乳腺症、乳房痛、乳がん術後の不快感

(アメブロからお越しの方は★の下からお読みください)

おっぱいマッサージを行っているので
乳房の疾患について改めて勉強しています。

乳がん術後のケアにできた新しいマッサージ。

個人的には乳腺症になったことあります。

疑い、というだけで軽いもので済みましたが
生理になるたびに毎月乳房痛には悩まされていました。

乳がんも乳腺に関する病気も
男性にも乳腺はありますので
これは女性に限った病気ではありません。

そしてホルモンバランスの改善としても
乳房ケアが必須だと感じています。。。
(予防は必要ないけどね→病気にならないようにしたいなら今を楽しむことだけ)

乳房ケアが必要な人ってどんな人?

乳房、おっぱいって普段マッサージしている人ってたぶん産後のママかブレストケアとか習った人、大きな胸になりたいとか、垂れるのが嫌とか、、、かな?

そして、一部の乳がん切除後のケアとして行っている方もいる。

私が行っているおっぱいマッサージはまさにそういった声から三上先生がつくったものなのですが実際に行っているとやっぱり特定の人だけじゃなくて、全員に必要だと実感しています。

全員!

特に女性は女性ホルモンによって人生を左右されるくらい影響しています。

でも、ほとんど触らないんですよね。
肩や頭、マッサージでは背中や腰、脚足、、、しっかりとケアするのに。
リンパケアとか顔のケアとかするのにね。

おっぱいが凝っている、滞っている、なんて考えもしなかった。
乳がんや婦人科系疾患に対して警戒していたのに。。。母からの遺伝に注意したり不安になっていたのに、、、いやだからこそ触ろうとなんてしなかった。
しかも、私は婦人科系にすべての不調が出るのに。
なんだか触っちゃいけない気がしてた。
なんででしょうね?→胸が小さいと恥ずかしいとかもろもろ思い込みがあったんですよね~

でも、じつはそんな人こそ必要だったんだな~と。
柔らかくなる必要がある。

自分の女性性につながってる大切な場所。
母性と愛の場所。
生命の根源である、エネルギーが生まれる場所。

なのに、ほったらかしだったな~

乳腺症や乳房痛があるからこそ血行を良くしておくこと。

『私、乳腺症だから触らないほうがいい』

という人こそやったほうがいい。
血行悪いから固まるのだから・・・

胸が硬い人は頭も堅い?

胸の大きな人はその分やはり硬くなりやすいし、精神的にもあまり大きすぎたりすると長身の人が自然に猫背になるように無意識に隠そうとするので猫背になったりする人も多いかもしれない。がっつり下着で揺れないようにするので血流が悪くなって乳房がこっていく、、、とリンパの流れも悪くなる。

すると凝り固まって痛みも増す。余計にどんどん悪くなる、、、悪循環になっているケースが多いらしい。

そういう人を見ていると思考のパターンも「こういうものだ!」と物事に対してビリーフが強い、決めつけている人が多い気がする。。。

「べき」とか「ねば」も。。。
どうも生きる不自由さが乳房の硬さに出ている気がする。

乳房痛があるとセックスレスのきっかけになる。
乳房と骨盤はつながっている。
骨盤が正常でないとき子宮、卵巣や膣(生理)や腸(便秘や下痢)に影響する。
すると脳へのホルモンのフィードバックもおかしくなる・・・

ここで詰まっていると全身の循環が滞る。
それを体感で実感しています。

※全員じゃないですよ、もちろん

乳がん術後のケア

術後のケアは不安になった患者の心を緩和させてくれる。

乳がん術後の合併症や痛み、違和感、不快感などは個人差がある。
手足のしびれやリンパ浮腫などを心配されると思うけれど病院でケアしてくれないので何をやったらいいのか?と自分で探し求める方も結構多い。

違和感や痛みが長引く状態を乳房切除後疼痛症候群(PMPS)などの痛みがある人もいれば、そうではないけれど、なんとなく違和感がある、、、という方もいる。

なんとなく、の方はなかなか相談もするまでには至らず、やり過ごすしかなくなる。

なんとなく、というのがポイントで、意外にこれを放っておくと積もり積もって大きなストレスになっていることがある。
不快感、我慢しないでね~。
揺らすだけでもいいから。セルフケアやってみてね^^

(ガン細胞が体内にある場合はやらないでね)

再建手術などされた方も積極的にケアすることで癒着や痛み、合併症などを緩和することにつながる。

すべては血流だから。

※術後の合併症→https://www.nyugan.jp/ope/caution/comp.html

☆☆☆☆☆

第4水曜日 10時~/21時~オンライントーク会

https://resast.jp/events/403231

★1/31(金) 幸せを感じる自己受容★

https://resast.jp/events/401959

支払い方法:基本的に事前支払いでお願いいたします

①Paypal&振込<1/19までに申込>・・・¥1,000(但し、キャンセルによる返金不可)
※振込手数料はご負担ください。
②当日現金の方および1/20以降に申込・・・¥2,000

★おっぱいマッサージ練習モデル募集★

無料 1時間 ある程度になったらモニター(有料)に切り替えて、その後メニューに追加します!
https://www.facebook.com/events/2591765457772002/

★2/2 ハンドリフレクソロジー一日講座★

https://resast.jp/events/404315

★2/7自分がOKになる幸せ感じる飲み会★

Barリケア始動です(笑)

美味しいものを食べながらいろいろ話そう~

https://resast.jp/events/402944

病気と心の関係~乳房の痛み/家族への奉仕とありのままの自分

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

乳房の痛み、、、が示す身体からのメッセ―ジ、あなたの本音とは?

