介護士さんが居なかったら・・・

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

一周忌だったので母の話が多いですが父の話も。

くも膜下出血で片麻痺の父は病院、施設、様々なところへ行きました。

 

老人施設は認知症の方も多く、父はそれが大変だったみたい。自分のものを持っていかれたり、まだ61歳ということもあったし、自分の身体が自分の意志で動かせないことのメンタル的なストレスもあったのです。

でも、いつも助けてくれたのは介護士さん。彼らが居なかったら父はいま、生きていなかったかもしれません。。。

介護士さんはスゴイです。下の世話、介助、食事、話相手、、、日常のすべてをやってくれます。

いつも感謝していました。本当に大変な仕事だと思います。この仕事をやってくれる介護士さんたちを神様のように思っていました。

いつも笑顔で、元気に挨拶してくれて、すべての世話をしてくれて、声掛けもしてくれて。。。父なんて脳の神経のせいで夜中に10回トイレへ行くこともあり、結局おしめになりましたが始めは慣れずに本当に大変で、、、

「コールを鳴らしても来てくれない!」と怒ったり、そのせいで「イジメられている」と怒鳴られたことを訴えたりと施設ごとでもいろいろと事件は絶えませんでした。

介護士さんも人間ですからいつもニコニコというわけにはいきません。それに認知症の方は本当に大変です。。。急に罵倒されたり、殴ってきても介護者さんたちはやり返せません。ずーっと一日中大声で「あー!あー!」と叫び続け居ている入所者もいます。

私たちの想像を超える大変な仕事です。実際に体験してませんが父のところへ行くだけでもその苦労が本当に伝わってくるので実際は相当だと思います。

命をつないでくれている介護士さんやヘルパーさんが居なかったら私だって生活を送れない。。。本当に感謝しかないな、、、と思います。

父が10年以上生きて来れたのも、明るくなれたのも、リハビリをあきらめなかったのも介護士さんたちが居てくれたから。

性格が合わないとか色々とあるけれど彼らには感謝しきれません。いつも笑顔で声をかけて下さるだけで父の支えになってくれて、わがままを聞いてくれたり、父の麻痺用の介護用品を手作りしてくれたり、人が好きじゃないとできない仕事。。。

介護士の事件が増えてると報道されてます。本当に悲しいことですね。介護士さんたちが悪いと短絡的に考えるのではなく、人間誰でも過酷な状況下にいたら自分を見失うことや心の余裕がなくなってバランスを崩すこともあると思うんです。だから、環境や体制を変えて少しでも過酷な労働にならないようにお互いのために変わっていくといいなぁと思うんです。

私にもできること、ないかな?と思う今日この頃です。。。

 

☆☆☆☆☆

介護リフレクソロジーミニ講座

1/28(日)14:00-16:00

詳細はこちら

ホームリフレクソロジスト講座

1/25・26

詳細はこちら

 

広告

親の肌に触れる~肌で会話する

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

親の肌に触れる、、、「なんて恥ずかしい!」と思う方も多いかもしれませんが

そんな時こそ、というか今のうちに触れ合ってみるのもいいのかも。

「親になんて絶対に触れるどころか会いたくもない!」という確執がある方もいらっしゃるかもしれませんが親との関係が悪かった人こそ親が生きている間に触れておくといいです。

好きな人と手をつなぐと、呼吸や心拍がシンクロして「痛み」も和らぐ:研究結果

こちら↑の研究は親ではなくパートナーとの結果ですがいがみ合っていたとしても親子はやっぱり親子。

触れ合い(タッチング)によって実際の会話ができない関係でも触れ合いによって会話ができて心が緩んでもしかしたら仲直りできるかもしれないし、仲直りしなくても少しでも心が癒えるかもしれません。。。(以下、私の経験談書いてます)

そんなことにも興味のある方はリフレクソロジーで親子のコミュニケーションを改善してみませんか?私も母親がなくなってからも素敵な想い出として残っています^^

リフレクソロジーなら「練習台になって!」と気軽に触れるきっかけをつくってくれます^^

☆☆☆☆☆

1/28 介護リフレクソロジーミニ講座

https://resast.jp/events/234652

1/25・26 ホームリフレクソロジスト講座

https://resast.jp/events/238122

親子だけに限らず、↑のリンクでもあるようにパートナーやお子さんとのコミュニケーションでお困りの方にもいいと思います。

タッチングの効果は計り知れません。心が安定すれば身体にも影響します。

昨日は母の命日でしたが私の姉は母の介護でとても辛そうでした。

姉(長女)と母は介護が始まると常に喧嘩を繰り返し、私は姉の母への愚痴を聞き、母の姉への愚痴を聞いて心が苦しくなっていたことを思い出します。

私も母と確執がありましたが私の場合、ヒプノセラピーや自己探求によって解消しつつあったことやリフレクソロジーやアロマテラピーというコミュニケーションツールと心理の知識のおかげで「母に愛されてなかった」が「愛されていた」と思えるようになって、「これから母とたくさん思い出をつくるんだ♪」と想えたんです^^

