本日、介護リフレクソロジーミニ講座!

本日、いよいよ14時からです~^^

飛び込み参加OKです!(事前に連絡頂ければ資料も用意できます)

介護されている方もまだの方もリフレクソロジーに興味ある方であればぜひ参加ください~

10分のトリートメント体験付き~

受講して終わり、ではない濃厚な時間にしましょうね!お待ちしております^^

特典としてホームリフレクソロジスト講座などの割引があります。

本日の講座後、トリートメント(1名)も受付します。フルトリートメントセッションを受けたい方はお申し出くださいませ^^

1/28 介護リフレクソロジーミニ講座

https://resast.jp/events/234652

 

こちらも随時希望日時によって開講しています⇒

1/25・26 ホームリフレクソロジスト講座

https://resast.jp/events/238122

プロのための実技コースもございます。

詳しくはホームページをご覧ください!

HPはこちら⇒http://hsrecare.com

 

よかったらクリックしてください~^^⇒

広告

即効性を求めるのは逆効果~リフレクソロジー(自然療法)に即効性はあるのか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

クライエントさんは感想をわざわざ言ってきてはくれません。(こちらから求めてもいけませんよー)

しかも、目の疲れ、とか喉の痛み、なんて小さいから意識してないし、なくなったことすら無くなってしまうと人は意識しないので「あ、そうだった」なんてすっかり忘れているもの。

でも、確実に実感をしていらっしゃる!

先日も「びっくり!」みたいなことがありました。たまたまメールでやりとりすると必ず皆さん「そういえば・・・」と主訴がなくなっていた、とか感想を一言伝えて下さるのですラブ

それももちろん嬉しいです。しかし、それを出すためにリフレクソロジーを施術しているわけではないんですね~^^

結果が出ることが必ずしも症状を改善させることでもないんです。

だってそれは一過性で本当にその時出たほうが結果的に良かったのか?はわからないんです。そのとき、でないほうがいい場合もあります。

でも、皆さんはわかりやすいから即効性があったほうがいいですよね~。効果があった!と想えますよね?確かにそれですっきりすればいいですが。。。

大抵、即効性がある場合は症状自体が軽い場合です。初期症状とか。

その時消えてもまた出てくる、なんてこともしばしばありますがそうだったら意味がない。単に気休めです。気休めに高いお金を払うなんてもったいないですね。身体ではなく脳を満足させているだけ。錯覚です。それではせっかくのメッセージを無視してしまって悪化させる、慢性化させる、重症化させることになりかねません。

薬だと即効性が必要な場合もありますね。感染症とか。ゆっくり効いていたらその間に死んでしまう危険性もある場合は即効性が大事。

でも、通常の慢性的な症状をケアするのに即効性は本当にいいとは言えません。そもそも自分でつくってて、時間をかけてその症状が出てきてます。(ちなみに症状は治癒過程です)

むしろ良くない可能性も。

この点を理解している方とそうでない方は選ぶものが違ってきます。

本当に健康のためには即効性を求めないこと。

でも、結果的に起きることはあります。それは本当に必要のないもの、小さな症状は消失します。

そしてね、これはリフレクソロジストが起こしているのではなく、他ならぬ本人の自己治癒力が起こしているだけ。リフレクソロジーはあなたの治癒力のスイッチを入れている。

本来の状態へ戻すリフレクソロジー、恒常性を正すリフレクソロジー。

「普通」の状態に戻すので感動的なエピソードや実感はそのときはないかもしれません。むしろ不要です。(結構あるので毎回求めてしまう、、、なんてことにもなっちゃうけど身体の状態によってそれも変わるので期待をしないことが大切です)そこに意識を向けてしまい欲が出ることで最善が起きなくなりますから。

もっと長い目で見ること。「あ、良くなってる」「なんとなくいいかんじ」が理想です。

なぜなら急な変化というのはじつは身体に負担をかけているんです。

ものごとの本質に目を向けると本当のことが見えてきますね^^

短絡的な判断や刺激を求めないこと、です。

 

本当に治したいならそのときだけキモチイイ~ではなく、しっかりと身体の声を聴きながらより良いものを選んでくださいね^^といっても、リフレクソロジーはとーってもキモチイイのですが(笑)また違う気持ちよさ、違い。。。

自然療法が身体にも心にも一番いいです^^

 

