継続の力

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

日本赤十字医療センターでリフレクソロジーボランティアを始めて

4年目(もうすぐ5年目)になりますが

先月、今月とびっくりすることが!

継続の力ってこれかーーー!!!

と実感した経験。。。

いつも眠っている患者さんが初めて患者さんから「どこでやっているの?」

と聞いてくれて、、、数年経ってやっと心を開いてくれた、と思ったら感動した。。。

だって、いつも話さない方が話してくれたんです!

これって継続してきたからこその出来事。
リフレクソロジーボランティアのときは患者さんに挨拶をして、施術するのみ。特にこちらからは話しかけたりプライベートな話は患者さんから話さない限り話しちゃいけないので黙って施術していました。

いつもなんも言わずに眠っている患者さんにずっと「興味ないのかな~?」と思いながら施術してきて、やっぱり人間ですから反応は気になりますし、反応がないとやりがいもないのです。

だから、何度も「やめようかな」なんて思ったこともありました。。。もうすぐ丸4年。。。
だって、リフレクソロジーって誰も覚えてくれないんだもん(笑)
看護師さんも「足のマッサージですよー」っていまだに言ってて、たまにすねてた(笑)

そんなときに急に先月からそういった普段話しかけない無口な方が立て続けに声をかけて下さって、それだけでなく、

「リフレクソロジーに興味ある!」

と言って下さったことが涙が出るほど嬉しくて・・・(かまずに言えてるし!(≧▽≦))

4年間やっててよかった。。。って思った。

 

これが継続の力ってやつか~。。。
これって、継続してこなかったら経験できないことですよね?
続けてきたからこそ、患者さんが心を開いてくれて、そして、しっかりとリフレクソロジーの効果を感じて下さっていたということ!

これって本望の何ものでもない!

めちゃくちゃ嬉しい~~~!!!!!

その場の結果だけがすべてじゃない。継続によって構築されるものがある。結果が出るものもある。すぐに結論を出すのではなく、頭で決めつけず、言葉はなくても実は心の中で思って下さっていることがある。。。じつは目に見えないところで育っていた信頼という関係。
背中を観ていてくれた。。。足から感じていてくれた。

毎回、命の現場を肌で触れさせて頂いています。

患者さんから聞く、病気の話し、家族との関係。

命の現場で見るいろいろなこと。
患者さんから学びをもらっています。

命の尊さ、病気の意味、向き合い方、治療のこと、薬のこと、人生。。。

ありがたい。

リフレクソロジーのボランティアがなかったから自分から営業したボランティア。
リフレクソロジーを知ってもらえている、、、一人でもいい。
私のこのリフレクソロジーを実感してもらえていることが嬉しい。

 

タッチングのすばらしさもきっと感じてもらえているはず。。。
言葉でなく、肌で伝わるものは大きい。

さて、いよいよ明日です!また残席ありますのでぜひ参加ください~^^

↓↓↓↓↓

2/2(土)NPO法人 予防的あしケアサポート 勉強会

山口創先生の講義の後に実技レッスンを担当させて頂きます!

詳細は主催者のFacebookページへ

☆☆☆☆☆

2/3

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/312197

3/3 まじめなセクシュアリティ

https://www.reservestock.jp/events/321022

3/3 医学とスピリチュアルから観た女性の身体

https://resast.jp/events/321017

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

広告

ボランティアは清らか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

私がボランティアをやっているのは

自分のためです。

「病院のボランティアをやっている」

というとすごいね!って言われます。

受けて下さっている透析患者さんからは

「仕事でやればいいのに!」って言われます(笑)

ボランティアって聞くとどんなイメージがありますか?

いいことしていて清らかで純真なかんじ?

いやいや。。。

それ、きっと勘違いしていますよ( *´艸`)

ボランティアって無償で無料で無欲・・・

???

そんなことはありません。私の場合ぜんぜん(*_*;

自分がリフレクソロジーを知ってもらいたくてやっています。

欲が満載(笑)

病院でリフレクソロジーをやることはリフレクソロジーがリラクゼーションマッサージのカテゴリーではなく、そもそも医学から始まり、補完療法として治療の補助もしくは自然療法がリフレクソロジーということをより理解してもらうため。

ですから病院でやる、というのはどうしてもイメージとして押さえておきたかったんです。でも、ボランティアの枠ってない(なかった?いまはあるのかな?)。アロマはあってもリフレクソロジーはない。だから、自分で病院に営業しました。やらせてくださいって。まだまだ知らない人は多いですが知ってそのすごさを感じている方は増えています。

でもボランティアでの活動も葛藤との闘い。リフレクソロジーって足つぼかマッサージ、なんですよ。まだまだ・・・

イメージで重要。

「仕事でやればいいのに」って先日また言われました(笑)また、です。。。

ボランティアって仕事でできないからボランティアやっていると思ってらっしゃる方が多いのかな?それがイメージ。イメージ(偏見・固定観念・先入観)ってなかなか覆らない。

「仕事でやっているんですよ」というと、「じゃあ病院でお金をもらえばいいのに・・・」

(そうなんですよ!それを目指しているんです!)

