リフレクソロジーがもたらす結果と目的

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日の記事のつづきです⇒なぜリフレクソロジーなのか

リフレクソロジーがもたらす結果って当たり前すぎてわざわざ書かないという意識がどうしても働いてしまって💦

でも、今一度・・・こんな方に、という具体的なもの。。。

でも、そのときだけのツールではない。だからこその最高のケア。

リフレクソロジーは治療ではないので以下の症状が治す、という目的ではありませんが結果的に自己治癒力の正常化によって治った、ということは可能性として多くあります。

冷え、むくみ、生理痛、不妊、睡眠障害、更年期障害、肩こり、腰痛、便秘、痛み、精神障害(鬱、不安、愛着障害)、治療による副作用の軽減・緩和、不整脈・・・

とあげるのも、なんとなく違うような気もしますが・・・だって、コレに効きます!っていうんじゃないんです。。。結局、本来の状態=健康、に戻すってことは身体の機能が正常になるってことでそれが自然の力、治癒力なんですから。。。

元はと言えば、血流が全てです。

人間の体は血液が酸素や栄養素を運び、不要物を回収し、免疫機能を働かせて健康を守っており、全体の代謝を促します。血液が正常に流れているからこそ治癒力も正常なのです。

血液の流れが正常でないと症状が出ているところをいくら部分的に改善させたとしても遠回り、となりかねません。

疲れや症状に必要なのはどれだけ不要なものを出すか、です。それによって正常な血液の流れ、浄化につながって健康が保たれます。

不要なものが残っている状態でいくら栄養素を入れてもそれを身体に取り込むことができなければ意味がありません。ですから血流を促し、体液の流れを促して、機能のバランスを保つことが一番大事なんです。

それには滞っている状態を正常にする。全体を整える、ということが必要不可欠。

でも、一部だけ動かしても全体はケアできません。身体だけでも、です。

血流が正常に働くためには心身共にニュートラルな状態にすること。

ひずみ=ストレス、が必要以上に多い現代人にとって不要なストレス、過度のストレスを取ることが先決。それには心からリラックスすること。

強いマッサージなどは血流が一時的に良くなるものの、心は交感神経が優位になっており、リラックスとは真逆になっています。

脳を休めることも普段から使いすぎている私たちにはとても重要なポイントです。

手足には他の臓器にはない繊細で特別な神経が沢山通っています。それらが末端神経として身体を通って、脳へつながっている。これらがすべてメッセージを取り合い、連携しているので反射区としてのリフレクソロジーは全身の細部にわたり、すべての臓器へ影響するのです。

身体は決して臓器ごとに分かれているのではなく、すべて連携、関係しています。

リフレクソロジーはその全体、すべてを網羅し、刺激することで全体を整えます。全体が整っていないと治癒力はその力を発揮することはできません。

ですから、本来のリフレクソロジーの結果を出すにはフルトリートメントでないと意味がありません。プラス、その時の状態による再トリートメントなどのケアです。

足、と言う点でも血流のキーポイント。足は血行が悪くなりがちです。心臓が血流の親であり、その心臓と一番遠いのが足です。ですから、足を施術することで全体につながげていくことができるのでリフレクソロジーが基本的に足がお勧めなんです。

血行が悪いと臓器すべてに影響します。

結局すべては自己治癒力。

リフレクソロジーは治癒力を開花させます。色々なことから護ってくれる強い味方。

 

リフレクソロジーの目的は血流を促し、全体を整え、本来の状態へ戻すこと。リセットです。

その結果、自分の身体が正常な機能を果たし、症状が改善されたり、痛みや違和感が減って生活の質が上がるんです。。。そして、心が落ち着いて、前向きになったり、、、と心地よさの連鎖が起きる。

これぞリフレクソロジーマジックです♪

リフレクソロジーの作用を最大限に発揮させるには継続が一番です。

 

☆☆☆☆☆

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉「医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/274910

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

広告

リフレクソロジーはタオイズム

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

 

タオイズムとは「道教」。全ての存在は自然の一部、全体の一部。

私たちは全てを持っている完全な存在で完璧になろうとしなくていいんです。しようとすると自然の流れから逆らうのでおかしくなってしまうんです。でも、しようさせようという意識が多すぎませんか?とらわれた生き方は刺激的でいかにもそれらしく存在しています。

なぜこんなに「幸福感」がないのでしょうか?日本人は特に幸福を感じている人が少ないそうですが平和で貧困の差もひどくない国ですが自殺者がトップに入るくらいなのはなぜでしょうか?

