リレーションシップを勘違いして失敗させている

長年連れ添う、とか、いつも一緒とか、そんなカップルがいいんだと思わされている。それもいいけど。
すると、本当の二人の「仲」がそこに合わせるように操作されて、そこに合わないと不満になっていく。。。みたいなことが起きているんじゃない?
けど、本当に大切なこと、他にあるんじゃない?
いま、リレーションシップを考えてるあなたへ。私もその一人→ブログ読んで何を感じる?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昔、私はリレーションシップを勘違いして彼や旦那様との関係を悪くしていました。

旦那さんや彼氏との関係で勘違いしている人が多いコノこと。。。

オシドリ夫婦とか運命の出会いとかどうでもいい(笑)

そんなことじゃなかったんだよ~本当の二人の関係って。

これ↓じゃないよ。(言葉の解釈で全く違う意味になる)

・仲が良い

・ケンカしない

・ケンカする

・関係が良くなった

・運命の人

・なんでも話せる

・長い

・ずっと一緒

・何でも包み隠さず話す

どんな夫婦になるか、どんなリレーションシップかどんな相手か、、、

なんてどうでもいい。

そんなの本質じゃない。

周りのルールや空気に惑わされて大切なことを忘れているからうまくいかないのかも。。。

本当に求めているリレーションシップは・・・

既存の刷り込まれた「素敵なカップル」像

 

オシドリ夫婦とかいつも一緒にいるとかなんでも話し合えるとかが「いい」関係だと私は勘違いをしていた時代があります(笑)

 

何でも話すのがいい関係ってことで自分の思っていること、自分の一日をすべて彼に話していました。それがいいことだ!と思い込んで。。。

そして、ずっと一緒にいるのが「仲良し」でいいカップルなんだとも。。。

(ひえ~)

さきほどの箇条書きにしたビリーフ、、、ここも勘違いが起きやすい。

解釈の違いでまるきり違う意味になるよね。
一つずつ観ていこう!

 

・仲が良い

個人的な主観なのにどうも「いつも一緒に居る夫婦」とかって勝手に思っちゃって別々のことしている人は仲が悪いなんて目で見てしまうよね~

・ケンカしない

喧嘩しないから仲がいいって子供の視点だったのかな~
私の両親はいつも喧嘩しててそれが嫌だったから。。。

・ケンカする

喧嘩するほど仲がいいってのもあってそうやって何とか納得しようとしていたかも・・・

・関係が良くなった

これはとてもいいことなんだけど、関係を良くしないとダメ、という考えを持つことにもなる。でも、どんなに今の関係が悪くても、二人のなかで学ぶものがあるからこそ二人は出逢ったのかもしれないし、どんな関係であっても自分をジャッジしなくていいんですよ。
2人の関係で起こるべくして起こっているだけだから関係をよくすることが良いのではなく、今何を感じているのか、、、

・運命の人

運命の人を探してしまうよね~(笑)白馬に乗った王子様へのあこがれ!(笑)
そういうのもあるみたいだけど、結婚に関しては大抵ドラマチックなかんじがあったりなかったり、、、どっちでもいいと思う(笑)

失敗したらまた次行けばいいんだし。次がないと思って我慢するのもありだし。
都度自分が納得したりしなかったり、、、運命だと思い込んだり、思わなくても結局出会っているという時点で運命だ(笑)

・なんでも話せる

何でも話せるって、何でもかんでも自分を出しちゃうこととは違うんだよね~
黙っていることも大切だったりするし、、、

本当に必要なのは相手を責めずに自分の気持ちを伝えること、、、
それってじつはなかなかできてないし、日本人は奥に察する国だから「察して」と期待してしまうと関係が悪くなったり、、、
素直が一番だな~と思う。

怒ったら謝る。怒ったのはなぜなのかを率直に冷静に述べる。
相手を責めようとするのではなく自分の気持ち、意見を言うだけ。

解ってもらおうとするのではなく、全部受け止めてーってやるんじゃなく、自分の気持ちをきちんと伝える。

・長い

関係が長いからっていいってもんじゃない。
確かに長年連れ添ってる老夫婦ってあこがれちゃうけど、、、でも、そのために今を犠牲にしたり、我慢することは無いと思う。
世間の風潮のパターンにはまるからって幸せだとは限らない。
自分のスタイルでパートナーシップつくればいい。
短くても長くても、時間は関係ない。
短い関係でも深いリレーションシップを築ける感じることができることもあるんだよ。

・ずっと一緒

これも👆と一緒。

年がら年中一緒にいるって「仲いいですね」なんて言われていい気分になっていたころがある。でも、じつは喧嘩しているときだったり、単に不健全な共依存だったりして。。。
ずっと一緒にいて本当に幸せなカップルと単に共依存的な関係の人と、、、それも傍から観たら判別できないし、勝手な思い込みで人を見ないほうがいい。

