男性が苦手だった【本当のパートナーシップ】

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

あの頃の私は身体も顔もこわばっていた。。。

男性がいるととても緊張して、避けていた。

小学生からずっと。

なぜなら、自分は男性に嫌われていると思っていたから。
私を好きになってくれる人なんていないと信じちゃっていたから。

そこの自己否定の壁が自己受容によって取り払われ、

女性の母性の部分が出てくると真逆になっていきます。。。

愛し、愛されるようになりました^^

女性性の受容が男性を引きつける

べつに女性”らしく”なろうっていうことじゃありません。
女性性っていうのは「母性(包容力)」とか「受容」「柔らかさ」「優しさ」とか相手を受け容れて育むような大きな海のような存在ってことで男女関係なくこれはあります。

でも、自己否定強すぎる女性、女性性を否定して、男性が好きなのに男性を引き寄せないようにしている女性には役に立つかも。
(自己肯定感や女性としての否定がない方にはぴんとこない、役に立たない情報かもw)

とはいえ、彼氏、旦那様、、、パートナーが居たとしてもその関係のなかで『こわばって』しまっているかも?

それも無意識なんですけどね~

私も気づかずに色々とやってきましたわ~

 

パートナーシップは不足を埋めるためにあるんじゃない

 

不足は自分で埋めるもの。なのに相手に求めているとおかしな方向へ行く・・・

恋愛から見えてくる自分の問題。。。

 

彼氏ができても女性性を否定していた私はじつは心を許せてなかったかも。
20歳で出会った人と29歳で結婚して45歳になるまで気づかなかった。
ところが女性性を認められると彼への感謝や受容、理解が深まって絡み合っていた関係がクリアになっていった。。。

恋愛にありがちなのは愛されているとかっていうのがパートナーシップではなく、愛し合っている”健全な”依存関係。でも、不健全が多い、、、依存してたなぁ~、あの頃。
親が埋めてくれなかっために自己否定の穴をつくり、その穴を自分ではなく誰か(身近な・親しい人)に埋めてもらおうとする。

きっと自分から相手を愛する、ということをやってこなかったのかもな~

愛するというのは相手を想うことであって相手の欲求を満たす(=自分の不足を満たす)のではないんです。相手の人生を尊重しながら、自分を見失わないこと。自分軸の愛。

パートナーへの尊厳や自分を大切にすること、、、それがパートナーシップ。

男性はこうだ!女性っていうのは!・・・と相手のせいにしている限りいい関係は築けないし、いい相手は見つからない。

恋愛にネガティブな感情があると自分を傷つけるか相手を傷つけることになる。
(ネガティブは当然あっていい感情ですが。。。そればっかりは偏りすぎています)

否定しているのに欲求をする、という矛盾のなかで相手を探したり、相手との関係を続けるとお互いのためにならずに人生の時間を自分や自分以外を恨むことで、或いはそれを「現実」と思い込むことで費やし無駄にする。

 

まずは自分を受け容れること、女性性を、男性性を、、、

そこが×になっていると無理やりパートナーをつくったところでいい関係はない。
けれど、そこから学び改善していくことはできる^^

初めから受け入れられていないとダメ、ということじゃなくて出逢った人とのなかで自分を、二人の関係を、育んでいく・・・そんな関係がいいですよね^^

育むことを一緒にやるために出逢う。。。

これって、SEXもそうですよね~
相性もあるけれど、一緒に育む。一緒に成長する。。。

 

こわばりは相手へ伝わる

 

自分が硬くなっていたら相手に伝わる。人間ってそういうもの。
そのカターイ感じがあるとやっぱり近寄りがたい💦
嫌われている、と思えば相手だってその気持ちを察しして離れる。。。

ネガティブなイメージを持った相手と円滑な会話ができるわけがない。。。

常に警戒していたっけ。

なんにでもいえることですが苦手なものは拒否反応ができます。
身体にも。。。

そんな状態なのにそこを意識しないようにうま~く意識は隠すんです。
都合のいいように意識は動く。
でも、身体は反応しているからね。(首こってません?)

自分がこわばって、警戒しているせいなのに自分の容姿が悪いからモテないんだ、とか年齢のせいだ、とか言って逃げる。

または相手が自分を好きになるはずがない、なんて否定感やトラウマによってビリーフができているといくら相手が好きという表現をしてくれていても素直に受け取れずにそのまま関係が終わってしまい、「ほらやっぱり」とどんどん自分の思うように現実化していく。。。

引き寄せ、ですね。

人から好かれたかったら自分から好きになること^^

 

自分へ優しくできれば自分以外にもできる

 

私が自己受容し、ゆるくなっていくと男性でも女性でも受容できるようになっていったな~とつくづく思う。

以前の私はがっちりと自分を固め、傷つかないように人と関わらないようにしていた。

それって、自分が自分に関わらないようにいていたんだよね。
怖いもんね。。。痛いところを触られたくないし、その時必要だった防衛を手放すには勇気がいる。でも、その時は来る。自分と日々向き合っていれば。正直になれば。

