鎧を脱ぎ本当の自分に気づく

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

10/2 まじめなセクシュアリティ講座 <心理学>

https://resast.jp/events/371033

なぜセクシュアリティかと申しますとそこに生きるための大切なことが一番つながっているからです。性につながるものではありますが基本的には自己肯定感や自己受容の心理学のお話しです。もちろん繋がっているので性の話しも自然に出てくることがありますが話さなくても大丈夫です~。安心してどんな方も参加ください!

にちなんで、本日のお題は→「自分じゃない部分を脱ぎ捨てる」です!

この図は良く私がセクシュアリティの講座の説明で使っているのですが
私たちは何枚もの鎧や仮面を身に着けて生きています。

必要なものと不要なものは都度違ってきたり、

もう不要なのにいつまでも自分だと思って持っているから

生きづらかったり、なんだかうまくいかないと感じたりする・・・

もうこの皮を剥いでみませんか?

あるがまま、ありのまま、自分らしさ・・・(前はこれを書いてましたが)
とも違うこの「ほんとうの自分」ってなんなんでしょうか?

本当の自分は二つある

本当の・・・というと語弊がある。
なぜならそれが本当かどうか、を認識しているのは本人だけだから。
そして、普段意識で「自分」と思っているものではなく無意識から気づくもの。。。

とはいえ、
私は”ほんとう”の自分にならなくても別にいいと思っている。
心地よく生きれていれば。

例えば本当の自分、というと一つしかないような気がしませんか?

無意識を引っ張り出してきて「あーこれこれ」と本当の自分って見つけるものじゃない。
よくある解放系とかセラピーしなくてもいい。

それらはきっと自然になんとなく「これだな~」って認識されたり、何度も気づいたり。。。

だって、一回や一度「あった!」と見つけるものじゃないから。。。

 

じゃあどうしたら本当の自分に気づけるのか?

 

すべての自分じゃないものを手放し、削ぎ落した後に残ったものが自分。
それが本当の自分。

のほうを私はいま、一番心地いいのではないか?と感じています。

わくわく、というのとも違う。

なんというか、、、安心できるかんじね。なんとなく・・・掴みようがないとらえようがないもの。。。

そこに恐れや不安がないもの。
そしてその状態が自分以外のためになれているということ。
役に立とうとしなくても、自分が自分で在れていればその役割を全うしているから本来の幸せ(=自然の摂理ですでに幸せな状態)な状態で生きれている、ということなんです。

「社会貢献がしたい」とよく聞くけれどそれなら何かをする、成し遂げるよりも自分に気づくこと。自ずと自分の使命がわかります。使命じゃないものを一生懸命やっても迷惑なだけですよ。だって誰かの役割をやろうと邪魔していて、しかも上手く行くわけがないんですからね。

この世の存在はすべて調和として役割を担っていると考えたら無駄なものは何一つない。

あの人にとって害だとしても、悪なことでも、じつはそれは誰かにとっては、或いはいずれの未来のためには一見起きてはいけないこととしても必要なこと、存在だったりする。

だから一番大切なのは自分が自分であること。

人がどうであるか、ではなくて、(そんなのは本人にしかわからないし、結局求めるというのは自分にとって不都合だから求めてしまうか自分の中のものが反応しているに過ぎない)自分がどうであるか、しかない。

使命とはそういうものなんだ。。。

でも、本当の自分に気づいてない人が大勢いる。。。

眠っているか見えなくなっているか隠しているか他の自分で生きている。

 

本当の自分と後から作られた自分にギャップのある人

 

沢山の防衛網が増えすぎてがっちがちになると動けなくて苦しくなるか、痛みでのたうち回る。。。

自分じゃないアイデンティティで生きているときとか、
誰かに合わせていきているときとか、、、

不具合出てませんか?

