アラフィフこそ性に目覚めよ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

40代~50代、アラフィフこそ性に向き合う時期。

女性は性欲が上がり、男性は下がる。

勘違いされている人多いですよね~

そして、性交渉は生殖だけ、とか

若いときだけ、なんてのは時代遅れすぎます。。。

性欲は人間の3つの欲求に入り、性欲があることは食欲と同様に自然なこと。

それを否定していると生命に影響します。

60代~80代は健康に気を遣う年代ですが現代の研究ではセクシュアルヘルスとして

性が健康を保っていることが証明されてきているんです・・・

性への偏見をやめる

 

性と聞くと嫌悪感、、、これは刷り込まれた観念による心理的な反応です。
この反応によっていろいろな人間関係、恋愛など、トラウマなどとつながっている。
これに関しては「まじめなセクシュアリティ講座」でワークをやって自分の肯定感、自己否定、インナーチャイルドの癒しなどで向き合っています。

性への偏見は環境によっても起きますよね。

朝から満員電車で目の前に座っているおじさんの新聞から否応なく目に止まってしまう女性の裸の写真、、、
「あ~、気分悪い」
これは当然です。

しかも、痴漢にあったことがある女性ならそれらに対して嫌悪感も恐怖心も当然できる。。。

でも、それは性に限ったことではありません。
だからちょっと性に関して偏見があるなら、自分のために一線を引くことをお勧めします。

 

性欲ってじつは・・・

 

性欲って聞くとなんだか卑猥でいやらしくて悪いもの!みたいなイメージが湧いてきます。

持ってはいけないもの。。。

人間の三大欲求なのに、それによって私が生まれてきたのに・・・うむむ。
なぜでしょうか?

これは全員じゃない。北欧の人は日本人と異なる印象を性に対して持っています。
ということは人間だから、ではなく、後天的につくられた固定観念や先入観によってなんですよね。日本人でも個人差ありますもん。

性欲ってとても素晴らしいんですよ。
解剖生理学的、脳科学的に見てもこの快の刺激伝達というのはガンや病気を治すパワーを持っています。
そりゃあ強いはずですよね、だって、種の保存の根源なんですから!!!

 

なのにイメージが悪いのは認識のせい。
じゃあ、その認識をつくった先入観や固定観念はどこからくるか?
それは情報元であるメディアや環境のせい。

実際の性生活においても

個人的には性欲って愛だって思うんです。(つか全部愛なんだけど)

愛がほしい、寂しい、肌寂しい、、、

 

風俗だって、身体だけだって、結局求めているのは「愛」。
そこにパートナーシップがあるから愛が存在するとかそういうこと以前の愛。
根源的な人間が求めている生きる糧の愛。

もし、そこをお互いが理解しあっていたらパートナーと最高の愛情表現、コミュニケーションができて愛でいっぱいの家族がつくれたり、
愛を感じながら幸せな生き方ができると思うんですよ。

それと、行為自体が性でも愛でもない。。。

 

性を解放しなくていい

 

こういうことを書くと勘違いされる方が多いのですが、別に性を解放しなくていいんですよ(笑)
性にオープンにならなくても、性が好きじゃなくてもいい。
隠してもいいし、隠さなくてもいい。やってもやらなくてもいい。
行為もそれぞれ。

性欲も人それぞれ高い人もいれば低い人もいます。

大切なことは性に対してちゃんとした知識と認識を持つことで自分自身の人生を全うにすること。

例えば、セッ クスって究極のコミュニケーションなんです。
普段から自分の主張が出来ない人は相手に言えない。

普段は言えてもベッドの中では言えない、と言う人もいるでしょう。
それはまたいろいろな理由が絡み合ってますがこれって伝え方を知っていたり、相手への勝手な想像による不安や遠慮、批判などがなくなったら軽減されます。

セッ クスによる低い知識が夫婦のセックスレスやパートナーとのコミュニケーションエラーになっていることが多いのは本当に悲劇です。

セッ クスは挿入して、男性がいって、射精して、おわり、というのがそもそも二人の関係、いや自分自身をおかしくしているのです。
そこだけを意識しているから(特に)女性はしたくなくなる。。。
そして、そんな激しいのは若い時にしかできない、、、と思って年齢が上になってからやるものではないと思います。。。

セッ クスは激しいものだけでもないし、イクのでもないし、射精しなくてもイかなくてもいいんです。それよりも大切なことは二人で触れ合い、愛を交換すること。。。

ここを勘違いしているからこれほどセックスレスや対人関係もおかしい社会になっているんです。。。(社会問題にまで発展!)

 

性を楽しんでいい

 

身体的には女性は閉経後に性欲が上がります。
なのに、「しない」とか「性はもう終わり」という観念があると(いやこれが今までの常識でしたよね?)これを抑圧します。

本能的なものを抑圧するのは理性は得意♪でも、強いのに押さえつけていると意識のギャップで色々な不具合が出てきます。

以下のような観念が常識になったらどうでしょう?