嬉しかったですね~!

その方は続けて、「とてもいいよ。すごく興味ある。身体のめぐりが良くなっていくってわかるもん」

もう涙もんです。。。だって、この患者さん、初めて3年半、毎月ぜんっぜん興味なさそうだったんです(笑)そっけないし、何も言わないし、、、ずっとそうだった。なのにすごいべた褒め。これって継続してきたから。会話がなくてもやっていることを観てくれていてつながっていたんですよね。。。

本望だって思いました。この一人の人がそう言ってくださっただけで。。。

私はリフレクソロジーが足のマッサージではないことを伝えるためにボランティアをやっているのに「足のマッサージですよ」と毎回看護師さんが患者さんへ聞いて回るんですね。初めはまずいと思ってプリントとか用意して説明してました。でも毎回看護師さんも変わるし、そのほうが説明しやすいだろうと、もういいか、となってました。でも、こないだやっぱりだめだな、と自分から声を出していこうと思い、噛みそうだかなんだか関係ねー「リフレクソロジーです!」とちゃんと言おうって。

長年やっていると私の顔を観ればわかってらっしゃる方が多いですが敢えてやってこなかった自分を反省しました。。。私が声に出さなかったら「足のマッサージはいいんだな」になってしまいます💦「どうせ足のマッサージってまた言われちゃうんだ」なんてすねていたのかも(*_*;

身体で実感してくださって病院だけでなく受けたいと言って下さる方もいます。でも、皆さん週3回、病院で4~5時間の透析を受けてらっしゃるので難しいのです。

病院では15分を7名ほどに施術させて頂いています。一人でやるのはこれが限界。でも、15分なんて3分の1ですから本来のリフレクソロジーのパワー伝わってない。。。

それでもこれだけ感じて下さっている、と知れただけでもありがたい。

人それぞれボランティアの目的があると思いますが私は私のために、リフレクソロジーのために、やっています。が、これは結局みんなの笑顔が観たいためにやっている。。。

本当にいいと思うものを知ってもらいたいという欲求(エゴ)です。

但し、施術中は私のエゴではなく、とにかく患者さんへの思いやりを込めていますよ~、私のために(笑)

それに「えらいね~、ボランティア」って言われると正直言って、へへん!となるのも確かだし( *´艸`)

エライと思いますよ。だって、時間もお金も使ってやるんだもん。しかも、継続している。お休みもしたけどね、母の介護とかいろいろあって。

ボランティアって清らかな感じかもしれません。でも、キレイな行いという体で会話をしたくないです。イメージづくりのためですよ!全然よこしま!(笑)

唯一、清らかなのは患者さんに教わる命の尊さを感じたとき。そして、足や手に触れてその患者さんという人に向き合っているとき。

足を触らせてもらえるというありがたさ。

心から感謝ですよ。そこは・・・でも一辺倒のイメージだけでボランティアを観ないでくださいね(笑)私のエゴでやっているんですから^^

 

あ、でも、続けることって大切だなって実感しましたよ。もう来年5年目になるわけですが継続したことで理解してくれる人がいたり、信頼してくれたり、、、。何を言うかより何をやっているのか。何度もやめようって思ってきたけど。。。これはまさにリフレクソロジーじゃないですか!自然療法じゃないですか!そのときに目に見えるような変化や効果や実感がなくても、継続の力が後から見えてくる。実感する。。。

うわ、素敵♪

やっぱり、リフレクソロジー最高だ!と自画自賛。。。(笑)

自分が楽しくなることで他人も幸せになれるならいいよね~

 

☆☆☆☆☆

1/18

オンライン版:「恋とセクシュアリティのお話し会」

詳細はこちら

1/27

まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

1/27 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/311819

2/3

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/312197

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

 

病院の受け方~診察の心構え

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

病院が嫌いです。

でも、行くときはちゃんと行きます(笑)