☆☆☆☆☆

介護リフレクソロジーミニ講座

1/28(日)14:00-16:00

詳細はこちら

くも膜下出血の介護~父の場合

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

リフレクソロジーであなたの人生を救う長浜公恵です!ぺこりパンダ

報道とかあまり観ないので今頃なのですが小室哲哉さんの引退報道で奥様がくも膜下出血ということを知りました。

私の父もくも膜下出血で61歳で倒れて13年片麻痺(半身不随)で車いす、未だ要介護4です。介護度⇒区分はこちら

一つ、皆さんに確認したいのは左脳で出血したか右脳かによっても出血量によっても手術やその後の経過によっても後遺症などは全く異なるということ。

重症度もそれぞれですが小室さんの会見の動画を拝見しましたところ、高次機能障害があるようなお話でしたね。

父は左脳からの出血のため、身体へ麻痺が出ましたが右脳の場合は言語などに障害が主に出ます。ですので父は意識が戻ってくると半側空間無視(片側だけ全く見えない)はありましたがそれも徐々に快復、記憶もなくなってたのがこちらも何年かかけて戻っていった経緯があります。記憶喪失はほぼ全快。

そのときは「もうこのまま戻らない」と絶望していましたが戻らなかったのは手足の麻痺のみでした。

困ったのは性格です(笑)鬱にはなりませんでしたが理性で抑えることができにくくなるので思ったことは躊躇なく発言し、感情もあらわになります。性格が変わった(;・∀・)

母への妄想とか暴言もひどくて在宅介護になってお恥ずかしながら包丁沙汰もございました(笑)喧嘩も年がら年中でもないですけど、、、逆に泣き上戸になったり起伏が激しいから相手をするのも結構母は大変だったみたい。他人には穏やか(笑)これもまた人それぞれ。

身体が動かせないため、その分暴言とか多く、杖で母を叩く、とか物に当たる、とか本当に大変でした。施設にいるときは穏やかなんです(;・∀・)

在宅介護になると下の世話も食事も何もかも一人でやっていた母は結局また癌になって昨年、闘病の甲斐もなく一年半で逝ってしまいました。そういえば昔、乳がんになったときも祖母の介護のときだった母。。。

推測ですが母は誰にも話せなくて本当は辛かったんじゃないかな、、、と思います。

ここでは言えないことも裏の問題なども色々とありました(笑)またおいおい話します。。。

脳出血って、突然だから本人も家族もこころの準備ができてなくて鬱になったり、その余りの生活の変化についていけないので相当なストレスなんです。。。

意識が戻っても、食べれない、記憶がない、歩けない、痛みがある、頻尿、などなど、、、

本当に一つ一つをクリアしていった10年ほどでした。。。

もちろん、全然クリアできない我慢するしかない部分も多いです。リハビリしても動かない手、装具をつけてやっと立ち上がれるけど巻き爪があたって手術しても繰り返すので痛みはずーっとあるし、ストレスが皮膚トラブルとなってステロイド剤は欠かせません。。。車椅子生活なので臀部や股間が擦り切れたりしてそちらも薬が欠かせません、、、。それに加えて本人から出る愚痴や切ない想いを受け止めるのが毎回つらい。。。こだわりが強いのでちょっとでも違う商品を買っていくとふてくされる(笑)細かいことも本当に家族は大変で。。。

実際に経験した人じゃないとやっぱりわからないんです。。。

だから、小室さんの介護を外野が意見するのって本当に可哀想だなって、違うぞって言いたい。不倫したという事実だけでジャッジしないほうがいいです。そこはまた別の問題なんです。。。

本当に介護は大変です。

全部受け止めきれないから私にできることしかできないから私はリフレクソロジー、アロマを毎回父や母にトリートメントして自分も癒してたんです。辛すぎるから。。。たぶん、リフレがなかったらただ二人の愚痴を聞いてるだけでストレスためてるだけだったと思います。

ツールがあるおかげで会話ができたし、気持ちも和んで笑顔になった時間が増えた^^

※くも膜下出血に関する情報共有などはミクシィmixiでコミュニティをやってますのでよかったら読んでみて下さいね^^⇒くも膜下出血コミュ

介護、、、祖母2人の介護をする家庭で育ったので苦労をずっと見てきました。

やっぱり、介護って自分の人生、生活を変えるんですよね。

でも、絶対に忘れならないのはその中で自分の人生を犠牲にはしないことが大切です。犠牲にして介護するとお互いに良くない。責任感強い人はがんばりすぎちゃったりするから自分が身体壊したり、限界がきたりする。。。

