到達も解脱も完全なる癒しなど何もない

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

一昨日はカフェ・プラクティス!

Cafepractice20190321

過去最高!の3名と一緒に気づきの時間を過ごしました。

「瞑想ができない」

「長浜さんみたいになりたい」

とそれぞれの動機でご参加頂きました。

色々な想いを聞いて熱く語ったり、私の癒しのプロセスをお話ししたり、

寝る瞑想、飲む瞑想、など瞑想を行ってマインドフルネスを体験したり。

誰もが

苦しみを終わらせたい

とか

幸せになりたい

と思い、

変化

をすれば解放や癒しが起こって

今の状況から逃れられる、解決できる、と思っている。

そう、そこが間違い・・・(でも、そう思う自分を責めなくていい~^^←ちなみにこれ、やるから終わらない(笑)

時間は存在ないだの、投影だの、内観だの・・・普段では聞かないような濃い、深い、話しばかりが出てきて参加者の方はぽか~んかもしれませんがいつも本当にありがとうございます。。。

長浜さんみたいに執着のないところに憧れます

とか

軸ができたらいいな

とか。いえいえ、私は煩悩いっぱい。だって、人間だもの(笑)
でも、なんで昔みたいに苦しみのなかで生きていないのか・・・
そして私は生まれつきHSPのため、光、音、匂いに人一倍敏感なためまだまだ生きづらい部分もあります。でも、それが受け入れられたらある意味自分の中で平気になるのです^^

「自分として生きる」は自分を創ることではない

軸って、メルマガでも書いたんですが(登録してなくても読めます!→こちら)結局、自己肯定や受容ができてくると自分を優先し、自分の選択に納得して自分からできるようになる。
それは決してやり方を身に着けたからできるわけではなく、在り方が”自然”に変わったから。
だからとにかく自分らしく(=自分の本質であるセクシュアリティ)を大切にすること。

でも、別に自分をわざわざ作ろうとしなくていいんです。自分らしくなるということはもともとの自分に気づくことだから。変えようとしなくいい。

ただただ、もともとの自分が何であるかを探求すること。

そこに本当に解放の真実の道がある。

すべては頭のなかのストーリー。

 

頭で理解しようとすると失敗する

うまくやろうとしないこと。(これ究極です。)
瞑想もそうだけど、完璧にやろうとかみんなと同じようにやろうとかそれこそが雑念で。
人生もうまく生きようとかするから自分をないがしろにして本質から反れる。

やり方を聞いたり、成功者(と呼ぶ人が多いがそれよりメンターやティーチャーと呼んだ方が合ってる。成功も人それぞれの解釈)の声を聞いて自分もそれと同じように、或いはそこからヒントを得ようとするのは当然です。
が、まったく同じようにやると失敗します。なぜなら人それぞれ違うからです。

一番やってしまうのは自分を責めて反省して変えようとしたり、ジャッジをする(自己肯定とは逆)ことでなおそうとする。(否定が前提になっています)

たとえば、ネガティヴな自分をポジティブに、とか、精神を強くする、とか。

ムリにポジティブにしなくていいです。ネガティヴを歓迎してあげれば勝手にポジティブになります。というかネガティブもあっていいんです。あっていいと思えるようになることこそ大事。
頭の理解ではなく、肚の理解。腑に落ちるということが内観によって起こってきます。

自己肯定のワーク、セラピーをやっていくこと、もしくは自分の好きなことをやって褒められるとか自信をつける、とかでもいい。(これもやろうとせずただ楽しむことを優先させる)
肯定感については「まじめなセクシュアリティ講座」→こちら などで行っていますのでご興味あれば。。。次回は4/9(残席1)です。

 

覚りとはすべてに気づいていること、降参していること

解脱、到達、完全なる癒しなんてありません。

どんな指導者、どんなカウンセラー、セラピストもすべてを解決し、到達し、完全に癒されている、なんてありません。いくら”答え”を実感しても、体験しても、経験しても、日々起こることと向き合うことは必須です。終わりなんてないんです。。。あるのは自分のストーリーの苦しみの終わり。これが最大の、、、

そこに気づくことこそ、私たちにとって穏やかに生きることができる道かもしれません。

ガラリと変わることができる!なんてのはまやかしです。(結果そう思うだけで)
いいことも悪いことも日々起こりえる、ということを受け入れられること、、、
私たちは生かされていて、この自然との調和をすることが生きる道。
降参していること。。。降参は抑圧も我慢もなく、ただただ受け入れられていること。

