クライエントが変わったきっかけ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

前回のブログで9周年になることをお伝えしましたが
クライエントさんがどんどん変わり始めた時期がありました。
それは私があることを覚ってから。。。

オープン当初から数年間は「悪いものをなくす」ことに
意識があったと思います。

そのときはそれが最適なことだと思って行っていました。

ところがあるとき、そんな考えを打ち砕く雷が落ちるのです!

「必要なかった・・・」

とあ然。。。

悪いものに焦点をおくことが元凶

 

文字にするのは難しいのですが

たとえば、「肩こりをなおしたい」とクライエントさんが主訴を訴えたとします。
その肩こりに対して「肩こりが消える=結果」を求めて施術をします。

これが元凶だと感じています。

施術者がやりがちなクライエントさんの不調、症状をセラピスト、施術者の腕によって取り除くことが私たちの仕事、だと思っているプロは多いのではないでしょうか?

治療家、ならいいでしょう。

いや、厳密にいえば医者だってこれをやってはいけないんです。だって、一番治療しているのはその人本人の自己治癒力ですから。まずはそこを第一に考える。。。すると自ずと良い治療になります。
でも、それを無視して、ただ薬の作用や治療の効果に焦点をあてているとあまりよい結果は起きません。

治療は「病気を見るのではなく、人を診る」ものだからです。

人が病気を治すんじゃない、病気が人を治す

 

病気は悪者ではありません。病気こそ私たちをもとの姿に戻そうとがんばってくれている結果です。

症状は治癒過程

ですからその治癒を促してあげればいいんです。
なのに消そう消そう、消えろ!と憎んでばかりいるから病気は「わかってもらえない」と治るどころかほかに化けたり、大きくなったり、、、

病気は自分のカラダから、心からの声です。
病気を治そう、消そうとすればするほど声を聴くことから遠ざかってしまいます。。。

 

日々、クライエントさんの不調や病気に寄り添わせて頂くなかで自己探求も当然行いながら、よりよいケアを追求していました。経験も技術も向上していくなか、こういうことを頭でわかっていただけだったと思い知らせる出来事が・・・

 

ありのままを受け入れることの大切さ

ある日、ボランティアが終わった病院で私の歩く前に年配のご夫婦が歩きながら会話していました。
その会話を聞いて私に雷が落ちたんです!

奥様:「もっと背筋を伸ばして歩かないと猫背になるわよ!」
ご主人:「うん、そうだな。」

たったこれだけの会話のどこに衝撃が?と思われるでしょうが私はこの会話を聞いてこう覚ったのです。

「悪いところを観る(意識をおく)ことはそれを無くしたい場合に全く必要がない」と。

猫背になるのでしょうか?猫背になると何がいけないのでしょうか?
猫背になることを不安がって、猫背を悪ものにして、何が得られるでしょう?今この時が楽しいでしょうか?

そうです。このお二人が感じている今の感情は決してよいものではありません。
恐怖と不安と奥様からのプレッシャーとご主人へのストレス、、、
思考が「猫背はいけない」というストーリーをつくっているだけなんです。
何もいいことはありません。
もちろん、何かあった際に「ほら、猫背にならなかったから元気でいられたのよ」なんて意味づけしてしまうのが人間なのですが。。。

 

そして、不調を悪者にして無くそうとしても意識は逆にそれらを存在させるということにも気づいたんですね。

 

クライエントのすべてを受け容れる

 

もともと私はアドバイスをやめていました。やめた、ということはやっていたんです。当初は。でも、それがネガティブな暗示となったり、不安になったり、
或いはアドバイスをしても実践に至る人は誰もないという経験からほとんどやめました。

そして、あの出来事や自己探求をしていくうちに到達したこと・・・それは

「今をすべて受け容れる」

という意識で施術を行い、クライエントのケアにあたるようになるとなんと見る見るうちにクライエントさんに変化が出てきたんです!!!

 

このことからも心理で行っていた自己受容が何よりも大切なことを実感しました。
具体的にいうと、たとえばさきほどの「肩こり」も肩こりがつくった原因を追求しようとせず、「こってるんですね」と受け入れたり、「ツライですね」共感したりします。

そう、その人のダメな部分としないことが肝心です。

ダメな部分、という意識は現実化させ、さらにはそれを「ダメだ」と感じることでエネルギーを使い切ってしまい、無意識でも「ダメだと思っているからいいだろう」という言い訳を巧妙な脳はつくります。

いま、起きていることを無視したりジャッジせずにまずは認めることがスタートなのに!