いま、自分が緩まったせいか沢山の人が会いに来てくれるようになった。愛されるようになった^^私を好きだって言ってくれる人が沢山増えた♪というか、私が皆(多くの人)を大好きになったから、、、ということを実感しています。。
大抵のことは許せる。愛せる。かわいいな~って思えちゃう。

自分のことを受容できてなかったときは全部卑屈に考えていたかも。

何かをうまく行かせたかったらまずは話そう。自分のことを話してみよう。
もしくは自分の本音を見てみよう。
どんな悲しみがあるのか?
どんな感情が残っているのか?
どんな思い込みやビリーフがあるのか?

全部じゃなくていい。
少しずつでいい。

自分を受け容れていこう。。。そしたら、目の前のパートナーの愛に気づく。
その愛は決して仲良しになることだけの現実表現でもない。

お互いが心からお互いのことを思いやる、という真の愛。

結婚だけが幸福でもないし、一緒にいるだけが愛でもない。結婚してもいいし、ずっと一緒に居たいって二人が思えるならその関係が続くって素敵!
心からの真の思いやりと関係、目には見えない関係。。。
一人一人が自分のスタイル、自分の幸せを、相手に強要せずに、理解しあい、育む。。。一緒に育っていく。。。

そんなリレーションシップが出来たらいいですね^^
色々苦しいときもあるし、楽しいこともある!
一緒に共有する時間。。。大切にね^^

 

<自分を受容したい、運命の人と出会いたい!という方はまじめなセクシュアリティ講座を受けてみて下さいね→来月これからイベントページ作ります!あと、いつでも開催しますのでご都合よい日を教えて下さい>

 

☆☆☆☆☆

 

ゲリラ的な値下げ企画!

消費税分がお得になるコース!
10月限定です~
【ご注意】必ず予約時にお伝えください。予約時に「消費税キャンペーン」と言って頂けると適用になります!

虹新規限定→①ホリスティックリフレクソロジー ¥7,700(税込)→¥7,000(税込)

※ホリスティックリフレクソロジーは通常のリフレクソロジーに膝下のふくらはぎマッサージ、ヘッドマッサージ10分、デザートがついています。
更にドリンクや枕元の精油、音楽をご自身で選んでいただける特別なコースです♪

②ダイアローグ(トークセッション) ¥6,600(税込)→¥6,000(税込)

虹リピーター限定→ホリスティックリフレクソロジー+アロマトリートメントのセット

¥13,200→¥12,000 ¥1,200お得

虹ヒプノセラピー ¥19,800→¥18,000 ¥1,800お得

ボディ&マインドコース ¥11,000→¥10,000 ¥1,000お得

虹講座すべて消費税分頂きません!
例:ハンドリフレクソロジー一日講座 ¥33,000→¥30,000 ¥3,000お得

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

10/27 ハンドリフレクソロジー一日講座

https://resast.jp/events/367751

 

念じない願うのみ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日、大切な方の大きな手術がありました。手術の始まる時間に祈りを捧げました。

願い、のエネルギーって不思議ですが届くんです。

スポーツの試合とかも観客のパワーとかで導かれるように勝利するってことありますよね?

闘っている本人だけではなく周りのエネルギー、パワーって影響します。

物理学的にみても。

氣がその場の波を変えている。。。

 

但し、基本的には自然の摂理に乗っていなければ最善は起きません。

 

誰かのことを案じて、念じてしまうのはご法度です。

なぜなら・・・

「念じる」と、自分のエネルギーを相手に差し出すから自然の摂理から離れて、違う渦、循環に行ってしまいます。

お互いに影響してしまって本当に必要な最善が起きません。

例えば、親が子供のことを心配して、「いつもあの子が幸せに入れるようにって念じているの」とします。いつも幸せでないとこの親は「自分が」苦しいんですね。

これは自然の摂理から、本質から逸れています。

こういう人が「念」じるんです。「念」を送ってどうにかしようとしています。どうにかしようとした時点で相手の領域に入ってしまいますから相手も自分も人生が狂って行きます。

「願い」は愛から自然に出てきていますが「念じる」は傲慢さ、エゴがあります。コントロールしたい、と思った途端に自然の循環から逸れて行きます。そこから苦しみが生まれます。

念じるほうもそこへエネルギーを使い、他が疎かになるため支障が出てきます。

念じられたほうも余計なエネルギーを浴びるせいで自分の循環が狂います。

何かうまくいかない、というとき誰かの念がついている、なんていう表現はこのせいかもしれません。

念って、存在しています。目には見えないけど、死後も「念(想い)」はこの世に残る。

死んでいる人より生きている人の怨念のほうが強力だ、なんて言いますが生きている人の念のほうが強いんです。同じこの世の念のため、影響が与えられやすい。

自分へ何を念じても構いませんが他人のことを念じるのはやめたほうがいいでしょう。

変な氣を送ってこないで~~~(笑)