・性を楽しんでいい
・年齢は関係ない
・高齢になるほど性を楽しむことで健康になる

 

女性の場合、女性ホルモンが下がり、男性ホルモンが表になってくるので性欲が上がります。
男性は男性ホルモンが下がり、性欲が下がるので勃起をしないことで「自信」がなくなり精神的に落ちます。そして、肌に触れることが少なくなる世代。。。これは大問題!

肌の触れ合いがないのは人間には致命的なこと。
タッチングがないと愛がないのでオキシトシンが分泌されません。。。一大事!

ですから、挿入や射精することだけが目的だと思わずにいくつになっても性を楽しんでほしいのです!

それには今までの偏見をなくすために先入観や固定観念を無くすこと。

そのために私は講座をやったりするようになりました。

性は生命、命のことなんです。
だからここを正しい知識をもってよりよい人生、幸せを感じてほしいと思います。

一人一人の愛が充たされていたらそのエネルギーは循環するから!

 

8/18 セクシュアルヘルス勉強会~「性と健康をまじめに明るく」
コラボ企画!小松さやかさんをお迎えして濃厚で一生忘れられないイベントにします!(≧▽≦)
きっと今の女性に必要なものが全部つまっています!

https://resast.jp/events/356759

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

8/25 10:00~ 13:00~まじめなセクシュアリティ講座
心理学の観点から自分の本質やインナーチャイルドに向き合うワークをします!
性のことよりも自己受容や自己肯定感に向き合う内容です。

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 15:30~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル
婦人科疾患、その他の症状を解剖生理的な機能、身体のメッセージを読み解いて自分のカラダや心を知る!

https://resast.jp/events/359578

8/30 自分の中の美人が見つかるワークショップ
自信がついて毎日が楽しくなっちゃうセミナーワークショップ!
なんと!小顔セルフケア、たるみを無くす方法のおまけつき!

https://resast.jp/events/363545

広告

熱中症と恒常性(ホメオスタシス)

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

リフレクソロジーはホメオスタシス(恒常性)を整える

というのが目的です。

ホメオスタシス(恒常性)って

生命維持機能のことです。

生命維持機能が崩れると

死んでしまうんです。

熱中症はまさにこの維持ができなくなることが原因。

だから急に命が絶たれるのです。。。

恒常性がどれだけ大切か、、、

今一度認識を持ちましょう。

健康を維持しているのは?

 

健康な状態、それはそもそもの恒常性が保たれていること。。。

血圧、Ph値、水分バランス、それらが保たれていること。

これは自分でやろうとしなくても勝手に身体がやってくれています。

でもぉ、
これらが無視されて、体内のバランスが崩れると危険なんです。。。

それでいうと、病気って治癒過程。。。すぐに命に関係しません。
それよりもこちらの状態のほうが危ない!

人間は身体のミネラルバランスが崩れただけで死の危険性があるんです。。。

水分大事ですよ^^

偏りが怖い。だからバランスを戻すことがリフレクソロジーの仕事です。

熱中症は水分が知らぬ間になくなって、身体のなかのPh値が異常値に傾いた状態。
この「知らぬ間に」が怖いんですね。

 

意識では自覚がないのに体内の水分がどんどん蒸発。。。
身体の60~70%の水分が失われると死に近づきます。

私たちは自然に喉が渇いたら水を欲しますがこれがあまりの暑さについて行かずに気づかぬうちに異常な状態になっている。。。

自覚がない、というのは本当に怖いです。

 

身体に意識を向ける

 

意識を身体に向けていれば見逃さないんですが、何か集中していたり、暑さが鈍く感じられる高齢者などはどうしても難しい。。。

ですから、意識を常に向けていることが大切。

いつもどんな状態なのか?いつもと違うのか?息は?などなど、、、
自分のカラダを常に気にすること。
特に異常な気象状況ですから必須です。

熱中症は維持機能がガクンと急速だからこそ怖いのですが逆に徐々に落ちているとそれに気づくこともできません。。。わかりづらいんです。。。

だから、常に自分のカラダ、心、がどんな状態なのか?ということに目を向けて、意識してあげるというのは自分を大切にすることといっしょです。

心と身体はつながっていますからね^^

 

心と身体と恒常性

恒常性を保つ、ということは自分を保つ、ことです。

ですから自分に戻る、ということ、もとに戻るということを
リフレクソロジーにて行っています。

 

特別なことは不要なんです。自分に成ればいい。(これが難しいのは自分を無視してきたからかも・・・)

本当は、自分の本来の状態がすべて健康のために行ってくれているのですから。。。

病気になるときは、自分らしく生きれていないときと言われています。

本来の自分じゃないところを我慢して行うことこそ破滅的なことはありません。
色々な言い訳がでてきそうだけど。
それはほんとうに自分のためになるのでしょうか?
よく考える時期です。