使命で生きているとお金は勝手についてくるんだそうです。

でも、使命じゃないもので「嫌だ―」と生きているとお金に左右されて人生を生きる。

 

わかりやすいのは自己否定。

自己否定が強い人は性を否定していることが多い。
性は生命・・・生きる部分。一番大切なところ。
「生きる資格ない」とか「死にたい」とか思ってたり。

スピリチュアル的には性的な問題を抱えていると生殖器系に不調が出る。

 

自己否定をしながら生きないといけないから本当の自分をみんなうま~く皮をつくって、隠して生きるようになる。

 

そしてギャップを創っていく。。。

 

自分になろう

隠しやすいのは性の部分。発散させやすいのも性の部分。
三大欲求だから。ほかには食欲、睡眠欲。これらは欲求、といえども本能的な欲求ですから自分からコントロールしにくい。

心身共に健全(本来の機能)であれば問題なく、生きるために不可欠な部分。だからこそ何かあると崩れやすい。。。

だからほかの自分で生きていると居心地が悪いのです。

それってじつは子供の頃に作られた、刷り込まれた勘違いだったりします。

だからどんなんが心地いいかを常日頃から気づいていること、が必要なのです。

で、自己受容できていくたびに一枚一枚皮、鎧を手放して正直な自分で生きれる。
嫌われても大丈夫だと思えるとNoと言える。
相手の顔色によってがっかりしたり、行動をおこさなくていい。
自分が生きたいように生きれる。

安心して生きるために自分に気づこう。
自分になろう。

それには皮を捨て、自分であっていいと思えること^^

どんな皮、鎧、防御をしてきたのかに気づけばいいだけ。
見つけようとしない、手放そうとしない。
ただ、自分が心地よい感覚のほうへ意識を向けて、「これはもう要らなかった」と気づけばいい。。。

10/2 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/371033

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545 →来月もやります!

9/4 ハンドリフレクソロジー復習会&体験会

https://resast.jp/events/369456

9/25 新・食べる瞑想

https://resast.jp/events/369756

9/29 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金のために働くのをやめて全員がアーティストになろう!

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

消費者、ではなく、一人一人がアーティスト!!!

この記事を読んで至極納得した私。。。→

お金を稼ぐために働かない勇気を持て! サティシュ・クマールが考える、ローカル経済を実現するために必要なこと

本質の自分で生きること・・・

それは単に「ありのまま」の自分という理想を言ってるのではなく、

確実な真実。

この手で何かをやれること。

政治とか世の中の仕組みとか

いろいろ横に置いてみて、、、

単なる消費者ではなく、クリエーターで

創りだすというアーティストであるということ。

自らがそう気づいたとき、

生き方がまるで変わってくるんだよ・・・

お金のために働くとか
生活のために働くということを止めるときなんだよな~

「お金のために働く!」→「自分(世界)のために働く!」にシフトチェンジする時です!!!

お金ありきだと・・・

 

良く聞くセリフがある。

「お金のためにしょうがないよね」
「お金稼がないと生活できない」
「家族のためにお金を稼ぐ」
「お金がないと生きていけない」

だから・・・
「仕方なく仕事をしている」
「嫌いな仕事もお金のためだからしょうがない」
「自分のプライベート・趣味・休日のために仕事が必要}

この決めつけの裏には
「幸せに楽しくやってたらお金はもらえない」
「苦しいけど頑張るからお金が入ってくる」
「お金は簡単に稼げない」
「怠けてお金は入らない」
「堅実にならないといけない」
「お金に強欲になってはいけない」
「お金は汗水たらしてもらおうもの」

という信念があります。ほとんどは刷り込み。自分が経験した結果ではなく。。。親から社会から自分から、、、沢山の信念。

 

お金のために何かをしようとしている。
まず、お金がありき、、、お金がすべて、、、になっています。

お金があるから生活できる、、、ということです。

ということは裏を返せば、お金がないと生活はできない、になります。

 

