その8割の思考が不要~想像の中で生きてませんか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

なぜストレスが多かったり、疲弊するのか知ってますか?

それはね、、、

あなたが物語を延々と上映しているから(笑)自分が不在になっています。

起きていないことを想像して頭の中で壮大な超大作を創っているんです💦

或いはミニ映画を何作品も!!!

ひえーーー滝汗

実際に起きてないのにね!現実の世界生きてます?想像の世界にパワー奪われてませんか?

ここにいますか?自分の身体とこころがあるこの場所にいますか?不在になってませんか?

そりゃ~疲れるわけです。しかも、ドラマティックですものね~

でも、、、

その上映を続けているとどうなるでしょうか~?映画館だって休みないとツライよね~

なぜミニ映画をつくっているのでしょう?

それは・・・不安、だからです。

でも、それは余計に不安をつくっています。安心しているように見えて・・・厄介ですね。

その想像は、どこからくるのでしょうか?今までの経験や情報からです。でも、それが本当に起こるとも、本当に起きていた、とも限りません。人間の脳は、記憶は、いいように解釈をし、都合よく記憶します。

ドラマを作っているときは「ここ」に自分がいません。自分が一番安心できる、安全な場所に居ないのです。本当は「ここ」に居れば何も苦しむことはないのに。。。

だから呼吸に戻るんです。自分の呼吸に戻ることができれば一番安心できます。実質的な旅は経験となりますが夢想的な旅は実際の経験には邪魔になります。そこは不要なビリーフの宝庫だから。。。

そんな思考の海にずっと浸かっていると疲弊します。本来、私たちは考えなくていいのです。時間があなたを縛っていませんか?限りがあるからいまできることを、、、と。

だから、常に追い続けて居ませんか?そんなことはしなくていいんです。追い続けたり、情報を得ようと常に必死になって忙しくしなくていいんです。

本当の幸せは何かを得ることではなく、今、ここに居ることに気づいていること。

なのに過去や未来に想いを馳せて今ここに在らず、なので不安なんです。今、ここに自分の足を着地していなければ当然不安、不安定なんです。

ハムスターのようにずーっと走り続けなくていいんです。足りない!足りない!と思っていませんか?もうすでに完全なのに。。。

前へ、前へとエネルギーを使っていませんか?

強すぎるエネルギーは自分を疲弊させます。

いま、するべきことは何かをしようとか、情報や知識を得ようとか、もったいないと時間を有効に使おうとすることではなく、常に自分の呼吸に帰り、立ち戻り、今を感じること。

それだけです。

自分が不在になっていたら肉体も魂も正常に動くわけはありませんよ~~~

 

☆☆☆☆☆

双葉 体験会 5/6】https://resast.jp/events/255294

講座はこちら⇒

【講座 5/25】https://resast.jp/events/255314
【講座 5/27】https://resast.jp/events/255301

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

広告

雑念はあっていい

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

 

昨日は月一(第三木曜日)のお茶会。

マインドフルネスを体験する瞑想、本質、自然の摂理について気づきを得る会でした。

食べる瞑想、お茶の瞑想、坐る(寝る)瞑想などを実践しました。

 

「うまくできないからあきらめた」というのをよく聞きます。

瞑想は特に多く💦

「雑念がどうしても消せないんです!」とおっしゃる。

そりゃそうです(笑)

始めからできる人なんていません~

雑念を消そうとすることこそ、雑念です(笑)シンプルすぎて難しくなっちゃってる人多いのかも。。。

雑念が湧いてくるものです。感情もそうですね。不安もそう。

それが自然。

始めから「無」になるなんて無理。なのにやろうとするから「できない!」となる。

「消そう」とすると「消せない」が思考の裏に発生する。「できない」という現実を信じて居るからこそ「消したい」となっているから。しっぽを追いかけているようなもの。自分のしっぽが自分のものではない何かで、それが邪魔だと思ってつかまえようとするけど届かない。なぜなら自分でそのしっぽを存在させているから。しっぽが「ある!」と思ってるからつかまえて消そうとするけど、それを観ようとするのは誰でしょうか?意識すればするほどきになってしょうがなくなる。本当はただ前を観ればいいだけなのに。