ご自分が心地よい場所で、心地よい人生を。。。

リフレクソロジーは単に疲れをとるだけではありません。
心と身体にすることは「自分」を大事に扱うこと=人生をよりよく生きること、です。

リフレクソロジーの本当のすごさを知ってください^^

 

☆☆☆☆☆

8/18 セクシュアルヘルス勉強会

https://resast.jp/events/356759

8/25 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/359577

8/25 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/359578

 

年齢で制限すると人生がつまらなくなる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

年齢や時間って究極、あると思っているからあるんですよね。

最近、この年齢になって思うのは

年齢によって制限しまくってきたな~と。

で、あきらめたり、我慢したり、他人を非難したり

していたことを感じました。

まじで、つまらないな・・・

可能性に蓋をしてやりたいことできなくなってる💦

ある程度は仕方ないし、そこに気づいても

反射的に制限している思考は起きますが。

でも、制限取っ払うとね、すごく楽しい自分がいる💕

今を楽しめなければいつ楽しむんだ?

ちょっと自分がやっている年齢の制限、、、

今一度確認してみない?

私がやってたのはこれね→

決めつけているのは自分だけ

 

改めて考えると年齢で制限つけていること多すぎてびっくりしました(笑)

 

・妊娠
・結婚
・見た目(老化)
・仕事
・恋愛

いや、何もかもだな(笑)

『この年齢だから●●はできない』とか『もうこの歳だから●●は恥ずかしい』とか。。。

はじめから年齢でまず動いてた。

 

でも、人それぞれで体質、気質が違って単純に実年齢でみるとまったく違う。
年齢って結局自分で決めているだけなんですよね。

「もうこの年齢だから」とそれを信じるとその現実を生きることになる。

 

やりたかったらやればいいじゃん。ってなって、自分の直感、感覚に素直になってみるといや~めちゃくちゃ楽しくなっていったんですよね。

「あれ?できるんじゃん!」

って(≧▽≦)

ジャッジしていたのはほかならぬ自分だったんです。
周りの人の目ももちろん気になりますが自分が一番自分にダメ出ししているんですよね。

やりたい!と思ったことをやらないってなんのために生きているんでしょうね?

そう考えたら「あーもっと早く気づいておけばあれもこれもできたのにー」なんて後悔も正直出てくるけど。(欲ねw)

でも、いま、気づけて良かった~とも思う。

 

時間は自分がつくっている

 

そもそも時間の感覚って自分で体験している。。。
時間は人間がつくった制限ですね。
時間はあとから決められたものでじつは本来そんなものはなかった。

日の出と共に起き、太陽がなくなったら寝る、、、
いまって時間で区切りすぎているな~と感じます。

何時になったらご飯を食べる、この時間までにやる、、、

身体の感覚も人それぞれ違うのに同じように動かざるを得ない環境。

本来は自分の感覚で、自分の身体時間で、自分のやりたいことを自由に行うことで自分らしくれる=人生が楽しいと感じられるのだと気づいて、実行していくとよい循環、ループが始まります。

 

この年齢だからもう無理だ・・・この歳で恥ずかしい・・・と思っていたこと、自分の羞恥心や決めつけを無くしてみたら、大好きな歌を毎月歌っていました(≧▽≦)

もういいか、、、この歳だし

そんなことを思ってませんか?

その想いがあると他人に対しても反応する。

「あの歳であんなことやって恥ずかしい」

なんてね。

「若い人は未熟だ」

とか。

 

谷根千エリアって一人で飲みにいって店の客同士が初めまして、でみんなに話したりするんだけど(ほとんど深夜食堂の世界(笑))、高齢の日本人男性って上からものをいう人が多い。だから会話っていうより説教みたいになってつまんない。

自分より年下、年上で会話が変わるってなんか私はもったいないと思いますね。

 

やりたいことをやる

 

年齢の心配がなかったらやりたいですか?わくわくしますか?

ひとまず年齢のことは横に置いて確認してみて下さい。本当の気持ち。

 

よく、やりたいことが見つからない、やりたいことをみつけたい!という方がいます。
好きなことやってていいですねって言われることが多いのですが簡単なんです。

色々な制限をとっぱらってみて、やりたいのかやりたくないのか?ってただ気持ちに素直に従えばいい。あとから思考が入ってくると思います。「でも、、、」と。

まずは一番初めに出てきた感情、感覚を感じて下さい。

好きな人がすごく年上だったり、年下だったり。。。
年齢であきらめることないですよ。自分だけがダメだと信じているだけかも、、、

世間の常識や年齢制限によって我慢して自分じゃないつまらない人生を送るのか?

自分らしく生きるのか?

