クライエントの死~看取り

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

日曜日のリフレクソロジー勉強会でクライエントの死について話がありました。

緩和ケアや患者さんにリフレクソロジーを施術させて頂いているとクライエントさんの死と立ち合うときがあります。

心の準備と緩和ケアだからこそできること、注意すること、、、

普段の施術とは違う意識が必要になってきます。クライエントとの関わり方も・・・

緩和ケア(重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア)において自然療法であるリフレクソロジーはとても有効なセラピーだと心底実感しています。

「リフレクソロジーが何かを起こす」のではないということはご存知の通りですが終末期の緩和ケアとしては患者さんが、クライエントさんが、良くなることをセラピストが目標にするとか変えるとかではなく、クライエントさんがリフレクソロジーを受けたことでご自分の中でご自身が何かを見つけて頂く、感じることができたらいいな、と思っています。

これは母の話ですが抗がん剤や放射線治療の副作用であっという間に痩せ、衰弱して動かせない身体や薬も効かず一気に浮腫んだ足、、、各種の症状を抱えて、死との不安や抵抗感を抱えて、痛みと闘っていたあの時間。生きた心地がしなかった一年半。

その中で薄れていく「生きている」という実感・・・自分の身体が自分じゃないような感覚のまま死にたくないという虚しさ、口惜しさ。「情けない」と常に口にしていました。それを聞くと何もできない(十分出来ていたのでしょうが)ことに苦しくなりました。

けれど、そんなときにリフレクソロジーをすると「あ~、きもちいいなぁ~~~~~♪」と心から喜んでくれて、痛みも和らいで心も軽くなる、と言ってました。こちらも何か施すことができることで安心できていました。

数年間、癌の末期のクライエントさんとの最後のリフレクソロジートリートメントの時も彼女はこう言ってくれました。涙ぐみながら、

「柔らかい手だな~~~ほんとうに。。。あー・・・キモチいい。」と深呼吸していました。

これがリフレクソロジーができること、なんだと思うんです。そして、これがケアで大切なことです。感じることは生きること。今を感じること。

ケアというのは黒いものを白くすること、病気が良くなることではなくて、どうその方のこころ、病気、人生、生き方に寄り添えるか。特に緩和ケアの方はこれまでの人生が肯定できるような気持ちになる、ということってとーっても大切だと感じています。(母はずーっと苦しんでましたが・・・リフレクソロジーしているとき以外は)

今の状態を感じること、受け入れられるということの素晴らしさ。

リフレクソロジーは本来の状態へ戻してくれる、という自然療法です。治療ではないんです。でも、だからこそ自分の力を感じたりあるがままを受け容れられることができる手助けをしているような気がします。

病気自体をどうにかするのではなく、身体からの変化や調和によって「死」や「生」をクライエントさんが受け止められるってどれだけ心の支えになることか・・・計り知れないですね。

それを何度か目の当たりにしてリフレクソロジーをやっていてよかったなと心底思うのです。。。院内ボランティアの透析患者さんとの関わりにおいても思います。

終末期は治療による(治療されていた方は)様々な副作用や身体の症状が出ていたり、感覚機能が衰えていることがあります。そのため、匂いに敏感になる方にはアロマなどは使えないためリフレクソロジーは私の母の介護の際、とても役に立ちました。(香りが苦手な父や姉にも)

そして当然のことですが、終末期は身体もかなり衰弱しているためトリートメントには最新の注意を払わないと行けません。普段と同じ施術ではなく医師との連携も必要です。

終末期のため偶然にもトリートメント後に死亡されるケースもあることがありますがこれは覚悟しておかなくてはいけないことです。

トリートメント直後による死亡の場合、トリートメントが誘因となり亡くなったのでは?とどうしても頭によぎることがあるでしょう。それは稀ですし、そこは追求することではないかな、と思います。でも、「元に戻る」ことは身体にとって最高の状態でそれが自然です。