 

本来、心でも身体でも自己治癒力が常に働いている私たちはちょっと極端に乱暴に言ってしまえば放っておけば治るものを放っておかないで掴むから治らないんです。

 

さて、クライエントさんの自己治癒力を信じて接するようになってくると、なんとクライエントさんたちがどんどん自分で変わっていきました。

だって、信じること自体が治癒力を促しているのです。

自己治癒力を引き出すだけでいい!本人の力^^

 

本当に必要なのはクライエントを、自分のカラダを、自分を、信じる心。意識だと感じています。

人間の、自然の摂理の素晴らしさに感動し、圧倒されます^^
その奇跡を観させてもらっている、経験させて頂いている私は本当に幸せ者だと思います!
クライエントさんに心から感謝しています!!!

 

自分が治療している、治した、治す、どうにかする、というのは傲慢です。
傲慢なエネルギーでは本当の意味での治癒ではないのです。
少なからず私の心にもこういった想いがあったのは事実です。
人間は完ぺきではありません。だからいつも定期的に祓いを行い、心を清めることが必要なのですよね。。。日々精進です^^

そんなことも学んだ9年、、、プロのスタートを切る方、探求を深めたい方に私の経験をシェアさせて頂けたら幸いです。

 

7/30 9周年記念特別セミナー

10:00~ 「足裏分析【足を読み解く】プロ向けスキルアップセミナー

https://resast.jp/events/326461

14:00~「本当に伝わる手技【本気セラピストミニセミナー】」

https://resast.jp/events/322528

 

☆☆☆☆☆

7/7 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/343811

7/7 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/343812

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

ハンドリフレクソロジーハンドリフレクソロジー1Day講座

7/21(日) https://resast.jp/events/352107

 

7/28 オキシトシンが増えるタッチング講座

 https://resast.jp/events/351919

7/28 EFT講座

https://resast.jp/events/352490

8/18 セクシュアルヘルス勉強会

https://resast.jp/events/356759

 

 

広告

この苦しみがあっても大丈夫だった

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

この悲しみを感じても大丈夫・・・
この苦しみを感じても大丈夫・・・
不安があっても。
ダメな自分、できない自分、足りない自分、、、
そんな自分でも。

無理やりでもなく、ポジティブになるわけでもなく、やせ我慢でもなく、
心から「大丈夫」だと思えたら、、、

無意識でもそこに安心できるものがあったら・・・
生きることが楽になるって知ってますか?

「苦しみを取れば楽になる」
「不幸を感じたくない!」
「分かってるけど出来ないよ!」

って方は以下読んで~

不幸を取り除くより不幸を受け入れる

 

つい思うこと、、、
「今あるこの嫌なもの、無くなってほしいもの、苦しめるもの・・・
それらが取り除くことができたらいいのに、、、そうすれば人生が楽しめるはず」

そう思ってませんか?

じつはあなたが必要なのは「取り除く」ことではありません。
穏やかに過ごせる人生に必要なのは「不幸がない状態」ではありません。

 

本当に必要なのは

嫌なことや苦しみがあっても大丈夫なんだ

という安心感です。

もちろん、完全に、ではありません。
(ここが思考の落とし穴。まるきり変わる、と考えがち。二者択一しかないと思いがち。)

感じなくする、のではありません。
感情を出なくすることはできませんし、それをすると余計に苦しみを生みます。

嫌な感情も嫌なことも残念ながら必ず「ある」んです。

無くならないんです。。。

無くならないのに無くそうとしているから苦しいんです。

 

本当に必要なのは苦しいと感じたとしても無条件に安心できていること。
完全に、ではありませんよ。少しでもあったら違うんです。。。

安心はどこからくるのか?

 

「でもそんなのどうやったら安心できるの?」

と思うでしょう?