 

当然、不安も出てきますし、ある程度の常識は必要なんですよ。
なんでもかんでもやりたいようにやる、という意味ではありません。
それに自己中心的になるのとは別の次元の話しです。

 

 

健康と年齢

『●●歳だからこの病気に気を付ける』とか『高齢になったらSEXしない』とかよくありますよね?

健康なのに年齢による先入観によってネガティブな思考になって明るい気持ちになれない部分が多くなると実際に身体へ影響してくる。。。

健康というのはまずは心→身体の循環ですからこの時点でもったいないことになっています。

性に関することは顕著に年齢による制限が無意識にかかっていますが現代医学でも研究が進んでいるセクシュアルヘルスは人間の生殖の部分、生命の根幹です。

SEXは若い人がするもの、、、という観念が非常に強い。

でも実は人間も動物ですから生殖以外の面で生命を全うする意味でもとても大切で健康や寿命に関わること。

性を楽しむことはポジティブな元気な細胞(エネルギー)を産み、結果子孫を残す意味でも重要なんです。

そして、認知症や現代病が問題になっていますがSEXはキーポイントになります。
SEXというか肌の触れ合い、でしょうか。。。

いくつになっても愛情は必要なんです。

ってまた結局オキシトシン、タッチングの話しになってしまう今日この頃。。。すまん(笑)

 

年齢に偏見があると生きづらくなります~って話でした!

とっぱらって楽しくなった私から以前の私を見るといろいろなことが起きて、楽しくて、本当にびっくりです~^^
いま、とっても幸せです♪

っていいながら、若く見られると嬉しいんですけどね(笑)なんじゃそりゃー(≧▽≦)

☆☆☆☆☆

6/30 オキシトシンが増えるタッチング講座

https://resast.jp/events/345175

7/28 https://resast.jp/events/351919

7/28 EFT講座

https://resast.jp/events/352490

7/7 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/343811

7/7 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/343812

 

 

 

 

 

 

 

なぜダンスで心身の不調が治るのか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

2か月前からダンスを教えている生徒さんが
最近毎回『身体が変わってきたんです!』とおっしゃる。

腰痛や偏平足が治った生徒もいるが

今回は脚のむくみ、肩こり、身体が軽くなる

といった幼少期から消えなかった不調。

「一生このままかと思っていました💦」

という・・・なぜダンスで消失するのか・・・

マッサージより軽い運動を

 

健康には食事と睡眠と運動、という。
運動は軽い運動でいい。昔の人は日常の仕事がすでに運動だったのに対して、
現代人は頭ばかり使って肝心の身体は動かさない。それどころか同じ姿勢で酷使しているから本来の治癒力よりマイナスのほうが勝ってしまって元に戻る前に不調となる。

そして、マッサージへ行くのだ。

一時的な対処をしてごまかしごまかし、治った気になりまた同じことを繰り返す日々。

普段から階段を使う、歩く、など便利なものから自分を少し遠ざけてみるのも健康のためになる。

逆に週末だけ激しいスポーツやジムなどでの筋トレは身体に悪いんですよ~

 

健康は血流が決めて。

全身運動であるダンスは血流を促して治癒力を活性化するのでいいのです!

ダンスは最高の運動

 

私がやっているのはアイリッシュダンス。

じつは健康に悪いダンス、として知られています。が、じつはいいのでは?というのが20年以上やっている私の見解。

アイリッシュダンス(私が主にやっているのは中でもステップダンスと言われる競技ダンス)はつま先立ちでジャンプを多用(というかずっとジャンプしている💦)した激しいもの。
1分も踊れば子供だってゼーゼーしちゃう。見た目よりかなりハードなのだ。
だから足にも膝にも悪いし、身体が軽い子供のダンスで20歳になる前にやめるのが昔は常識だった。けれどアイリッシュダンスをもとにしたショーダンス「リバーダンス」が有名になり、大人にもい人気が出て世界で踊られるようになり、今では結構な年齢の方まで幅広く踊られている。(身体が許すまで・・・)

本題。

なぜこのアイリッシュダンスがいいのか?(きっとほかのダンスも共通するところはあると思うけど)
このダンスは上半身を動かさずに脚足をメインに踊るので姿勢はピンとし、身体の軸、つまり体幹部の筋肉を使う。ということは主に脊柱起立筋、背筋、腹筋、臀筋、骨盤底筋、を使っている。(40歳以降の方は骨盤底筋の筋力アップが必須になりますね~)

これは精神面にも重要な筋肉であり、代謝にも影響する。

始めはつま先立ちをすると大抵ぐらぐらとしてよちよち歩き。それを続けていると身体を支える筋肉がついてきてぐらぐらがなくなる。→身体心理学的にも言えるが心が揺らがなくなる。精神が落ち着き、腹が座るのだ。。。