より良いトリートメントができていれば、それに勝るものはありません。セラピストの手とクライエントさんの足(手)とつながりによって、エネルギーが循環して、心が通ってお互いの関わりによって安心感などの何らかの心地よさを感じてもらえること、、、。

リフレクソロジーによって巡りが良くなって、身体の機能が動いたとき「生きてるんだ」ってクライエントさんが思えることって浮腫みが一時的に改善されるよりも、何よりも尊いなーって思うから、それを感じてもらえる施術をしていきたい。

死の淵にいるとき、とても怖かったり、孤独になる。覚悟ができた人は恐れはなくなるようですがどちらにおいても誰かが傍にいたり、一緒に寄り添ってくれていると感じることができているのは「死」自体をサポート(後押しではない)しているような気がしました。

そんな活動ができたら、一人でもいいから感じてもらえたらいいな~と思うし、家族が看取りとして出来たらより一層いいな~って思うのでホームリフレクソロジストを沢山作りたいんです!!!介護だけじゃなくて家族全員にも自分にも使えるしね^^

あと、これだけは忘れないでほしい。病気も死も悪じゃないし、そういう人を「無力な人」と思って接するのだけは本当にやめたほうがいい。誰も無力じゃない。無力だと思うから「可哀想」とか言葉を選んでしまったりする。。。って、私もまだまだだけどね。

 

☆☆☆☆☆

双葉 4/22 ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/254657

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

広告

ハンドリフレクソロジー

(アメブロからお越しの方は★からお読みください

土曜日にリフレクソロジーの勉強会&復習会がありました。

実技の復習はハンドリフレクソロジー!

先生の症例報告で色々と思う事と重なり・・・おっしゃー!とすぐに熱くなって行動する射手座(笑)

私も花粉症かハウスダストか鼻水が最近出るので実践・・・

お。いい感じ~ラブラブ

EFTやエモーショナルリバースセラピーもやってましたが合わせることでさらに即効性があるような。。。

ハンドリフレクソロジー侮れません!!!

しかも、病室や病院の待合でも施術できますし、(経験的に)

親子の無言語な会話としてもいいかも。(長々居ると親と話すことも尽きてくるからちょうどよかったのですw)

もっとハンドリフレクソロジーをやるぞ~~~と思って燃えてますメラメラ

施術でも行いますし、講座もやりまーす!

スクールの実技には入ってますが別にホームリフレクソロジストのハンドVer講座を作ります~^^

一日講座を5月に開講します!!!

その前に無料体験会だ~

ということでこちら⇒詳細⇒リザーブストック

 

☆☆☆☆☆

 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

お茶会(瞑想やお話)

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

お金と自己価値の関係

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

先日、バイロンケイティワークをして気づいたことがあります。

お金に関するワークをしていたんですがどうしても子供の頃の母親との記憶が出てきます。

母にお金を貰いに行くのが大嫌いだったんですね、、、

で、

そもそも存在を望まれてないと信じて居た幼い私は「お金をもらってはいけない」と信じてたので罪悪感と共に愛されてないという現実(自分で創っている)をその度に目の当たりに(自分で)するんです。

これは自分で思い込んでるのでお母さんのキモチまで想像したものを信じています。

「母は私を愛していない」で、「だからお金をくれるのも嫌なはずだ」「お金を払わせてはいけない」「お金の話をすると不機嫌になる」となっているわけです、私の頭の中では。

お金と自己価値がイコールなんですね。

そうするとどういう思考になるかというと・・・ね?お金へのブロックが見えてきます滝汗

「私には価値がない」⇒お金をもらう事への罪悪感

「親が買ってくれない」⇒私に存在価値がないから

存在価値って、生きる上での3大恐怖の一つです。

これとお金がつながっていたら・・・

お金を貰ってはいけない、とか、私にはお金が入ってこない、という思考(信念)ができていたんですよね~(;・∀・)