私の場合ですが、私は自分がダメだから自分を変えよう、自分が悪いから不幸が起こる、苦しいんだ、自分が変われば人生が良くなる、、、、

そう思って必死だった時があります。

人生でも岐路に立たされるようなことが起きて、その度に自分がダメだからともがいてました。(自分がダメだからと自分の表面的なところだけ変えようとしてダメだと思う自分の苦しみには目を背け、外見を変えようとしているんですよね~)
まー、そのおかげで今の私があります。今思えばそれは間違っていたことだったんですが。
(でもね反省とか後悔するとかって意味じゃないですよ。間違っていたとしても否定はありません。「間違っていた」というのは今思うことであり、誰もがやってはいけないことや誤ったことではないよ~。)

で、色々な本やブログや講座、セラピーをやっていき、エック・ハルトトールや禅、瞑想、ティクナットハン、バイロンケイティワークなどにも触れ、自然の摂理が腑に落ちた。

すべては完全で、ただ循環に身を委ねていればいい。常に最善が起きているんだ、どうにかしようとすることこそが間違っていた。と。

そしたら、もう今まで変えようとしてたのが間違えで、まずは自己否定をやめて、肯定感を上げて、自己受容することが私には必要だったんだ!と気づいてすべてが変わりました。

そうです。変わろうとするのをやめたときに変容したんです。
(これは私の場合ですからすべての答えというわけではありません。人それぞれで違います)

 

欠けているからこそ人間なんだ

 

欠けている、、、劣等感がある、、、

それらは無くそうとするからこそ向上できたり、成長できたり、する。
でも、成長しなくちゃいけないからではない。

それによって自分の喜びや人生の糧になるということが起こっているだけ。

成長とか克服とか成功とか自己実現とか・・・そんなものは無くたっていい!

ほんとはね。でも、そう願うこともいい!

なんでもありすぎず、適度が自然の摂理に則ってますね。

 

人生はうまく行かなくてもいい

「人生はうまくいかなくちゃいけない」って当然のように思っていませんか?
それもいいよね!

でももし、人生が常にうまくいく、、、そのために生きているとしたらいつまでも緊張して生きることになります。そ、そんなのツラいわ💦

人生なんて適当でいいんじゃないですか?(笑)

どっちでもいいんですよ、奥さん!(笑)

自分が心地よいことを前提にすればいいのにどうしても外側ばかりに気が行ってませんか?

なんか目標持つってのはいいんだけれど、いつまでも今の自分がダメで理想の自分が完璧ってのは今にいないから未来も作れなくなります。。。

人生には笑いも、涙も、ダメなときも、いいときも。。。全部があって当然、仕方ない!と思っている人が幸せを感じられている。少しでも感じられていれば大丈夫。。。

自然の摂理。

起こることに降参し、思考を止め、今の自分を肯定しながら、いいことも悪いことも受容できたらそれでいい。

「大丈夫!」という根拠なき自信って結構支えになってるよ~(≧▽≦)

☆☆☆

ハンドリフレクソロジー無料体験会&いろいろ相談会

5/19 https://resast.jp/events/311819

自分らしく生きるセクシュアリティボディケア~会陰・膣・骨盤・乳房・子宮・卵巣のケア

5/26(日) 14:00-16:00 https://resast.jp/events/338512

5/26(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/342978

6/16 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/343811

6/16 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/343812

ハンドリフレクソロジーハンドリフレクソロジー1Day講座

6/23 https://resast.jp/events/343813

 

 

人生で後悔した無駄だったと思うこと

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

今日は私の誕生日です。

ちなみに自分の誕生日って

自分から言えない人でした(笑)

だって、卑しいと思い込んでたから。

でも、自己肯定感が高まってからは

フツーに言えるようになりました!

さて、もうかれこれ、40年以上生きています(笑)

何歳?

って聞かれそう。そこは言わない^^

以前は年齢を隠さず言うほうがかっこいい!と

思ってましたが今は自分の気持ちで正直でいたいので

(どんな自分もOKになっているので)

言いません(笑)

老いることにまだまだ抵抗がありますよ(笑)

そこに何の恥ずかしさはありません。

あるのは今のありのままの感情を受け入れ、

ジャッジしないこと。。。

前置き長くなりましたが・・・

ここまで生きてきて無駄だったな~と

思うことは・・・

ありません!(笑)

って言ったらがっかりするかもだけど。。。全部無駄じゃなかった。
すべてがプロセス。周りにどんなふうに見えようとも私に必要だった。

本当は「こんなことが無駄ですよ」って言いたかった。👇

・先のことを心配して今を感じてなかった
・自分を責めて自分を変えたこと
・自己否定していた自分
・効率よく仕事すること
・よりよい自分になろうとすること
などなど