地面をしっかりとつかまないといけないので偏平足が改善された生徒もいる。

代謝が上がり、汗をかけない体質だと思い込んでいた生徒は汗をかくようになった。

骨盤の血流がよくなり、脚が太いとばかり思っていたのがじつは単なる『むくみだった!』とすっきりしてきた女性の生徒さんもいる。

そして、生理が重たい、腰痛がある、、、という生徒さんもこれらが改善。

キーワードは

  • 代謝

  • 血流

  • 筋力

 

脚足を使うと脳への刺激になる

 

キーワードは身体だけでなく、脳へも影響する。
寝たきりの患者や高齢者へ足裏を叩くことがある。
これは脳への刺激を与えて神経の麻痺を起こさせないようにしているのだ。

足と脳はつながっている。
足を動かすことで脳からでる脳内伝達ホルモンを正常に分泌させて肉体を正常に保つのだ。

しかし、本当に「足」が好きなんだな、私は(笑)

ダンスは穢れを祓う

もう一つ、忘れてならないのは「舞」「踊り」は穢れを祓うということ。
普段の溜まったもの、不要になったものが血流と同じように流れて排泄される。。。
だからダンスをするとスッキリする。頭がすっきりすると身体も軽くなる。

滞りがあると水分も血液も溜まって、だるさや重苦しくなる。

それに汗をかくことで余分な水分が出るし、顔からは天然の美容液である汗が顔の皮膚を健康い、つるつるになる(≧▽≦)

 

踊って楽しいのに健康にもいいダンス・・・好きだったらぜひ^^

☆☆☆

ハンドリフレクソロジー1Day講座

6/12(水) https://resast.jp/events/349408

6/23(日) https://resast.jp/events/343813

※6月分キャンペーン終了しました!また7月分あります~後日発表します!

6/16→7/7に変更 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/343811

6/16→7/7に変更 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/343812

6/30 オキシトシンが増えるタッチング講座

https://resast.jp/events/345175

 

 

妊活カップルの相談もやってます!
【特別メニュー】

妊活相談コース
①ご夫婦相談:カウンセリング 50分 ¥6,000
②ご夫婦相談:カウンセリング 50分 + フットリフレクソロジー施術(一人50分ずつ)¥18,000
③ご夫婦相談:カウンセリング 50分 + フットリフレクソロジー施術(一人のみ)¥12,000

スキンシップとコミュニケーションを高めたい場合はハンドリフレクソロジーもおすすめ!

 

 

 

 

 

性と健康の深いつながり

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

認知症対策、アンチエイジング、精神医療、抗がん作用、、、
健康には性行為(性交、およびセルフ)が欠かせない。

なんていうと意外とか抵抗とか出てきますよね?

でも、それは医学的、根源的、本能的、本質的なつながりが本当にあるんです~

先日のセクシャルウェルネスフォーラムで生殖問題である「不妊」や高齢者の性、障害者の性、女性の性問題など、、、
医学的な見解と研究データを永井医師、辻村医師から聞き、この事実が「性」「セクシャル」という偏見に満ちた悪いイメージのせいで反応されて、隠れてしまっていることが本当にもったいないと思ったし、イメージダウンを恐れずに伝えるべく情報だと感じた。

(すでにこういった話をするとすぐにファンページのいいね!が減るw)

健常者だけでなく、高齢者、障害者、LGBT、、、子供の未来のために正しい知識、偏見のないオープンな姿勢になるように訴えていこうと思いました!

すべての人に大切な「性」について、健康とどうつながるのか・・・

性欲は人間の三大欲求

 

人間の三大欲求は『食欲・睡眠欲・性欲』

「欲」とは自分から得ようとするコントロールできるものではなく、本能的に欲するものです。(よく勘違いしている人が多い)
確かに環境やビリーフによって過剰になったり、減退することもあります。

性欲は自然のものであり、恥ずかしいものでも抑えるものでもありません。
性犯罪は抑圧された故に逆にゆがんだ欲を生むことで発生すると思われます。

性欲は男女比がありますが男性はなんと55歳くらいから一時的に上がります。
女性は閉経前後にこれまた高まります。
個人差もありますが子育て世代は環境のせいか必然的に下がったりします。

自然な欲求に任せることが生きていく上でやはり心地よい状態ですよね?

