マインドフルネスを初めて心理療法に取り入れたハコミセラピー

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ハコミセラピーの第一人者、高野先生の出版記念ワークショップへ行ってきました~^^

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

ハコミセラピーのロン・クルツの本を2冊読み、(一冊読んで、「これや!」と感じてすぐにまたもう一冊!)で、やっぱりタオイズムだわ~と。

本の中にあったラヴィング・プレゼンスというのを自分も体験してみたい!と検索したらちょうど高野先生が1月に出版されたこちらの本

「人付き合いが面倒」なときのマインドフルネス」の出版記念講演イベントがあったので行ってきました~^^すごい良かった♬やっぱり素敵な先生たちでしたよ~

高野先生↑

だっこ法の阿部さん↓

マインドフルネスは最近よく聞かれるようになりましたがハコミセラピーが出来た30年前には全然知られてなかったし、そういうこと自体オカルトやスピ系という偏見があったかも?

さて、「ラビングプレゼンス」という言葉に私は興味がわいて、体験してみたい!とイベントに参加したのですが実践してみて「相手(対象物)から”自分の糧”を感じ取る」というのをやってみて、なるほど。と思いました。

で、後から、あれ?これって・・・と気づきました。

「いつもやってたな(笑)」

私、いっつもこれやってました(笑)歩きながら毎日。

花を見ては立ち止まり、苔を観ては立ち止まり、空を仰いでは幸せを感じ、年がら年中やっていて傍から観たら異様な様子だろうなと思いつつも、ついつい一人の世界に入ってしまう(笑)これを人でやってみるとアクティブリスニング的な感覚をつかめる?セラピストにとっては必須な感覚~。非言語を読み取ること。

イベントで高野先生が言っていた「一人一人が幸せになること」「だからラビングプレゼンスを広めたい」って、とても大切だと思います。そして、「マインドフルネスが流行っているけど”ストレスを取りたい”など個人に向けてのものになっているから」と仰ってました。だからラビングプレゼンスでお互いが心地いい関係になることが大切ですよね~。

確かに最近マインドフルネスがツールになってしまっているな、と私も思いました。

広まるってことは本来のものとは異なった解釈になることも現実。単なるツールとしてマインドフルネスを使う人が多く、本質からそれていると本来の意図が違うので結果も違うものになっているような気がします。

個人だけ、ではなくて他者との関係がよくなるとよりいい、というかそもそも本来あるべき姿なんですよね。(「一流企業が使っているから習得しませんか?」的な一つのツールとして商売としてやる人も増えてきましたが本質から逸れていては何も意味がありませんね。マインドフルネスは日々の実践の行い、であって何かを得るためなら本末転倒です・・・)

ハコミセラピーって箱庭療法と間違える方も(私もはじめて間違えそうになりました(笑))いるかもしれませんが違います(笑)

ハコミの中には老子(タオ)の教えがあるので私にはとても共感できたんですがどうにかしようとない、相手を信じ、やってくるものを歓迎するというのは私が学んできたものの集大成のような終着点のような、そんな感覚でした。今は^^

まだハコミセラピーは初心者で偶然というか必然的な出会いの興奮の中にいるだけなのでこれからもっと深めていきたいな~と思っています。

ラビングプレゼンスが習慣化されると幸福感を感じる人が増えるし、セラピストにも必須な在り方だと思います。

昨日も書きましたが「これだけが真実」というのはありません。だから「これがいい!」と言ってても他を否定していることとは違います。正しいものはなく、一つでもない。

もし、マインドフルネスや瞑想などに興味ある方や頭を使っているな~と感じている方、ストレスが多いな~、落ち着かないな、などなど、ぜひ一緒にワークしませんか?

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

☆☆☆☆☆

3/18 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話