死への恐怖が低下する方法

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

死にたくない!と強く思う人がいます。

(誰もが、でもない時代・・・)

私の母が癌になったときに異常に怖がっていたんです。。。

病気をすれば死を意識するので当然これも強まります。

が、母は本当に「死にたくない!」というのが強くてその不安のせいか抗がん剤のせいか

病状はどんどん悪化していきました。

それなのに一時的にとてもよくなったときがあります。

あることをすると恐怖が低下してまるで別人のようになったんです。。。

そして、不安はこの思いがあるから、でした。

その思いとは

「孤独感」

です。

病院にいるときはどんどん悪くなっていったのにもう最後かも、というときに一旦孫もいる姉の家で介護したとき、なんとすごい元気になったんです。死にそうだったのに!

そういえば、入院を繰り返していたころ、一度カーテンで仕切らない部屋になったことがあります。みんなでいつもおしゃべりをしていました。すると母もまるで別人!生き生きと話している姿に「もしかして治っているのか!?」と思うくらいすごく良くなったんです。

ところがまたその部屋を出るとあっという間に病状悪化。

わかりやすいよ、お母さん(笑)

母が闘病中(この言葉もう使いたくないけど)、この孤独感ってなんだ?と思い、これは母の幼少期が何か鍵かな?と見立てて、母に聞いたことがあります。

「お母さん、子供のころの話し教えて」

すると母は黙ってしまい、涙ぐみながらこう言いました。

「思い出したくないね」

私が中学1年生の時、母は乳がんになりました。そのとき、ちょうど父方の母を引き取ったときです。いろいろなシーンと母の孤独が一致していきました。

孤独が母にとって一番の恐怖でそれを感じたときに癌になっている母。

死因となった今回の癌も父の介護をしていて誰も母の孤独感を共有してあげる人はいなかった…これはあくまでも母のケースと私の直感なので皆さんに当てはまるとは限りませんが私は紐づけて腑に落ちました。

「死にたくない!!!」と癌=死、という世代の母はとにかく死ぬことの恐怖に苛まれて、その恐怖で死んだといっても過言ではありません。

とにかく「死にたくない」が口癖でした。頑なでした。怯えていました。。。そして、一人になることをとっても嫌がっていたんです。。。母にとって孤独=死、でした。

しかし、この恐怖が低下した時があります。

それは私は母にリフレクソロジーをしたときです。

リフレクソロジーをするとどうしようもなかった胃痛もなくなり、母も般若から穏やかな顔に。。。ほんと、わかりやすい(笑)

リフレクソロジーの作用については次回また詳しく話しますが孤独感、恐怖=死、ということで死ぬことを和らげるのは「生」を感じることです。さて、ではその方法とはなんでしょう?

 

それは

 

肌に触れること(タッチング)

 

です。

人間は体温が下がると生命の危機を感じます。

そして、社会との分離、つまり孤独を感じると恐怖を感じ、ストレス反応が出ます。これは生きるための反応です。不安は自分を守るためにあります。

しかし、多すぎるとストレスが勝ってしまい身体や心へ支障が起こります。

皮膚は自分と外界を分けている、あるいは感じている場所。

ですから触れることは社会とのつながり、他者とのつながりを感じることができ、孤独感が軽減します。

孤独、分離がなくなると精神が安定し、ホメオスタシス(体温、自律神経、血圧、、、)が安定します。これが健康な状態。

ですから症状も安定するんです。

生きることができるという無意識から、肉体からの安心感で安定するんですね。

※緩和ケア、終末期ケアにタッチングをすると精神的な安定があるので介護のストレス(母とのやりとり・・・病気になってとてもイライラ精神状態が異常になってました)にとても役立ったんです。

触れる、それだけでいいんです^^

死への恐怖は無くさなくても大丈夫です。ただ、死を見つめることは生を見つめることです。そこへ心を通わせてみること。

何か不安はありますか?スキンシップ足りてますか?触れられることに抵抗ありますか?きっと無意識は触れてほしいと叫んでいるからこそ否定しているかもしれません。。。

触れることのメカニズムは「オキシトシン」という脳のホルモンがカギとなっています。それは各講座でお話ししています。

触れる、タッチング、スキンシップ、、、これを伝えるのが私の天命です。

そして、来年この分野での新しいお仕事が始まります!!!詳細決定したらお知らせしますので待っててくださいね^^

 

ただ触れる、ではない点もお伝えしていきます。これからも^^

☆☆☆☆☆

1/27

まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

1/27 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/311819

2/3

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/312197

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

広告

死よりも執着が苦しみを生む

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

今日は死の話。

重たい?いえいえ~ぜんぜん!
死のことこそ明るく考えることがこの世を元気に、自分らしく生きる鍵です!