やるべくことはただ、自分の呼吸に気づくこと。

深呼吸じゃない、普段の呼吸。

まずはここからはじめるといいです。

そのために「何か」をしなくていい。ただ今起きていることに気づくだけ。

「呼吸に気づく」とは・・・深呼吸をして落ち着かせることではなく、ただ起きていることに気づくだけ^^(呼吸以外でもやってませんか?どうにかしようとして力入りすぎたり執着したり)すると勝手に呼吸は整う。それには整えようとしないこと。

ここに存在していること、生かされているということを感じることがマインドフルネス。

瞑想に結果も目的もありません。ただ「いま」を感じるだけ。

感じられないと言う方は静かにしているだけでなく、アクションを起こしてみると分かりやすいです。たとえば、呼吸がわかるように鼻のところに紙を持ってきて鼻息の音を聴く、とかティッシュを持ってきて、動きを観るとか。。。

「出来ない」という人はそれを習おうとします。

でも、これは習い事ではないし、先生と生徒と関係はあったとしてもマニュアルがあるわけでもありません。

別に「こうならなければ瞑想じゃない」なんてないです。自分に気づけていればいいし、”やり方”はない。

日々、実践しかありません。何かを求めたら逃げていきます。それは今の自分を否定しているから。今の自分が存在している、それだけでいい。今の自分を認められていないのに先には行けないし、等身大の自分じゃない理想の自分ばかりを追い求めていても良い結果には結局なりません。

今の自分、ここに在ることを感じること、、、それだけでいろんなものができてます。

もし、感じるということが出来ない方は五感を刺激することをしてみて下さい。マッサージとかアロマとか。

雑念も不安も浮かんでくるのが人間。それを「ダメ!」と否定することは瞑想から離れます。今に居ないから。

何もかも受け容れて、歓迎すること。

ただ自分の内側で起こっている事に気づく。

私が行っているのは至福感、幸福感、高揚感とかを求めるタイプの”瞑想”ではありません。
ただ自分の”存在”に気づくと涙が止まらなくなります。とても平和で穏やかな気持ちになる。
そこでクリアになるけどすぐにいつものビリーフいっぱいの日常の自分に戻るのでそれをまたクリアにするために常にやっています。
(リセットするのはリフレクソロジーと同じですね^^自然の摂理に共通していますもんね)
瞑想は生かされているということを忘れないために日々実践するもの。
自分の呼吸に戻るだけで本当に落ち着いてきます。
出来る範囲でいいので実践していれば慣れますよ~。。。あるがままを感じましょう^^

 

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

⇒5/6(日)追加決定!【体験会 5/6】https://resast.jp/events/255294

講座はこちら⇒

【講座 5/25】https://resast.jp/events/255314
【講座 5/27】https://resast.jp/events/255301

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

リフレクソロジーとマインドフルネス

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

昨日、ティクナットハン師の映画とマインドフルネス瞑想のイベントへ行ってきました~^^

ティクナットハン師は仏教の禅師ですが宗教を超えた世界的な平和活動をされているダライラマ二世に続く、とても有名な方です。

今では教育者や医療者など世界各国をお弟子さんたちである僧侶たちがマインドフルネスを伝えています。

沢山の気づきの体験を今度のカフェプラクティスにて一緒にシェアさせて頂ければと思います。

双葉お茶会(瞑想やお話本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

そして、映画の後の質疑応答でリフレクソロジーとのつながりも実感したのです!!!

リフレクソロジーとマインドフルネスがどうつながるのか?というと、、、

私は以前よりメディテーションリフレクソロジーと呼んでいますがリフレクソロジーは治療ではなく自然療法です。ただ元に戻ることを後押しするものであり、身体のシステムに置き換えるとその基本は呼吸です。マインドフルネスも呼吸にかえることを行っています。

呼吸、拍動、歩く瞑想、食べる瞑想、、、すべてのリズムがリフレクソロジーと一致します。

映画の後の質疑応答で私はおもむろにハンドリフレクソロジーをしながら聴いていました。すると先ほどから行っている瞑想とぴたりとはまったのです。とても深い心地よさを実感!