 

 

性生活を楽しんでいる人は寿命が長い

 

寿命が長いことはいいことだと思っていません。
ここでいう「寿命」は単なる指標として表現にしているだけ。
性生活を楽しめていない人の生存率は低いらしく、早死にするらしいです。。。(あくまでも一つのデータ結果ですが)因果関係とか至極納得できるのですがね。。。
※寿命はさておき、人生を楽しめてないのが一番悲しいかな~。。。性欲の個人差あれど。

臨床データでおいて、心筋梗塞などのリスクが減ると発表されていることは有名です。
きっとイメージでは真逆でしょう。
激しい運動で心臓に負担がかかるような?
実際には運動的には物理的に血流が良くなり、脳神経的にも幸福度が増し、身体、そして心が喜ぶため健全な身体状態になるわけです。

性交は激しいものだけではありません。挿入するだけの行為も固定観念ですね。

 

高齢者こそ性を楽しむ

これについては週刊現代の記者である後藤さんが本を書かれているのですが、高齢者の性についてはいろいろな偏見もあるようです。

「いい大人が!」ってやつですね。
でも、永井医師がおっしゃっていましたが「いい大人こそ!」なんですね。
健康に直結していて、タッチング作用で精神的なメリットもあって、適度な運動になり、脳への刺激が認知症予防にも(これは私の見解)断然、必要不可欠!

若いころからこの認識を持っていると偏見によって変に隠したり、批判したり、自分が高齢になった時に性欲があるのにそれを欲するのは悪いことのように感じたり、抑圧によって苦しんだりします。

欧米は進んでいて、(性教育同様)イギリスではバイブレーターが保険適用されていたりします。

高齢者の性、、、「気持ち悪い」なんて言わないで、、、愛の行為なんですから。

思い込みによって現実化している事実もあります。
「歳を取ったらしないものだ」という観念。するとスキンシップはなくなり、冷え冷えした老後になるでしょう。
人間の皮膚感覚において誰かと触れ合っている、ぬくもり(温度)を感じているとオキシトシンが出て、安心感に包まれます。生命の危機がなくなるのです。人にとって何よりも怖いのは生命の存続の危機、、、つまり、温もり=生きれる♪、触れ合いがない=死、なのです。

 

女性の性欲が低い悲しい理由

性の喜びは 記憶と感覚。

美味しい料理はまた食べたい!と思うものですが「美味しい」と思えていない人が多い。
もしくは「こんなもんだろう」という消極的で受動的なものを含めると8割はいくのでは?
なんと悲しいのでしょうか?

男性本位のものであったり、挿入が目的のみになったり、AVなどのイメージによる男性の間違った知識による行為、女性が消極的ゆえの無知による積極さの欠如によるコミュニケーション不足のせいで欲求が無意識に抑えられる、、、

セ ックスはコミュニケーションです。
女性が受け身で行うものでもなく、自分のことを知らずに男性任せすぎて喜びどころか男性のための行為という一方的な行為となっているケースが多い。

オーガズムを感じることに重点を置いてませんか?
「いくふり」をしていませんか?
もっと話し合ったり、途中で希望を言ったり、、、ポリネシアンのように何時間もかけたり。。。本番だけが行為じゃありません。食事だって前戯だし、そのあと一緒に眠ることは後戯になり、お互いの愛や絆を深めたり、幸福感をより一層得られます。。。

性を隠すあまり、間違った性知識での行為が夫婦のセックスレス、果ては不妊につながっています。

健康のためにも普段からマスターベーションで膣ケアをしておくというのも欠かせません。

 

二人目不妊

日本は不妊治療が世界に比べて異常に多い。
そして、不妊は男女半々に原因があると最新のデータは言っています。
人工授精で子供を授かっても二人目不妊も多いようです。

子供ができて、子育てしているのでその気がなくなる、、、
これも美味しい記憶がないから「後回し」なわけです。

で、一度間が空くと精神的にも膣の状態的にもやる気がなくなってくる。
膣ケアの習慣もない、自分のカラダなのにどんなんか知らないまま、機能が低下し、粘液が出なくなり、すれば痛いし、出血が起きる。。。なんてことがあると余計にしたくなくなる。(私なんて汚いもんだと思って触るなんてありえなかったし、、、自己否定していた私の過去→私は私の膣を憎んでいた)

そしてまた触れ合わず人工授精。ただ「子ども」ができることに重点を置き、夫婦関係が壊れて離婚、、、ということになることも多い。
過ぎていってできなくなっていく。。。そして、自分の子供にも継承してしまう。
下ネタ、からかう、、、そんなことにしてごまかさないでね。
性は自分との向き合い。本当の答えがここにある。

閉じたまま次世代へ継承する、、、
そんなことのないように。
どうか、今の幸せのために、子供たちのために、高齢社会のために、そして未来の地球のために扉を開いて下さい~~~^^

正しい性の知識、膣ケア、偏見をなくして人間の生命の根源を知ってみては?

 

☆☆☆☆☆

以下、女性限定のイベント!

