も二の腕も血流が悪いとおっぱいに影響するのです・・・

そして、乳房はリンパがたくさんの場所。ということは水分たっぷりの場所でもあります。
リンパは老廃物を出し、水分バランスや免疫ともかかわってきます。

流れをつかさどっているのは血液。。。

 

乳首で血流チェック

血流が悪い人は乳首を観れば一目瞭然!色素タイプにもよりますが自分の乳首が濃くなっていたら(人と比べるのではないですよ自分の過去と比べる)血流が悪いときは乳首が濃い!そうなのです。。。

チェック、チェック~

毎日おっぱい観てますか?顔と同じくらいケアしてあげると自己肯定感も上がります^^

 

おっぱいケアで子宮や卵巣、骨盤、ホルモンのケアになる

おっぱいの血流が悪いことで子宮や卵巣、そして女性ホルモンをつくっている場所であるためホルモンバランスにも影響します。

ということは、おっぱいケアすることでこれらが改善されるということ。

乳房を動かすと全身の血流がよくなって身体の上下をつなげている、支えている骨盤も正常になるので大事な子宮や卵巣、胃腸が元気になる!

顔のケアやエステはするのに、おっぱいは無視って、、、一番大事なところを無視しているよね~。。。でもこれって自己否定が関わっているかも。。。そこがセクシュアリティを受け入れられるようになるとまた変わってきて面白いんだなー。→まじめなセクシュアリティ講座

 

乳がんとおっぱいケア

ちなみに乳がんは骨盤の重心が傾いているほう(血の巡りが滞っているほう)にできるそうです。

癌細胞というのは毎日作られてそれを毎日死滅してくれている身体のシステムが冷えによって再生することがうまくできずにコピーエラーを起こしたことで発生します。

癌細胞は体温が36.5度以上でないと死にません。冷えが大敵。
がんは病気の最終的な状態。ガンでなくても血流が悪いというのは健康にとってあってはならないことなのです。

現代人は運動をしなくなり、おっぱいは揺れなくなり、セッ クスも減っています。。。骨盤にもおっぱいにも運動不足は不自然な状態なのです。。。
おっぱいにつながっている背中、肩甲骨を動かさなくなったこと、そして、骨盤も動かす機会がなくなって、ホルモン生成が減り、乳腺、リンパにも影響しあい、どんどん悪循環の道をたどっていると考えます。

女性が社会で働くようになって実際には女性の身体を蝕んでいるのです。
男性社会に合わせた労働方法では女性の生殖能力は落ちるばかり。。。
こういったことをこれからはもっと改善しないと不調を訴える女性が増え、仕事も効率が悪くなる一方だと予測します。

社会を変えるのはまだ時間がかかりそうなので待っている暇はありませんから自分でできることをするしかありません。

そこでおっぱいケア、おっぱいマッサージをお勧めします。

おっぱいマッサージ講座を主催された三上創さんの症例では生理不順、不妊症、乳がん後の組織癒着、産後の乳房下垂、そしてなんと鬱まで!!!改善されたそうです。。。

 

そして、これは初潮を迎える前から行うといい、と三上さんはおっしゃっていました。
三上創さん→おおくにたま鍼灸院

 

思春期のころからの正しい教育

子供の頃、母親からは生理に関しても何も教えてもらえませんでした。
姉に話すにも恥ずかしくて生理や下着のことも相談できなかった。。。でも、そこから子宮内膜症の原因ができていたんだな~と思います。
もともと血行が悪いタイプのせいか生理もとても重くて学校を休むくらいひどかったんです。
量も多いから生理用ショーツの上に必ずガードルを履くようになりました。
漏れ防止です。
でも、今思えば、それこそ生理痛をひどくして、血流を損なわせ、子宮内膜症をつくっていったんだな~と後悔しています。
だから、17歳ころにあんなに乳房痛があって何度も病院で検査。。。20代は乳腺症。40代まで生理前の乳房痛やたまに起こる乳房痛も煩わしかった。。。なくなったときに「あ、あったんだ・・・軽い」と気づくくらい当たり前になっていた。。。
(これはそもそもメンタルが関わっていたんですけどね~→詳しくは「医学とスピリチュアルから観る女性の身体トラブル→詳細でやります~)
もし、今の知識をあの頃の私が知っていたら、、、今頃子供ができていたかも。。。

乳房痛は膣同様セックスレスの原因にもなります。。。

性教育、生理、身体の仕組みをしっかりとやることで婦人科疾患や現代の女性の不調を減らすと思います。そうしたらあんな想いをして学校へ通わなかくても済むし、不妊になることも、それで悩むことも、卵巣嚢腫で手術したり、病院へ通う時間やお金、女性性への否定的な思い悩む、、、なんてことがなくて自分らしい人生を歩める人が増えるのではないかな・・・

そのために私も自分ができることをやっていきます!