存在価値のない私は「お金を貰って親に負担をかけていけない!」と信じてますから欲しいものも欲しいと言わない、おねだりもしない、という子供時代でした。

これはもう前に気づいてて、じつはその他にすごい大切なことに気づいて号泣しました。それはまた次回お話しますね。

子供だってお金、必要ですよね?電車賃とか給食費とかお小遣い、交際費、、、それを親にしぶられたらめちゃくちゃ「どうしよう!!!」って子供は困ります。現状を把握しようと脳はするのでこの感情や状況を処理しようと「愛されてないんだ」とか親のキモチを勝手に想像して判断してしまいます。それが真実かどうかなんて確認せずに。それでずーっと生きてきました。

公立の高校に入学し、定期代も自分でバイトして払い、大学もあきらめました。

でも、親は別に何も言ってなかったんですよね。私が勝手に思い込んで生きてたんです。そして、それは成人してからも続きました。「絶対にお金はもらってはいけない。自分で稼ぐもんだ」。。。

でも、色々な向き合いを経て、自己肯定感が上がるとともにそのブロックが緩んできました。

すると、買ってもらう、ごちそうになる、ねだる、なんてことができるようになるんです。じつは自分がお金の循環を止めていただけだったんですよね~

お金のブロックって多くの人にありますよね?私もまだまだあります。

「お金がないと生活できない」

「お金がないと生きられない」

「お金は仕事で稼ぐもの」

「お金が欲しいと思うのは卑しい」

「自分のお金じゃないとダメ」

「金持ちは幸せだ」

などなど。。。

でもじつは、お金があっても自己価値が低かったら「まだ足りない」とずっと必死で働いたり、求めたりしているという話もあります。全然幸せじゃない。

反対に、自分を認められているとお金がなくても幸せを感じる日々だったり。

お金って、=幸せ、ではなくて自己肯定(自分が自己価値を受容している)があるかないかのほうが人生には必要なのかもしれないな~と感じます。

愛されていることとお金を勝手にくっつけていた子供の私。。。

本当は「愛されていた」とワークで気づくたびに心の鎖が解けていきます。沢山縛ってきたんだな~とインナーチャイルドを愛おしく思います^^

そんなことから一歩一歩解放されて色んなことを学ぶのが人生なのかな~

でも、お金が欲しい!と思っている自分ももちろんいます^^

お金がなくなる!という恐怖もあります。

でもでも、基本的には「楽しい」と感じることや「天命」に従って生きることを基準に生きています。

価値があるから入ってくる、のではなく、価値があると思えるから「お金」(お金以外でも肥やそうとします)を必要としない、というのがしっくり来ているかな、、、今の段階では^^

お金があることが偉いわけでも楽しいわけでもないですよね。

豊かさは心の中にあって、それを基準に行動することで結果的にお金が入ってくるんですよね~(きっと)

確かにお金がないとイライラしたり、心が豊かじゃなくなるというのは確かですけど結局循環させていないとお金は腐るんだろうな~と思います。生もの。わ、感情といっしょだね(笑)

お金って物だけど、人と人をつなぐエネルギーなんだな~と深く思う今日この頃です。

 

☆☆☆☆☆

双葉 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)⇒4/26&27

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

感じる=生きる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

 

コンサートへ行ってきました^^

コンサートって五感を刺激するから最高ですね!本能を呼び覚まします~

感じてますか?

「ストレスがたまるから・・・」と人との接触や感情を感じることを避けているとどんどんツラくなってくる。たまに爆発する。

余計なものを感じて大切なものを感じなくなっている?

そんな方へ・・・

 

感情・感覚を感じることを避けてませんか?

色々なプレッシャーやストレスがあって、いちいち感じていたら大変!と思ってませんか?