自分らしく生きるセクシュアリティボディケア~会陰・膣・骨盤・乳房・子宮・卵巣のケア

5/26(日) 14:00-16:00 https://resast.jp/events/338512

5/26(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/342978

6/16 10:00~ まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/343811

6/16 14:00~ 医学とスピリチュアルからみた女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/343812

6/4 栃木プリメリアさんにて開催!満員御礼
10:30~12:30 まじめなセクシュアリティ講座

13:00~15:00  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/338025

ハンドリフレクソロジーハンドリフレクソロジー1Day講座

6/23 https://resast.jp/events/343813

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

 

 

 

【体と心】目覚める

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

目覚めるとは自分のカラダに目覚めること

自分のなかに答えを気づくこと

何か違う次元に行くとか

今の自分が居なくなるとか

っていうんじゃなくて。

逆に今のそれが幻想だったりしてw

だから本当のことに目覚めるときかも・・・

本質が見極められるように^^

自分に目覚める

 

いろいろなビリーフ(信念・観念)によって事実を捻じ曲げてしまっている。
ストーリーを勝手に作り、勝手に自分で苦しんでいる。

相手のせいにして自分を正当化したり、
自分を責めてその場をやり過ごす。

それもまたその時必要だからジャッジしなくていいけど。

しかし、いつまでも自分のつくったストーリーにはまり込んで抜け出せないってことがたぶんにある。。。

だから、常に自分の気持ちや信じているそのことに問いかけをすること。

「それは本当?」

相手が問題ではなく、そこに自分がどんな思いを感じているのか?
その想いに寄り添う。

ストーリーから目覚めたときに本当の現実がそこにある。
そこにはごまかしも悲嘆もなく、、、ただ無垢な自分がいるだけ。

すると不思議と自分以外のものが変わっていることに気づく。

幻想のなかにいつまで逃げ込んでないで、そろそろ目覚めるときです。

どこか違う次元にいくことは生きることをやめるということ。
この人生を生きるためならこの肉体があるということを知る。
違うものになるのではなく、自分を知る。

覚醒とは「目を覚まして自分自身になる」ということ。
スピリチュアルに。(スピ系じゃないよ)

 

カラダに気づく

 

カラダの声を聞いてますか?

カラダに負担かけてませんか?

常にどんな状態かを確認しておくこと。

カラダは健康を保つために常に働いてくれていることを忘れないで。感謝をする。

「健康第一」と言いつつ、負担をかけていませんか?
施術を言われるがまま毎週2回以上受けるなんて拷問。
必ず一週間あける。身体のシステムに従うこと。
やればいいってもんじゃない。

健診、検査は絶対に必要ではない。安心することが必要であって、みつけることが必要じゃない。見つけることよりもしも見つかったらどうするのか?を考えておく。

一番大切なのは自分が面倒をちゃんと見えているか。

 

本質の見極め

 

あまりに周りに影響を受けていると本質からそれる。

・戦争反対!と自分の心が平和じゃない状態
・ストレスをなくすために行う瞑想
・引き寄せるためにやる行動
・変えるために魔法のツールで何とかしようとすること
・今を否定して、過去や未来へ意識がある状態
・お金のために働かなければいけない
・家族は仲良くなければいけない
・”清らか”であろうとして自分をジャッジしまくる
・努力をすれば報われると思っている
・嫌な仕事をやらされていると思って会社を憎んだり、人生を憂う

などなど・・・

本質じゃないことは結局、より捻じ曲げているだけ。

自分を信じる。自分の感覚を感じること。

いま、信じられなくても、ダメな自分だと思っても、、、その自分をただ受け止めていい。

すると、目覚めは起きる。

突然、降りてきたり、シフトする。
コツコツと普段から自分に問いかけて、寄り添って、自分を知ること。
それは相手から、自分以外から教わることもある。
何かとの接触をするとき、一人になるとき、どちらも必要。

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

以下、女性限定のイベント!

4/28(日)
10:00~12:00 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/338026

14:00~16:00  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/338025

自分らしく生きるセクシュアリティボディケア~会陰・膣・骨盤・乳房・子宮・卵巣のケア

4/18(木) 17:00-19:00 https://resast.jp/events/336883

5/26(日) 14:00-16:00 https://resast.jp/events/338512

4/21 ハンドリフレクソロジー1Day講座
https://resast.jp/events/334657

 

健康とセクシュアリティの関係

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

性のことだけに限定されるイメージでしょうが、違います。

セクシュアリティは人生すべてにつながっています。

私がなぜセクシュアリティをお伝えしているか?

というと、

自己受容、自己肯定

が人生の悩みすべてにつながっており、

そこが生きる原点であり、悩みの肝になる部分だから。

それは健康にもつながっています。

健康第一、といいますが心地よく生きるためにはここは欠かせません。

きっと、病気や介護などで私のブログを必要とされている方には

まったく関係のないこと、と思われて

「最近の長浜さん、違うかも」

なんて思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、じつはとても深くつながっています・・・

と自己受容が進むと分かってきます。

ここを無視しているといつまでもおなじところを回っているだけ

と気づく時がやってきたのではないでしょうか?

健康とは、こころと身体のバランスが整って、病気がなく、健全な働きをしていることをいいます。

逆に病気の状態は自分らしくなく、何か気づきが必要なときに起こります。

 

なぜ自分らしく居れないと悩みが尽きないのか?しかし、なぜ自分らしく居れることができない人がほとんどなのか?

