異性への恐怖

異性への不信感によって

恋愛ができない人がいる

傷ついた過去のトラウマが

癒やされるためには

対象の性別との関係でしか癒せない

女性は常に男性に触れられることの驚異を感じている

子供の頃から性的な被害を被っていることが男性よりも当たり前のように多いから

だから性に対しても否定感が出やすい

男性は女性に触れたい生き物だ

でも本能が暴走した先の

同意なき行為は女性の一生を潰す、心を傷つける

その触れ方次第で

その意識次第で

女性を傷つける

それを女性も自覚してない場合もある

なぜ恋が成就しないのか?

無意識が否定している

女性は守られなければいけない

大昔では女性はしっかりと護られていた

今はどうだろうか?

真逆である

悲しいかな太陽が岩へ隠れてしまった…

そこを理解している(しようとする)男性と

そうでない人とではもう性別の分類くらい違う

私も一括りにしてしまっていたな〜

だから「男性が怖い」になって

なにかあると”男性が”ダメだと切り捨てた

ところが全部の男性がそうではないんだよね

自己愛が高まってくると周りに現れる男性が変わる

男性だって傷ついている人もいるし

素敵な男性もいる・・・

男性には大きく分けて二種類いると最近感じている

女性に危害を加える男性と愛を与える男性

(無意識にも意識的にも)

前者と一緒にいるとずっと傷つくんだ

後者だと多くの男性は想っている

でもこれは時として前者にも後者にもなり得る

いまもし「俺は前者ない」って想った人ほど危ないのだ

簡単に女性に触れられると想ったら大間違い

ハグは女性から求めてからして下さい

「氣もちいい?」じゃなくて「痛くない?」って聞いて下さい

女性にはもっと丁寧に触れて下さい

見せかけは違うかもしれないけれど

中身はみんな壊れやすい

沢山、性的な被害を負っている

傷ついている女性が本当に多い

でもそれは外へ出ていない

心理は蓋をしている

だから男性こそがそこへの氣遣いをしてほしいんです

女性も自分の女性性を向き合ってみて

簡単に「女性はもっとオープンに!」

「僕が助けます」「僕が謝ります」

「女性のためになりたい」

なんて男性に限って女性を傷つけている

解ったつもりになっているだけ

本当にそう想うのなら

女性のことを心から理解しようとして下さい

ただただ寄り添い自分が何かを変えようとしないでね

社会が女性を守っていくこと

男性が女性を守っていくこと

そしてその男性を女性が育てていくこと

陰陽和合の道へ

フェミニズムではなく、

どちらが悪いとかではなく

性の抑圧がこれらをつくっているから

この現状、性愛の意識を底上げしていきたいと想っています。。。

🤗

「女を何だと想ってんだ?!」って怖いことが自分にもクライエントにも立て続けにあって興奮気味ですみません💦

モテテクニックとかSEXテクとかの前に女性への扱い、意識を変えてみて下さい

そうすれば女性はあなたのところにいくらでもやってきますよ❗

🤗

※大切な人に触れる意識や触れ方を学べる男女が安心して幸せにつながるためのタッチ講座、講習会つくりましたからちゃんと女性への触れ方学んで下さい↓
※男女OKの講座、講習会です。安心安全に場を作りますのでその経験によってまた男女がつながる意識が生まれることも副産物としての作用もあると想っています。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つながるタッチ講座&講習会

次回は 6/8 です!基礎講座のみ受講可、実践は基礎編必須

6/8(水)

基礎 https://resast.jp/events/704657 →女性2/男性0

実践 https://resast.jp/events/704650 →女性2/男性0

※日程希望によって開催しますので遠慮なくリクエスト下さい^^

性被害のセラピー

あなたの手が神の手!
自己受容タッチケアセラピスト長浜きみえです✨

自分のとある氣づきから
性被害のセラピーをやっていきたいな、

と想ったのです!