するとそれが当たり前になって、即座に蓋をできるようになって、習慣化されて無意識にやるようになって、やっているなんて思うこともなくなって、たまに「あれ?」と気づくけど、どうしてだかわからなくて、「なんかモヤモヤする」という原因不明、特定できない違和感、不定愁訴、「理由がない不安」に襲われる。孤独、怒り、やりきれなさ、ちょっとのことでキレる、何かの拍子に涙が出る、爆発してしまう、何も感じないのに人生がつまらないことは確かとかいつも責めているとか(自分または誰かを)。。。

少し、休みませんか?

こんな想いないですか?

”悩みなんてない、私が悪くない、元気だ、会社が悪い、あいつが悪い、どうせ変わらない、面倒くさい、感じたくない、時間の無駄、言ったってしょうがない、大人なんだから、我慢、コントロールしなくちゃ、どうにかしよう、、、”

一つでも、思い当たる言葉、似たような言葉、ありましたか?

相当、溜まってる(◎_◎;)

 

感じないようにしてきてませんか?

でも、感じることが人間には自然の摂理として必要なんです。しっかりと感じてあげないと要らない感情まで残って、腐って、臭ってきます。まるでうんちですね(いつもすみません)。

滞ってきます。すると身体にも影響して症状に現れます。

感じてあげることは怖くないです。むしろ、きもちいいんです^^

日々の中で、五感を刺激してあげてください。

綺麗なものを観たり、音楽を聴いたり、誰かに触れてもらったり(美容室とかマッサージとかセックスとか)、風を感じたり、美味しいものを食べたり、、、

五感が鈍くなると不安が増して、ストレスになります。

ストレスを取り除こう、消去させようとしなくてもだいじょうぶ。気持ちよさ、心地よさを感じるだけでもだいじょうぶ。

自分を生きること。感じること。思考でなく感覚。

春だし、外へ出てみると沢山のものがあなたを迎えてくれますよ^^

冬に溜めた毒を出す時期です。春の植物を頂いて、排泄しましょう~

 

 

☆☆☆☆☆

双葉 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

 

とことん偏っちゃう?(笑)

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)
ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

一度とことん偏ってみません?

偏らないことがいいよ~ 受容だよ~と言ってますが分かってても今まで白黒どちらか思考!の方、完璧主義タイプ、自己否定ある人、

は「むーりー!」って思うかも。

だったら、とことんそれやっちゃえばいいんだよ!ぷ

自分を全否定してみる

自分を全肯定してみる

中途半端にやらないで意識を持ってとことん(笑)

『自分に優しく、って言われたって無理!』という人だったら一度とことん自分を嫌ってみませんか?

これ、気をつけてほしいのはどっちかだけじゃなくてどちらも順番にやってね。納得いくまでやってみる。(一日集中して)

いつも無意識に否定するのを意識的に全否定して、その後にいつも都度ポジティブに変換するというのを一度に沢山肯定するんです。

例えば、、、

「ダメな私」が出てきたらとことんダメさ加減を味わう、出す。「○○もダメだし、これもできないし、そんな私は・・・」と思い存分出す。(頭の中でもいい)

十分出し切ったなーと思う前に気づくでしょう。そこに反抗する自分、或いは違和感を。

(感じない!という人はきっとまだとことんやってないからなので再度チャレンジ!)

ね?

肯定する自分、出てきませんか?「いやでもこっちはできてるかな?」とか「そこまでひどくないよね」とか(≧▽≦)

そしたら、今度はじーっくりと肯定する自分を考える、とか、とことん出す。ノートに書いてもいいし、イメージしてもよし。

とことんやり切ってみると、きっと始める前とは違う感覚、感情になっているはず。。。違う思考が展開していたり。。。

 

「自分に優しく」「白黒つけずに」「自分をありのまま認める」「偏るな」「調和」「ポジティヴ思考」・・・てのを「やろう」とすると無理があります。だって、それができなかった自分がいるからそれをやろうとしているわけですから(笑)意識は「やらなくちゃ!」になっていて、となると同時に「やれないかも!」って思っちゃうんです。すると何が起こるでしょう?