その症状は「家族」や「親」からの愛(=自己受容)とのことが関係しています。。。

まさにセクシュアリティ。。。

乳房の痛みは家族に愛されたい/親に抱きしめてほしい

 

乳房が痛いとき、身体からのメッセージはこれらかもしれません・・・(リズ・ブルボー「自分を愛して」より引用)

 

  • 親の胸で抱きしめてほしいと思いながら実現しなかった

  • 親が抱きしめようとしたのに自分がためらった

  • 自分が家族に必要不可欠な人間だと胸をふくらませ奉仕をしすぎたとき

  • 家族の面倒をみなかったことに罪悪感を覚えている

 

これを読んでいるだけで自分と親とのことが思い起こされて、、、涙が出ます。。。
どれだけ私のインナーチャイルドは癒しても癒してもまだ傷ついていたのでしょう。

そうだった、、、と思えたあなた、、、それだけで癒しのプロセスは行われています。
気づいたとき、解放されますから^^
上記に思い当たることがあったら本のさいごにある「許しのステップ」をすることをお勧めします。4/9(次回は5月の日曜日開催:日程未定)の講座で詳しくやります!→医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

私の経験

17歳くらいの頃だったろうか乳房が痛くて痛くてしょうがない時があった。
母が乳がんで全摘手術をしたから余計になのだろうか?不安でいっぱいで病院で検査ばかりしていた時期があった。検査しても何もない。昔は10代なのにマンモグラフィーで検査してたっけ。今思えば理にかなってないよね(笑)痛いのがより増してた。
乳がんで痛みを感じることはないはずなのにマンモグラフィーしてたって今にしたら笑い話。

20歳からは生理の前はいつも乳房が張って痛かったし、30代はそのせいで主人との性交渉を拒んだこともしばしば。。。そんなことしていたらいつの間にか子供もあきらめなければいけない年齢になっていた。。。あはは。

そして、40過ぎてから母のこともインナーチャイルドも徐々に解放されていって、『私は愛されていたんだ』と思えた奇跡。涙が止まらなくなったあの時。嗚咽するほどの気づき。腑に落ちると過去も何もかも変わっちゃうから不思議です。

今はもう痛みはありません。以前はなんとなく自転車の振動でも痛かったのですが。。。なくなると「あ、楽なんだ」と気づいて快適です^^

 

自分で抱きしめてあげる

今からじゃ遅い・・・いえいえそんなことはありません。

親からの愛を今からでも受け取れる、過去を変えることができます。

本の中の許しのステップをするか、インナーチャイルドを癒すか。
セラピーするか、いくらでも取返しはつくのです!

親とのことはその後の人間関係に必ず影響しています。ここをクリアにすると人生変わるよね。(全部をしなければいけないわけじゃないです。深い部分だから全部は無理。逆に全部解放された、と思ったらとしたらそれは解放されていないかも、、、)

母親との確執や愛されなかったという自己否定がセクシュアリティを受け入れ=自己受容できるようになって感じたことは「母のせいにして自分が自分を罰したり裁いていたこと」です。

自分を愛してなかったのは自分自身。

そこに気づくと「家族のために自分を犠牲にしなくていいんだ」「自分を優先させる」と言うことに気づく。

そして、「生きてるだけでいいんだ」と安心できるとありのまま、自分らしく居れることができるようになる。それこそがほかの人の役に勝手になる。。。

子供だから親の面倒をみなくちゃいけない、という観念によって行いを起こすとそこには必ず邪念が入っている。透明な心からの行いではないのでトラブルが生じたりする。

そして確執を持ち続けたまま(意識してるものもしてないものも)介護をする年齢になって噴出する親子関係。

でもそれは自分を大切にする、自分を自分が愛しているか否か、、、という結論に至る。

親がどんな親であろうとあなたの価値は変わらない。

 

抱きしめられた感覚

 

それぞれの親の愛情表現があり、それぞれ違う。たくさんおもちゃを買ってくれたから愛されていたという事実よりも感覚が大事なのです。

抱っこされた感覚、、、あるはずなんです。
温かい肌のぬくもり。

思い出せなくても、親がいなかったとしても必ず大人に抱っこされていた。。。
だから今生きているんです。

もう親や自分のバックグラウンドを恨むのも責めるのもやめましょう。
自分が家族に奉仕できないことに罪悪感を持つのはやめましょう。

その代わり、自分を愛して、自分がこの世に必要な存在だということを実感するようにしましょう。そのために自分を内省し、インナーチャイルドを癒してあげよう^^

もし、乳房に痛みがある人や自己否定が強い、家族へ奉仕してしまう(特に長女の人はこれが起こりがち)、パートナーとうまくいかない、恋愛に悩みがある、など該当する方はご自身のセクシュアリティ(本質の自分)に向き合ったり、セラピーなどもお勧めです。

 

 

※Facebook「セクシュアリティ」(自己受容と本質)グループ非公開

https://www.facebook.com/groups/384673228774874/

☆☆☆☆☆

4/9 両講座 残席1名
10:00~12:00 まじめなセクシュアリティ講座

https://resast.jp/events/328358

14:00~16:30  医学とスピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/328359

4/21 ハンドリフレクソロジー1Day講座
https://resast.jp/events/334657

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876