いざという時のストレス対策に

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日、大きな地震がありました。

関西方面の方のご無事をお祈りいたします。

 

地震などで心臓がどきどき、

余震で眠れない、

不安でたまらない・・・

 

こんなときに役立つ対処法があります。

 

ただ身体を軽いタッチでタッピングするだけ。

誰でもできて副作用などもありません。

EFT(イーエフティー)と言います。

海外では多くの方に知られている心理技法です。

す。

私もセッションでEFTやERTを使っています。誰でも簡単にできて一生使えます^^

講座も行っています。必要であればご相談ください^^

※特別料金を延長することにしました。。。うん。

☆☆☆☆☆

双葉 EFTセルフケア講座

https://resast.jp/page/reserve_form_week/7600?course=33400

双葉 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

広告

運命のパートナーに出逢えるには

 

 

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

運命の人って、出逢う全ての人がそうだと思います。

まー、とりあえず・・・今日のテーマ。

「結婚したい!」

とか

「パートナーが欲しい!」

と思っている方へお伝えしたいこと。

なぜあなたにはパートナーが出来ないのか?

それは・・・

つくろうとしているから滝汗

かも。

そして、あなた自身も相手に合わせようとかこんな人にならなくちゃとか思ってませんか?

あと

相性が合うとかタイプはこんな、とか

そんなことは後回しでいいんですあせる

そこじゃない。

本当に必要なことは・・・

自分になっているか

ということ。

自分を受容できていないといざ恋愛がスタートしても失敗する人が多い。。。(自分を受容できていないと相手も受容できない)それも人生の学びになっているんでしょうが無駄な時間を過ごしていることも多々あり💦

相談を頂くことも多い恋愛のこと。結婚。

でも、「○○な人がモテる」とか「結婚のための相手」を探すってのはそもそも本質から逸れているんですよね。結婚がしたい、という気持ちはわかりますがそれでは相手には「あなたでなくてもいい」と言っているようなもの。。。

だからうまくいかない。

「どうしたらいい人と巡り合えるか?」で考えてしまって行動すると方法を探すんです。でも、誰もが同じ方法に従ったからといって幸せになれるはずがありません。だって、みんな違う人間で人格で価値観なのに同じやり方をやってうまくいったとしてもその後が続かないんです。

運命の人っていうのは運命ですでに決まっているあなた自身の持っている「自分」と合う人が運命の人です。

ということはあなた自身の魅力、「自分」を出すこと。「自分」で在ることが必須。

ところが多くの人は逆にビリーフとか理想とかマニュアルに惑わされて、この「自分」から遠ざかっていくんですね。いざ結婚してみて、付き合ってみて、同じようなことでうまくいかない人は自分を出していなかったからかも。(だからこそ学ぶこともあるけどね)

要は自分らしさ、を出すこと。(恋愛に限らずですが)

自分らしく生きている人ってとても魅力的です。自信もあって、、、そこにピンと惹かれる人が現れる。

逆に自信がない人は自分の現実を「私は○○だから」というメガネで観て、セルフイメージが間違って行動をすると魅力が伝わるどころか全く違う人として認識されたり、逆にそこで成功したとしても自分が自分でないからツラくなってくるんです。なのにそれを相手のせいにしたりしてね。

あなたは相手の全てではなく、描いた理想を愛するため違う部分を見ると怒ったり悲しむ。

等身大の自分じゃないから背伸びしたり、逆に自分で価値を落としていたりして、徐々に苦しくなっていく。

さて、なぜこれが起きているのか?

自己嫌悪や自信のなさ、過去の経験、トラウマ、、、いろいろあるのでしょうがではこれらはどこから根本的な発生として起こっているのか?

それはセクシュアリティです。

セクシュアリティとは個人の「性質」です。性格、気質、体質、性別など。自分らしさ、あるがままの自分で居るととても楽なのですがこのセクシュアリティを抑圧されていると自分らしくあることができなかったり、自己嫌悪や自己否定が強かったり、世間の常識に囚われてしまい、自分を見失ってしまったり、、、。

これは誰にでももちろんあるものです。でも、この抑圧が強いか弱いか、どれだけ持っているか持っていないかで行動や思考が全く変わってきます。

すると、結果的に人生に影響してくるのです。

そもそも結婚やパートナーとの付き合いって人間的な生活、精神的な支え、などの他に動物としての生殖の目的もあります。人と人、男女が関わるということは必ず性的なことも絡んできます。

でも、これを否定するする人多いです。性的なことは決して汚いことでもいやらしいことでもありません。れっきとした人間、動物の本能の部分で大切なことで家族愛、人類愛にもつながる重要なこと。

そこを目を背けていることも結局は出逢いを遠ざけているかもしれません。それは自己嫌悪やトラウマに関係しているかも。。。

さて、ちょっと話を戻します。

運命の人ってなんでしょうか?

