即効性を求めるのは逆効果~リフレクソロジー(自然療法)に即効性はあるのか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

クライエントさんは感想をわざわざ言ってきてはくれません。(こちらから求めてもいけませんよー)

しかも、目の疲れ、とか喉の痛み、なんて小さいから意識してないし、なくなったことすら無くなってしまうと人は意識しないので「あ、そうだった」なんてすっかり忘れているもの。

でも、確実に実感をしていらっしゃる!

先日も「びっくり!」みたいなことがありました。たまたまメールでやりとりすると必ず皆さん「そういえば・・・」と主訴がなくなっていた、とか感想を一言伝えて下さるのですラブ

それももちろん嬉しいです。しかし、それを出すためにリフレクソロジーを施術しているわけではないんですね~^^

結果が出ることが必ずしも症状を改善させることでもないんです。

だってそれは一過性で本当にその時出たほうが結果的に良かったのか?はわからないんです。そのとき、でないほうがいい場合もあります。

でも、皆さんはわかりやすいから即効性があったほうがいいですよね~。効果があった!と想えますよね?確かにそれですっきりすればいいですが。。。

大抵、即効性がある場合は症状自体が軽い場合です。初期症状とか。

その時消えてもまた出てくる、なんてこともしばしばありますがそうだったら意味がない。単に気休めです。気休めに高いお金を払うなんてもったいないですね。身体ではなく脳を満足させているだけ。錯覚です。それではせっかくのメッセージを無視してしまって悪化させる、慢性化させる、重症化させることになりかねません。

薬だと即効性が必要な場合もありますね。感染症とか。ゆっくり効いていたらその間に死んでしまう危険性もある場合は即効性が大事。

でも、通常の慢性的な症状をケアするのに即効性は本当にいいとは言えません。そもそも自分でつくってて、時間をかけてその症状が出てきてます。(ちなみに症状は治癒過程です)

むしろ良くない可能性も。

この点を理解している方とそうでない方は選ぶものが違ってきます。

本当に健康のためには即効性を求めないこと。

でも、結果的に起きることはあります。それは本当に必要のないもの、小さな症状は消失します。

そしてね、これはリフレクソロジストが起こしているのではなく、他ならぬ本人の自己治癒力が起こしているだけ。リフレクソロジーはあなたの治癒力のスイッチを入れている。

本来の状態へ戻すリフレクソロジー、恒常性を正すリフレクソロジー。

「普通」の状態に戻すので感動的なエピソードや実感はそのときはないかもしれません。むしろ不要です。(結構あるので毎回求めてしまう、、、なんてことにもなっちゃうけど身体の状態によってそれも変わるので期待をしないことが大切です)そこに意識を向けてしまい欲が出ることで最善が起きなくなりますから。

もっと長い目で見ること。「あ、良くなってる」「なんとなくいいかんじ」が理想です。

なぜなら急な変化というのはじつは身体に負担をかけているんです。

ものごとの本質に目を向けると本当のことが見えてきますね^^

短絡的な判断や刺激を求めないこと、です。

 

本当に治したいならそのときだけキモチイイ~ではなく、しっかりと身体の声を聴きながらより良いものを選んでくださいね^^といっても、リフレクソロジーはとーってもキモチイイのですが(笑)また違う気持ちよさ、違い。。。

自然療法が身体にも心にも一番いいです^^

 

☆☆☆☆☆

介護リフレクソロジーミニ講座

1/28(日)14:00-16:00

詳細はこちら