そして、大切なのは人に相談すること。行政や友達に話すこと。一人で抱え込まない。

「がんばらない介護」の著者、橋中今日子さんが著書で言っているように3つの心がけがあります。

1.1回で全てを解決しようとしない

2.1人で解決しようとしない

3.家族の中だけで解決しようとしない

 

もし、介護の不安とかストレスあったら一緒にどうしたらいいか考えませんか?

そんな時間を共有したいし、私ができる介護者のケアをもっとやっていきたいのでどうかお言葉などを頂戴できれば嬉しいです^^

気軽にメールください^^

あと、28日にミニ講座やります。「介護リフレクソロジー」というイベントです。

宜しければお待ちしています♪

イベントの詳細はこちら

 

親の肌に触れる~肌で会話する

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

親の肌に触れる、、、「なんて恥ずかしい!」と思う方も多いかもしれませんが

そんな時こそ、というか今のうちに触れ合ってみるのもいいのかも。

「親になんて絶対に触れるどころか会いたくもない!」という確執がある方もいらっしゃるかもしれませんが親との関係が悪かった人こそ親が生きている間に触れておくといいです。

好きな人と手をつなぐと、呼吸や心拍がシンクロして「痛み」も和らぐ:研究結果

こちら↑の研究は親ではなくパートナーとの結果ですがいがみ合っていたとしても親子はやっぱり親子。

触れ合い(タッチング)によって実際の会話ができない関係でも触れ合いによって会話ができて心が緩んでもしかしたら仲直りできるかもしれないし、仲直りしなくても少しでも心が癒えるかもしれません。。。(以下、私の経験談書いてます)

そんなことにも興味のある方はリフレクソロジーで親子のコミュニケーションを改善してみませんか?私も母親がなくなってからも素敵な想い出として残っています^^

リフレクソロジーなら「練習台になって!」と気軽に触れるきっかけをつくってくれます^^

☆☆☆☆☆

1/28 介護リフレクソロジーミニ講座

https://resast.jp/events/234652

1/25・26 ホームリフレクソロジスト講座

https://resast.jp/events/238122

親子だけに限らず、↑のリンクでもあるようにパートナーやお子さんとのコミュニケーションでお困りの方にもいいと思います。

タッチングの効果は計り知れません。心が安定すれば身体にも影響します。

昨日は母の命日でしたが私の姉は母の介護でとても辛そうでした。

姉(長女)と母は介護が始まると常に喧嘩を繰り返し、私は姉の母への愚痴を聞き、母の姉への愚痴を聞いて心が苦しくなっていたことを思い出します。

私も母と確執がありましたが私の場合、ヒプノセラピーや自己探求によって解消しつつあったことやリフレクソロジーやアロマテラピーというコミュニケーションツールと心理の知識のおかげで「母に愛されてなかった」が「愛されていた」と思えるようになって、「これから母とたくさん思い出をつくるんだ♪」と想えたんです^^

でも残念ながらそう気づいたときには母の病気が発覚して一年半であっけなく逝ってしまったのですが。。。

でも、心残りはないんです!だって、沢山介護でケアして母と今までできなかったことができたから^^それにリフレクソロジーが大活躍して母が症例となってくれたことを皆さんにシェアできるから!

沢山、リフレクソロジーやアロマで母と対話しました。身体が緩むと心も緩んで話してくれなかったことも聞けたりして、後悔は一切ありません。

残念ながら姉は最後まで母と喧嘩していました。また介護のブログでお話しますが、、、

姉と母に少しでも関係を改善してもらいと在宅介護の一ヶ月の間、姉に母のマッサージを勧めましたが姉は「触れたくもない!」と拒絶するくらい悪化していました。実際に介護になると余裕がなくなります。母も身体が弱って心に余裕がなく、姉も疲れて余裕がありませんでした。

大好きで仕方ないからこそ、姉と母は最期まで頑固にお互いを憎しみあっていがみ合ってました。(でもその分、姉の子供たち(孫)が母の足をケアしてくれていたんですけどね^^)