頭ではもともと理解はしていたものの、実際に体感して納得しました。

だからリフレクソロジーは瞑想したときのようなマインドフルネス状態とその後の心身の安定、落ち着き、それによる症状の快復があるのか、と。

ただただ自分に帰る、、、。

とても共通しているんです!どうにかしようとするのではない、今ここに居る、ということ。。。どんな自分も受け容れ、抗わず、苦しみも歓迎する。。。

平和と静寂と慈悲。

単なるセラピーではない。そこに気づけて嬉しかったです^^

そして、自分への慈悲、労わるキモチが自然と出てきて愛おしくなりました^^

ここ数日、毎日ハンドリフレクソロジーを練習させてもらっていますが改めて自分で行ってみて、すごくきもちいことに気づきました^^

練習させてくれた友達は「子供がやってくれたらすごく安心する。キモチイイ!」と言ってました。これを必要な方に届けたいので色々と皆さんのお知恵もお借りできれば幸いです^^

 

ところで、僧侶たちと歩いているとそこで子供と遊んでいた若いお父さんが放った言葉に反応してしまった私。

「変な人たちがいるからちょっと待って」

とお子さんに言ってました。

びっくりしました。思わず声に出して輪唱してしまった(笑)でも、かつての私もそうだったのです。きっと、昔の私は茶色の服を着ている僧侶たちの姿を見て「変な人たちがいる」と思っていたことでしょう。

見知らぬものには人は恐怖をおぼえます。だから批判したり警戒することで防御します。お互いに恐れが生まれている状態。それもまた自然の摂理。大切なのはそこで反応しても受け容れて自分の呼吸にかえること。。。

歩く瞑想のときも「なんでノロノロ歩いてるんだ!」とばかりに急いですり抜けていく人や言葉を放つ人もいます。二度見していく人とか怪訝な顔する人たち(笑)

なんだか、私たちは普段からこういったことを常に行っているんだな~と思いました。そして、偏見や決めつけを持って判断し、線を引く。分離する。

危険を恐れて閉鎖的になっているのが現代なのかもしれません。

こういったことをやっていると宗教集団と勘違いされたりします💦私も勘違いされたら、、、と恐れが出ますよ。でも自分が信じることを恐れているというのは自分らしく生きていないということでもあるな~と、感じました。今の自分をそれこそ否定している。

そりゃあ、怖いですよね(笑)今までの世界と線を引いているんですから。。。

(※但し本当に新興宗教のように誰かが特別な存在というものは宗教であって宗教でないものですので本当の宗教とは全く別のもの、です。本来の宗教はマスターがいない。)

いざ病気にかかったり、苦しみの淵に差し掛かった時、行き着くんです。そこで自分がいかに偏見の目で観て、勘違いしていたのかを思い知る。(私の経験です)世界を狭くしていたと反省する。。。(※自分で行き着くのはいいですが他人の声で始めるのはちょっと違います)

セレブが始めたり、一流企業のトップ、有名人が始めると世間で知られるようになり、途端にスタンダードとして変貌する(笑)その都合の良いところだけ切り取って本質には触れずに表面的なところだけを。。。変な、怪しいものからツールへと変わり、本質を理解しないので流行りで終わったりしてしまい、本来の本質が伝わらずに勘違いされてしまうというのが世の常なのではないでしょうか?もちろんその中で気づく方もいらっしゃいますし、それもまたよしですが。。。

何も正しいものはないし、間違ったものもないのかな、と思います。

どんな宗教も生きる道筋を作ってくれるものであり、その型の中にはめられるというものではないこと。もし型にはめるものがあればそれは宗教ではなく、個人の我欲による弱さにつけこんだカルト教団です。それは宗教ではない。

この境目の見極めがつかないから宗教も一緒くたに否定してしまうことが多い私たち。

もともとすべての存在が「神」である日本人には致し方ないのかもしれませんが。でも、それも核の部分はどの宗教も神道も同じ。

私も偏見を持たずに常にオープンマインドで居たいと思った出来事でした。

さて、

自分がイベントの話を聴きながら一人リフレクソロジーをしていて感じたのはかなりマインドフルネスになれるということ。そして、どこがこっていて、ハリが残っているのか?とわかるのでとても面白い!自分の手からどこが疲れているか、などの情報も得られます。

意外なところが膨らんでたり、痛みがあったり。。。

いまここにいることができるリフレクソロジー^^

また一つ、リフレクソロジーの特技を知ることができました♪

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

⇒5/6(日)追加決定!【体験会 5/6】https://resast.jp/events/255294

講座はこちら⇒

【講座 5/25】https://resast.jp/events/255314
【講座 5/27】https://resast.jp/events/255301