思考が私たちを苦しめているとしたら思考によって幸せにもなれるのです。

悪いものを排除するのではなく、それがそうであると日々受け止められる心が必要であって変えることでないということを実践によって気づきましょう。

人間だもの、、、感情も持っているし、自分が無くなることはないし(無くならせたい気持ちがわかるけど。抵抗が苦しみを生む・・・)、この世のすべてをOKにできることが真実の道かもしれません。それには自分をOKにすることが私の体験から言えることです。。。

ということで、私は到達もしていませんし、癒しの道が終わったわけでもありません。
これは終わるものではありません。常に新しい一瞬です。がっかりするかもしれませんががっかりしないください。大丈夫です^^自己探求によって楽になることは確かです。でも、楽になることが目標ではないということ。生きることを楽しむこと。いつでも楽しくできる。
私も日々探求をしています。起こる様々な出来事に対応しています。と、同時に楽しんでいます^^以前が何だったのか?!というくらい自分のビリーフが変わり、楽なのです。。。
(比較です。人間は比較することで判断できる。。。いい方か悪い意味にとるかは自分次第)

それが生きるということなのです。でも、苦しむために生きているのではないですよ。そこを間違えないようにね。いまの苦しみが嫌なら自分のなかに気づきを得る、ということをするのみ。それは日々起こることに丁寧に自分が自分に寄り添う、ということしかありません。

もうすでに完全だということ、生かされているということが腑に落ちたとき、何もかも解ける(溶ける)んです^^降参できたら、自分から完璧にしようと求めなくなるからいまの苦しみがなくなる。。。

☆☆☆☆☆

4/9
10:00~12:00 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/328358

14:00~16:30  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/328359

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

しさを見つけて下さいね^^それが癒しの道です。

広告

自分と向き合うって楽しい~^^

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)
ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

「自分と向き合う」って聞くとなんだか苦しそうじゃないですか?キョロキョロ

確かに今まで避けてきた部分、蓋をしていたことに向き合うんですからそりゃ~怖いし、イヤですよね~ショック

でも、今は、わたし、、、楽しくてしょうがない!(笑)

自分を知ることが!

産みの苦しみの大波をちょいと乗り越えればあとは小波か、たまに大波来るけどそれも受け容れられる意識があると全然違うのね。

だから今はどんどん深まっていって「自分を知る」ということが趣味みたいになっています笑い泣き

楽しい~ラブラブ

なんでこうなったのか、、、今一度振り返ってみよう・・・

あのね、、、でもね、、、別に癒されなくちゃいけないわけじゃないからね。言っとくけど(笑)

苦しいとどうしても「取り除きたい」と何かをやろうとするよね?

それはとてもいいのだけど、その時に必要なのは「全部取れる」と思わないこと。だって、不可能だから。不可能なことをやっているとゴールないから苦しいのね。

本当に必要なのはね、、、苦しみもOKにできるようになること~!(ってまたそれを求めちゃうとそれはそれで違うんだけどね(笑))

この世は良いことも悪いこともどちらもあって、それが対なのです。

その自然の摂理を受け入れられることがやることであって、自分を変えることじゃないの。

「変えるんじゃなくて変わる」

が正解でした。私の正解。人によって正解は違うから自分の正解を見つけること。正解というか腑に落ちる、心地いい場所ね。それを見つける。皆違ってていい。

私は自己探究が面白くて仕方ないんです!(オタク気質でもないはずだけど(笑))

たぶん、一般的には「そんなことしたってしょうがない!」とか「暗い!」とか「そんな時間があったら汗流す!」とか「必要ない」とか「飲んで忘れろ!」とか「自分が悪くないのになんで自分を見つめなくちゃいけないんだ!」「相手が常識ないだけ!」とかが常識ですよね~~~

でも、そんな方々っていっつもストレスフルじゃないですか?でも、いいんです!ご自分がいいならどんな生き方だっていい!

どんな人も自分の生き方を尊重し合う関係、、、いいよね?

・・・・・・ん?できてる?(笑)

相手の領域に入らずに関係を築けています?

旦那さんの愚痴とか友達に言ってませんか?自分を責めて反省とかしちゃってませんか?反省要らないよ~。ダメ出しも不要。自分にも他人にも。

どんな人生でも、苦しみも、その時に対処できたり、支えになる「何か」があるかどうかが重要。。。曲がった鉄筋を無理やり力づくで元に戻そうとするのではなく、放ってみないフリするのでもなく、、、(笑)まずは曲がった事実を認めてあげること。すると自然の流れが起きる。

どうしてそうなったのか、そこにどんな想いが詰まっていたのか・・・そこに寄り添ってあげたら、いろんな思いが出てきたりして、、、びっくりする気づきとか起こったり!