これは私の家族の話ですが親子の関係ってそれぞれですよね。でも、家族ってやっぱりどんなに関係が悪くなってもやっぱりつながっていて離れることはないと思います。

その時は素直になれなくても、行動とは裏腹にこころの中では相手のことを思っているものですよね。でも、素直になれないとき、大人になってから恥ずかしいものです。。。

そのきっかけとしてリフレクソロジーがあれば足(または手のひら)ですし、材料もないし、どこでもできるし、寝ている間に「ちょっと触らせて」と気軽に声をかけることができます。心理的に足だと抵抗心が低くなるので受け入れてくれる可能性が高いです。

しかも、高齢になると血流が悪くなることにより様々な症状が出るのでリフレクソロジーで血行、代謝を回復させて、その上キモチイ~なんて最高のケアということを母の介護で経験したので各家庭にお伝えしたいな、と講座をやっています。

リフレクソロジーは施術者の手さえあればどこでもできるし、身体への負担も少ないので病院や自宅でできて、しかも、タッチング効果も家族ならより一層安心感があるので増量されるでしょう。身体のケアとしてもメンタルのケアにもとてもいい^^

そして、介護者(施術者)も癒されるというのが素晴らしい点でもあります。

なんで癒されるの?と思われたらまずはミニ講座で色々なんでも聞いてください~^^

 

そしてもし実際に介護の現場に来てほしい!どうやってやるか分からない!という要望もご相談によって承りますのでお気軽に問い合わせくださいね^^

介護だけに限らず、親との付き合い方や将来の不安をお持ちなど、色々とお声をください。

☆☆☆☆☆

1/28 介護リフレクソロジーミニ講座

足から心身の状態をチェック/介護の話/リフレクソロジーについて などなど

https://resast.jp/events/234652

1/25・26 ホームリフレクソロジスト講座

<2日間で手技をマスター>

https://resast.jp/events/238122

 

1月のホームリフレクソロジスト講座

 

『自分の足じゃないみたいラブ

先日リフレクソロジーをしながらでた主人からのセリフ(笑)

片足終わったあとのニコニコ

リフレクソロジーはスゴイ!ということは周知の事実ですが、、、これが家族になるともっと倍増!笑い泣き

家族の手、家族のケアには他人ではできない癒しの効果があります!

科学的に研究でも立証されています。⇒

記事はこちら

 

リフレクソロジーで家族をケアしませんか?

これ、本当に大事なんです。自分も癒されます^^タッチングの素晴らしさ、、、知ってほしいから今後もやっていきたいから私も(楽しみながら)がんばりますっ♬

 

今月の固定日は25(木)と26(金)です!

※お好きな日程でも開催しておりますのでご相談ください。(お友達と2人の場合は割引があります)

2日間で家族にフルトリートメントできるようになります^^

なんと受講される方もリフレクソロジーフルトリートメントを受けて頂きますのでお得になっていますよーーー。

詳細はこちら

介護のトラウマ

介護にトラウマがあったらそりゃあ将来不安でたまりません(*_*)

介護したい!って人も居ませんが現実起こる可能性大のライフイベント。。。

 

私の介護経験は同居しているわけでもなく軽いものでしたので
介護者としての大変さは他の方の比にならないかもしれません。

ただ、親が痴呆の祖母を介護するのは長く見てました。
祖母二人を介護する両親の背中を見てきました。毎日排泄物が落ちている廊下を拭いている父の姿、、、

同じことを何度も話す婆ちゃんに戸惑っていた小学生の私。

それがトラウマになっていたことを何十年も経ってから気づきました。

しかも、母は介護をして乳がんになってしまい、そのことが直接関係なくてももしかしたら
私の脳内で「介護のストレスで」というフレーズが(たしか周りから聞いた記憶はありませした)めぐっていたのかもしれません。。。

そして今度は父の在宅介護の後に胃がんになりあっという間に逝ってしまった母。

それならもう介護は(私にとって←私の潜在意識にとって)恐怖でしかなく・・・
でも、いざとなったら逃げられないのが介護。

 

親の面倒をみない子供なんて居ない、と思ってました。
それをしたら非道になってしまう、、、そんな無意識もあったかもしれません。

だからなのか、お年寄りが昔から好きではなかったかも。。。
そんな自分を自分が酷い冷たい人間だからだと自分を恥ずかしく卑下していました。

 