・何でも包み隠さず話す

これ、一番やって失敗していた経験談(笑)

隠し事はない!と自負していたけど隠し事があってもいいんだよね、夫婦だって。

 

リレーションシップとは

 

本当のパートナーって
自分と合う人、自分を理解してくれる人、、、じゃない。

自分を理解しようとしてくれる人、、がベストパートナーなんです。

相手を探すときに私たちがやってしまいがちなのは初めから「合う」人を探してしまう。。。

この人はこういう人だから私に合わない!
私と会の人はここが違うから合わない!
あの人はここをなおすべきだ!
いいリレーションシップ築けない私たちはダメだ!

そんな風に相手をジャッジすることがリレーションシップじゃない。

良い関係って結局、表面じゃなくて、二人が喧嘩しようが合わないだろうがお互いが自分たちの時間のなかで育み、理解しあい、学び合うこと。

ずっと喧嘩してようが、仲良しでいようが二人のなかでお互いを尊敬している部分があったら素敵だと思う。

本当のパートナーシップ、リレーションシップって相手の人生と自分の人生を一緒に共有していくこと。お互いに違いを尊重しながらそこから学びや気づきを得ること。

結局、仲がよかろうが悪かろうがお互いの関係のなかで起きていることにただ居ればいい。
世間の定型にハマろうとしなくてもいいし、周りのから「結婚しろ」「仲がいいね」と言われてそこにそぐわないといけないビリーフを持ってしまったり、親がどうの、家族はどうの、と振り回されるのも自分が楽しいならいいし、納得できるならいい。

どんな決断をしようが自分が都度納得できるならそれでいい。

つど相手を思いやる気持ちがリレーションシップ。
健全な依存関係。

 

愛されるためには愛するとは言いますが

 

愛されるために愛しなさい、、、と言われますがそのためには自分が自分を愛してないと(自己受容)できません。

結局、相手から観えることは感じることは反応するのは、自分のなかのあるものだから。

鏡になっているだけ。見せてくれている。

だから、相手を責めるのではなく、自分を責めるのでもなく、そこにどんな気持ちがあるのか?ちゃ~んと面倒をみてあげること。

相手に求めていることは自分が自分に与えていないこと。

そのことをきちんと自覚して、自分の気持ちを素直に相手に伝える。
相手を責めるのではなく、自分はこう思うんだ、、、と。

そんな風に言えるのはやっぱり自分を受容することが必要。
受容できたら相手を受容出来るから。

特に女性は母性の存在で役割なんです。
それが出来る人は男性を安心させて、男性を支えられるから男性から求められる。

そのためには自分がまずは愛されているという感覚を味わって体感してくださいね^^

こちらでやります!↓↓↓

 

12/22 恋とセクシュアリティお話し会&ワークショップ

https://resast.jp/events/390152

 

☆☆☆☆

半額キャンペーンやります!

※年内まで
⭐ヒプノセラピー(退行催眠(過去世:前世療法、インナーチャイルド/暗示/未来世)

2~3時間 ¥18,000(税抜き)→¥9,000(税抜き)※税込み ¥9,900

何度でも!

詳しくは→ヒプノセラピーって?
⭐フットリーディング(今の自分と向き合う自己探究ツール)

60分(前後セッション含み 100分) ¥10,000(税抜き)→¥5,000(税抜き)※税込み ¥5,400

フットリーディングは足を観ながら自分と向き合っていくものです。
身体には触れません。私がリーディングするわけではありません。
無意識との出会い、掘り下げ、気づき、自分になるワークです。

12/6 EFTセルフケアタッピング講座

https://resast.jp/events/389498

12/8 ハンドリフレクソロジーセルフケア版講座

https://resast.jp/events/386580

 

SEXがすべてじゃない

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

セクシュアリティのことをやっていると

どうしても「SEXやりなさい!」と

言っているように見えるらしい。。。

いえいえ、、、

そうではなくて、、、過剰に反応しないでね。
(反応しているということは何かあるということ、、、)

全員が同じことをしなければいけないというのはないんだよ

あのね、究極どっちだっていいんだよ~

正解ってのは自分で決めるもんだからーーー

嫌悪感はどこから?