以下のイベントもその一つ。。。

残席1名です。

4/9
10:00~12:00 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/328358

14:00~16:30  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/328359

 

 

 

広告

何はなくとも新陳代謝~老化防止・病気の治癒・免疫力

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

健康というのはオリジナルです。

通常が健康であってそこから反れて病気や不調が出ます。

毎日、身体は常に新しい細胞になり、

その働きのために費やし、老化する。

これが正常。

老化は徐々に起こるもので一気に老化したら不具合です。

その不具合は結局、自然の摂理から外れるから。

私たちは生きているのではなく生かされているんです。

肉体で起こっている自然の摂理とは「新陳代謝」です。

ここが常に正常であることが健康なのです。。。

 

要(かなめ)は「新陳代謝」

代謝が悪い、血行が悪い、と冷え、むくみになります。
それだけでなく、いくら高い美容液をつけても代謝が悪ければ肌は元気になってくれません。

栄養ドリンクを飲んで元気になったつもり・・・になっても身体は悲鳴をあげています。
それよりも睡眠です。
疲れたから休むのではなく、活動するために養っておくのです。(ポジティブからの行動)

ですから、よく仕事ができる人、多忙な人ほど休みをとっています。
でないと効率が悪いし、いいアイディアも浮かばないことをよくわかっているんです。
本当にデキル人たちはよく休み、よく遊んでいるのはそういうこと。

 

私たちの身体は毎日、新陳代謝をして細胞を新しく生まれ変わらせています。

新陳代謝を正常にしておくには十分な睡眠と運動が必要です。とはいえ、これは個人個人で必要な量は異なりますのでお決まりの文句に惑わされないようにただうのみにせず、決めつけず、第三者の言葉に暗示にかかることなく、自分に適切なものを把握してくださいね。

 

代謝が悪いとまず起こるのは血行不良。血は身体全体に酸素を運び、栄養を運び、不要な排泄物を収集して新しい細胞に変えるためにせっせと休むことなく働いてくれています。
そのシステムが阻害されると排泄物は溜まり、栄養が不足し、新しい細胞が作れずに身体は正常なシステムから外れて、エラーを起こします。それが不調や病気となります。

一番大切なことは「代謝」です。

 

臓器は常に生まれ変わっている

臓器は変わってないように見えて、じつはまるまる違うものになっているんですよ。
知ってました?エネルギーの交換をしながらすべての細胞は約3か月でまるまる変わる!

「細胞の新陳代謝」の周期は部位によって異なる。

胃腸の細胞は約5日周期

心臓は約22日周期

肌の細胞は約28日周期

筋肉や肝臓などは約2ヶ月間の周期

骨の細胞は約3ヶ月周期
<by Wikipedia>

 

目に見えているものは自分が思っているものとは違う、という証拠ですね。
これもまぁ、大体、と考えていたほうがいいですが(笑)うのみにしない^^

 

代謝が崩れるということはすべてのシステムに影響があり、老化が速まり、自己治癒力が低下し、免疫力が衰えますから「不健康」(不自然)になるわけです。

癌細胞ができるのはこの再生される新しい細胞のエラーです。
スピリチュアル的な原因の意味合いは「自分から反れること」らしいです。
自然の摂理に反れると結果として再生するときにエラーが起きるんですね。

 

代謝が悪いときは

代謝を良くする、、、と聞くと温めたり、運動したり、何かをしなければ!と考えるかもしれません。

でも、実は何もしなくても本来はいいはずなんです。
でも、私たちは異常なストレスを与えていたり、自然の摂理に逆らうような不自然な生活をしていた結果、代謝が損なわれているならそれは何か手を加えてあげなければいけません。

それらがなんらかの施術や治療です。

滞りを解消させることで元の状態へ戻す、、、でも、一気に戻すことを毎回やっていては異常な状態です。身体に負担をかけないのは滞りをつくらないこと。

だからこそ、本来の状態にしておくこと。本来の健康状態になるためにいいのが自然療法。

刺激が少なく、ただただ自然に戻り、摂理に則ることができるので実感はそれほど感じないかもしれませんがとても大切なケアです。

 

リフレクソロジーは自然療法

私の行っている伝統的なリフレクソロジーは治療ではありません。
どうにかしようとするものではなく、自然の状態、本来の自分へ戻るケアができるもの。
ホリスティックケアになります。
人間は恒常性が保てていることが健康ということ。
そこが基本の基本です。
その健康の基本に戻るだけで本来の治癒力や免疫力が正常になるんです。