レイプ、痴漢、暴行、いたずら、セクハラ、、、

被害まで行かなくても女性は何らかの性的なネガティブな経験をしている人が多い。。。

それは好みでない男性から口説かれた、とか見つめられたとか
兄弟に胸の膨らみをからかわれた、、、とか

そんな些細なことが実は大きな心のしこりとなって

男性恐怖やパートナーシップを阻害している場合も多く、、、

はっきりしたものじゃないからこそ
自覚してなくていざパートナーとの関係でうまくいかないのが
じつはパートナーとは関係ない過去の経験とかってあります。。。

私も痴漢とか強姦未遂など、、、色々とあったんです。。。

性のトラウマ解放をする

性に限らず、人は怖かったり、嫌なことがあると
緊張して、硬直して、防衛します。

その出来事の記憶は徐々に薄れて忘れます。

ところが、感情は残るのです。

どこに?

筋肉に。

トラウマは心の傷となる出来事が起こったときと似ているような
状況になったときに再度全く同じような感情や反応を再生します。

そんなことが性行為、パートナーシップの間で起きる可能性は
女性は本当に多い。

しかも、困ったことにそれが誰にも言えずにいたり、
或いは全く麻痺や記憶を押し込めて忘れ去られているため
自覚がないので対処のしようがなかったり、
どうしていいのかわからずに放置されることが多い。。。

男性不信になったり、男性が敵になったり、
逆に男性に執着する、過激な性癖へ偏る、、、
なんて真逆のことも起こります。

それでも結婚したり、子供ができることもあります。

でも、なぜかセックスが嫌いとかいい想いをしていない、、、
楽しめないとか、レスになる、、、なんて人多い。

私はある日氣づきました。

例えば、
性行為でリラックスできないのは婦人科の診察台の記憶とか
パートナーに断れきれなくてしたセックスとか
そういった経験のその時の緊張感が再現されるのでは?と。

私は13歳のときに痴漢にあってから数えられないほどでした。
露出狂、車内痴漢、伯父のセクハラ、、、
そして、24歳のときは強姦未遂、、、と小学校の頃に
女性性閉じたのになぜこんな目に合うのか?
男性は怖い存在でした。

男性は敵。

男性性を無理やりむき出しにしてこちらの心や身体を踏みつけてくる存在。

そんな風に無意識は想っていたかもしれません。

婦人科の診察台もとても苦痛だし、屈辱だった。

股を開いているだけでも不安だし、怖い。。。
下半身丸出しで宙に浮いてて、向こう側の医師と看護師さんに性器が丸出し。

硬い銀色の金属音がするものが入ってくる恐怖感。

力むと痛いけど力まずにはいられない。
私の股の無効に大学病院の生徒や先生がカーテン越しに笑いながら大声で過ぎ去る屈辱感。。。

手荒に処理される。。。

検査では血が出る。。。

そりゃあ、トラウマにもなりますわ。

あの硬直したのがじつは繰り返されているのかもしれない。

世の中の多くの女性がなんらかの性被害によるトラウマを抱えている。

男性や大人はちょっとふざけただけ、だったりすることもありますが
それは女性にとってはずっと心の傷となる記憶となっています。

それで男性が愛せない、恋愛が怖い、男性恐怖などの後遺症となります。

女性も氣づいてないことがある。

性被害、、、

これは一生、女性を悩ませている非常に深刻な行為。。。

これを私がどこまで癒せるのか?
課題です。

でも、トラウマや心の傷がなくなった後を考えると
女性の幸せを考えると
やっぱり使命だな、って。

でも、まだこの分野は初心者です。
でも、信頼していただいているクライエントさんからも
「他の人は話せないけど長浜さんだから話せました」と言って頂けました。

ご理解頂ける方、ご協力お願いします。

モニター募集します!(第一次募集:2021年1/31まで受付)
匿名にて個人など特定できない範囲で内容開示できる方(本人のNGな部分を除く)

・ヒプノセラピー 120分 ¥19,800→モニター価格 ¥9,900(税込)
・メンタルセッション<一ヶ月3回>オンライン 50分 ¥6,600×3回 ¥19,800→モニター価格 ¥9,900(税込)