 

何か情報を発信すると「しなければいけない」「べき」に聞こえる人がいると思います。

例えばSEX。

最近、話題になってきていて膣トレだの骨盤底筋体操だの色々と情報が多く流れるようになりました。

ここで必ず多くの人が反応するSEX。

『私は恋愛がしたいんです。SEXは二の次!』

妙に反応する人がいます。

SEXは本当に素晴らしい愛の行為だ、、、と聞いてSEXに対してネガティブな感情を持っている人は否定しようとするのは当然です。

でも、人に対して「キライ」というのは「スキ」というのと同じと言われているようにじつは気になっているからこそ反応するんですよね。(自覚があってもなくても)

もし、何とも思ってなかったら反応すらしない。どうでもいい、になります。興味がないんです、、、何もそこに感情がついてないから。。。

SEXはいいよ!って言ってるだけなのに「SEXをしなさい!」とは言ってないんです。

あ、たまに必要な人には言っちゃうんですけどね。。。(笑)
でも、鵜呑みにしないでね。
っていうのは、占いでもそうなんですけど結局自分で決めることなんですよ。
その結果や情報をどう使うか、なんです。ヒプノの前世もそうw
真実か否か、なんてどうでもいい。
情報を得て、それを信じるか、支持するか、は自由なんです。
自分で決めれるんですよ、何もかも!
でも、日本って「正解」を求める人種だから誰かが一つの意見を言っているとまるで「それしかない」と言われているみたいで嫌なんでしょうね~

選択できる、という意識がない。

海外では「その考えはこうだね」と反射的に反応せず、自分のフィルターを通して、やみくもに信じないで、且つ、きちんと自分の意見を言える。

それが日本人の場合、あまりに規律の世界故に、「ねば」「べき」と言われていると思い込んで反応してしまう傾向があるな、と思うんです。

意見の違う自分を批判されているような気がしてしまう・・・

だから多様性の上での会話ができなくなってしまって、関係が途絶えてしまうなんてことにもなりかねない。

悲しいですね~

 

性の嫌悪感はすべてに通ずる

 

性的なことへの嫌悪感はあからさまに出やすいですね。

きっと、SEXに対して嫌悪感も何もない人は「SEXしたほうがいい」って言う言葉にほとんど共感しないと思います。だって、当然なんですから、、、

必要な人は今まで否定してきた人。

でも、だからってすぐにやりなさいってことでもない。

それによーく情報を読んでみるとちゃんと書いてあるんです。「しなくてもいいよ」って。
「ちつのトリセツ」という本でも書いてありますが、膣のトレーニングのためにSEXは本当に有効なんですけど、パートナーがいないと成立しませんし、性欲がない方もいらっしゃるので別にSEXしなくてもいいんです。

膣は自分でケアできますから。。。

最初のイメージで感情が全部覆いつくされてしまって他が見えなくなってませんか~?
それだけ、性のことは反応しやすいですよね~

だって、自分の奥の奥のまた奥にあるものだから。。。

でも、これだってそうじゃない人がいますからこの話自体も鵜呑みにせずにしっかりと自分のフィルターを通して考えてみて下さいね。

そしてすぐに意見が違うからと批判はしないでね(笑)

多様性、余裕、認め、赦す、、、

 

ここが出来ない場合、、、いろいろなこともできてないかも。

自分のなかに許せてないものがあると「そういう意見もあるよね~」と思えないもの。。。

余白的なものがないと「断絶」したくなるんですよね~
(瞬間の感情は当然出てくるものだから誰だって素直に割り切れませんけどね!できなくていいんですよー)

 

SEXはしてもしなくてもいい

 

ということで、SEXをすると身体的なメリットとしてはとてもいいんです。
(精神的にもいいけどね。いいSEXなら。好きなら。。。そこねそこ。)
ただ、だからって好きでもないものをやるのはNG。

これ、日本人がよくやっています。

健康番組とかで、モデルの間で流行ってる、、、とか。
で、自分に合わない食べ物なのに食べてる。。。逆に不健康ですね。
一側面でしか見てない。盲目になってる。。。自分の軸ずれてる💦

誰かが何か言ってたら、めちゃ疑う人と信じる人。極端すぎる、、、

どちらにしても、この強迫観念なんなんでしょうね~

 

というわけで、表面的なことに反応するのではなくその奥にある意味をきちんと理解しようとしましょう~

ちなみにメンタル面での効能として、、、
SEXしなくても、代わりにタッチケアがありますので必要な方はマッサージ受けたり、肌触りいものに触れたり、、、と肌から満たされてくださいね^^

(あ、ちなみにSEXって「射精」や「オーガズム」だけを求めるのはやめましょう。それはSEXじゃないね。だから悪いイメージついちゃうのね~。SexすることがいいのではなくどんなSexしているかにかかってくる・・・)

このセクシュアリティの嫌悪感にはステージがあります。(あくまでも勝手な概念)