不安になるんです。それがストレスになる。だからまた「あーん!できないよ!完璧にできない!」となっちゃって、また同じことを繰り返すんです。

どうして起きるのか?それは頭ごなしにやっているから。腑に落ちてない。体感していないんです。体験したことじゃないと納得なんてできないんです、肚の底から。

 

じゃあ、どうやって体感するか、というとセルフワークでできることもあるけどやっぱり自分だと行き着かないことがあるのでセッションなどやるといいですがハードルが高い人はその前に『とことんワーク』をやってみて下さい。ダメだと思っていることをやってみると何が起こるかな~

あ、何気にいま自然に命名しちゃった(笑)

とことんワーク!

さておき、、、

自分の思考って自分が創ったものだから、いつも見直してみることが大事なんですよね~

本当の調和はやるのではなく、起こすのではなく、あなたが本来のあなたに戻れば勝手に起きるんです~。ポジティブもネガティブもどっちもあって当たりまえ!

きっと、白と黒の間を観たら「その間にも答えがあっていいんだな~」って思えるようになって、どちらも大切でどちらもどれも、自分なんだな~と自分に慈悲の心が意識できたらあなたはもう正気に戻った証拠ですよ( *´艸`)

 

☆☆☆☆☆

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

”する”をやめてみる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

3日前に下書きしたブログ。なのに、まるで昨日のこと、今日の出来事とつながる。。。誰かに贈る言葉になる。

そんなことが多いんだよ、本当に!!!不思議ですね~。

さて、

やりすぎてませんか?こんなことないですか?

・休みの日に必ず予定を入れてリア充感じる、、、

・旅行であれもここもと観光して疲れる、、、

・経験を増やそうとインプットばかり、、、

でもこれって・・・滝汗

本当に必要なものは?「無い」の価値、必要性。。。

頭は満足しているけれど、身体は全然休んでない(笑)

それは本当に休日なんでしょうか?

写真撮ることに気を取られて実際の風景を感じることがなかった、とか

何かをするということに意識が行って一番必要なことを忘れてませんか~?

何かしすぎてないでしょうか?走り続けてないですか?

何かをしなければソレをつかめない、得られない?いえいえ、何もしないことがいいときもあります。

う~ん、休もう!( ̄▽ ̄)

休むのは休日何かをやって充実させる、のも大切ですがそればーっかりではなく身体も心も休ませること。何もしないってことをする。「何もしない」が最高の贅沢。

資格も沢山取れば身になるか、セミナー沢山受けたら経験になるかといえば、、、違いますね?実際にそれを使ってみないと宝の持ち腐れで本当に腐ってゴミになります。インプットしたらそれをアウトプットすることで初めて生かされる、身につくんです。

身体もそうです。

沢山の治療や薬をやれば治るのではありません。沢山やればやるほど身体には負担になります。刺激ばかり与えても身体も困惑するかも。休ませるために病気になってくれているのに刺激与えてしまうと逆効果です。「戻る」時間が必要です。本来の身体に。。。元々の自分に。

これは自然の摂理です。恒常性。施術も一週間空ける、というのは身体の自然のシステムを崩さないように、せっかくの施術を無駄にしないように、ですね。

アロマテラピーでよく言われるのがアロマのケアを行ったら必ず「休ませる期間を持つ」んです。いくら身体にいいもの、症状のために行っているものでもずーっと身体に使うというのはかなりの負担になって逆効果なんです。(解毒機関である肝臓や腎臓に最も負担)

疲れているときは睡眠をとること。休みこと。恒常性を保つこと。

体にいいからとインプットばかりするよりも余計なものを排泄(アウトプット)することのほうが健康を保つには最適です。

インプットはその後の処理を行わなければいけませんからそれだけエネルギーが必要になります。ずーっと平常ではない状態を行うとストレスなんです。ストレスとは平常でないものがストレスなので良いことでもストレスになります。

確かに楽しいことはいいことなんですが延々と楽しいことをしているというのはもしかしたら不安を埋めるため、かもしれません。予定を埋めないと落ち着きませんか?

