愛されていたんだ!お腹の中にいた記憶を思い出す

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ヒプノセラピーで変わった私の記憶。認知。

母から愛されたことがない、とずっと思って生きてきた。
母は私が嫌いだし、私は生まれてきちゃいけないんだって思って、、、

そんな人が結構いる。
でも、ほぼ勘違い(笑)

あなたは愛されていたからこそ、いま、ここにいる。
もし愛を与えられなかったらこの世には存在していないはずだから。

そう言っても頭では分かる。。。でも塗り替えられることはなかった。
ところがヒプノセラピーの胎児退行催眠で
イメージとして出てきたら一瞬で記憶が変わって認知が180度変わってしまった。。。

これこそが催眠の力。

結局人間は自分がつくった世界の中で生きているだけ。。。

母親は本当にあなたを愛していなかったのか?

 

私が見た光景。。。

母のお腹のなかにいたとき、母はタバコを吸ってやさぐれていた(笑)
セッションしながらも意識があるので

(「ほらやっぱりこんなダメな人だったんだ」)と
自分があまり歓迎されていないと改めて感じていた。

ところが、私が産まれてからのイメージへ行ってみると母は私を抱っこして優しい笑みで私を見ているイメージが出てきた!

(わっ・・・)←体感もあった。。。

セッションしながらも号泣。。。

自分のなかに全くなかった記憶が、、いや記憶かどうかもわからない。
とにかくそんなことはどうだっていいくらい、体感というか思考ではなく感じたのだ!
確信として、、、明らかに。。。
自分が思ってもなかった光景が・・・

 

40年近く「母親」に愛されてないと思ってきたし、「母親」が嫌いだった。
それが一気に消失した瞬間だった。。。

その後、あるイメージセッションを受けて母親に愛されない自分のトラウマに向き合った。
沢山の感情が出て、泣いた。

愛されてないという感覚は生きられない感覚で、その後の人生に最も影響する。(特に恋愛関係。)
愛着障害についてもアダルトチルドレン、アダルトチャイルドも学んでいたけれど、ヒプノセラピーは強烈だった。

そして、とあるセッションで誘導が下手で(私の主観・・・たぶんセラピストさんと信頼関係が築けてなかったから。受けるほうの技術もある程度必要だからね)集中できなかったので思い切って言ってみた。

「イメージが上手くわいてこないのでどういうことか直接聞いてもらえませんか?」

するとセラピストさんはこう言った。

『あなたはどうやってここまで大きくなってきたんですか?いまどうしてここに居るのですか?誰が服を着せて、育ててくれたんですか?』

その言葉は私の心臓を突き刺した。

冷静に考えてみたら単に駄々をこねていた拗ねた子供だったのだ。。。

抱っこしてくれていたんですよ。愛おしい顔で。。。
誰しも母親や育ての親がいるからこそ今ここに存在しているんですよね。
産んでくれるまで10カ月もお腹のなかで、、、痛い思いをして産んでくれて、産まれてから乳を与えてくれて、、、学校へ行かせてくれて。。。

 

なのに、私はずっと「愛されてない」と思っていたんです。

なぜか?それはしつけのときの何気ない一言。

「言うこと聞かないと嫌いになっちゃうよ」
「悪い子ね!お前を産むんじゃなかった」
「お兄ちゃんを見習いなさい」

そして、あまり接触してくれなかったり、一人が多いと寂しさを自分のせいだと子供はしながらその悲しみに意味づけをして生きる。

親が悪いんじゃない。子育てって大変。人間だから。。。仕方ない。

思ってもないことを口に出す。でも、子供は信じる。。。

でもね、これも無駄ではないと思うんです。
ここに気づけることが大切で。

 

もうすぐ母の2回目の命日です。
わだかまり、確執がなくなって、やっと母と仲良くなろうと思った矢先、母は胃癌を発病。
母の最期は抗がん剤治療の介護で大変だったけれど一番母と仲良くできて、思い残すことはないくらいしっかりと愛を表現できた一年半でした。

思い出してください。愛されていたことを。それだけで癒されるんです。

誰しもじつは憶えているんだと思う。
セッションしていてそう思わざるをなくなる。
意識状態(ベータ波)では無理だからヒプノセラピー受けるといいよ。

数年前、イギリスの研究者が前世を研究していて子供たちの胎児の頃の記憶などを研究してきた結果、人の魂は死んだらその人から出て、誰かの記憶としてまた生き続ける、、、という信じがたい理論をだした。
摩訶不思議すぎて信じる人は少ないだろうが地球だって丸いって当時は誰も信じなかったのだ。