でも残念ながらそう気づいたときには母の病気が発覚して一年半であっけなく逝ってしまったのですが。。。

でも、心残りはないんです!だって、沢山介護でケアして母と今までできなかったことができたから^^それにリフレクソロジーが大活躍して母が症例となってくれたことを皆さんにシェアできるから!

沢山、リフレクソロジーやアロマで母と対話しました。身体が緩むと心も緩んで話してくれなかったことも聞けたりして、後悔は一切ありません。

残念ながら姉は最後まで母と喧嘩していました。また介護のブログでお話しますが、、、

姉と母に少しでも関係を改善してもらいと在宅介護の一ヶ月の間、姉に母のマッサージを勧めましたが姉は「触れたくもない!」と拒絶するくらい悪化していました。実際に介護になると余裕がなくなります。母も身体が弱って心に余裕がなく、姉も疲れて余裕がありませんでした。

大好きで仕方ないからこそ、姉と母は最期まで頑固にお互いを憎しみあっていがみ合ってました。(でもその分、姉の子供たち(孫)が母の足をケアしてくれていたんですけどね^^)

これは私の家族の話ですが親子の関係ってそれぞれですよね。でも、家族ってやっぱりどんなに関係が悪くなってもやっぱりつながっていて離れることはないと思います。

その時は素直になれなくても、行動とは裏腹にこころの中では相手のことを思っているものですよね。でも、素直になれないとき、大人になってから恥ずかしいものです。。。

そのきっかけとしてリフレクソロジーがあれば足(または手のひら)ですし、材料もないし、どこでもできるし、寝ている間に「ちょっと触らせて」と気軽に声をかけることができます。心理的に足だと抵抗心が低くなるので受け入れてくれる可能性が高いです。

しかも、高齢になると血流が悪くなることにより様々な症状が出るのでリフレクソロジーで血行、代謝を回復させて、その上キモチイ~なんて最高のケアということを母の介護で経験したので各家庭にお伝えしたいな、と講座をやっています。

リフレクソロジーは施術者の手さえあればどこでもできるし、身体への負担も少ないので病院や自宅でできて、しかも、タッチング効果も家族ならより一層安心感があるので増量されるでしょう。身体のケアとしてもメンタルのケアにもとてもいい^^

そして、介護者(施術者)も癒されるというのが素晴らしい点でもあります。

なんで癒されるの?と思われたらまずはミニ講座で色々なんでも聞いてください~^^

 

そしてもし実際に介護の現場に来てほしい!どうやってやるか分からない!という要望もご相談によって承りますのでお気軽に問い合わせくださいね^^

介護だけに限らず、親との付き合い方や将来の不安をお持ちなど、色々とお声をください。

☆☆☆☆☆

1/28 介護リフレクソロジーミニ講座

足から心身の状態をチェック/介護の話/リフレクソロジーについて などなど

https://resast.jp/events/234652

1/25・26 ホームリフレクソロジスト講座

<2日間で手技をマスター>

https://resast.jp/events/238122

 

アラフォー&アラフィフ女性限定お茶会『女性の健康と性』

先日、ケイティワークでお知り合いになった方とお話していて飛び出したこの企画!

この歳になると年々身体の衰えを実感したり、将来への不安が湧いてきたりと色々と大変なお年頃、、、

身体に変化が起こって将来への不安が起こる時期でもありますね~キョロキョロ​​​​​​​

 

だから同じような気持ちをお持ちの方や同年代、はたまた年代関係なく女性としての悩みに共通点がある者同士(当日にならないとわからないけど!大体縁が深い人が集まるからこれまた面白い~( *´艸`))で集まってわいわいと普段話せないような、絶対に公言できなさそうな(そうじゃなくてもいいけど)そんな話をしちゃおうか!みたいな企画、、、

どうなることやら💦(;・∀・)

でも絶対に楽しい。でも私は一般的な女子の集まり的な上辺っ面の表面だけの会話(あ、毒舌ごめん)が苦手なので当日はそんな風にしませんので同じ空気を持った人が集まるはず~

ご心配なくお気軽にご参加ください^^

さて、改めまして、

タイトルですが数字で表記するのはあまり好きでないのでアラフォー&アラフィフとグレーな表現にしましたが熟年期へ向かうときの葛藤や女性ならではの悩みをシェアして話すことで色々な気づきやストレス発散しませんか~?