代謝が良くなるのはそういった本来持っているシステムが正常になり、血流が促されて、悪い場所を特定しなくても勝手に元に戻るから、楽になるのです。。。

不要なものを流し、そこへ栄養を運ぶ、、、全体をケアできれば全体が整う。

まさにリフレクソロジーは健康の基本の部分を支えられる重要な役割を担える。
他の臓器に負担なく、(アロマだと肝臓や腎臓を使います)正常な機能に戻る。

ただそれだけでいいんです。それにはリラックスが重要だからこそ痛い圧は行いません。いかに身体を余分な緊張から解きほぐし、本来の状態へ戻るか、が決め手となります。

心も体とつながっています。心身が整い、心地よい状態になるのがリフレクソロジーです。

見えている、現れているもの(症状)を消したところで健康にはなれません。
無くなった、と”見えて”いるだけ。

全体を整えることができていなかったらまた不調は繰り返すかどこか違う場所へ移るだけ。
健康のベースは自己治癒力です。そしてそれは代謝があって初めて正常に機能を発揮するのです。。。だから、局所だけでなく、見えてない部分、本来の健康を支えている部分である全体を整えるのです。

 

☆☆☆☆☆

3/10  ここだけの話♡女性だけのオープンマインドランチ会@シェラトン都ホテル

https://resast.jp/events/322396

あと2席!

3/17 ハンドリフレクソロジー1Day講座
https://resast.jp/events/321758

4/9
10:00~ 「まじめなセクシュアリティ講座」

https://resast.jp/events/328358

14:00~ 「医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/328359

双葉お茶会(瞑想やお話) →明日、13:00~15:00 臨時開催!

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

足は最重要な臓器~シリーズ「なぜリフレクソロジーなのか?」

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

勝手にシリーズ化(笑)『なぜリフレクソロジーなのか?』

今日はダンスのお仕事の本番です!一ヵ月やってきた結果が出る日。

アイリッシュダンスは足を使うダンス。

ずっとジャンプしていて本当に身体に悪いんです(笑)滝汗

足って本当に大切なんですよ。

だって、私たちを支えてくれている大事な臓器。

大地と、地球と、いつもつながっているリンク部。

だから本当はとーってもケアが必要。

なのに結構私たちは一番後回しにしているかも・・・

足に不具合が出ると身体すべてに影響するのにチーン

リフレクソロジーは全体を整えるものですが足のチェックと足自体のケアにも当然優れています~

なんで足が大切か?足をどうケアするか?

足からの衝撃はすべて足から上のカラダ全体で支えています。特に背骨と首は重たい頭によって身体のバランスが崩れないように、足からの衝撃で身体に余計な負担を与えないために力を分散させて守ってくれています。

足自体も沢山の筋肉と骨、神経がどんな障害も避けられるようなシステムになっています。。。

ですから、足が正常に働いていないと足から上(=すべての臓器)、にかなり影響があるんです。

周知のとおり、足が正常に動くためには足裏の感覚がまずは重要です。感知できる状態を作ってあげないと正常なキャッチができずにかけてはいけない部分や余計な負担をかけて疲れを起こさせたり、挙句の果てには障害を起こします。

腰痛、頭痛、冷え・むくみ(血行不良)、歪み、肩こり、歯並び、顎関節症、顔のたるみ、部分太り(太ももやふくらはぎ、足首)、生理痛、不妊、首凝り、等々・・・

これらの症状がじつは姿勢よりも歩き方や靴を見直すことで改善されることがあります。(またはその歩き方を作っているメンタル面・・・)

慢性症状がある方で何か対処を施しても繰り返す方は靴や歩き方にも目を向けてあげること。足、足元、を見直すことは自分自身を見直すこと、と言っていますがこれは医学的にも精神的にも、そして、スピリチュアル的にも同様です。

例えば、以下の歩き方にはこんな原因が隠されているかも。

内股になっている=何か自信のないことがある、弱気になっていることがある、、、(自覚がないものが多い)

 

懸念される症状は足のむくみ(贅肉)。

内股だと身体の外側に贅肉がつきやすくなったり、血流不良で滞ることで浮腫みによって足が太くなります。横に贅肉がついたり、筋肉が変な場所へついたり、バランスが悪くなる。または足首が正常に動かないので太くなる、、、など。

これではいくらダイエットをがんばっていても意味がありません。一部分だけを見ていると灯台下暗し。特に脚を細くしたいと思っている方は靴や体幹の筋肉をケアするといいです。体幹は姿勢とつながりますが姿勢を良くすること、を勘違いされている方が多いのでその点も注意です。姿勢が良い、というのはまっすぐに立っている事でもなく、私は姿勢は気にしないほうがいいとクライエントにいつも言っています。

普段から足をケアすること、は全身に良い影響をもたらします。

リフレクソロジーはその施術以外にも足をチェックすることで全身のチェックを行えたり、足自体をケアすることでこれらのことも一緒にケアできます。

特にウォーミングアップの際、細かい足の骨や筋肉をほぐすことで施術以外にもとてもいいケアになります。

特に踵(かかと)の部分はここだけで血流がかなり改善したり、不具合の原因を解消できる可能性もあります。

足は第二の心臓

足首を回すこと、そして、心臓のポンプである足~ふくらはぎに溜まってしまった血流を正常に流すことは健康のための基本です。

まずは足を見直してみましょう^^

足のケア、リフレクソロジーの副産物です!

※リフレクソロジーは全身のセラピーです。

 

☆☆☆☆☆

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉「医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/274910

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876