でも、昨日整体師の下田武志さんと話していて、自分の言葉を自分で聴いて「あ、そうだったよね」って言語化してみると改めてすべては無駄ではないんだな~と自分の言葉で気づいた(笑)

人間ってついつい忘れがち。当然の思考が出がち。

だから、必要なのは正しいこと、ではなくて、その思考にのまれないとか思考から離れて客観的に見ている自分。

到達点とか到着地点とか正しい答えってのはなくって、ただひたすら出来事に対応していくのが人生であって、幸せがゴールでもなくって、日々幸せや悲しみと付き合うこと。人生は冒険。

人ってすぐ自分をジャッジする。

こんな自分になりたい!というのがあったら今の自分はダメ、、、となってします。

だから正しい答えとか作らないほうがいい。だってこっちがあると思うとあっちをつくるから。

それよりもどんな自分であっても今起きている、今の自分をそのまんま受け入れればいいだけ。

「そっか、そう思ってるんだね。」とか。

人間はアイデンティティをつくり、その自分で生きようとするものだけど毎日新しい自分に気づくとがんじがらめな生き方をせずに済むから、あとから後悔することなんてないんだと思う。

こういう自分がダメだからこれに到達できない、のではなく、こういう自分だからこうやってやっていこうとか到達するまでのプロセスを楽しむ。

常に俯瞰している意識って本当に大事。

これが正しい!ものは本当にない。どんな手法も自分を通すことが大事。そこを通して何を感じるか。どう感じるか。偏見や投影抜きにして物事を見ること、、、自分を無くしてみてみるとそこに反応する本来の自分が居ますよ~

人生って、結局自分がどう生きるか、であってどんなやり方だろうと自分自身が良ければいいんです。

誰かの理想、世の中の理想ってのもまやかしで、、、でも、その中でしか生きれない、ってことも間違えではなくて、そういう人もいる。

自分の生き方は自分で決めようね。

〇〇でなければならない、なんてのはないんだから!!!
自分で決めること。どんな環境であっても境遇でも、選択はできるはず。。。

エゴはエゴで生きていい。何も間違ってない。ただ毎日を生きればいいだけ。

生まれてこなきゃよかった、、、ってずっと思ってきた40年近く。それが「生まれてきてよかった~」に変わるって相当な変化、変容だと思うけれど深く掘っていく、自己探求するのもいいし、表面的に楽しいことを追求するのだっていいし、どっちだって誰の評価も要らない。

自分を生き方、自分で決めようぜ~

☆☆☆☆☆

12/21

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/307798

コラボ企画 12/23 キャンセル待ち受付中

大貫めぐみ/恋とセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/307777

1/27

まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

女は大事にされたいのだ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

大事にされてますか?

大事にしていますか?

女の人は本能として「大事に」されることで最高な状態で生きれる。

それは男性にとっても本質的なやりがい、幸せ、に通じる。

すると女性は男性に感謝し、男性は敬う。

男性は女性を大事にして、女性を守ろうとする。

これが自然の摂理。

そうでなくなってきているから結婚する人も

シングルも増えている。。。かも。

ここが理解できれば恋愛、結婚、夫婦生活が変わってくるよ。。。
男女平等をはき違えてるから恋愛も結婚もうまくいかないのかも。
かわいい女になることは男性にとってもいいことです。。。

結論から言います。女性は「守るべき存在」です。基本。男性は守ることにやりがいを感じて、生きる。これが男女の関係。

男女平等をはき違えているとどんどん男女の関係がおかしくなって不自然になってうまくいってない方が多い。

女性は守られて、大事にされることで安心感を得られます。本能的に。
なのに今の女性は「自分ががんばらなくちゃ!」と男性を頼らない。それを男性が頼りないから、と言ってしまって余計に男性をダメにしている。
女性だけが悪いわけではありませんがまずは女性が男性に頼ること。甘えること。うまく甘えられる女性が魅力的だし、男性も精気が出て世の中うまくいくんです。
もちろん、人によってその用量はまちまちですが。

これは男性の精子の減少にも関係してくるんです。
男性が元気がなくなる、やる気がなくなる、存在を必要とされていないと感じると生殖能力が落ちます。女性だって「働かなくちゃ」と思っていれば生殖機能は落ちます。
それは物理的にも精神的にもです。

女性にとってこの考えは致命的。

「どうせ相手が居ないから仕事に没頭だ!」とか
「男性に負けてられない!」とか
「甘えるなんてできない!」とか

別に女をつかって男性を手玉にとるってんじゃ~ないんです。男性のやることまで取っちゃって、自分がやるべきことをやってないなんて悲劇。

それぞれの役割というのがあります。自然の摂理です。

なぜいま不妊が多いのか?独身男性が多いのか?
女性の身体の衰えが加速しているのか?
不妊は女性の身体の状態も大切ですが男性の精子はもっと重要!