第一段階:嫌悪感いっぱいで性への偏見ハンパなくて一切NG
第二段階:嫌悪感を取り除きたいと思ってくる
第三段階:嫌悪感がなくなってすべてにオープンになる

ま、これは私の経験ですけど。。。ピンときた方は「まじめなセクシュアリティ講座」どうぞw https://resast.jp/events/371033

これに当てはまらない人ももちろんいることを忘れずに。。。
必要な方に届けております。。。

そこを忘れて反応する、語るからおかしなことになるんですよねー、日本は。

 

SEXがなくてもうまくいく

やっと、テーマ(笑)

SEXしてないとダメな夫婦なのか、仲良くなれないのか、、、というとそうではありません。
SEXがなくても幸せな夫婦はいます。
逆にSEXしていても内緒で浮気している人もいます。

結局、コミュニケーションツールなのでそこにあまりに「愛」しかないとそれもまた問題が出てくる。

愛の行為、に変わりはありませんがやればいいってもんじゃんなくて(笑)

SEXはメリットがたくさんある!けどもね^^
結局、一番大切なのはSEXを通してどんなコミュニケーションをしているか・・・

そこに本当にお互いが喜びあえる時間になっているのか?充たされているのか?ということが論点!!!

このやり方で愛の行為じゃなくなるからーーー

ちゃんと自分が欲しいものを主張して、やりたくなければ伝え、お互いが幸せを感じられてないとやってもしょうがないんですからね!!!

でも、これが難しいんだな~

できることは相手を変えるよりも、まずは自分が変わる。
満足できてなかったら、したくないなら、自分からしっかりとそれを真摯に伝え、話し合う姿勢を持ったり、自分から積極的になったり、自分がリードしてみたり、、、

そんな風に愛を深めて、育んでくださいね。
初めからうまくいくカップルなんてないですから。。。
それもまた面白い人生であり、自分を成長させてくれる過程ですね^^

 

☆☆☆☆☆

9/16 自分の中の美人を見つけるワークショップ

https://resast.jp/events/373465

9/25 新・食べる瞑想

https://resast.jp/events/369756

9/29 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

10/2 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/371033

性の相談だれにする?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

性の相談ってするところないんですよね。。。

TENGAドクターで知られている

泌尿器科の福元メンズクリニックの

福元先生は男性の性に関する相談ができる

数少ない医師。

そして、女性は?というと

これまたほとんどない。

いま、ようやく女性のアダルトショップなどで

膣ケアの相談やセラピストさんたちのイベントなど

増えてきてはいますがフェミニズム寄りだったりすると

なかなか話せなくなったり、、、

そして、子供たちにもそれは必要不可欠な場。。。

正しい性教育が必要

日本の、日本人の、性教育って乏しすぎます。
性教育は性のことだけでなく、直接生きる、人生のことに直結しているのでこれは変わっていく必要があると思っていますので伝えることをこれからしようと奮起しています。

性教育には親が子供に正しく伝える必要があります。

大人がしっかりと伝えられているのです。大人が役目を果たしていない。。。

ただルールを伝えて「やりなさい」じゃ子供はできません。
私の母は「ちゃんとよく大事なところを洗いなさい」と言いました。
私の父は「変な男についていくんじゃない」と言いました。
でも、どうやってそれをするかは教えてくれませんでした。

ブラジャーの付け方さえ、教えてくれない。
教えてくれないからなんとなく触れてはいけないこと、と察知すると小学生が「うんこ!」を連発して喜んでいるように逆に面白がったり、ダメなものだとして否定的、茶化すもの、なんて勝手なイメージで思い込む。

コンドームだってそう。

確かに羞恥心も必要です。

でも、曖昧な教育は曖昧なメッセージとなって歪んで伝わる、、、それで子供が妊娠したら堕胎させるとか責任がなさすぎます。

結婚してから性交渉がある時代ではないんです。
しっかりと話せば子供はちゃんとわかってくれるのに大人が変な風に意識するからへんてこな空気になってしまうんですよね。。。

 

男女の身体の仕組みをお互いに知ること

 

男女の身体の仕組みはお互いに知っておくとそこから尊重や尊敬が培われる。
どんな身体をしているか、同性異性どちらも知っておくことが命の大切さを教えることになる。

いやらしいと思っているからいやらしく伝わってしまうんです。

でも、このいやらしいというのは代々からの継承。。。だからいま断ち切るとき。
偏見を断ち切り、嫌悪感、罪悪感をつくってきた原因を変換させて「性」はふしだらなことでも悪いことでもない、隠すものじゃないということを伝えるとき。

(もちろん隠すべきものもありますが)

そうやって触れてはいけない、と察知するといざというときにも親に相談できません。
子供たちで解決しようとする。。。

責任は親にあるのに子供が怒られる。。。

そんな状況をつくりたくありません。

大人は子供を守る責任があるんです。

同性愛、LGBTだったら本人が初めは一番戸惑っているはず。。。
それもきちんと説明できるように、子供を否定するなんて決して起きないことを願います。

 

相談できる環境にしてあげよう

 

子供が性に関する相談をする場所が全然ない!