だから、楽しい~^^どんどこ知らなかった事実や繋がる何かや、自分の気づきが宝物探しみたいに見つかって、都度、楽になったり、戻ったり、どこかと繋がったり、、、

セルフケアで自己探究をしていくと気づいてなかったことやインナーチャイルドと出会ったり、、、日々、本当に意外な自分とか色々な気づきが面白いんです~~~( ̄▽ ̄)

オタクですね(笑)(え?やっぱり?(笑)つか、変態ですね(^_^;))

それがいい!ということを言いたいのではなく、ただ私には楽しくて、自分と向き合うとどんどん色々と変化があって人生が変わっていってるので楽しいんですね。最近ですけどね、楽しくなってきたのはーーー(笑)だって、人生もどんどん楽しくなっていくんだものー!そして自分に余裕ができると人との関わり合い方が変わってくることを実感しています♪これが大きい~!一人で生きているんじゃないってこのこと言うんだなーとも思う。行動、雰囲気、態度、度量、全部変わった。よく周りからも言われます( ̄▽ ̄)ふふ、顔まで変わったかも。

心の巡りが良くなると身体の巡りも良くなって、若返る(つか元々の状態になる?)んだな~。やっぱり不要なものを出す、って大事。

楽しさって人それぞれですが、自分が楽しいから当然人にもオススメしたくなるのは人間の性ですよね~~~。というか、循環というか。。。それも自然に出てくる。

でも、本当に人それぞれにプロセスがあるのでタイミングや性質の違いや必要なものも全く違うのでその人それぞれの正解や答えを見つけて楽しむことが一番だと思っています。

どうしても、癒さないと楽しい人生を送れないわけでもないし、向き合わないほうがいいときもあるよ!(無理しないでねーーー)

ただ自分がどう生きたいのか、心からしたいことなのか、したくなくても今はそれでいいのかもしれないし、、、

結局、他人が決めることじゃなくて自分が出す答えに自分が納得できていればいいわけで、、、

その中で必要だったらセルフケアとかセルフワークを取り入れればいいわけで。

必要でしたらどうぞご一緒に。私が助けになったものたちですがピンと来たならきっとあなたにも必要かも( *´艸`)やっておいて損はなし。セルフケアっていいよ~^^

 

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

 

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

 

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

新年会の憂鬱~「姑は強制すべきじゃない」

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

新年になると憂鬱なことがある。それは主人の実家の新年会。

新年会では家族という近い存在故の家族間の感情や関係の問題などがいろいろあるものですよね。

家族ゆえにモヤモヤするのは解決しようがなかったりする問題のせいだったり、

そこにはいろいろなビリーフが・・・

そんなモヤモヤをバイロンケイティワークで自己探求しました。

この世界をつくっているのは自分のストーリーだということを昨日も体験できました・・・

嬉しかったのでシェアさせて頂きますね^^

 

 

毎年、主人の実家の新年会はちょっとしたストレスの種です。

なぜなら、『嫁は働け』という強制を強いられるからです。(私の解釈です)

準備をする、片付けるという行為自体に否定感があるというよりも

『嫁は給仕するべき』とか『女は食事の用意をすべき』

という仕事を当然のごとく、強制、強要されるからです。(私の解釈で)

姑がすべてをコントロールして、すべての総監督。

『従わなければならない』のです。(と、信じ込んでいる私の解釈ね)

結婚してから毎年欠かさずに17年、17回ずっとやってきました。

やはり人は能動的にやったことに満足したいもの・・・

 

と書くと姑がとてもひどい人に聞こえそうですなのでここでフォローしておくと(笑)これは私のストーリーです。現実に起こっているので妄想や想像ではありませんがあくまでも私のめがねで見た世界と私のビリーフが作っているストーリーです。新年会に関する・・・。嫌なことは頭の中でより脚色されていきます(笑)

 

さて、私はこの『自主的に行う行為ではなく強制・強要されている』というのが一番苦しかったようです。(やった結果は同じなんですけどね・・・)

なのでテーマは「姑は強制すべきではない」にしました。

 

はじめの質問。「それは本当ですか?」

答えはYesです。

姑は私に「公恵さんはこれをやって」「○○(お兄さんの嫁)さんはこれをやって」とすべて指示します。初めから分担は姑が決めている。

次の質問。「絶対本当だと言い切れますか?」

言い切ることはできませんね。全部いちいち指示してはいません。最後は結局私が率先して色々とやってますから。

 