なぜ嫌いかというと「会話」ができないから。

久しぶりに行って思ったあるコトがあります・・・

診察の受け方次第で人生が変わってしまうということ。それも背負っていく、と決めた人がいっぱいいるということ。

診察の心構えや病気に対する心構えがまずは必要です。。。

久しぶりに病院へ行って怖くなりました。昔は気づきませんでした。それがあまりに当たり前だと感じていたから。

なすがまま。ですね(>_<)

医師の言う事に何も言い返せない自分。いくら頭では自分の意見を言おうと意気込んでいくのですがいざとなると全く言えない(;・∀・)

先生、色々と言ってくるし、「これも検査しといたほうがいいな」って言われちゃうとこちらの確認なんてほとんどしない。もう流されるままに色々とことは進み自分の意見とか言えない。

まともな会話じゃない。

のまれる・・・

体の不調があって、不安になって病院へ行ってるから心細くなっているし、自分の主張を言うほどのエネルギーもない。

「ああ、こうやって決められてしまうんだな」って。

昔、卵巣嚢腫の診断が下ったとき、有無も言わさず「手術ですね」と言われて想像もしてなかった事態にパニックになった。

※二回目の手術のときも「もうこの年齢(40歳)だから卵巣を取ったほうがいい」と言われた。(さすがにそれは拒否。「がんになる確率は%ですか?」と聞くと「4%」と医師(笑))

断定、なのだ。

そのときはもう「そうか!手術しかないんだ!」と思ってしまった私。よく言えば素直(笑)

何も調べない私も私。自分の身体を医師にすべて任せてしまった。後から後悔したんだよね。。。あの時、もっと自分で考えればよかった、と。でも、人の心って強くないというかうまくできてないというか。。。一瞬でのまれてしまう。。。一つの考えとかに。

医師の意見を丸のみしてた。(何も知らない、自分の身体のことなんて考えてなかったあの当時)

(最近は訴訟にならないように患者に決めさせるようになっているけど逆にそれも患者の声を聞くというよりもクレーム回避のために行われているので意味がない。結局、本当の”会話”がなされていない→医師が悪いという話ではないよ、お互いの話です。自分に責任を持つ、ということが大事。治すのは自分ですから)

そうならないために、もし診断が下されたらどうしたいのか?何を聞くか、などの心構えが必要。でないと、自分の身体なのに他人に任せてしまって折角の自分が出した自分へのメッセージを聴けないことになってしまう。

 

たまに医者にお世話になって実感できたこと。もう流されたくない。圧倒されてしまうあの空気に心構えが必要だということ。やっぱりなるべく病院へは行きたくないということ。久しぶりに感じた。。。恐怖。飲み込まれない勇気、だいじ。

あ、検査結果はなんともありませんでした。足の状態などからも大丈夫なことはわかっていましたが。。。

(余談ですが、何ともなかった時、感じるあの空気はなんだろう・・・先生さみしそう(笑)「何ともなくて良かったね」なんて絶対に言わない。むしろつまらなそうな顔。問題があったほうがイキイキする先生の顔。そう見えているだけかもしれないけれど(笑)まあ、そりゃそうですよね。

でも、一つ。疑問に思う事があります。。。それは、婦人科系って(だけじゃないかも)癌検査をして問題ない、で終わってしまう事。最悪の事態じゃなければ終わらされてしまう事。納得いかないなぁ。

症状に対して検査して終わり、ではなく、しっかりと「診て」ほしい。。。

医者も自分も、この身体にしっかりと向き合えるような環境。

さて、何ともなかったので(医学的には)この身体のメッセージをこれから解読していこうっと^^私が取り組むのはまずはそこから出てくる言葉、感情、感覚から潜在意識に気づくこと、掘り下げていきます。セルフワークを始め、セッションを受けたり、代替医療を受けたり、自然療法でケアしたり・・・ということをします。経過は足の状態でチェックして、自分の身体と心と向き合う・・・大切な時間♬

私も生殖器系が弱いため故、いろいろとありました。ブログでは書けないことなどをシェアします~^^

一緒に身体のこと、女性性のこと、女としての人生のこと、話しませんか?