体にいいこと、心にいいこと、ってなんでしょうか?

本来、「毎日楽しい!」なんてことはなくて、不自然です。そんなに楽しいことばっかり詰め込んでるとじつは興奮状態で気持ちよくなるかもですが平常は「まあまあ」が自然かな~と(笑)

あっちへ、こっちへと、色々楽しいことをするのはとても素敵なことですが休むことも時には必要で、やらないということが実は目標のために不可欠だったりします^^

やらない、という決断もしてみてはいかがでしょうか?

本当に必要なものだけを取捨選択しましょう。

沢山やればやるほど本質から遠いちゃうから。今の自分、現状を見つめ、認める。

足りない足りないと動いてばかりいないで「不足しているものは何もない」ということに気づくと自然と自ずと必要なものが湧いてきます^^

WEB→http://hsrecare.com

☆☆☆☆☆

双葉 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

​​​​​​​

 

男女の差はあっていい(平等って全部同じって意味じゃないよ~)

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ホリスティックスタジオ・リケア長浜です。

女性って、本当にホルモンに支配されてるんだな~って、最近つくづく実感しています💦

年齢が年齢なもんでね~

これほど体調に左右されるって女性って相当大変なんですわ💦

それを理解しての男女平等があると思うんです。

男女平等って権利が同等って意味なのに「男女ともに同じことをすること」と勘違いしてイメージされている人多くないですか?

だから会社でも女性の管理職が男性に負けじとがんばって疲弊している・・・

ここ、違いますよね?!

だって、男女って明らかに違うんです!身体も考え方も!脳も!

なのに、何もかも「同じ」ことを強要されるのって平等ってこととは違う気が・・・男の社会に女が合わせてどーすんの?!(◎_◎;)

女性の更年期って閉経前後10年間と言われますが私もいよいよかな~?(誰もがなるわけでもないし、症状もそれぞれ)と感じたできごとが。。。

それは「なんとなーく体調がおかしい」のです。。。今まで生きてきてこういう感じはなかった。なんだろう?と思ってて、ケアによる解離のせい、もあると思いますが先日確定しました(笑)

ホルモンです!

直感ですが(;・∀・)

女の直感ってやっぱりこれまたホルモンだと思うのよ。。。

ホルモンの状態ひとつでここまで体調不良から心の不調まで起きるんだなーと実感したら女性って本当に大変すぎませんか?!って泣けてきた。。。生理が10歳前後から始まって55歳前後まで毎月あって、その都度PMSとか悩まされて、イライラだって自分じゃどうしようでできなかったりして・・・

それなのにかなりがんばっている女子たち・・・(まじ滝涙)

社会進出できて男女平等均等法もできたけど、働きづらい環境、生きづらい世の中もまたあったりして。。。

こんなに繊細な身体なのに酷使して、子供産みたいときに産めなくて、自分のせいにされちゃったりして、、、そもそも人材として雇っているわけだから働きバチじゃなくて人間としての営みをさせてもらえないっておかしいと思うのね。

会社の型に合う人材を探す時代じゃなくて、会社が人材を育て上げることでAIにはできないことや人間だからこその仕事って生まれると思うの。

今まであった男性中心のやり方に女性を当てはめようとするからおかしくなる。

だって、男女の身体って全然違うんですよ!機能もホルモンも何もかも!!!