開示NGの方→
・ヒプノセラピー 120分 ¥19,800→モニター価格 ¥11,900(税込)
・メンタルセッション<一ヶ月3回>オンライン 50分 ¥6,600×3回 ¥19,800→モニター価格 ¥11,900(税込)

🌈イベント🌈

1/26 12:00〜13:00 Facebookライブ!
「エヴァセラピーについて語る」
ホリスティックスタジオ・リケア Holistic Studio reCare 

1/28

まじめなセクシュアリティ心理学長浜きみえ まじめなセクシュアリティ講座オンライン版<心理学>

1/29

エヴァセラピー<モニター>入門講座オンライン

1/30

エヴァセラピー<モニター>入門講座リアル
満員御礼

→第二期募集は月末です〜^^長浜きみえ エヴァセラピー【モニター】入門講座 –

性犯罪の被害によるトラウマ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

とてもセンシティヴな話ですがこういったことを取り上げることによって一人で苦しんでいる人(男女ともに)や性教育の未来を変えるきっかけになると信じて自分の経験も交えてお話しさせて頂きます。

性犯罪によるトラウマはその人の人生すべてを奪うことになるとても重たいものです。

もし子供の頃から異性の身体、自分の身体を理解し、尊敬できるビリーフがあったとしたら人間の大切な本能、生殖能力、欲求である性欲ということを歪んだ形でとらえることなく(無意識も)性犯罪も少なくなるのかな、と個人的に感じています。

性に関するトラウマ

まず初めに言っておきたいのですがトラウマを無理に無くそうとしなくてもいいです。そして、トラウマは解除できるということも知っておいてください。ビリーフよりもある意味、抜けやすい。過去はいつでも変えられます。

痴漢、レイプ、いたずら、いじめ、コンプレックス、しつけ、、、

子供の頃からいろいろな被害経験があった人がいます。

小さいものなら親からのセクシュアリティの否定。
「男の子なんだから泣くな」「女の子なんだからおしとやかに」
そうやって自分らしくいることをダメなことだと感じさせて罪悪感を持たせる。
性別に限らず、女性性の部分、男性性の部分は誰もが持ち合わせ、そのバランスも個人で違うんです。

そこが閉じるように教育を受けることで自分で居れなくなる。。。(詳しくは「まじめなセクシュアリティ講座」でお話ししています。https://www.reservestock.jp/events/321022

性被害として、思春期に「胸が大きくなった」とか大人からの一言がその状況によってはトラウマになることもあります。それで胸を隠すようになったり男性みたいに振舞ったり、、、

私は親戚のおじさんにそう言って胸を実際に触られて、自分を汚れたように感じたし、それ以来おじさんが怖くてたまりませんでしたが両親に言えませんでした。

胸を触られた程度でかなり心に傷が長年残っていたのにこれがもっと実際的な性被害だったとすると生きていることが苦しくなるくらい、とてもとてもツラいでしょう。。。

私は痴漢に何度もあいました。12歳から30歳くらいまで。道で襲われたこともあります。一時的にPTSD(心的外傷後ストレス障害)になりましたが男性不信までは行かなくて男性とお付き合いすることはできていました。
もしかすると私の婦人科系が弱いのはこういった経験からの身体の反応かもしれませんがどちらにしても結局は自分を肯定、受容することで「生きていいんだ」と思えましたし、以前書いたブログ「私は私の膣を憎んでいた」でも述べましたが不調が出る膣が嫌でたまりませんでした。触れることすらできなかった。。。自分の身体なのにね。

レイプされた人が自分を受容できたとき

レイプされた女性が自分の身体を否定することがあります。
すると性交することができなかったり、結婚できても旦那様とできなくなったり、仕方なくしていたり、膣や婦人科系に不調が出たりと抵抗として表れることは生きる上で本当にツラいことです。