それは生きる過程でそれらの問題が付きものだから。いろいろなビリーフがあってエゴは生きることができるのですが不要なビリーフもたくさんできてしまいます。

それらは社会的に生活するには仕方のないことなのですが行き過ぎると自分らしさが損なわれてしまうために悩みとなっていたり、または全く気付かないがそれらに苦しめられている、と後から気づく。

それはなぜか?

ある一つの定められた型にはまろうとしたり、はめられて生きていこうとすると抵抗が起こります。でも、定型が正しいと信じ込んでしまっているとはまらない自分を責めたり、はまらないことが問題、として悩むんですね。

でも、本来のあなたが△なのに□にはめようとするのは窮屈でないですか?無理がありますよね?

そんな自分を「ダメ」だと否定して、型にはまらない自分を責めたり、□にしようと必死になっていることがあります。これは自己受容とは真逆の行為。。。ですからどんどんツラくなっていきます。一度はまっても、窮屈だったり、なんかおかしいな?と感じて元に戻ったりを繰り返す。。。

自己肯定とは本来の自分自身であることを肯定することです。

自己受容とかどんな自分であれ、そこにジャッジなく受け入れること。

 

なのに、自分ではない何かになろうとしたり、自分のペースで生きれなかったり、他人の期待によって生きると無理や我慢をするのでそれらが限界になると身体の症状や心のアンバランスあって気づかせようとします。

病気がサインとだとして、たとえば手術で切除してなくなったと思っても自分で出したサインを他人に取り除いてもらっては元も子もありません。

 

自己受容ができていれば病気をしない、という話ではありません。

病気をしないために自分らしくなるのでもありません。

自分らしい=生きやすい、心や体が楽

ということに気づくと本来の輝きを放ちます。
本当の意味で自分を大切にし、生き始めるのです。
自分の人生を、生きる始めるのです。

 

嫌なことを一切やらなくなる、とかじゃありません。
嫌なことをやらなければいけないときも当然あります。
しかし、そこに自分への嘘や否定感があるのとないのとでは全く生きるレベルが違ってきます。

すると、感じ方、結果が変わってくるんです。

 

セクシュアリティは生命力です

自分らしくない命はとても弱い。自分らしい命にはパワーがみなぎっています。

病気はあなたの生命力の抵抗です^^
素晴らしい抵抗力!
弱いから病気になるのではなく、治癒力が備わっているからこそ病気として教えてくれる知恵や力を持っているんです^^

だから嫌わずに感謝をしてぜひ向き合ってあげて下さい。

ところで
癌になる人はこういう人が多いのです。

・まじめ
・責任感が強い
・親に悪い、とか誰かに申し訳ないと思っている(罪悪感)
・我慢強い
・自分に厳しい・自分を責める

など。一人でがんばっちゃう人。。。

気質的に真面目だからガンになるわけではありません。行き過ぎたとき、自分らしく生きることができなくなったとき、です。

例えば、親に悪いと思っているというのは罪悪感を植え付けられているケース。
親の期待に応えられなかった、とか、背いて違う道へ行ってしまったことを悔やんだりすると自分をずっと責めることになります。
親の期待に添えられないことは親不孝だ、というビリーフがあると罪悪感になります。

このケースでなくても、例えば世の中の常識や親のしつけによって、しつけとは違う自分やみんなと違う自分だと「ダメな子供」「人間として失格」などと勝手に罪悪感を持ちます。

しかし、本来のあなたはとても快活なのにおしとやかに、と親に育てられると快活な自分を抑圧します。さも、快活な自分はダメな自分、とみなして・・・

しかし、そもそも快活な人なのに快活がダメと思うと快活にしている人に嫉妬したり、腹が立ったりします。なぜなら、自分はそれをしたいのに「正しい」(と思い込んでいる)ことをしている自分がうまく行かないのに、自由にそれをやっているとみればそりゃあ反応しますよね?

罪の意識は行き過ぎると生きづらさになります・・・

さて、まじめなセクシュアリティの講座などではこうした普段気づかない自分のビリーフや思考パターン、行動パターンから本当の自分、自分らしさを見つける作業をします。

自分らしく生きたい!と思う人は多いと思いますがそもそも自分らしさってなんだろう?という人が多いのではないでしょうか?

自分のなかにある劣等感、罪悪感、やってはいけないと思っていること、反応する人、、、そんな中にたくさん答えがありますよ!

本来の自分になって、健康に生きることを選んでみませんか?

 

☆☆☆☆☆

1/18 リアル版はキャンセル待ちが出ました

オンライン版:「恋とセクシュアリティのお話し会」

詳細はこちら

1/27 まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

1/27 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/311819

2/3

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/312197

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876