ってか、大人だってない!!!

これがかなり世の中に必要なことなのに。。。

 

知っていたら、相談できたら防げていたかもしれない、、、堕胎せずに、傷つかずに。。。

だからきちんと教える、情報を与える義務が大人にある。
手遅れになる前にできることがあります。

 

感染症、セックス、生殖器、妊娠、中絶、病気、避妊、夫婦とは、生命とは、、、

 

避けないでください。。。

大人が向き合ってこそ子供たちへ教えられる。

 

大人だって、相談できるところがない。
特に男性は・・・遅漏、早漏、大きさ、射精障害、もろもろ・・・

まちがった知識で大人になることのほうが危険。

 

性行為もAVがSEXだと勘違いして、男女ともに不幸な思いをしている。。。そしてセックスレスになっている夫婦がどれだけいることか・・・

性行為がどれだけ愛の行為なのかを認識していないから遊びに走ってしまったり、欲求を発散させるためのツールになったりする。。あるいはスキンシップが足りなさすぎると性行為で埋めようとしたり、、、

風俗に行く人をダメ!と言う前に、本来の本能的で健全な行為をしているのか?今一度問うてみましょう。
男性は精神が繊細、女性は身体が繊細。。。
性においてお互いが敬意を持ってお互いを尊厳でき、気づかう、ケアできるといいですね。

 

セックスは愛のコミュニケーション

男性も女性も、お互いに満足のいく、幸せな行為ができているのでしょうか?
愛の営みによって自分が生まれてきたんだと子供が誇れる親でありたいですよね。

男女がお互いに相手を思いやっての行為。
満足する、というのは射精やオーガズムに限ったことではありません。
ここを勘違いしている人が多い。

相手がイクからOKじゃないんです。

触れ合うことが愛の証。

そこから相手への尊厳が生まれ、愛情が生まれ、循環する。

そこが大切。

それが代々伝わっていく。。。
大人には責任があります。

私には子供がいないですができることは自分の子供だけでないと思っています。自分の子供のように他人の子も大切に思っています。だから、性の教育は大切にしていきたい。。。

 

そのために偏見やタブーにしていることをもっと明るく本来の「健全」を育てたい。
それにはまず大人が自分の偏見を捨てるとき。
そのために嫌悪感、罪悪感、羞恥心などが多いようであれば少なくすること、そこに気づくことで自分自身の人生や心が変わって、人間関係やいろいろなことがうまくいくようになるかもしれない。。。

 

10/2 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/371033

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

9/25 新・食べる瞑想

https://resast.jp/events/369756

9/29 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

 

 

 

 

アラフィフこそ性に目覚めよ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

40代~50代、アラフィフこそ性に向き合う時期。

女性は性欲が上がり、男性は下がる。

勘違いされている人多いですよね~

そして、性交渉は生殖だけ、とか

若いときだけ、なんてのは時代遅れすぎます。。。

性欲は人間の3つの欲求に入り、性欲があることは食欲と同様に自然なこと。

それを否定していると生命に影響します。

60代~80代は健康に気を遣う年代ですが現代の研究ではセクシュアルヘルスとして

性が健康を保っていることが証明されてきているんです・・・

性への偏見をやめる

 

性と聞くと嫌悪感、、、これは刷り込まれた観念による心理的な反応です。
この反応によっていろいろな人間関係、恋愛など、トラウマなどとつながっている。
これに関しては「まじめなセクシュアリティ講座」でワークをやって自分の肯定感、自己否定、インナーチャイルドの癒しなどで向き合っています。

性への偏見は環境によっても起きますよね。

朝から満員電車で目の前に座っているおじさんの新聞から否応なく目に止まってしまう女性の裸の写真、、、
「あ~、気分悪い」
これは当然です。

しかも、痴漢にあったことがある女性ならそれらに対して嫌悪感も恐怖心も当然できる。。。

でも、それは性に限ったことではありません。
だからちょっと性に関して偏見があるなら、自分のために一線を引くことをお勧めします。

 

性欲ってじつは・・・

 

性欲って聞くとなんだか卑猥でいやらしくて悪いもの!みたいなイメージが湧いてきます。

持ってはいけないもの。。。

人間の三大欲求なのに、それによって私が生まれてきたのに・・・うむむ。
なぜでしょうか?

これは全員じゃない。北欧の人は日本人と異なる印象を性に対して持っています。
ということは人間だから、ではなく、後天的につくられた固定観念や先入観によってなんですよね。日本人でも個人差ありますもん。

性欲ってとても素晴らしいんですよ。
解剖生理学的、脳科学的に見てもこの快の刺激伝達というのはガンや病気を治すパワーを持っています。
そりゃあ強いはずですよね、だって、種の保存の根源なんですから!!!