「死ぬことはワクワク(*‘∀‘)」こんなことを言う人がいます。信じられますか?

誰にでも起こる死。なのにどうして怖いのでしょうか?死生観について考えたことありますか?それで人生が変わってくるかも。

死は恐怖なのか?

いいえ、次の楽しいステージへ行くだけです。どうなるか、は行ってみればわかります。とその人はいいます。

そして、知らなくていい。知りたいのはなぜでしょうか?

それはね・・・

そんなことも18(木)のお茶会でお話したいな^^

死よりも執着が苦しみを生む?えーん

やっぱり、死ぬって怖いよね~。だってそういうイメージがついてる(笑)誰かが死ぬのを見ているから自分も死にたくないって思う。誰かが死んで悲しんでいる残された人がいるから自分も死にたくないと思うのかもしれません。家族を悲しませたくないとか・・・

でも、誰もが死にます。そして、長生きが本当に幸せかどうかも本人にしかわかりません。本人も分からなかったり💦

昔から死後はどうなるのか?と各宗教はそれぞれの観点で説いてきました。

例えば、キリスト教などは天国と地獄をつくったり、浄土真宗やチベット仏教は「死んだら幸せになる」とか、死んだらだれもが極楽へいくとか、輪廻転生するとか、いや~色々ですね。ヨーロッパのケルト民族は楽園であるティルナノーグ(黄泉の国みたいな)に行けるとして死ぬことを全く恐れないことで有名です。死ぬことの恐れがないので彼らと闘ったローマ帝国の騎士たちはかなりケルト人たちを怖がったと伝えられるほどです。

死後の世界は逝った人が語ったわけじゃなくて(その場合もあるけど途中までだったり)、そう言って生きることを支えていたのだと思われます。だから事実かどうかよりも今を生きるために信じるほうが結局は糧となっていたんですよね。。。

誰もが死ぬのになぜこれほど死の話はタブーになっていたのか?タブーにするから心の準備ができないのではないか?と個人的には思うんですが最近はデスカフェなどが広まって死生観を語ることで死への恐怖がなくなるのはとてもいいことだと思います。

なぜ怖いのか?

執着があるからかもしれません。やり残したこととか心残りとか。(執着って生きているときにあるもので生きているときに苦しめる一番大きなものかも)

でも、やり切った~!と誰もが思える人生を送れるわけではない。常に心残りになるようなことはあると思うし、年齢によっても違いますよね?

とはいえ、「ワクワクする!」という人だっているんです。そういう人は決して狂ってしまったわけではなく(笑)、「自分の使命を全うできてあとは言う事ない」とか「次のステージへ行けると思うから全然怖くない」と言うのです。

そうなんです、、、執着がない。

やり残したことがない、と。ただ今が楽しいって。

いやべつにみんなワクワクになるといいなってことじゃなくて。ただ同じ人間なのにここまで違うのはなぜでしょう?

こうでなくちゃいけない、とかこれをしたい!と思うからそれが叶わないで死ぬのは嫌だ、となるんです。これは死ぬとか関係ないですね。。。じつは生きているときにできるし、それをやるか否かは結局のところ自分次第。自分の選択しかない。

もしかして、死後だろうが今世だろうが変わらない???(;・∀・)

(今の自分が死後をつくってますからね(笑))

どう生きるか、を試されているだけというか。。。でもただ生きればいいし。

生きる意味も死ぬ意味も考えるだけ無駄(笑)

死んでからどうなる、というのも、生きているときにどうなる、というのも誰にもわからないんですよね。でも、それでいい。今を生きればいいんです。考えない。考えるから何事もうまくいかなかったり、苦しみになる。

確かに「やりたいことがまだあるから」という人は途中で死んだら無念ですよね。

「いつ死ぬか分からないから後悔のないように今やりたいことをやっておこう」と気づいた人は生き生きと今を生きている。自分のキモチに嘘も言い訳もせず、正直に生きている。

かっこいいな~。そんな風に生きたいなぁ(*‘∀‘)

昔より死ぬのが怖くなくなったのは自分で生きているのではなく、生かされていることを実感したからかもしれません^^

死生観についても今月のお茶会で少しお話できたらと思います↓↓↓↓↓

★カフェ・プラクティス~気づきのお茶会★

瞑想も行います^^

https://resast.jp/page/event_series/28876

 

親孝行をやり残したと思いたくない人は
介護リフレクソロジーミニ講座
https://resast.jp/events/234652

早速リフレクソロジーを習得して家族をケアしたい方は
2日間のホームリフレクソロジスト講座
https://resast.jp/events/238122