そこを向き合って克服された方の話しを聞いて、涙が出ました。

今まで否定した部分を受け入れてあげれたときの感動は何もかもから解放されて自由になるほうな感覚だと思います。重い鉄の玉と鎖に縛られた状態から解放されるような。。。

自分そのものが汚れたと感じてしまったその本人にしかわからない苦しみが変容する奇跡、、、。でも、汚れているという思考ができただけだと気づけた瞬間何もかも変わる。

性教育から変えていく

性犯罪を完全になくすことはできないかもしれませんが少なくすることはできるはず。

それはやはり一人一人が人間の尊厳や自分以外の他者への存在価値を尊重、尊敬できるビリーフがあれば心があれば。。。

そのためにできることは子供の頃からの性教育が必須だと思っています。

これは親、学校、どちらでも。

それには大人がまず性に対する考え、知識を見直さなければいけません。

隠すものから尊ぶものへ。命を大切さ。

男女の身体のつくり、役割、違いを伝え、生殖システムのすばらしさ、神秘さ、命の尊さを語ること。

性交に関することも変に隠さず、赤ちゃんを授かるという尊い行為だということを教え、自慰行為も正しい知識を与える。少子化問題はここからです。

性病も正しい知識を教えずにただただ「検査しろ」とか怖がらせているだけで梅毒は増加傾向にあります。特に若年層の一般女性。しっかりと避妊だけでなく病気の予防としてコンドームなどの使用を欧米並みに教育していく必要があります。

 

男性の障害による不妊や精子減少

誤った自慰行為による射精障害、勃起障害が問題になっています。

そして、精子の減少。いま、男性不妊が不妊の半分を占めているのをご存知ですか?

こういったことが不妊につながっているにも関わらず未だ女性の身体のせいにされているケースのほうが多い。。。これも問題ですね。

女性は自分を責め、家族や社会からのプレッシャーも受け、男性も様々ストレスから精子異常が増えていたり、不妊カップルの場合はプレッシャーによるセックスレスなども問題になっています。

どんなパートナーシップをすればいいのか?

お互いの尊厳を考える

男女ともにお互いを尊敬し、尊厳を守り、愛し合うことで満たされる。。。誰もが同じ価値のある命と存在。

不安やストレスが多い現代では満たされる、ということが少ないために悪循環かもしれません。

性犯罪を食い止めるにも、人間関係を円滑に行うためにも子供の頃からの教育、愛着形成、セクシュアリティ(できる限りその子の個性を尊重して否定せずにしつけしていく)の意識が必要です。

満たされる、安心している状態をつくるにはやはりスキンシップや人との信頼関係も欠かせません。これは大人も子供もどんな人にも必要な精神安定剤。

性犯罪に関しては安易に語れないくらい複雑で悲惨な問題です。
できることをするしかありません。今から少しずつあきらめずに・・・まずは今の大人たちが偏見を捨て、自分の性(=セクシュアリティ=自分自身)と向き合っていくこと。
今までの常識やビリーフを変えていくこと。それが代々伝わって結果となっていく。。。

それを願って私のできることをして行こうと思っています。
勘違いされて批判を受ける、とか、イメージのリスクもありますが・・・。
それでも大事なことは伝えていきたい!

どうぞオープンマインドな目で偏見や固定観念、先入観を捨て、物事を見極めながら観る力を養って下さいね^^

☆☆☆☆☆

セクシュアリティに関する講座は以下の通りで行っています。
個人セッションもございます。ご相談ください。

💕ひなまつり女子デー🎎

3/3 まじめなセクシュアリティのお話し

https://www.reservestock.jp/events/321022

3/3 医学とスピリチュアルから観た女性の身体

https://resast.jp/events/321017

早割・セット割引あり(3/19,25も参加者募集しています!)

※Facebook「セクシュアリティ」グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

イベントは早割がありますよ~^^

3/10  ここだけの話♡女性だけのオープンマインドランチ会@シェラトン都ホテル

https://resast.jp/events/322396

3/17 ハンドリフレクソロジー1Day講座
https://resast.jp/events/321758

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876