お金って、エネルギー(労力)や物質の目に見える形として存在しています。

この話をすると誰もが(私のエゴも!)こう思います。
『そんなこと言ったって実質無理やろー』

はい。そうなんです。
極端に反応しているから「無理!」と思っちゃう。

でも、極端に考えなければ無理じゃない。。。

極端に「じゃあ働かない!」とか「今の仕事をすぐ辞める」とか考えちゃうと「無理」となります。
ここに自分が本当にやりたいこと(本質の役割・・・一人一人が違う使命、ミッションを持って生まれてきているというとして)があると「こんな仕事やりたくてやってんじゃねー」という日々の不満やジャッジが「自分のやりたいことのためなら」と思うと苦ではなくなる。

苦ではなくなる、というのは実際には何も変わっていません。
変わるのは自分の思考です。

「こんな会社のために働くなんて」
「理不尽な仕事」
「生活のため、仕方ない」

そんなネガティブな苦しみ、恨み、憎しみのエネルギーを抱いて日々生活していることからは少なからず解放されます。

さて、自分の使命はなんでしょうか?

 

そして、その先に、、、

 

自分の本当の使命に気づいて、それらを徐々にやっていくように近づけていく人生ならどうでしょうか?

では、自分の使命ってなに?本当の自分、自分の本質ってなに?
ってことですよね?

これって答えは自分のなかにしかありませんよね?
これを見つけるにはいくつかのポイントがあります。

本当に好きなことは苦ではないし、やらなくちゃいけないものは何もなくて、単純に自分がやりたいことを探すのみなんです。

これは感覚だから簡単だと思いきや、今までの「べき」思考が邪魔して、「働かざる者食うべからず」とか「お金のために」と働こうとするのも当然になっていますからそう簡単には変えられません。。。

習慣は思考も行動もすぐには変えられない。

私もまだまだ本質の自分が観えた!と思ったらちょっと戻ったり、、、の繰り返し。

本当の自分はお金に関係なく生きる。
お金ありきの人生じゃないから。
って、お金って何物なんだ?!
単なるエネルギーが形を変えたものやろー。
って頭ではわかってても欲しい(笑)不安だもんね、そりゃあ。
でも、ありきになっちゃうとせっかくの人生がもったいないことになってんな~と思う。
お金あってもなくてもどっちだっていい。
自分のままに生きれるなら。
自分らしくってのはタイプとか性格とかのことをいう。
だから自分らしく生きるのとも違う。。。本当の使命、、、見つけたいね(≧▽≦)

 

この手がある

 

私たちは自分の手でクリエイティヴを表現、体現できるようになっています。
使命である自分、本当の自分で生きると(自分らしくとはまた別)と誰かのためになっていて、誰かの役に立ちたいと思わなくても役に立っているんです。

自分の意識を消しながら時間だけが過ぎるのを待つって、私もアルバイトしていた若い頃はそんな感じのときもありました。
特に暇なときにそれを感じました。

じつは私たちはやっぱり職場のなかで楽しみを見つけられるのに忙殺されて忘れているか、他の被害妄想観念に襲われてそれを感じることさえできないでいるかもしれません。。

私はフリーター、派遣OL、でまあまあ人よりも多い職種の経験があります。

私も「お金のために働く」という概念でしか生きてこなかったんです。

でも、じつは生きれるんだということに気づいた。。。(気づいているだけでできてませんwそれほど強い深い信念・・・これがお金の信念です)

そこに今までの「生活のために稼ぐ」という観念が完全になくなったわけではありません。
ただ、生きれるんだという可能性や自分の使命で生きることを知ることができています。

それは一つではなく、いろいろかもしれないし、じつは今、天命だ!と思っていることも変わるかもしれません。

今の時点での私の天命(だと思っている)は「触れる」ことや歌うこと、誰かに料理でおもてなししたり、私の文章や企画が喜んでもらえたり、、、私は人と一緒にいることが好きでワクワクして、苦にならない・・・気づきをもらえました!って言われるとめっちゃ嬉しい!