次の質問。「その考えを信じるとき、どんなふうに反応しますか?何が起こりますか?」

絶対に断れない、こちらに選択権がないことに理不尽さを感じている私が居ました。絶対に逆らえないし、文句も言えない。従わなければならないと信じ、身体が硬直して、緊張し、否定的な感情がわきます。何を言われるのか恐怖で警戒し、TVを見て歓談する他の人たちの声が聞こえてくるとなぜか自分だけがのけ者にされたような貧富の差があるような差別感(どんだけ~w)惨めな気分や「他の人は何もしないで楽だな」という不平等さが湧き上がる。皆に対しても恨めしい気分になって「新年会なんてなければいいのに」と思っている。

他にも普段から持っている姑へのビリーフがわきあがってきます。(今は関係ないのに!)

 

次の質問。「その考えがなかったらどうなりますか?」

なかったら、自分らしく自然体で居れます。自分のペースで動けて、自分から動いています。頭の中はただ食事の準備や後片付けのことだけを考えればよくて、先ほどのネガティヴな感情やストーリーは全くなくて、息も普通にできていてとても楽な気分。嫌々やってなくて心から皆が喜んでくれることをしていることにとても幸福感を味わっている。準備や後片付けをしていて楽しくすらある。(”やらされている”という気持ちがあると結果は同じでも全く別の世界になることを感じる)

そして、今後は毎年正月が楽しみになるでしょう。元旦、主人への愚痴もなくなって無駄な喧嘩もなく優しくできる。表情もきっと明るくなって周りの印象も違うかもw

 

次は「姑は(私に)強制すべきではない」文章の置き換えです。

真実味のある事実を3つ程度探してみます。。。あの場面において。少しでもあった事実。

(書き留めているわけではないので実際とは少しまた違うのが再度書きながら出てきました)

①「姑は(私に)強制すべきだ」なぜなら・・・

1、私に強制することで姑の感情が安定してあの場にいるみんなのため、私のためになっているから

1、強制して、指示をもらったほうがやりやすいから

1、強制されないと何をやっていいかわからずに逆にストレスになるから

1、強制しているというのは私の考えであって、実際には指示を出してくれているだけ

1、実際にはそれほど大変な仕事を強要されているわけではないから

1、こうして自分に向き合うワークをさせてくれるから

 

②「私は姑に強制すべきじゃない」なぜなら・・・

1、姑は強制すべきじゃないという想いを強制している。強制するのは良くないといいながら自分が姑に対して行っている

1、強制することは自分を苦しくさせているから

1、姑の領域であって、それをジャッジできないから。

1、私が「強制をやめろ」と強制したら抑えつけになってしまうから

1、「よそ者」「他人」という自分でつくった疎外感を現実化してしまうから

 

③「私は私に強制すべきじゃない」なぜなら・・・

1、その考えがあること、強制することで相手の領域へ入り、どうしようもできないことに不満を持ち解決できないことに執着しているから

1、冷静に物事を観れずに視野を狭くしているから

1、自分が強制されていると信じている自分を作りだしてしまうから

1、この考えを信じることで毎回嫌な思いを現実化して、自分のなかだけで起こして不幸になっているから

1、姑は初めに強制する(私の解釈で)言葉を言っているだけであとは全く強制していないのに自分の頭の中で延々と(しまいには一年中(;・∀・))「私は強制されている」と信じて自分で自分を苦しくさせているから

 

ひえ~~~

どれだけ自分で自分を苦しめていたのでしょう!

色々な真実が観えました( ̄▽ ̄)

いかに一人劇場だったかがワークすると分かって、笑えるの(笑)

なんだか”強制”されるのが楽しみになってきました(笑)

ビリーフのないオープンマインドな目でもう一度見てみると、強制される!と怯えていたのは私の中で起きている事だけで実際には姑はみんなが喜んでくれることを望んで新年会をやっていて、私も自分を護るために反応的になっていたことを少しでも感じたことで(すべてがひっくり返って解決するとまで行かなくても)見る目、世界、現実が変わりました。

一瞬でも^^(一瞬なったという事実だけで何かは変わってる・・・)

「強制される=自主的にできない」と言う点の一番の苦しみの想いに触れて、そこから本当の真実が見えて、来年は自分から積極的に色々と手伝って準備をして楽しい新年会にできそうな予感です^^

すべては自分のストーリー。

そんな自分もゆるしてあげつつ、自分と向き合い、探求をしていこう~^^

ケイティワークは一生の友^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

介護リフレクソロジーミニ講座

早割 1/10まで!

https://resast.jp/events/234652

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~