 

なのにイメージが悪いのは認識のせい。
じゃあ、その認識をつくった先入観や固定観念はどこからくるか?
それは情報元であるメディアや環境のせい。

実際の性生活においても

個人的には性欲って愛だって思うんです。(つか全部愛なんだけど)

愛がほしい、寂しい、肌寂しい、、、

 

風俗だって、身体だけだって、結局求めているのは「愛」。
そこにパートナーシップがあるから愛が存在するとかそういうこと以前の愛。
根源的な人間が求めている生きる糧の愛。

もし、そこをお互いが理解しあっていたらパートナーと最高の愛情表現、コミュニケーションができて愛でいっぱいの家族がつくれたり、
愛を感じながら幸せな生き方ができると思うんですよ。

それと、行為自体が性でも愛でもない。。。

 

性を解放しなくていい

 

こういうことを書くと勘違いされる方が多いのですが、別に性を解放しなくていいんですよ(笑)
性にオープンにならなくても、性が好きじゃなくてもいい。
隠してもいいし、隠さなくてもいい。やってもやらなくてもいい。
行為もそれぞれ。

性欲も人それぞれ高い人もいれば低い人もいます。

大切なことは性に対してちゃんとした知識と認識を持つことで自分自身の人生を全うにすること。

例えば、セッ クスって究極のコミュニケーションなんです。
普段から自分の主張が出来ない人は相手に言えない。

普段は言えてもベッドの中では言えない、と言う人もいるでしょう。
それはまたいろいろな理由が絡み合ってますがこれって伝え方を知っていたり、相手への勝手な想像による不安や遠慮、批判などがなくなったら軽減されます。

セッ クスによる低い知識が夫婦のセックスレスやパートナーとのコミュニケーションエラーになっていることが多いのは本当に悲劇です。

セッ クスは挿入して、男性がいって、射精して、おわり、というのがそもそも二人の関係、いや自分自身をおかしくしているのです。
そこだけを意識しているから(特に)女性はしたくなくなる。。。
そして、そんな激しいのは若い時にしかできない、、、と思って年齢が上になってからやるものではないと思います。。。

セッ クスは激しいものだけでもないし、イクのでもないし、射精しなくてもイかなくてもいいんです。それよりも大切なことは二人で触れ合い、愛を交換すること。。。

ここを勘違いしているからこれほどセックスレスや対人関係もおかしい社会になっているんです。。。(社会問題にまで発展!)

 

性を楽しんでいい

 

身体的には女性は閉経後に性欲が上がります。
なのに、「しない」とか「性はもう終わり」という観念があると(いやこれが今までの常識でしたよね?)これを抑圧します。

本能的なものを抑圧するのは理性は得意♪でも、強いのに押さえつけていると意識のギャップで色々な不具合が出てきます。

以下のような観念が常識になったらどうでしょう?

・性を楽しんでいい
・年齢は関係ない
・高齢になるほど性を楽しむことで健康になる

 

女性の場合、女性ホルモンが下がり、男性ホルモンが表になってくるので性欲が上がります。
男性は男性ホルモンが下がり、性欲が下がるので勃起をしないことで「自信」がなくなり精神的に落ちます。そして、肌に触れることが少なくなる世代。。。これは大問題!

肌の触れ合いがないのは人間には致命的なこと。
タッチングがないと愛がないのでオキシトシンが分泌されません。。。一大事!

ですから、挿入や射精することだけが目的だと思わずにいくつになっても性を楽しんでほしいのです!

それには今までの偏見をなくすために先入観や固定観念を無くすこと。

そのために私は講座をやったりするようになりました。

性は生命、命のことなんです。
だからここを正しい知識をもってよりよい人生、幸せを感じてほしいと思います。

一人一人の愛が充たされていたらそのエネルギーは循環するから!

 

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~「性と健康をまじめに明るく」
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

妊活セックスレス

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

日本の夫婦におけるセックスレスはなんと40%越え!

しかも、妊活しているのにセックスレスとは・・・

子供が欲しい夫婦がセックスレス、というのは矛盾しているようですが

そもそもがそもそもなんですよね~

義務として行われると男性はできないもの。

例え子供を授かってもそのあとセックスレスになったり・・・

しかし、それで幸せでしょうか?

子供さえできればいい?

二人の関係が悪くなったら何のための結婚だったのかもわからなくなってきますね?