 

ヒプノセラピーは勘違いされている

 

理屈じゃなくてヒプノセラピーは事実を変えてしまう。
結局人間の記憶も思考もイメージなのだ。

経験したことのイメージ。
盲目だとしても何かしらの感覚によって判断をする。
蓄積された情報を潜在意識へしまって、認知、行動、判断して生きている。

だからイメージを変えることで事実が変わってしまう。

さっきまで憎かった人が愛する人に変わってしまう。

信じがたいことだけれど、人、脳、は良くも悪くも結局思考の生き物。

ヒプノセラピーは怪しいものだと私も思っていた(笑)
催眠術、とか、騙されちゃうとか。。。

知りもせずに勝手なイメージで解釈していたのですがきちんと勉強してみるといかに科学的かがわかる。

 

本来は自分を操作している意識に会いに行き、本質の自分に気づかせてくれるもの。
本質の自分に会うと作られた記憶が崩れ、イメージ=事実、が変わる。

だから、問題が解決するのだ。

勇気、準備ができていないと深くトランス状態に入れないのでワークショップなどでは「全然わからない、入れない、良くなかった」と悪いイメージがついている。
本当にもったいない。。。

繊細な方や神経質な方、五感の強い方などは個人セッションをお勧めする。
また熟練した、或いは信頼できるセラピストのセッションを受けることをお勧めする。

 

ヒプノセラピーは過去も未来もいかようにも変えてしまう。現在もね。

だって過去も未来も今もすべて自分の思考が創っているストーリーだから( *´艸`)

 

 

 

 

★1/31(金) 幸せを感じる自己受容★

https://resast.jp/events/401959

支払い方法:基本的に事前支払いでお願いいたします

①Paypal&振込<1/19までに申込>・・・¥1,000(但し、キャンセルによる返金不可)
※振込手数料はご負担ください。
②当日現金の方および1/20以降に申込・・・¥2,000

★おっぱいマッサージ練習モデル募集★

無料 1時間 ある程度になったらモニター(有料)に切り替えて、その後メニューに追加します!
https://www.facebook.com/events/2591765457772002/

広告

触れられる技術~触ってる?触ってもらってる?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

触れる技術ということを伝授させて頂いておりますが

触れられる側の技術、というのもあります。

触れられなれていない、

人とのコミュニケーションが苦手、

タッチに抵抗がある、

セックスレス、

人が嫌い、ネグレクト、親に触りたくない、、、

などにはある共通点があります。。。

触れるというのは単に肌に触れるだけでなく、それらは人とのコミュニケーションとして生きる上で重要なことに関わってくるんです・・・

触れてくれる人、触れ合っている相手、いますか?

触れてもらう練習

触れることが仕事で触れるを伝えることが天命だと思って日々活動していますがプロの技術、意識など講座もやっていますが
じつはよりよい施術には触れる側にも練習が必要だったりします。

練習する意図は”しなくてはいけない”のではなく、こんなかんじ。→→→

セラピストや家族、普段触れてもらっていない人から触れてもらうと緊張して身体が硬直します。防御ですね。
だから、徐々に慣れていくことでリラックスし、セラピストの手や手技をしっかりと感じ取ることができようになってよりよい施術になります。

するとよりよい施術になる。。。
施術者の技術も当然、クオリティが高いといいのですがその前に安心感、つまり双方の信頼感が必要なんです~^^

それがないと感じ方が変わってきます。。。

人間、「慣れ」の生き物ですからね~

で、よりよい施術ってなんぞやってことなんですね。。。

 

よりよい施術とは・・・最も必要なコレ!

色々な症状や病気や悩みがありますが、私は根源的なことしか興味ないので根底の話しになってしまいますが(ほかのものも必要なんですよ!一番必要なものがあればいいってわけでもなく、でも無いとやばいってこと。)ただ一つ必要なのは結局・・・

 

安心感

 

なんです。

これがないと

不安

になって、すべてにおいてうまくいきません。

人間の一番恐れる感情。嫌な状態。。。

 

たとえば、マッサージへ行って「担当者がおどおどしていて自信が見るからになさそう」な人だったらめっちゃ不安になりますよね?💦

たとえば、腰痛も鬱も「不安」が原因だとしたら腰痛自体を治してもまた出てきますね。

症状も病気も人間の「不安」から発生しているとしたら不安に対処できるといい。

人間は本能として安心感があると生きれるのです。

 

