熱中症と恒常性(ホメオスタシス)

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

リフレクソロジーはホメオスタシス(恒常性)を整える

というのが目的です。

ホメオスタシス(恒常性)って

生命維持機能のことです。

生命維持機能が崩れると

死んでしまうんです。

熱中症はまさにこの維持ができなくなることが原因。

だから急に命が絶たれるのです。。。

恒常性がどれだけ大切か、、、

今一度認識を持ちましょう。

健康を維持しているのは?

 

健康な状態、それはそもそもの恒常性が保たれていること。。。

血圧、Ph値、水分バランス、それらが保たれていること。

これは自分でやろうとしなくても勝手に身体がやってくれています。

でもぉ、
これらが無視されて、体内のバランスが崩れると危険なんです。。。

それでいうと、病気って治癒過程。。。すぐに命に関係しません。
それよりもこちらの状態のほうが危ない!

人間は身体のミネラルバランスが崩れただけで死の危険性があるんです。。。

水分大事ですよ^^

偏りが怖い。だからバランスを戻すことがリフレクソロジーの仕事です。

熱中症は水分が知らぬ間になくなって、身体のなかのPh値が異常値に傾いた状態。
この「知らぬ間に」が怖いんですね。

 

意識では自覚がないのに体内の水分がどんどん蒸発。。。
身体の60~70%の水分が失われると死に近づきます。

私たちは自然に喉が渇いたら水を欲しますがこれがあまりの暑さについて行かずに気づかぬうちに異常な状態になっている。。。

自覚がない、というのは本当に怖いです。

 

身体に意識を向ける

 

意識を身体に向けていれば見逃さないんですが、何か集中していたり、暑さが鈍く感じられる高齢者などはどうしても難しい。。。

ですから、意識を常に向けていることが大切。

いつもどんな状態なのか?いつもと違うのか?息は?などなど、、、
自分のカラダを常に気にすること。
特に異常な気象状況ですから必須です。

熱中症は維持機能がガクンと急速だからこそ怖いのですが逆に徐々に落ちているとそれに気づくこともできません。。。わかりづらいんです。。。

だから、常に自分のカラダ、心、がどんな状態なのか?ということに目を向けて、意識してあげるというのは自分を大切にすることといっしょです。

心と身体はつながっていますからね^^

 

心と身体と恒常性

恒常性を保つ、ということは自分を保つ、ことです。

ですから自分に戻る、ということ、もとに戻るということを
リフレクソロジーにて行っています。

 

特別なことは不要なんです。自分に成ればいい。(これが難しいのは自分を無視してきたからかも・・・)

本当は、自分の本来の状態がすべて健康のために行ってくれているのですから。。。

病気になるときは、自分らしく生きれていないときと言われています。

本来の自分じゃないところを我慢して行うことこそ破滅的なことはありません。
色々な言い訳がでてきそうだけど。
それはほんとうに自分のためになるのでしょうか?
よく考える時期です。

ご自分が心地よい場所で、心地よい人生を。。。

リフレクソロジーは単に疲れをとるだけではありません。
心と身体にすることは「自分」を大事に扱うこと=人生をよりよく生きること、です。

リフレクソロジーの本当のすごさを知ってください^^

 

☆☆☆☆☆

8/18 セクシュアルヘルス勉強会

https://resast.jp/events/356759

8/25 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/359578