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

子宮・卵巣・膣のトラブル~不正出血・不妊・生理痛・ホルモンなど

https://resast.jp/events/274910

早割は今月末まで。

☆☆☆☆☆

双葉7/22(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/273406

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉7/22ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/274037

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

病院の待ち時間が長い

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

母の抗がん剤治療の付き添いで病院へよく行っていたときに思ったことがあります。

体力もどんどん落ち、体重も減って力もなくなっていっている母。

一人では心配なほどなのに病院へ行き、予約をしているにもかかわらず、やはり最低でも2時間は待ってなければなりませんでした。

長いときは4時間、5時間、半日病院に居ることになります。それが月に数回、週に数回のときもありました。

心身共に弱っているのになんだか

もやもやした想いが・・・チーンなんなんだろう、これ。。。

「仕方ない」のですが余計に体調悪くなるよ~。と思う。私も大学病院へ通っていた頃5時間当たり前で待ってたよ。でも、5時間ってフツーに一日の労働と同じ時間💦

異常ですよね、冷静に考えてみたら。

で、これがまた体力がない高齢者や治療中のがん患者さんって本当にツラいと思うんです。しかも感染症とかリスクも多い。

とこんな記事もあります。⇒医院にとって、待ち時間対策が重要な理由

毎回片道1時間半かけて付き添うのは困難でしたし、子供に心配をかけまいと母も断って来たし、でも、治療する度にどんどん悪化していく母・・・本当に心配でした。

でも、付き添えるときにリフレクソロジーを待合所ですることができて本当に助けになっていたんです。

今でも母とのあの時間の記憶、手の感触を忘れません。。。いい思い出^^

私も何できる、してあげられるということが自分の精神安定にもなっていました。

必要な人、いるんじゃないか?

特に待合室で長い~時間、いつ呼ばれるか待っているときって本当にストレスで病気が余計に悪化しそうだといつも思っていましたし、実際に気分が悪くなる人も多いんです。不安との闘いの場でもあります。そんなとき気がまぎれるものやリラックスできるものがあったら本当に違うんだ、と経験から実感しました。

リフレクソロジーがなぜいいのか?というと、、、主に

・タッチングケア・・・愛情ホルモンであるオキシトシンを分泌し、不安を軽減し心の安定が得られる(受ける側、施す側どちらも)

・身体を整える・・・血行を良くして巡りを良くして新陳代謝を正常化させる

・手軽にどこでも行える・・・病室、待合室、自宅、電車、どこでも行えます(自分も家族も)

・副作用がほとんどない・・・特に手の場合、身体への負担がないため身体や精神が弱っている方にもできるし、揉み返しやリアクションがほとんどないので安心して誰でも施術できる

母は抗がん剤治療の副作用であらゆるところに不調が出ていました。でも、リフレクソロジーをすると本当に落ち着いてリラックスして「気持ちいいね」といつも喜んでいて、自分でも一人でいるときにやっている、とも笑顔になって言いました。

物理的にも脳の伝達物質ホルモンのおかげで不安がなくなる、というのも治療中には本当に助けになりましたし、リフレクソロジーをやった後は母の表情、体調、精神は全く違って明らかでした。

「元気になれるんだ!」と思えるアイテムがあるという安心感。

実際の作用もさることながらリフレクソロジーの素晴らしさを実感。

ハンドリフレクソロジーは片手10分の計20分程度。トリートメントしている間に名前が呼ばれたり、トリートメント後は心身が落ち着くのかいつもよりリラックスしてイライラも軽減されて待っていられるのです。

病院の待合室で体験して頂ければ、と思いますが病院側が受け入れての活動はできにくいため、やっぱり個人ごと、家族がやるしかない。。。でも、家族だからこそやってほしいんです!

家族だからこそ、安心できるし、タッチングの作用も倍です^^しかも、お互いにとって良い!子供が親に、親が子供に、パートナーに・・・それこそが特別な「手」となる。

ゴッドハンドじゃなくて、ファミリーハンドがこれからの時代は必要だと思っています。

必要な方に届けるために私も活動していくと決めていますがなにせ一人で、しかも、資金もありません。さて、これから何をしていけばいいのか・・・手探り状態の今です。できることからやっていくしかありません。

でも、時間と身体はあるのでもし興味ある方やアイディアをお持ちの方がいたらぜひメッセージ下さい!!!体験会、講座も下記の通り行っています。

福祉、介護、健康の現場でリフレクソロジーは役に立つ、助けになるアイテムは間違いないし、コミュニケーション不足でもあるこれからの時代に心と身体ともにケアできるものは欠かせないと思います。

まずは来週の院内ボランティアから始めて行こうと思っています^^

 

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

5/6(日)追加決定!【体験会 5/6】https://resast.jp/events/255294

講座はこちら⇒

【講座 5/25】https://resast.jp/events/255314
【講座 5/27】https://resast.jp/events/255301

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876