だからこそお互いを補い合ってうまくいくんです。違いってそのためにあるの。

みんなが同じことを目指すんじゃなくて、そもそも同じ中にあって違うものだから補い合って生きる共生することが幸福なんですわ。

女性には女性ならではの、男性には男性だからこその、才能、力、機能がある。

そしてそれは個人差によってさらに助け合い、補い合う。

すると、そこに尊重が生まれて、尊厳が生まれる。

これこそが平等って言う意味だと思うんです。。。

だから、男女の差はあっていいんだよ~~~

差があるからいいんだよ~

差を無くそうとするのはおかしなことになる。

男女の差別ってのは「男だから荷物運べ」なら全うなわけ。そこまで差別なくやるっておかしいってのが明らかでしょ?(笑)

男女にはそれぞれ性別以外に女性らしいもの(育む性質や母性)、男性らしい(養う性質、父性)がありますが性質は個人によって様々。それらの性質は男女別、個性で活かせるものですね。量やバランスによっても違いますが明らかなのはやっぱり女性はホルモンによってかなり敏感に色々事を察知したり、体調に影響するということ。男性は普段はそういったものはないけれど我慢強い人が多くて鬱になりやすかったり、メンタル面でも女性と違って発散しにくい環境にあったりで孤独感が強かったり。。。男女ともに弱いとこ、強いとこがそれぞれある。

でも、「男なんだから泣かない」とか「女の子なんだから上品に」という躾はノンノン!それは違うよねーーー。そういったことから差別って生まれてきてるのかも。。。代々継承💦

身体の違いって生きていく上で重要ですよね。違いを補い合っていくことが必要です。

女性の男性性が強くなってホルモンが変化して子供が産みにくくなったり、男性の女性性が強まって精子が軟弱で妊娠しない。。。不妊は男性が原因ってことがじつは多い現代。。。

若い人たちが恋愛したくない、というのもロマンスが欠けてきたから。

そもそも備わっている身体の機能が異常事態になってしまっているから。それは食事やストレスや外的な環境によるもの、思考や意識による内的なものなど様々な理由はあるけど、正常な機能が行われていないと判断も正常にできなくなって、例えばフェロモンも感じにくくなる。

ストレスが多いと五感が鈍るというのも一理あるけれど、このフェロモンってやつは無意識に反応して自分と出来る限り異なる遺伝子を持つ人を選ぶから子孫を増やしやすいと言われています。だから、あまりに嗅覚や触覚が鈍っていたりホルモンのバランスがおかしなかったりすると正常に働かないので判断を誤ったりするんだよね~。

(香水つけすぎるのもNGかも~)

男性と女性、どうして分かれているのでしょうか?そもそも生殖がこの世の摂理です。

それがなくなると人類が滅びる。。。きゃー。

話を戻して・・・

男女って差があるからこそ、いいんだよね~^^

その差、感謝し合えたらどれほど色々とうまく行くんだろうな~。

セクハラだって、(一部の明らかなひどいものは除き)判断のつけづらいものまで目くじら立ててても何も解決しないし、それどころか女性自身が不幸になっていく。。。

センシティブな問題だからあまり文字では語れないんだけどね。。。

女性の権利、男性の権利、どちらも(身体が男女逆、心も男女逆とか)の権利、いろいろあるけどとにかく女性はホルモンに支配されまくってて、自分で元気でありたくても居れない時もあったり、男性もケンカしたとき何も言わずに逃げてしまうのは感覚の違いだからそこを女性が理解しようとしたり、とお互いの脳や身体や性格、性質の違いを尊重できると本当に喧嘩も減るし、離婚も、不妊も減るかもな~、、、と思う春の日でした。

あー、気持ち悪いものが体中をうごめいているわー💦これが更年期ってやつね、きっと(笑)

でも、アロマもリフレもあるから心強いのでしたぁ( ̄▽ ̄)ふふふ

でも、でも、もっと優しくしてね💕男性諸君!そして、女性諸君も男性に優しくしてあげて~~( *´艸`)

 

☆☆☆☆☆

双葉3/25 EFT講座

https://resast.jp/events/244060

双葉4/22 ストレスマネジメント講座「セルフケア」

https://resast.jp/events/251448

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876