妊活ではさまざまな悩みが交錯しますね。。。その主なものは「旦那様との関係」。

夫婦、子供づくりに直結するのはセックスです。

「セックスなしでも人工授精でできるよ!」なんて方もいらっしゃるのでしょうがそこまで割り切っている方、お金のある方もいらっしゃらない。

セックスがうまくいかなくて不妊、或いは不妊でがんばっていたらセックスレスに・・・というケースが多いのでは?

どちらにしても二人のコミュニケーションの問題ですね><

身体だけでなく、精神的なコミュニケーションエラーが原因がセックスレスになります。そして、最悪の思考パターンに・・・

子供ができない自分を責める

セックスを求められない自分を責める

自分の女性としての価値、女性性をズッタズッタにこれでもか、と責め始める図式。。。
自己否定的な方は「女として魅力がないんだ!」とセックスをしてくれない自分を責め、旦那さんを責めます。

「協力的じゃない」「子どもが欲しいのは私だけ?」

ぐるぐる、いろんなことが気になって行って素直になれなくなり、卑屈になって気持ちも落ちていく、、、なんて悪循環が起こる。数年にもなると・・・

旦那様もどんどんやる気が消えていく。。。怖い顔して「今日は排卵日だよ!」なんて朝出勤の時に言われて、帰るのが怖くなる。

義務感での行為は苦痛でしかないんですよね、男性にも、もちろん、女性にも。

どちらが悪いってことじゃなくて、セックスがそもそもつまらないから、気持ちよくないから日本人の40%もの夫婦がセックスレスになるのはないでしょうか?

それはまた別の話し会で・・・

 

セックスはコミュニケーション

子供のために夫婦生活をしていくと、男性は「子ども要らないよ、二人が仲良くやっていければ」なんてことになって、女性は「え?!私がこんなに頑張っているのに何言ってんの?!」なんて喧嘩になっちゃったり。。。

二人の関係自体がどんどん危ぶまれていく・・・すれ違ってく・・・

それでは何のために結婚したのかわからなくなってしまう。。。

さて、こうした妊活セックスレスの二人に必要なのはなんでしょうか?

心の専門家として、身体のセラピストとして、そして、失敗した経験者💦として、申し上げますと・・・ずぱり、

 

話し合うこと

コミュニケーションエラー起こしているとセックスもうまくいってないはずなんです。だって、セックスもコミュニケーションですから。

話さないとわからないことがたくさんあります。そして、「触れることはコミュニケーション」と言ってますが相手に興味を持つこと。

子供をつくることばかりに気を取られて、相手の顔、相手の想い、相手の感覚・・・それらを無視していませんか?忘れてませんか?

どんな感情を持ち、いま、どんなことを感じているか?一緒に・・・そんなことが抜けていると相手も察知します。心が離れているんですね。

二人の心が離れているところに赤ちゃんは来てくれません><

二人が笑顔で楽しそうにしているからこそ、赤ちゃんは「このママとパパのところへ行こう」ってやっと決めることができる。。。

喧嘩していたり、単なる一作業として行っている愛の行為では全然幸せを感じられません。

とはいっても話すことがハードル高い・・・そんなときは一日話す日を提案してみる。手遅れにならないうちにね。女性はなかなか自分から話せないものですが男性もそうなんですよね。。。だから態度で示したり、爆発したり・・・逆効果に。

※もし、話し合いができない場合、セックスの時に触れ方に注意してみて下さい。赤ちゃんに触れるような思いで、或いは初めて会ったとき、求愛したとき、結婚するとき、あの時の想いを思い出してみて下さい。。。何かが変わるかも。
それも無理なら普段、手をつなぐ、肩をもむ、などスキンシップをしてみるのもとてもいいですよ^^

 

セックスは恥ずかしいこと?

セックスはとても素晴らしい行為。なのにセックス自体に嫌悪感や罪悪感があると苦痛になってできない、という女性もいます。

そのビリーフをつくったのは幼少期かもしれません。

セックス、性のことというのは物心がつくとき、そして、思春期のあたりから様々な形で抑圧されていくものです。でも、これがゆがんだ形で、または強く抑圧するような経緯を辿っていると男性への指向、恋愛の考え方、パターンなどで悩む。。。

セックスに悪いイメージがあると行為自体が苦痛になります。「子どもを授かるためのもの」と断定してしまうとセックス自体を楽しむどころか拒否します。

ところがセックスは本来リラックスする、人間の本能的に備わったポジティブなものなんです。リラックスできていないのだとすればそれは本当に不幸そのもの・・・

無理やり、我慢して嫌いなことをする・・・うーん、、、この点が解放されないかぎり、夫婦生活もコミュニケーションもうまくいきません。

二人とも同じセックスの価値観ならいいのですがはじめから完璧に同じ!なんてカップルは奇跡。

 