自分が好きなことをする、ありのまま、自分らしく生きるっていうのは結局、自我が目覚めている状態。

自分の役割を全うすることって一人一人が自分というアートを体現させているんですよね~

素敵✨

何か自分が消費をする人という観念で「お金を使う」というよりもクリエイティヴに生み出したものを誰かが喜んだり、必要としてくれて、循環していく。。

お金のため、ではなく、人のためや自分のためにやっていることがお金になる。

真逆。。。

お金は単なる結果、であって、代替であって、本当に重要なのは本当にやりたいことをやれているのか?ということ。。。

 

本当の自分(使命)で生きたらお金は後からついてくる

 

本質の自分で、本当の使命で生きたらそれはきっと誰かの役に立っていて、それが皆一人一人違うからこそ役割になっている。

だから、うまくいくんですよね。
それが本来の自分じゃないから不幸な思考になっている。。。
単に不満を言うのと自分がやりたいことをやっていてトラブルを対処しているのとでは全く違う。。。

だから作ってきた皮を仮面を安全に脱いでいってもいいんだと気づいて、一つずつ向き合って行くと本質の自分が出てくる。
それは解放すればいいってわけじゃなくて。
一つ一つ受容していくことで観えてくる。。。
だから私も正直に生きようって感じたんだよね。

もう、仮面やコントロール、誰かに合わせて生きるのをやめていいんだって。。。

自分を表現しても嫌われない、って思えたら本当の自分で生きれるんだよなぁ~^^

 

自分がアートを生み出す人という観念で生きるとなんかワクワクしませんか?(≧▽≦)

この世のすべてがアート。まずは私から、、、そのことを実際に実現させていきたいと思っています。。。

お金や会社のせいにして自分の人生を、使命を、無視しないでね~~~

 

 

あぁ、自分の本質については「まじめなセクシュアリティ講座」で行っています~^^
次回は希望者がいれば日程を聞いて開催します~^^

 

 

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

9/4 ハンドリフレクソロジー復習会&体験会

https://resast.jp/events/369456

9/25 新・食べる瞑想

https://resast.jp/events/369756

9/29 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

 

 

本当の自分になる「自己と自我」

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

自己実現という言葉があります。

これは「本質の自分」である自我と「ビリーフによって作られた自分」の自己が

一致して自分を信じられる状態になり、肯定感があり、自己受容ができているため

生きることが困難ではなくなっている状態です。

これらの裏にあるのは不要なビリーフによる自己否定感。

自己否定は罪悪感や固定観念、嫉妬、羞恥心など

自分の内側、そして社会的規律や常識による外的な影響など

様々なネガティブが大きくなってしまっているもの・・・

これらを減らして心地いい生き方ができるには自己と自我を一致させることです。。。

そういったことをこちらでやっています→

まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/338026

やるたびにパワーアップするのが講座。。。参加者の方の意見やいろいろなことが向上のきっかけになっています。より精査させていく。。。

今回は以下の違いについて説明する予定です。

  • 自己と自我
  • 自己肯定と自己受容
  • 嫉妬と妬み
  • 自己愛
  • 罪悪感と自己嫌悪
  • スピとスピリチュアル

 

「本当の自分」とか「ありのままの自分」というけれど、そうならなければいけないわけではありません。

自分を知る、、、そのことこそが大切で結果を求めるだけでは苦しいだけです。
目標を定めてそこへ日々向かっていること、が大切で終わりはない。
終わりを求めると「いつまでも終わらない・・・いつになったら私は」と嘆くんです。
本来、生きるということは日々こなすことであって終わることではない。
でも、一つずつ終わっていくんですけどね^^

だからプラクティス、、、日々の実践を積みかさねていくことで今の苦しみはなくなるかもしれません。。。

当日はインナーチャイルドワークもやります。
これは本当に大切な根幹の本質の癒しに通じます。前回もとても好評でした。
どんだけ私たちは一生懸命生きているのでしょうか?
自分が愛おしくなりますね。

お楽しみに^^

☆☆☆☆☆

以下、女性限定のイベント!

4/28(日)
10:00~12:00 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/338026

14:00~16:00  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/338025

自分らしく生きるセクシュアリティボディケア~会陰・膣・骨盤・乳房・子宮・卵巣のケア

5/26(日) 14:00-16:00 https://resast.jp/events/338512

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/