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

 

マインドフルネスを初めて心理療法に取り入れたハコミセラピー

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ハコミセラピーの第一人者、高野先生の出版記念ワークショップへ行ってきました~^^

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

ハコミセラピーのロン・クルツの本を2冊読み、(一冊読んで、「これや!」と感じてすぐにまたもう一冊!)で、やっぱりタオイズムだわ~と。

本の中にあったラヴィング・プレゼンスというのを自分も体験してみたい!と検索したらちょうど高野先生が1月に出版されたこちらの本

「人付き合いが面倒」なときのマインドフルネス」の出版記念講演イベントがあったので行ってきました~^^すごい良かった♬やっぱり素敵な先生たちでしたよ~

高野先生↑

だっこ法の阿部さん↓

マインドフルネスは最近よく聞かれるようになりましたがハコミセラピーが出来た30年前には全然知られてなかったし、そういうこと自体オカルトやスピ系という偏見があったかも?

さて、「ラビングプレゼンス」という言葉に私は興味がわいて、体験してみたい!とイベントに参加したのですが実践してみて「相手(対象物)から”自分の糧”を感じ取る」というのをやってみて、なるほど。と思いました。

で、後から、あれ?これって・・・と気づきました。

「いつもやってたな(笑)」

私、いっつもこれやってました(笑)歩きながら毎日。

花を見ては立ち止まり、苔を観ては立ち止まり、空を仰いでは幸せを感じ、年がら年中やっていて傍から観たら異様な様子だろうなと思いつつも、ついつい一人の世界に入ってしまう(笑)これを人でやってみるとアクティブリスニング的な感覚をつかめる?セラピストにとっては必須な感覚~。非言語を読み取ること。

イベントで高野先生が言っていた「一人一人が幸せになること」「だからラビングプレゼンスを広めたい」って、とても大切だと思います。そして、「マインドフルネスが流行っているけど”ストレスを取りたい”など個人に向けてのものになっているから」と仰ってました。だからラビングプレゼンスでお互いが心地いい関係になることが大切ですよね~。

確かに最近マインドフルネスがツールになってしまっているな、と私も思いました。

広まるってことは本来のものとは異なった解釈になることも現実。単なるツールとしてマインドフルネスを使う人が多く、本質からそれていると本来の意図が違うので結果も違うものになっているような気がします。

個人だけ、ではなくて他者との関係がよくなるとよりいい、というかそもそも本来あるべき姿なんですよね。(「一流企業が使っているから習得しませんか?」的な一つのツールとして商売としてやる人も増えてきましたが本質から逸れていては何も意味がありませんね。マインドフルネスは日々の実践の行い、であって何かを得るためなら本末転倒です・・・)

ハコミセラピーって箱庭療法と間違える方も(私もはじめて間違えそうになりました(笑))いるかもしれませんが違います(笑)

ハコミの中には老子(タオ)の教えがあるので私にはとても共感できたんですがどうにかしようとない、相手を信じ、やってくるものを歓迎するというのは私が学んできたものの集大成のような終着点のような、そんな感覚でした。今は^^

まだハコミセラピーは初心者で偶然というか必然的な出会いの興奮の中にいるだけなのでこれからもっと深めていきたいな~と思っています。

ラビングプレゼンスが習慣化されると幸福感を感じる人が増えるし、セラピストにも必須な在り方だと思います。

昨日も書きましたが「これだけが真実」というのはありません。だから「これがいい!」と言ってても他を否定していることとは違います。正しいものはなく、一つでもない。

もし、マインドフルネスや瞑想などに興味ある方や頭を使っているな~と感じている方、ストレスが多いな~、落ち着かないな、などなど、ぜひ一緒にワークしませんか?