 

もちろん聞いているだけでもOK!

無料ですのでお気軽にご参加ください~^^
※勧誘などは一切ありませんwご安心を!

詳細申込ページへ

無意識さんの力

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

こちらの本を読んでヒプノセラピーのセッションを無性にやりたくなった(笑)のでキャンペーンやっちゃう!詳しくは文末どうぞ^^

自分が自分らしく、気持ちよく生きるためには考えを失くすこと(;・∀・)

自分でよ~く考えて生きる、決める、行動する!と思って生きてきたのに実はそれが逆に自分の人生を阻んでいたなんて!!!

ということがよくわかります(笑)

さて、無意識ってなんでしょうか・・・

無意識は情報の倉庫!過去の経験や知識、感情、すべてしまってある場所。

「無意識に歩き出した」のように、「どうやって帰ったか憶えてない飲んだ夜のように」

「しよう!」と思っていちいち指示を出していたら行動するのにすごく時間がかかってしまい日常生活に支障があります。歩こうと意識するとなんだか手足が一緒に出ちゃったりして、うまく歩けなかったり、トイレだって「トイレへ行くにはまず・・・」なんて考えたらもれてしまいますからね(笑)

意識はコントロールできない。(えー!!!)

分かりやすいのは『リラックス』です。

無意識が行動のほとんどを左右していると言えますが意識(思考)によって『リラックスしよう』とすると余計にできない。『落ち着け!』と思っても余計に緊張する。

本当は身体は環境に合わせて全部やってくれているんですよね。それなのに自分でどうにかしようとするとうまくいかなくなる。。。意識が邪魔しているんです。

「効率を考えることは脳を老化させる」と脳科学で本に書いてありましたがこれってあれこれ考えて脳を使い過ぎてしまって疲弊させているんですよね。

直感が一番の答え、というのも考えることで真実が歪められていくので初めに想ったこと⇒直感⇒無意識こそが自分にとっての最善の回答である、というのは納得できます。

考えない、が一番だ、なんて言っても考えちゃうものですが(笑)

考えないって言っても思考が数珠つながりにぐるぐるするようなこと、です。

逆に感覚を感じて思考しているときはマインドフルネスになってますよね?

ヒプノセラピーの誘導をしているときって「身体の感覚」に意識を向けているのでこのときってマインドフルネスになってますなー。

だからキモチイイ~。集中しているので眠くなる。α波の状態。究極にリラックスしています。

(ヒプノセラピーって前世が知れるってそんなファンタジーな世界じゃないです( ̄▽ ̄)でもまだまだヒプノの良さの半分も使いこなせてないのでこれからもっと深めたい!)

意識が暗示をつくって無意識に働きかけていることもありますよね。

遅刻しちゃだめ!と思うと遅刻しちゃうのはいい例。これが日常なのかも。すべて催眠状態(笑)じつはヒプノセラピーは催眠に入るのではなく、催眠を解く療法なのかも!

無意識さんってスゴイ~^^

でも特別扱いはいけない。特別だと思うと意識になる(笑)(てわけわからなくなってきた!)

「人間は考える葦である」なんて考えてる人間が考えたこと(笑)考えなくても生きれる?(笑)そのほうが楽に( ̄▽ ̄)考えすぎないことが生きるにはいいのかもね^^

本当は意識的に何かをするより無意識さんに任せて委ねておけばすべていいのかも~^^

とはいえ、催眠=トラウマにつながっていくからまたまた複雑に~。いや面白い!

絶対おすすめの一冊です!

 

でも、「本を読んで知識を得ようとしてること自体知識は得られなくなる」はショックだった(笑)

どんだけ本ばっかり読んでるでしょうね、私は!あはは~

 

結局、意識は「決めつけ」ですからその後「いい悪い」が出てきてそれが現実だと思い込んで行動するのでうまくいかない。ってワケなので自分の判断を信じ込まず、すぐにどうにかせず、一旦、決めつけている感情や想いがどこから出てきたのかを問いかけてみながら無意識に戻ることをやっていると無意識で生きれて楽になっていくらしいよ~^^素敵ですね!これはケイティワークや問いかけワークに通じます♪

どちらも日常的なセルフワークには必須のアイテムです~^^私は出会うまでかなり時間かかったけどー(笑)人それぞれのプロセスで最善が起きてますね~

☆☆☆☆☆

せっかくなのでヒプノセラピーのセッションキャンペーンやっちゃいます~^^

2~3時間 ¥18,000⇒1月中に限り ¥15,000 <税込>

ホームページはこちら

におい展、行ってきた!