生きるって、幸せって、本来はとてもシンプルなんです。たまたまリフレクソロジーをやっているけれどリフレクソロジーって自然の摂理だなーってつくづく思うんです。

 

リフレクソロジーは自然療法なので「戻す」だけなんです。

戻すってなんでしょう?

禅やタオイズムは人間も自然の一部としてみるのですがリフレクソロジーも同じだと思っています。自然は自然の流れに任せるのが最善です。全体の一部で二元論はないんです。

だから、意志によって「どうにかしよう」=動かそうとすると自然の流れを邪魔してしまって余計にうまくいかなくなるんです。リズムが狂う。

人間の身体も心もそもそも健康体が崩れるから病気や症状になるんですね。

そして、見えている、現れているもの、箇所に原因があると限らないのに治療って悪いところだけを取り除いて、無くなったように見えますよね?しかも、そのせいで周りの健康な組織も傷つけてしまったことは見ない。。。

確かに滞っている場所を流してあげるというのは場合によっては良い結果をもたらすので必要な療法もありますし、薬だって命の危険があったら飲んだ方がいいわけです。

でも、それだけに頼ったり見えているものだけに目を向けて、考えや行動が偏ったらそれらが毒にもなるということを忘れてはいけません。

すべてはバランスです。この世のすべてにあるものは調和によって生かされています。リズムも大事。

そのバランスには何が必要なのか?それは自然の流れです。本来の自然の流れ、本来の状態が健康体であれば本来の状態に戻るだけでいいんです。

肉体は勝手に病原菌を殺して、勝手に臓器は動いて、健康を保ってくれています。心も適度なストレスがあって生存に対応しています。

自己治癒力ですね。恒常性が働いているから生きていける。

これが自然の摂理。エネルギーバランスで自然の必要な循環です。

 

バランスを崩すのは感情や思考、環境のせいです。だからいま、マインドフルネスになることが脳科学的にもストレス解消になると立証されて瞑想が一般に広まってきていますね。

そうそう、瞑想ができなくてもリフレクソロジーを受けていることで同じマインドフルネスな状態になれることをご存知でしたか?(ゆったりとしたボディのトリートメントはマインドフルネスになりますが刺激に抑揚がありすぎる場合は交感神経が優位になってますし意識は興奮しちゃうのでまた別ですね)

そういった意味でもリフレクソロジーは自然に戻ることを後押しするだけ。

『加えない、足さない、取り除きすぎない』

これが本当の健康に必要なことです。

余談ですが心理学でいう「意識」でも語ることができます。たとえば「自分の○○を変えよう」と思うとき「○○=悪いところ」がベースとして変えたいと思っていると「悪い」に意識がいってそれを現実化させます。脳は単純です。私たちの文章を最後まで理解しません。「悪い」で認識します。「子供がほしい」は「欲しい状態」を現実化します。意識を向けて何かをすることは「どうにかしよう」というエネルギーが働いてしまうのでうまくいかなくなる。

そうです。

「良くしたい=いま、悪い状態」を現実化します。想像が現実を生むんです。

私たちは自然の一部ですからただただ自然の流れに「戻す」だけでいい。最善が起きる状態は自然の状態です。元の状態。本来のあなたに戻ればいいだけ。これって最高の自己受容です^^自分の身体を信じてもとに戻るだけ。

戻す=全体が整う、から症状が必要ない場合は消失します。それだけ。今必要ない症状が出ていたらそれが消えた、、、即効性があったと見えるだけ。必要な痛み(痛みはメッセージです)ならすぐには消えないし、治癒過程なのでプロセスの時期的に消えない場合もあります。でも、自然の状態へ戻る助けをすれば余計なストレスを増やさずにより良い状態へ持ってきてくれる。だから自然の状態へ戻るためにリフレクソロジーが最適だと感じています。