そして、それにはセックスも関わってきます。
夫婦生活には(男女と関係では)夜の営みも重要。ここにストレスがあると赤ちゃんをつくるどころかお互いのコミュニケーション自体がうまくいかない、、、という人が多い。

日本は特にセックスレスが世界でもダントツと言われています。。。そして、レスではなくても子供が欲しいから仕方なく、とか、満足いってない方が多い。

それってかなり苦痛ですよね。。。そのせいでせっかく結婚しても離婚する方が多い。
もったいないことです、、、。

大切なのはやるかやらないか、、、という議論の前に抱きしめてあげること。
それだけでいい。子供だってそう。

セックスもコミュニケーション。
ここも大事にされている、守られている、と女性が感じることが肝心です。
ここが幸福の分かれ道。

お互いのことを思いやり、その尊重の循環が愛です。
下手とか上手いとかそういうことは関係ありません。
一番大切なパートナーシップはコミュニケーション。

言いたいことが言える環境、お互いが尊重しあえること。。。

パートナーがいない人は「誰かに頼っていい」と思えるだけで行動が変わります。
もしくは「守ってもらう資格がある」なんて考えることができたらちょっと意識が変わります。

結婚したい!パートナーが欲しい!と思っていてもなかなかできない、という方は自己肯定感やセクシュアリティの部分での抑圧されたもの、罪悪感、などを手放すことで変わってくると思います。。。

もっと知りたい!状況を変えたい、という方は23日のコラボで大貫さんの話を聞いてみてね。
私も恋愛や美容、婦人科に直結する心と身体について話します^^3時間以上も!!!
私も恋愛に特化したコースをやろうと思っています。モニター募集します~^^
詳細はまたお伝えします。

女性はいくらでもキレイに変われるよ~♪
意識が問題であって年齢じゃない。年齢関係なく可愛く居られる!
もっと求めてね^^(求めすぎないように)求めたら行動が変わるよ~

 

コラボ企画 12/23

大貫めぐみ/恋とセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/307777

☆☆☆☆☆

12/16

まじめなセクシュアリティのお話~自己受容

https://resast.jp/events/305438

12/21

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/307798

 

私が目覚めたあの時

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

「死にたい」とすぐに思う子供時代、

生きづらい、HSP、敏感すぎる、人の気持ちを察知してしまう、みんなと違う私、、、自己否定の塊だった私。

そんな私が劇的に変わった(徐々にだけど)

2~3年で起きた「目覚め」の出来事。

いろいろとがががーっと・・・

って、「目覚めた」とか言うと、まるで思春期かスピ系か怪しいほうへ行ってしまいそうですが(笑)

”正気になる” ”本当の自分に戻る” ”違う自分に気づく”

とか

”苦しんでいたのは自分のストーリー”
”自然の摂理を知る”
”本当の世界に抜け出した”

こ~んなかんじでしょうか?(不思議なたぐいの話もじつはあるけどw 特別なことじゃないのでここでは控えますね)

いろいろあって自己受容ができるようになったので相当変わりました。
周りからは「別人」と言われるようになった(笑)

そのプロセスってこんなかんじ。(みんなが同じとは限らないのでご注意)

1.こんな自分じゃダメだー!とあがく。
2.あがいていろいろと知識を入れる
3.実践する または ひとまず落ち着く
4.変わった/終わった つもりになる
5.まだ苦しいとまた来るか新しい問題が起こる
6.いろいろやって深くなってくると「あれ?」と気づく(笑)
7.直すんじゃなくて、変えようとせず、受け入れるんだ!
8.自己受容ができるようになった