池袋パルコで開催されているにおい展へ行ってきました~^^

いい匂いから臭い!ものまで展示されていて実際に嗅げる展示(笑)

変態しか行かないマニアックな企画(笑)

もちろん、私はアロマセラピストとして行っておかないと!

という使命感で(なんてね)行ってきたよ滝汗

 

臭い香りはドリアン、くさや、足の匂い(笑)、臭豆腐、シュールストレミング、加齢臭、

良い香りは花、精油、コーヒー(これはリセット用)。

一番いいと思ったのはコーヒー(笑)(なんでやねん!)

男女のフェロモンは微妙でした~💦

足の匂いは「ああ、これこれ」と(笑)

イリス(アイリスという花が一番いい香りだった~✨)

香水には動物の原料も昔はありましたが「これ精油みたい」と植物にそっくりだったりして、テルペン系アルデヒド類?と頭が忙しかった・・・(笑)個人的には霊猫(レイビョウ)は花の香りみたいでOKだったけどマッコウクジラは苦手でした(笑)

展示物は撮影が可能。

私の誕生月の花よりも11月の花、「匂い椿」がローズのようなとっても素敵な香りで癒されました~^^あと、梅!お花は全然違う!!!キュン♬

くんくんくんくん、、、、面白かった♬

臭いものは勇気がいりましたがなんとか全ての香りを嗅いだ後は

なんだか頭痛が・・・💦

嗅覚は心身への影響を与えるので体調の悪い方などはご注意ください~

もし余裕がある方は二周するといいですよ。匂いが一回目と変わるんです~。

匂いは慣れてしまったりするし、他の香りが残っているから都度リセットしながら嗅ぐことをお勧めします~。

でも、一見、いや一嗅の価値ありです!

2月14日まで池袋パルコ7階でやってますよーウインク

​​​​​​​

死よりも執着が苦しみを生む

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

今日は死の話。

重たい?いえいえ~ぜんぜん!
死のことこそ明るく考えることがこの世を元気に、自分らしく生きる鍵です!

「死ぬことはワクワク(*‘∀‘)」こんなことを言う人がいます。信じられますか?

誰にでも起こる死。なのにどうして怖いのでしょうか?死生観について考えたことありますか?それで人生が変わってくるかも。

死は恐怖なのか?

いいえ、次の楽しいステージへ行くだけです。どうなるか、は行ってみればわかります。とその人はいいます。

そして、知らなくていい。知りたいのはなぜでしょうか?

それはね・・・

そんなことも18(木)のお茶会でお話したいな^^

死よりも執着が苦しみを生む?えーん

やっぱり、死ぬって怖いよね~。だってそういうイメージがついてる(笑)誰かが死ぬのを見ているから自分も死にたくないって思う。誰かが死んで悲しんでいる残された人がいるから自分も死にたくないと思うのかもしれません。家族を悲しませたくないとか・・・

でも、誰もが死にます。そして、長生きが本当に幸せかどうかも本人にしかわかりません。本人も分からなかったり💦

昔から死後はどうなるのか?と各宗教はそれぞれの観点で説いてきました。

例えば、キリスト教などは天国と地獄をつくったり、浄土真宗やチベット仏教は「死んだら幸せになる」とか、死んだらだれもが極楽へいくとか、輪廻転生するとか、いや~色々ですね。ヨーロッパのケルト民族は楽園であるティルナノーグ(黄泉の国みたいな)に行けるとして死ぬことを全く恐れないことで有名です。死ぬことの恐れがないので彼らと闘ったローマ帝国の騎士たちはかなりケルト人たちを怖がったと伝えられるほどです。

死後の世界は逝った人が語ったわけじゃなくて(その場合もあるけど途中までだったり)、そう言って生きることを支えていたのだと思われます。だから事実かどうかよりも今を生きるために信じるほうが結局は糧となっていたんですよね。。。

誰もが死ぬのになぜこれほど死の話はタブーになっていたのか?タブーにするから心の準備ができないのではないか?と個人的には思うんですが最近はデスカフェなどが広まって死生観を語ることで死への恐怖がなくなるのはとてもいいことだと思います。

なぜ怖いのか?