原因を突き止めなくても全体を促すことができれば身体が勝手にやってくれます。

そのスイッチをリフレクソロジーが担っています。

自己治癒力のスイッチが食生活や運動不足やストレスで入りづらくなっているのです。

施術後、身体の変化(「全身が軽くなった!」「温かくなった」「痛みが消えた」など)を体験できるのはリフレクソロジストのおかげではありません(笑)ご自身の身体のおかげです^^何かをしたのではなく元に戻っただけ( *´艸`)崩れたものが本来の状態に戻ってバランスが戻っただけ。

リフレクソロジーがマッサージではないこと、瞑想になること、痛気持ちいとは異なる気持ちよさ、施術後の心身の変化を感じたい方は伝統的なリフレクソロジーをぜひ体験してみてほしいな~。。。(経歴に”ベイリースクール修了”とか自然療法や補完療法というのがあれば伝統的なソフトなリフレクソロジーのセラピストさんかと思います)

※但し、この話は伝統的な手技のリフレクソロジーに限ります。現代的な手技はまた別の目的と効果となります。

 

満月(しかも月食)だから、熱く語ってしまいました(笑)

☆☆☆☆☆

「プロ実技コース」「ホームリフレクソロジスト講座」随時ご都合に合わせて開講!

いつでもご相談ください。

☆☆☆☆☆

介護されている方でリフレクソロジーに興味のある方、介護を楽しくしたい方、ご連絡下さい^^一緒に何ができるか考えていきましょう~

症状は治癒過程

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

症状が出る・・・=病気

だと捉えがちですがこれは治癒過程です。

病気は治癒過程なんです~

治癒している証拠(≧▽≦)

 

そして、症状が出ているところが悪いとも限りません。

 

メタヘルスという心身医療・統合医療の理論があるのですが

「症状はどれも治癒過程の一部です。」

と言っています。

 

病気も治癒の表れ。

病気からのメッセージを聞いて、自分に問い直してライフスタイルに必要なものを取り入れれば病気は治癒をどんどん進めてくれる。

逆に単に取り除こうと病気自体を悪いものとして排除しようとすると当然メッセージを無視しますから悪化していきます。

病気は原因を突き止めるよりも病気になった意味といいますか

病気によって何を学ぶか、得るか、手放すか、、、

 

メタヘルスでは症状はホッとしたとき=ストレス期が終わった後に出るといいます。

これは再生期です。治癒していく過程に本格的に入ったよ、ということ。

 

炎症反応も一見悪く見えますがあれも治癒過程。

身体は常に恒常性を保とうとしてくれています。本来の状態へ戻るために。

だから自分の身体を信じて、その手助けをしてあげればいいだけです。

そのために必要なものを与える選択をすること。

 

決して落胆せず、病気にのまれず、治癒していくというよりポジティヴな状態ということに意識をおいてみてください。

人間の脳はある意味単純です。それだけで治癒が進みます!

人間の身体はサイクルがあります。

上昇下降を繰り返す。

一喜一憂せずに都度身体と心と向き合って付き合って病気を肯定(すぐには無理かもしれませんが)しながら行くことがより良い治療になります。

病気と闘わおうとしないこと。

病気はやっつけようと思うと襲ってきます。だって、不安や恐怖から闘うから。

 

治療の選択肢は様々です。その時必要なものを選ぶ。

西洋医学でも自然療法でも、適宜利用する。

病院の治療も必要です。但し、身体の声を無視して病院で治療することだけはオススメしません。
投薬や外科手術などの”医療”は、曲がった針金をまっすぐにしているイメージということも忘れずに。
一時的に治ったように感じても実際には完全に元に戻っているわけではなく最終的には自己治癒力が治しています。
その点を忘れずに医者まかせにせずその後も日々の行いが大事ですね^^
毎秒、身体は新しい細胞を代謝して、健康になろうとしてくれています。
もう一度言います。
病気、症状、は治癒過程の一部、なんです^^

リフレクソロジーの反応と経過

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

私事ですが・・・今日は誕生日です!^^

とはいえ、朝から一日じつは葬儀となりました。

親戚の葬式なのです。

誕生日に喪服を着るというめったにない機会。

 

死と再生。

 

ケルト人らしい一日です^^ 新月ですし。(ジャストは昨日の15:30)

 

さて、誕生日なので一番伝えたいこと。

リフレクソロジーの話です!

施術後の反応はその時の身体の状態によって異なり、

元に戻るプロセスとして現れますよね?