この過程があって、ようやく自分が好きになって、何もかも受け入れられ、劣等感や罪悪感、焦燥感、自己否定感などなどが消失。。。

それにはいろいろなことをやりましたが劇的なきっかけになったのは「ヒプノセラピー」と「EFT」でした。ヒプノは授業のとき、EFTは自宅のセルフケアとして行ってて目覚めがしばしば。
これらをやろうと思えたこともプロセスの一つ。そして、自己開示ができるようになりました。

どちらにも共通しているのはセルフケアです。

もちろんほかのセッションを受けたり、本も読みまくってましたが私に必要だったのはセルフケアでした。私にはとても必要だったみたいです。なぜなら人への懐疑心が大きい性質だったから自分でやったほうが良かったのかも。。。私にはそれがあっていました。

その他、あの時きっかけになったのはこれらたち。

1.禅
2.神道
3.スピリチュアル
4.非二元
5.バイロン・ケイティ

エックハルト・トールや神道の教えなどを読み、自然の摂理を知ったときに生きているというよりも生かされているんだ、と気づき、非二元の概念などもあわさって、今までの世界は全部自分が作り出したものでそこに居ても苦しむだけだ、と気づきました。

そして、感謝しかなくなったんですよね。
いろいろなことへの感謝。生きている感謝。

目の前のお茶にしても、これを作った人、運んだ人、売ってくれる人、育ててくれた環境、などなどのみんなが居て私が居るともうそれだけで感動になったんです。

昔は当たり前だと思っていました。当たり前じゃないんですよね。すべてがいろいろな人の労力や自然のおかげである。

そのことに気づき、人への感謝が起きると変わってきます。
思い込むものじゃない。気づくものですから☝これをやったからみんながそうなるわけでもないよ。

そして、ようやく自分が好きになり、人が好きになった。すると行動が変わってきてガガガと行ったわけです。行動って大きいよ。ちっちゃい目覚めが大きい目覚めにつながって点と点がつながって、線になって・・・今の私を支えてくれています^^

本質の、自分らしい生き方ができるようになって世界はまるで変りました~

その手の不思議なこともありましたがそれは実際にあったときにでも・・・^^
イベントいろいろやっていますし、ぜひ会いに来てね^^

怪しいものも知ってみると怪しくなかったり、その違いを知ることで本質が見えてくるのでしっかりとした知識は必要ですね。人間ですから^^

でも、クライアントさんたちも同じように人生が変容する方、以前よりも生きることが楽しくなっていく様を目の当たりにしています。みんな生きることが楽しくなっていってる!エネルギーは影響しあうからね~^^

☆☆☆☆☆

12/16

まじめなセクシュアリティのお話~自己受容

https://resast.jp/events/305438

12/21

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/307798

コラボ企画 12/23

大貫めぐみ/恋とセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/307777

 

 

自責をやめたら人生が変わる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

なんやこの画像(笑)メタルファンだからってわけじゃないのよ^^

自己受容が一番大切だと日ごろからお伝えしておりますが自己肯定することで

私の人生はガラリと変容しました。

逆に自分を責める=自責、自己否定だった約40年間は何かと言えば死にたかった時期で、もがき苦しんでいたんです・・・

思えば、常に自分を責めていました(*´Д`)

どんな時でも、何をしても心の中でダメな自分にダメ出しして、叱って、反省を繰り返していました。これはわざわざしているんじゃないんですよ。その時は気づいてません( ;∀;)

もうそれは無意識に無条件に。。。

「私が悪いんだ」「私がダメなんだ」「この性格のせいだ」「こら!」

どんだけ自分にダメ出ししていたんだろう・・・(後から気づく)

自己受容ができるようになってからこれがない。
そしたら、とても楽になっています。全然違う。。。
思考のパターンが変わって自分を責めなくなっています。

「それが私だもんね」「今日はしょうがないよね」「ま、いっか」

と許せるようになりました。
開き直っているわけでもありません。

なぜこの思考にできたのでしょう?