執着があるからかもしれません。やり残したこととか心残りとか。(執着って生きているときにあるもので生きているときに苦しめる一番大きなものかも)

でも、やり切った~!と誰もが思える人生を送れるわけではない。常に心残りになるようなことはあると思うし、年齢によっても違いますよね?

とはいえ、「ワクワクする!」という人だっているんです。そういう人は決して狂ってしまったわけではなく(笑)、「自分の使命を全うできてあとは言う事ない」とか「次のステージへ行けると思うから全然怖くない」と言うのです。

そうなんです、、、執着がない。

やり残したことがない、と。ただ今が楽しいって。

いやべつにみんなワクワクになるといいなってことじゃなくて。ただ同じ人間なのにここまで違うのはなぜでしょう?

こうでなくちゃいけない、とかこれをしたい!と思うからそれが叶わないで死ぬのは嫌だ、となるんです。これは死ぬとか関係ないですね。。。じつは生きているときにできるし、それをやるか否かは結局のところ自分次第。自分の選択しかない。

もしかして、死後だろうが今世だろうが変わらない???(;・∀・)

(今の自分が死後をつくってますからね(笑))

どう生きるか、を試されているだけというか。。。でもただ生きればいいし。

生きる意味も死ぬ意味も考えるだけ無駄(笑)

死んでからどうなる、というのも、生きているときにどうなる、というのも誰にもわからないんですよね。でも、それでいい。今を生きればいいんです。考えない。考えるから何事もうまくいかなかったり、苦しみになる。

確かに「やりたいことがまだあるから」という人は途中で死んだら無念ですよね。

「いつ死ぬか分からないから後悔のないように今やりたいことをやっておこう」と気づいた人は生き生きと今を生きている。自分のキモチに嘘も言い訳もせず、正直に生きている。

かっこいいな~。そんな風に生きたいなぁ(*‘∀‘)

昔より死ぬのが怖くなくなったのは自分で生きているのではなく、生かされていることを実感したからかもしれません^^

死生観についても今月のお茶会で少しお話できたらと思います↓↓↓↓↓

★カフェ・プラクティス~気づきのお茶会★

瞑想も行います^^

https://resast.jp/page/event_series/28876

 

親孝行をやり残したと思いたくない人は
介護リフレクソロジーミニ講座
https://resast.jp/events/234652

早速リフレクソロジーを習得して家族をケアしたい方は
2日間のホームリフレクソロジスト講座
https://resast.jp/events/238122

好きなことを仕事にできたのは・・・

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

好きなことを仕事に、とか、やりたいことをやるってよく言いますがべつに職業(本業)としてやらなくていいんですよね~。目標や夢を叶えて仕事になっていることもありますがそうじゃなくても仕事は楽しめるし、その先にじつは。

仕事は一つじゃない(笑)そして、副業って趣味が仕事になっている。。。好きこそものの、ってかんじ。欲もないから目標や夢にしてない分楽しんでやれているかも。

たぶん、やりたいことをやっている人ってそれをやろうって思ってなくてただ楽しんでたらいつの間にか職業になってたり、副業になってたり、本業のための発散とか支えになっていたり・・・仕事になっている。本業が二つ、なんていうのでもいいのでは?( ̄▽ ̄)

そんなかんじじゃないかな?

夢とか目標とかにしちゃうと失敗する人多いかも~(だって実際そんな人少ないでしょ?)

それもよりも大事なことは・・・

「好きなことを仕事にできたらいいよね~」

なんて思ったことありますよね?

好きなことだからこそ大変という話もありますね。これは「好きなことなら楽しいはず」という気持ちからかな?

 

これ、逆ですね(笑)

 

自然となっちゃったことが多いのかも。

決して「おっしゃー!好きなことみつけたぞ!これを仕事にしよう♬」というよりも

楽しいからやってたら仕事になっていた。みたいな。

 

でも、仕事って別に好き嫌いで選ぶよりやった中で楽しさを探すとかってかんじでいいんじゃないかな~と思うんです。。。逆に「好きじゃないから」って暗示をかけて面白くなくしている場合も多し、、、(^_^;)好き嫌いじゃなくて、面白くするかどうか、で決めませんかー?

与えられたなかで楽しさを探すほうが現実は変わってないけど自分の意識で世界は変わる♬

本質の見極め、できてますか?

 

★カフェ・プラクティス~気づきのお茶会★

瞑想や気づきのシェアなど本質について話しませんか?

今回は「死生観」「死と生」についても触れたいと思います。

詳細こちら