私のリフレクソロジーを受けた皆さんに良く言われるのは

「なんで、こんなに優しいソフトな圧なのに!びっくり爆  笑

です。

強いから・痛キモチいから効いているというのは錯覚です滝汗

先入観とかただの揉み返しとか逆に傷めてたりして・・・

そして今回もこんな感想を不意打ちに頂きましたbell

 

感想⇒

先日、久しぶりに会った友人に以前受けて頂いた

リフレクソロジーの感想が返ってきました。

「ずっと言いたかったの!」って( ̄▽ ̄)♥

 

『翌日、足がだるくなって、そのまた翌日にスッキリしたの!』

『あんなに優しい刺激なのに不思議ね。どうして?』

と。

 

だるくなるのはそれだけ滞っていた分、動いているということ。

 

身体は常に恒常性を保ち、身体を正常な機能にして

命をつなげ、健康状態を保持してくれています。

が、それを崩すようなこと(例えば、寝不足や過度のストレスなどの外的な環境要因)

をすると元に戻るという機能が果たせません。

で、病気という恒常性が働く。(病気も治癒過程です。また別の機会にゆっくりと)

 

毎日恒常性は主には睡眠中などリカバリーをします。

ところがこれが少ないと戻れずにどんどん悪循環に。

すると体液循環が止まります。

体液循環はすべての臓器の機能を低下させますので動きが悪くなると

身体全体にトラブルを引き起こしますため一番顕著に現れます。

このだるさは揉み返しなどの痛みやだるさとは別です。

何らかの施術によって元に戻ろうとするとき一斉に動くため

だるくなったり、患部が一時的に強まったり、ということが起こります。

 

ですから強いマッサージなどはこれが起こりやすいです。

でも、いくら好転反応であっても強すぎてその反応が強すぎた場合、

身体には負担ですので健康な方以外に強い刺激はよくありません。

そして、強いから、反応が大きいから、実感があるから・・・という理由で受けないほうがいいです。

リフレクソロジーはマッサージではありませんが

優しい圧でなぜ身体に反応が出るのか不思議に思われる方が多いです。

でも、身体には優しい。

 

なぜでしょう?

 

それは身体の自然の機能のせいです。

リンパは皮膚のすぐ下にあり、さするだけで流れます。

滞っていても。

強すぎると逆効果。だるさや痛みが逆に起こり別の問題を引き起こします。

 

また、脳のホルモンで説明でするなら

強い刺激はアドレナリンなどが放出されて快感刺激(快楽ホルモン)ですから

「キモチいい~」となり、交感神経が高まったり、プラシーボとなりえそうです。

一方、優しい刺激はセロトニン(感情ホルモン)やオキシトシン(愛情ホルモン)によって

感情が落ち着いて、不安感が消え、幸福に満ちることで副交感神経が優位になり

リラックスすることで全体の循環が正常化する、と言えそうです。

 

健康を保つために私たちに必要なのは自然治癒力のみです。

それにはホメオスタシス(恒常性)が正常に機能しているか。

病気になる前、病気になったとき、薬で対処することよりもまずはこの

崩れたシステムを戻ることが何よりも先なんです。(病気も治癒過程)

それなのにそれを無視して、単に薬や治療に頼るのは本当の「治療」ではありません。

 

私たちの身体はすでに完全です。生きようとしなくても生かしてくれているんです。

病気を取り除こう、身体を治そう、ではなく、完全なものを崩している原因を取り除くことです。

それには日々の恒常性が大切です。

これが崩れていたら薬も消化吸収できません。

 

リフレクソロジーは恒常性を保つためのセラピーです。

何かを治すとかどうにかするようなツールではありません。

あなたの身体は完全で、治癒力をもともと持っています。

それを戻すだけでいいんです^^

だから優しい刺激でいいし、優しくしてほしい身体には強い圧よりも優しさを与えてあげましょうよ^^

本当に欲しいのは「やさしさ」ですよ~^^

人生にも治療にも施術にも「無理」「我慢」「厳しさ」「痛み」

は必要ありません~~~それらから解放するためにあるんですから!

 

※施術の反応は好転反応というと分かりやすいかもしれませんが

本当に好転反応なのかの基準のあいまいさによる誤診断や

期待をさせる言葉で暗示になる可能性もあるため

あまり使いたくないので単に「反応」や「リアクション」と

呼ばせて頂いております。