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

☆☆☆☆☆

3/18 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

 

トラウマ、親、過去からの原因探しをやめる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

過去を正しても癒しは起きません。残念ですが・・・💦

ホリスティックスタジオ・リケア 長浜です^^

トラウマを癒しても、親のせいだったと分かっても、過去を思い出しても、結局、そこで終わってしまっていたらそこを超えても苦しんでいたらせっかくの時間も意味がなくなって。。。

本当に必要なこと、やることは「ココ」にしかない。「ココ」に気づくこと。

過去がどうであったか、ということに精神分析や従来の心理カウンセリングは原因を探してそこを癒せば、問題が解決するとしている。

私もそれを信じて行ってきたけど、自分もそうやって一つずつ自分の癒しに取り組んだ経験があるけど、学べば学ぶほど、実践すればするほどそうじゃない(それだけじゃない)と解ってきた。

過去を掘り返したり、過去の感情を解放させることはその技術そのものが良くても使い方によっては追体験させてしまって悪化させたりすることも(後から分かったり)あるわけです。。。追いかけてる状態。

人は「原因を知りたい!」「納得したい!」「方法を知って問題を解決させたい!」

そう思うもの。

でも、これはあなたが楽になるためには一切必要ありません。

正そうとすることがあなたを苦しめるからです。(正そうとしているから苦しい)

実際には答えは全部自分の中にしかない。だって、起こっているのも自分の中からだから。(自分が悪いと反省するのではなく、無垢な自分が居たんだという慈愛が癒しを起こします)

原因を知って取り組んでも、良い方法を実践してもなかなか良くならない人がいる。これは自分の意識では認識できない解離した感情や記憶が自分と向き合わせないために起こしていることがある。

当然です。だって、生きるために防衛してきたことなんだから、向き合ったら死にたいくらい苦しいことなんだから奥の奥のほーっうにしまって隠して、見えなくしてなかったことにしているんですもの。。。向き合いたくないときに無理にそこほじくっちゃ~ツライに決まってる。

パンドラの箱をむやみに開けてはいけないし、焦ってもいいことない。。。開く時開く。

その場ですっきり、なんてことばかりじゃない。心のことは身体よりも深い。本当に必要なところを知っていて、(そこに取り組めないから表面でとどまっている場合もある。)

心のしくみを知ることで役に立つことはあるけれど、癒しが進むこともあるけれどもっと大事なことがある。いや、じつはこっちのほうが簡単にというかシンプルな道。

それは

いま何が起きているのか?を感じること。

自分に起きていることをただ感じること。

 

探そうとせず、消そうとせず、いま、ここで起きてくる感覚やイメージを受け取る。

どうにかしようとしない。ただやってくる想いや感情、感覚を受け取る。待ち受ける。

奥の方にある無垢な自分に気づいてあげて受容する。

まずはそこがないと他のテクニックや技法も結局は宝の持ち腐れになるかも。

意味づけして決めつけて「自分に足りないもの」を見つけて自分をそれ以上傷つけないで。ダメだった自分を探さないで。「ダメなところ→治す⇒楽になる」って思いがちですがダメなところを探さないでいいんだよ~。やることでもっと傷つけないでね。

何もないように見えて、本当はあるように見えるものがじつはなかったり。そんなことに気づくこと。本質の見極めを。

得ようとすると見誤る。観察眼が鈍ったり、視点が違うものを捉えて大切な部分が忘れ去られる。。。陰る。見えなくなってる部分を本当は観る。

いま、自分に何が、自分の中で何が起きてますか?

じーっとそれをみつめて、見つけようともせず、ただ感じる。やってくるものを歓迎する。

 

このかんじがやっと私も理解できてきたんだなぁ。。。

と、いまはこれが一番しっくりなのです。いろんなものをやってきて、いろんなものに出逢って、結局あれもあれもあれもあれも皆ここに行き着いた。

いくら表面だけを変えても、頭で理解しても、やり方を憶えても。。。結局この上で色々なツールが生かされる。そして、まやかしのツールに気づく。

どうぞ、ご自分を信じて。その時は来ます。

 

☆☆☆☆☆

3/18(日) EFTタッピング講座(セルフケア)

https://resast.jp/events/244060

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

触覚の感度を高めると不安体質が

私は自分でもセッションでもエモーショナルリ*バースセラピーを使っています。

開発した高牟禮先生の本で「五感の使い方が偏ると理由なき不安体質になりやすい」ということで触覚がポイントだと説明されています。

「触覚の感度を高める」

これって、タッチングケアとつながるな~と勝手に納得(笑)