まずはコミュニケーション、そして、セックスへの価値観の見直しをしてみましょう。

妊娠は男女の行いによって結果がでるものです。赤ちゃんのためだとしたらなおさら、、、二人の関係からもう一度、見直してみましょう。我慢するセックスほど心身共に苦痛なものはありません。
そしたら不妊とはおさらば、、、できるかも^^

本当は身体になんの問題もない。問題があるのは心、考え、二人の関係かも。

 

今度、セックスについての匿名トーク会をやろうと思っています。興味ある方はぜひリアクションをお願いします!(平日昼間がいいかな?)まずはこの記事への「いいね」してください~(コラボのお話し会↓は次回が最後になるかも~。)

☆☆☆☆☆

1/18

オンライン版:「恋とセクシュアリティのお話し会」コラボは最後かも!

詳細はこちら

1/27

まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

1/27 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/311819

2/3

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/312197

 

 

 

パートナーとの最高の関係は融合

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

 

夫婦、カップル、、、パートナーとうまくいってますか?

相手との関係は順調でしょうか?少しくらいの不満は自然なことですがかなり不満が溜まっているとか関係が悪いと思っていて苦しいとしたら

ご自身に振り返ってみて・・・こんなことやってませんか?

相手をコントロールしようとしてませんか?変えようとしてませんか?自分の思い通りにしようとしてませんか?あなたと同じ考えをしてほしいとか、私だけを見てほしいとか、気持ちを汲んでほしいとか。。。

でも、それを埋めるのは相手じゃない。自分です。

自分でやらねければいけないことを任された相手はどうなるでしょうか?

・・・大変ですね💦相手は自分のことができなくなります。

相手を変えようなんてしていたら苦しいだけです。

パートナーはあなたの不足している部分を埋めるために存在しているんじゃなくて一緒に人生を楽しむために結ばれた奇跡の人です。

違った人間で、だからこそいろんなものを共有できるし、楽しめる。

釣った魚でもないし、ペットでもない。子供でもないし、親でもない。赤の他人なのに巡り合えた奇跡の人。大切な存在。お互いが共に成長できる貴重な相手。

 

磁石で例えると分かりやすいかも。

男女はプラスとマイナスでだからくっつく。でも、自分に合わせてもらおうとすると電極が偏るので離れてしまう。同じにしようとすればするほど離れる結果になる。求めれば求めるほど逃げていくというわけです。。。

違いを理解するために一緒にいるのかも。もう一方の電極だということを尊重し、理解すること。違うからこその敬意とか好奇心、興味だったり。。。

近すぎると自分の仕事をパートナーに補ってもらおうとする。でも、自分のことは自分でやらなければ意味がない。

違いを楽しむこと^^

一体になるのではなく、融合すること

融け合う。

お互いを尊重して同じ時間を楽しんでいるとき、融け合っているんです。それを楽しむのが恋愛。夫婦も。(なーんて恋愛を沢山してきたわけじゃありませんが💦20歳の頃から主人と一緒なので。私の場合そこからの学びがたくさんありました!)

欲しいものを与えあうことや埋め合うことではない。

もし、幸せと感じられない恋愛をパートナーとしているならまずは自分を大切にすることです。相手のせいではありません。嫌なら別れればいいんだし・・・決定しているのは誰でしょうか?

相手は自分の鏡であるということ。自分を見ているんです。

だから変わるのは相手ではなく自分です。

(寂しいって言ってる自分がいるんだよ~^^)

私も以前やっていました。束縛したり、自分の考えに合わせようとしたり。

自分のことをわかってくれない人と一緒に居たいと思いますか?思いませんよね・・・(;・∀・)まずは自分から、です^^

感謝することよりも相手の悪いところを探すことに時間を費やしてませんか?

いまどんなふうに過ごしたくて、その人を選んだのですか?本当は寂しいだけだとしたらその感情の面倒を看てあげるのはあなた自身しかいないんです~

一緒に居てくれるって奇跡✨

 

あなたがあなたらしく パートナーが自分らしく

生きれること それが二人がいる意味

自分のものにしようとした瞬間

相手の人生をコントロールしようとした瞬間

2人は、ズレる

引き寄せられた+-の磁石が++、--になったとき離れる

同じものに成りえない二つの極

なろうとした瞬間に絶対にくっつくことはない

+-だからこその二人

違うからこそ一緒に居れる

相手の違う部分を尊重し、称え、歓ぶ。

それが一緒にいるということ

共に融け合っていること

 

ホリスティックスタジオ・リケア 長浜公恵

 

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

⇒5/6(日)追加決定!【体験会 5/6】https://resast.jp/events/255294

講座はこちら⇒

【講座 5/25】https://resast.jp/events/255314
【講座 5/27】https://resast.jp/events/255301

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876