「念」には利己的なエネルギーが入っています。

あなたはあなたの人生を生きて下さい。

誰かをコントロール(あの人が私を好きになりますように、とか、あんな上司痛い目に合えばいい、とか)するようなネガティブなエネルギーは自分へ帰ってきます。循環していますから。

一見ポジティブなものも(親が子を愛する⇒これ、本当の「愛」じゃないんですね。利己的な愛は愛ではありません)じつは違うものなので自分のためにも相手にも悪影響。

私の経験→「あなたの幸せを私はいつも念じているの」と言われて「ひぃ~!」と寒気がした私(笑)目の奥に「念」がありました(笑)バレバレですよ、、、(;・∀・)

「子供の幸せをいつも念じているの」←あ~、だからうまく行かないんだね、あの子たちは。。。💦

セラピストさんは特に気をつけてね。「元に戻る」ことを後押しするのが役目なのに「私の力で症状を治す」とか「結果が出さなければ」「この症状を取らなければ」とやることは相手のエネルギーを信用せず、無理やり動かすことになります。しかも、「可哀想」とか「期待通りに」とか思った時点で最善は起きません。これは結局相手のためではなく自分のためになっているからです。

神社でもそうですね。ただ自分の欲望を叶えるために手を合わせる、お参りするのは我欲です。願いは利他の心があり、自然の摂理から生まれますが我欲が入ると「念」になってどうしてもそうでないとダメ!という余計で澱んだなパワーとなります。

常に穢れを祓って、すべてを信じること、クリアで、生かされていることに感謝できているかどうか。。。

願うことは素晴らしいですが念じることは気をつけてね。

 

 

☆☆☆☆☆

双葉 6/17 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

学びに執着する

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

介護リフレクソロジーの早割、今日までです!!!

さて、昨日は事例検討会へ行ってきました。

事例検討会とは心理カウンセラーなどが現場(セッション)での事例をより良いセッションにしてクライエントさんのためになることを目指して行う場です。

普段からセミナー、研修、書籍などを始め、セルフケア、等々こういったことを常に怠らずに居ないと良いセッションを行うことはできません。

一生、学び、、、

なんですが、「学びをする」こと自体に執着している場合はまた別の意味を持っているかも💦

学ぶことに終わりはないな~と思って日々学んでいますが自信のなさから学んでいるときはたぶん何を学んでも、習っても、違う意味で(笑)”終わりはない”気がします。自分のためだけにやっているから。。。

駆け出しの頃は自信をつけるために学んでいた時期もありますが💦

「まだまだ足りない!」と常に強迫観念にまで行ってしまって次から次へとセミナーや講座を受けまくる、資格を沢山取る、というのは「学び」ではなく「欲求の解消」かもしれません。

学ぶことで満足したり、逆に学ぶことが趣味になってきている状態。それはそれで問題ない範囲ならいいのですが”身についているか”と言ったらハテナになる人もいるのではないでしょうか?

私はケアルームを始める前に「まだまだもっと勉強してからでないと始めるなんて無理」と思っていたのですがそもそも学びに終わりはないし、手を動かしてないと習ったこともあっという間に忘れてしまうと思い(師匠たちの助言もあり)すぐに始めたのでした。

ただやはり思うのは一つの学びが自分のものになる前に他の学びを始めると何も残らないな~というのは実感しております^^

どんな学びも自分の中で腑に落ちて初めて「学び」となるような気がします。

私もそうなのですが、「何かを得なくちゃ!」と思っていると太ります(笑)「得なくちゃ!」というのは「足りない」と感じているからですから満たそうとする。と、一番無意識が反応しやすい食欲に出るのかもしれません。

と思い出して合点がいったのは催眠療法(ヒプノセラピー)の暗示法の中に痩せたい人の暗示があるのですがそこに「もう十分ある」というような文章があるんです~。

何が足りないと思っていて、その先の足りないと困るものはなんだろう?ということにフォーカスしたほうが良いです^^沢山色んな講座やセミナーや本、技法、テクニック、先生から学ぼうとする前に必要なことはそこかもしれません。。。

まー、もしかしたら無意識は学びたくないのかも!学びたくないのに学ぶと身にならない。。。次から次へ、、、というパターンもあるかも。無意識と意識にギャップがあると行動しても空回りなので一度確かめるといいです。

<<気づけたときが最善のタイミング~^^>>

確かめるのはヒプノセラピーが早くて、分かりやすいかも。

ダイエットの暗示はヒプノセラピーのセッションを受けた方にお渡しいたします~^^

他にも様々な種類の暗示がありますのでご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

WEBサイトはこちら