結婚して間もない頃、姑に「私の面倒みてね」と言われたときに思わず「まだ分かりません」と言ってしまい、姑を泣かせたことがあるくらいです(笑)

 

でも、セラピストの友人に

「そんな壮絶な経験をしていたらそりゃあそうだよ!」

そのとき、自分がかけていた呪縛が外れたんです。

私は泣きました。
自分の本当の想いに気づいて、泣きました。

それだけ私の記憶の中では介護があの子供の頃に体験していたことがリンクしてしまって拒否反応が過剰に出ていたのです。

毎朝、起きると汚物が枕元にあって、排泄物臭がひどかった家。

ものすごく嫌でした。思春期なら余計です。

 

それくらい、介護は大変なもので絶対にやりたくないと思っていたみたいです。

 

介護は自分の人生を全く変えます。

 

姉は母を介護していたとき、一ヶ月だけ自宅介護をしたのですが物騒なことばかりを言ってました。

介護殺人って本当に悲劇ですよね。

これは親子のそれまでの関係性とか確執があったり認知症で別人になってしまったことで喧嘩や様々なトラブルなどによって介護者も耐えられなくなったり・・・
色々な原因はありますが体力も必要なうえにメンタルがやられてしまうんですよね・・・

 

心と身体はつながっていますからメンタルな部分がしっかりしていないと本当に耐えられなくなってしまいます。

 

でも、過去の確執を清算できるチャンスでもあります。

私はそうでした。
母にたくさん愛を送ることができて後悔なく看取ることができて本当によかった。

でも本当に介護って精神的に本当に苦しいということも体験しました。
私でさえそうなのだから在宅介護されている方などは本当に大変だろうと思うのです。

自分の人生を自分らしく生きるためにも介護だけに時間や労力を奪われる(という意識になる)ことなく介護する側もされる側もより良い方法や形で生活をできたらいいなぁ~と思うので多くの人の声を聴いて、皆がWin-Winになれるような形を目指してリフレクソロジーやメンタルケアなどでサポートさせて頂けたらと奮起しております!

どうぞ共感して下さる方がいらっしゃいましたらぜひつながって頂けたら嬉しいです!

いろいろイベントでお伝えしていけたらいいな~^^

 

【早割は10日までです^^】

介護リフレクソロジーミニ講座、
今月です!⇒https://resast.jp/events/234652

介護リフレクソロジー

 

来月28(日)にイベントやります!

その名も「介護リフレクソロジー」

介護の現場にリフレクソロジーを取り入れて介護される側もする側も双方の負担が軽減するといいな~との想いを込めて、、、

必要な方に届くといいなぁbell

これをお伝えするのが私の天命だと感じています^^(いまのところ)

だから、今後おしおしで行きますっ(笑)

介護、、、大変ですよねショック

まだの方も、介護の不安ってありますよね?ショック

私の介護経験は皆さんとは比べられないくらいですがそれでも色々と精神的にキテましたえーん

でも、リフレクソロジーがあったから本当に助かった幸

在宅介護、病院で治療中の家族と介護者である自分自身に癒しのツールが必要だな~と実感しています。

一緒に介護の話などをシェアなどしながらリフレクソロジーのことや足裏からのメッセージを学びませんか?

ケアとしてのリフレクソロジーがどんな手技かというのも体験して頂けますキラキラ

​​​​​​​

今回は以下のような内容でお送りします!

★プログラム★

1.介護におけるリフレクソロジーのメリット/伝統的なリフレクソロジーについて

2.私の経験・シェア(参加者含む・・・希望者のみ)

3.足から分かる心身の状態

4.体験・・・デモンストレーションで一人10分程度リフレクソロジーを体験して頂きます

5.質疑応答

内容は若干変更になることもございます。

※参加者対象で当日ご予約頂いた方には割引がございます。

講座⇒¥2,000引き

施術⇒¥1,000引き

 

詳細・申込はこちら⇒

https://resast.jp/events/234652

 

実際に介護されている現場(ご自宅や病院)へ出向いてお話を伺うことも可能です。

どういうふうにできるのか、リフレクソロジー体験などできればいいな、と考えています。

イベントのときにご意見などを聞いて現場でどう役立てるのかを皆で一緒に考えて行きたいと思っています。ぜひご相談ください。(イベント参加できない方もメールなどにてご相談下さい)