そもそもタッチングの作用として皮脳同根として皮膚を触ることで脳のオキシトシンが増えて安心することで心が安定、落ち着く、満たされる、んですね。

これが小さい頃から親に触れられている人はオキシトシンの正常な分泌によって人格形成が健全に働き、「安心感」を得られます。これは大人になっても影響します。ですがあまり触れてもらっていない子供は大人になっても不安が多くなります。これは愛着障害の一つ。

何かにつけてすぐに不安になってしまう体質になる。

でも、大人になってからでも愛着は満たすことができます。心理療法もその一つですが一番気軽で手っ取り早いのはタッチングです。マッサージやスキンシップです。

愛着障害でない人もこれが不足しすぎると不安定になったり、何かとストレスに弱くなる傾向があります。

ですから触れてもらうことは生きている間は人間、動物にとって必要不可欠。

心が安定するんですね。

日本人は特に肌の触れ合いが少ない民族ですから(その分「氣(その場のエネルギー」で交わっていたのだろうと思うのですが昔よりも人と一緒に居ることが少なったので意識的にタッチングや人との関わりが必要です)より一層タッチングが必要。

(だからマッサージ店などが多いのかな~?美容室へも頻繁に行ったり)

そういった意味で私がやりたいこととここでもつながっているな~と感じています^^

リフレクソロジーでもその良さにタッチングがありますのでその面からも心のサポートになれば(いやなるんだよね)いいな~^^

不安やストレスはある程度生きる上では必要ですが過剰になると対処もできないためエモーショナルリバースセラピーなどのボディワークがとても役に立つんです。

そして、マインドフルネスになるってところがポイント。リフレクソロジーもマインドフルネスになれます。身体の感覚に集中できるからね。

ちなみに強すぎる、力を入れすぎるとそれが伝わるのでほぐすための行為が逆効果になります。だから刺激は優しいほうが筋肉にも感覚へのアクセスにも相当なのです^^

本来の状態へ戻ることがリフレクソロジーもマインドフルネスもエモーショナルリバースセラピーも必要だからですね。

それから痛みにもいいです。

慢性の痛みは不安がつくっていると科学的にも立証されています。脳の信号を正常化させるためにも不安を鎮静化させることがポイントです。

エモーショナルリバースセラピーは一回で解決させるようなものとは違います。何度も使って自分の体験を増やして慣れさせて日々使っていく自己探求ツールです。即効性だけを求めると何事もうまくいかないです。(心当たりないですか?(^_^;))

宜しければ体験モニターやっていますのでどうぞ。

通常はセッションの中で適宜必要なときに使うものですが出版記念として体験セッションやっています。通常のセッションは50分¥6,000ですが60分¥5,000、2回セット書籍付きはなんと¥10,000で今月末(2018,02)まで行っています。

同じプラクティショナーさんの感想があったのでアメブロで記事にしました⇒こちら

リフレクソロジーはタオイズム

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

 

タオイズムとは「道教」。全ての存在は自然の一部、全体の一部。

私たちは全てを持っている完全な存在で完璧になろうとしなくていいんです。しようとすると自然の流れから逆らうのでおかしくなってしまうんです。でも、しようさせようという意識が多すぎませんか?とらわれた生き方は刺激的でいかにもそれらしく存在しています。

なぜこんなに「幸福感」がないのでしょうか?日本人は特に幸福を感じている人が少ないそうですが平和で貧困の差もひどくない国ですが自殺者がトップに入るくらいなのはなぜでしょうか?

生きるって、幸せって、本来はとてもシンプルなんです。たまたまリフレクソロジーをやっているけれどリフレクソロジーって自然の摂理だなーってつくづく思うんです。

 

リフレクソロジーは自然療法なので「戻す」だけなんです。

戻すってなんでしょう?

禅やタオイズムは人間も自然の一部としてみるのですがリフレクソロジーも同じだと思っています。自然は自然の流れに任せるのが最善です。全体の一部で二元論はないんです。

だから、意志によって「どうにかしよう」=動かそうとすると自然の流れを邪魔してしまって余計にうまくいかなくなるんです。リズムが狂う。

人間の身体も心もそもそも健康体が崩れるから病気や症状になるんですね。

そして、見えている、現れているもの、箇所に原因があると限らないのに治療って悪いところだけを取り除いて、無くなったように見えますよね?しかも、そのせいで周りの健康な組織も傷つけてしまったことは見ない。。。