安心感はオキシトシン=タッチング

 

私ができるのはリフレクソロジーを通してタッチングの良さを実感していただくこと。
実感というのは、、、リフレクソロジーのメインの目的であるリセット、本来の自分へ戻るということにもつながっていはいますが本当のリラックスをする、ということ。

単に「気持ちい!」というのとは異なり(気持ちい!というのは脳=(体)を興奮させていますからね)、心身共に余計なストレス(神経系から循環器系、リンパ系などへの一連のシステムの崩れ)を正常化させること。。。

それだけで不調というのはなくなります。

心身、です。心も体もです。だってつながっていますから。
それは基本である血流である代謝系のシステムを正常にすることが必然。

それには自律神経系のシステムが大切。
はい、もうわかりましたね?

本能的な部分をつかさどっているのは大脳辺縁系。

不眠、生理痛、鬱、頭痛、肩こり、、、もうすべてにつながっている。

だから、一つ一つに対処するのではなく、根底の部分に目を向ける。

 

明らかに目に見える結果を欲しいならまずは自分が自分の身体の声を聞き、コミュニケーション(タッチング)してあげる。

そう、肌に触れる、タッチする手技は究極のコミュニケーション術の基盤でもあります。
相手への不信感があると人は近づこうとしません。
警戒したりすると余計にこじれる。。。
人と人、親と子、自分と対話、、、すべてにコミュニケーションスキルが必要です。

構える癖ないですか?

 

上司が自分の席に寄ってきた、呼ばれる、はっきり言う友達からメールが来た、あがり症である、会話が苦手、人見知り、マッサージはくすぐったい、、、
などがあるとついつい人を警戒して、構える。。。すると肩が凝ったり、気になっている席のほうの腰が痛くなったり、、、ということもあります。

 

触れるはコミュニケーション

触れるとは肌に触れるだけではありません。
人との会話でも触れているし、非言語コミュニケーションというのを人間は常に行っています。

大好きなパートナーがそばにいてくれるだけで異常値だった心拍数は下がり、正常になる。
そんなことが科学的に証明されています。

触れるとなお、安心し、信頼感が出てくる。。。

安心感を感じて、オキシトシン出して、リラックスして、血圧が正常して、セロトニンが出て感情も安定して、、、

どんなふうに触れられてますか?どんなふうに接してますか?どんなふうに自分を取り扱ってますか?

 

接触が救う

一人の時、誰かと話したくなりませんか?
それでメッセしたり、電話したり。会う約束したり。
誰かに触れたくなりませんか?
ハグしたら泣いてくれた人いっぱいます。

ホールドです。

グループワークでもセミナーでもそうですがその場をホールドするって安定なんです。
足元がぐらついていると不安ですよね?
でも、しっかりと立てていると心は安定するんです。

愛着障害の人はこの足元が安定していない(愛着が弱い)からすぐに不安になります。
愛着障害に限らず、何か地面が不安定だと誰だって不安になる。
嫌なニュースばかりだと揺さぶられてすぐに不安のアラームが作動したり。。。
神経過敏になって痛覚のシステムが狂って、ずっと痛みが消えなかったり。

何か苦しかったり、悩んでいたらとにかくタッチング、スキンシップ・・・これだけ。

 

だから、もっともっと誰かに触れてもらって下さい。
誰かを触れて下さい。話してください。ただし、安心できる人でないと意味がない。
自分じゃなくて他の誰かに必要というときもまずは自分を癒す。

もっともっと触れ合ってほしい。それが幸せにつながってるから~
肌に、心に、自分に、、、愛に、、、触れるって大切。。。

それを伝えたくて、安心を与えたくて、私はこれからもタッチングを、リフレクソロジーを伝えていきたい!!!そして触れたい。

 

プロの方、どんなふうにクライエントさんに触れてますか?
家族の方、何を想いながら接してますか?
その想いすべてが触れ方、接し方に出て相手に伝わってますよ^^
そして自分に返ってくるんです。。。

 

フリーハグやりたいなぁ。。。

今月までにお申し込みの場合は消費税分は8%です👇👇👇

☆☆☆☆☆

9/25 新・食べる瞑想

https://resast.jp/events/369756

 

10/2(水) まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/371033

10/6(金) https://resast.jp/events/376291

10/6  自分の中の美人が見つかるワークショップ
https://resast.jp/events/376289

 

10/27 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

早割 9/30 まで 5千円引き~