一つには”悪いと思ってもいいことがない”とわかったから(笑)
いくら自責をしても、反省をしても、戒めることは逆効果だと悟ったから。

(でも、この後”ほんとうの”反省、必要な反省がやってくる。そこはやらないとね。ただ甘やかすってこととも違うんで・・・それは自己愛のほうで受容とは違う)

※ほんとうの反省・・・単に責めてる、その時に反応するある意味すぐに「悪い」と思うことでそこに居ないようにしている自分、ただ逃げている自分

 

しっかりとその場の自責の自分も認め、許し、自己肯定できるワークや自己探求によってどんどん自己受容できるようになっていったんです。

今の自分をそのまま受け止める、まずは許す。(ここを通ってやっと”本当の”反省ができるようになる。)

許せる要素はさまざま。マインドフルネスやスピリチュアルな自然の摂理だったり、自分の本当の想いに気づくこと、ビリーフに気づくこと、、、

とにかく、いろいろな本を読み、セミナーへ行き、心理学を学び、非二元やセルフワークもはまりました。問題や苦しみが起きては都度向き合う。。。

始めは(時には)面倒でできなかった。けど、素直にやっていくと「あれ?」と不思議なくらい変わっていくのがわかったし、楽しくなっていった。そして、どんどん自分の中の闇が消えていくのをかんじました。

と同時に「変わったね」「柔らかくなったね」などと周りからも言われるように。。。

自責、自己否定、罪悪感、、、私たちってどうしてもやってしまっています。でも、それらがなくなると本当に生きやすい。嫌なことが起こっても対応できる自分が居る。前向きになっている。前のようにパニックになったりしない。そこが違う。

自己受容だけがいいわけでもありませんが私がこれだけ生きることにポジティブになれたのは自己受容があったからです。

それは自分の本質、性質、を受け入れること。一回じゃなくて常にできることが必要。
そのためにいろいろとお伝えしています^^セルフでやる前にどうぞ。
※何度も言いますけど、逃げることとは違います。逆に逃げているから切り離すように「悪い!」とただ責めることだけしかしなくなる。そこを観れるようになるから楽になる^^

11/11

まじめなセクシュアリティのお話~自己肯定感・自己受容

https://resast.jp/events/292101

 

メルマガ:クローバー起死回生!一日1つのワーク/セラピーで人生をやり直す・天命を生きる!7日間+1無料メール講座→
詳細・無料登録はこちら

☆☆☆☆☆

11/18

ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/299812

11/25

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292101

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

変わろうとしなくていい

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

変わろうとしていませんか?

変わらなくていい、のに。

変わろうとしないことが変わること。どうにかしようとしないこと。

いくらでも、人生は変わります。

びっくりするほど・・・

そのつかんだ手を離せば・・・

それを信じなければ・・・

自己受容する

自己受容ができていないとこう思う。

「ここを変えないと理想の自分になれない」

「ここが悪いから〇〇になれない」

どうにかしようとすると自然の摂理からそれる。

 

もうすでにすべてを持っているのに。

ない!と思うと探そうとする。

ここにあるのに、違うとこにあると思うから果てしない旅に出る。

そして、気づく。

「すでに持っていた」

そのことに気づいたとたんに魔法が解けたように世界が変わる。

 

変えようとしても変わらなかったものが変わる。

 

それが本当の変容。

ひたすら自分を信じる、受容することをすればいい。

変えようとして、やり方を習うのはどんどん自分から離れることになる。

 

自己受容。

どんな自分でもこれでいい、これが私、と思えて、自然の摂理に感謝できたときすべてがシフトした。

あの時から・・・

ものの見方が変わる(変えてないw)と現実が変わる。本当に生きるって面白い♪

死にたいと思っていた人間が「何もない」ということを”感じ”、静けさの中でただ佇む。

非二元でなくても、覚らなくても、目覚めなくても、一瞥体験をしなくても、自己受容できて自然の摂理が腑に落ちることで生きる苦しみはなくなった・・・

時折、出現したりするのもまた自然の摂理で。

これは体験しないと解らない。

でも、とにかく私から言えることは「変わろう」としなくていいってこと^^

あなたは苦しいのはあなたがダメでも、あの人がダメでもない。それを受け入れられていないってことだけ。それを悪い、と思うから。いい意味でのあきらめが起きると世界は変わるよ~。変えようとしてなくてもね^^

 

☆☆☆☆☆

自己受容プログラムモニター<特別料金> 9月末まで募集!

https://ameblo.jp/recare/entry-12400508115.html

9/23 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

⇒ https://resast.jp/events/274910/⇒10/21もあります~

9/30 まじめなセクシュアリティのお話(11月も第3回めあります)

⇒ https://resast.jp/events/284329/

東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876