確かに滞っている場所を流してあげるというのは場合によっては良い結果をもたらすので必要な療法もありますし、薬だって命の危険があったら飲んだ方がいいわけです。

でも、それだけに頼ったり見えているものだけに目を向けて、考えや行動が偏ったらそれらが毒にもなるということを忘れてはいけません。

すべてはバランスです。この世のすべてにあるものは調和によって生かされています。リズムも大事。

そのバランスには何が必要なのか?それは自然の流れです。本来の自然の流れ、本来の状態が健康体であれば本来の状態に戻るだけでいいんです。

肉体は勝手に病原菌を殺して、勝手に臓器は動いて、健康を保ってくれています。心も適度なストレスがあって生存に対応しています。

自己治癒力ですね。恒常性が働いているから生きていける。

これが自然の摂理。エネルギーバランスで自然の必要な循環です。

 

バランスを崩すのは感情や思考、環境のせいです。だからいま、マインドフルネスになることが脳科学的にもストレス解消になると立証されて瞑想が一般に広まってきていますね。

そうそう、瞑想ができなくてもリフレクソロジーを受けていることで同じマインドフルネスな状態になれることをご存知でしたか?(ゆったりとしたボディのトリートメントはマインドフルネスになりますが刺激に抑揚がありすぎる場合は交感神経が優位になってますし意識は興奮しちゃうのでまた別ですね)

そういった意味でもリフレクソロジーは自然に戻ることを後押しするだけ。

『加えない、足さない、取り除きすぎない』

これが本当の健康に必要なことです。

余談ですが心理学でいう「意識」でも語ることができます。たとえば「自分の○○を変えよう」と思うとき「○○=悪いところ」がベースとして変えたいと思っていると「悪い」に意識がいってそれを現実化させます。脳は単純です。私たちの文章を最後まで理解しません。「悪い」で認識します。「子供がほしい」は「欲しい状態」を現実化します。意識を向けて何かをすることは「どうにかしよう」というエネルギーが働いてしまうのでうまくいかなくなる。

そうです。

「良くしたい=いま、悪い状態」を現実化します。想像が現実を生むんです。

私たちは自然の一部ですからただただ自然の流れに「戻す」だけでいい。最善が起きる状態は自然の状態です。元の状態。本来のあなたに戻ればいいだけ。これって最高の自己受容です^^自分の身体を信じてもとに戻るだけ。

戻す=全体が整う、から症状が必要ない場合は消失します。それだけ。今必要ない症状が出ていたらそれが消えた、、、即効性があったと見えるだけ。必要な痛み(痛みはメッセージです)ならすぐには消えないし、治癒過程なのでプロセスの時期的に消えない場合もあります。でも、自然の状態へ戻る助けをすれば余計なストレスを増やさずにより良い状態へ持ってきてくれる。だから自然の状態へ戻るためにリフレクソロジーが最適だと感じています。

原因を突き止めなくても全体を促すことができれば身体が勝手にやってくれます。

そのスイッチをリフレクソロジーが担っています。

自己治癒力のスイッチが食生活や運動不足やストレスで入りづらくなっているのです。

施術後、身体の変化(「全身が軽くなった!」「温かくなった」「痛みが消えた」など)を体験できるのはリフレクソロジストのおかげではありません(笑)ご自身の身体のおかげです^^何かをしたのではなく元に戻っただけ( *´艸`)崩れたものが本来の状態に戻ってバランスが戻っただけ。

リフレクソロジーがマッサージではないこと、瞑想になること、痛気持ちいとは異なる気持ちよさ、施術後の心身の変化を感じたい方は伝統的なリフレクソロジーをぜひ体験してみてほしいな~。。。(経歴に”ベイリースクール修了”とか自然療法や補完療法というのがあれば伝統的なソフトなリフレクソロジーのセラピストさんかと思います)

※但し、この話は伝統的な手技のリフレクソロジーに限ります。現代的な手技はまた別の目的と効果となります。

 

満月(しかも月食)だから、熱く語ってしまいました(笑)

☆☆☆☆☆

「プロ実技コース」「ホームリフレクソロジスト講座」随時ご都合に合わせて開講!

いつでもご相談ください。

☆☆☆☆☆

介護されている方でリフレクソロジーに興味のある方、介護を楽しくしたい方、ご連絡下さい^^一緒に何ができるか考えていきましょう~