「運命のパートナー=幸せになれる人」とも限りません。

あなたの成長や学びに必要な人なら喧嘩したり、うまくいかないこともあると思います。相性が良いとか夫婦円満が運命の人ではないんです。でも、縁がとても強く深い何かのつながりがある人が運命の人です。いろいろあることが自然の摂理ですから。お互いに切磋琢磨する相手が運命の人。

幸せをくれる人じゃなくて一緒に幸せを創っていく人が運命の人

あなたが結婚したいとかパートナーが欲しいというだけで探すから見つからないのかもしれません。パートナーはあなたの欲求を埋めるために存在しているのではありません。あなたが愛されたいならまずは愛すること。女だからとか男だからというのは関係ないです。

結婚はゴールではなく、修行のスタートかも(笑)

結婚の前に何が自分にとって幸せなのか、を見て置くこと。自分って何なのか?知識で、頭で分かっていても仕方ないのでまずはその一歩のためのセミナーやりますよ^^

私も初めての試みなので料金もお手頃になっています^^やったことしか結果は出せません。ぜひ!

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

 

☆☆☆☆☆

双葉 6/17 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

 

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

念じない願うのみ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日、大切な方の大きな手術がありました。手術の始まる時間に祈りを捧げました。

願い、のエネルギーって不思議ですが届くんです。

スポーツの試合とかも観客のパワーとかで導かれるように勝利するってことありますよね?

闘っている本人だけではなく周りのエネルギー、パワーって影響します。

物理学的にみても。

氣がその場の波を変えている。。。

 

但し、基本的には自然の摂理に乗っていなければ最善は起きません。

 

誰かのことを案じて、念じてしまうのはご法度です。

なぜなら・・・

「念じる」と、自分のエネルギーを相手に差し出すから自然の摂理から離れて、違う渦、循環に行ってしまいます。

お互いに影響してしまって本当に必要な最善が起きません。

例えば、親が子供のことを心配して、「いつもあの子が幸せに入れるようにって念じているの」とします。いつも幸せでないとこの親は「自分が」苦しいんですね。

これは自然の摂理から、本質から逸れています。

こういう人が「念」じるんです。「念」を送ってどうにかしようとしています。どうにかしようとした時点で相手の領域に入ってしまいますから相手も自分も人生が狂って行きます。

「願い」は愛から自然に出てきていますが「念じる」は傲慢さ、エゴがあります。コントロールしたい、と思った途端に自然の循環から逸れて行きます。そこから苦しみが生まれます。

念じるほうもそこへエネルギーを使い、他が疎かになるため支障が出てきます。

念じられたほうも余計なエネルギーを浴びるせいで自分の循環が狂います。

何かうまくいかない、というとき誰かの念がついている、なんていう表現はこのせいかもしれません。

念って、存在しています。目には見えないけど、死後も「念(想い)」はこの世に残る。

死んでいる人より生きている人の怨念のほうが強力だ、なんて言いますが生きている人の念のほうが強いんです。同じこの世の念のため、影響が与えられやすい。

自分へ何を念じても構いませんが他人のことを念じるのはやめたほうがいいでしょう。

変な氣を送ってこないで~~~(笑)

「念」には利己的なエネルギーが入っています。

あなたはあなたの人生を生きて下さい。

誰かをコントロール(あの人が私を好きになりますように、とか、あんな上司痛い目に合えばいい、とか)するようなネガティブなエネルギーは自分へ帰ってきます。循環していますから。

一見ポジティブなものも(親が子を愛する⇒これ、本当の「愛」じゃないんですね。利己的な愛は愛ではありません)じつは違うものなので自分のためにも相手にも悪影響。

私の経験→「あなたの幸せを私はいつも念じているの」と言われて「ひぃ~!」と寒気がした私(笑)目の奥に「念」がありました(笑)バレバレですよ、、、(;・∀・)

「子供の幸せをいつも念じているの」←あ~、だからうまく行かないんだね、あの子たちは。。。💦

セラピストさんは特に気をつけてね。「元に戻る」ことを後押しするのが役目なのに「私の力で症状を治す」とか「結果が出さなければ」「この症状を取らなければ」とやることは相手のエネルギーを信用せず、無理やり動かすことになります。しかも、「可哀想」とか「期待通りに」とか思った時点で最善は起きません。これは結局相手のためではなく自分のためになっているからです。

神社でもそうですね。ただ自分の欲望を叶えるために手を合わせる、お参りするのは我欲です。願いは利他の心があり、自然の摂理から生まれますが我欲が入ると「念」になってどうしてもそうでないとダメ!という余計で澱んだなパワーとなります。

常に穢れを祓って、すべてを信じること、クリアで、生かされていることに感謝できているかどうか。。。

願うことは素晴らしいですが念じることは気をつけてね。

 

 

☆☆☆☆☆

双葉 6/17 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

レッテル・位置づけは誰がする?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

※またまた昨日のInstagramから。

「あなたはあなたでしかない 何かになるのではなく どう在るか」

 

自分をカテゴライズすることは人間にとって安心感でもあります。

でも、勝手なレッテル貼りや決めつけは自分を傷つけたり

苦しめる要因になっている場合も・・・

決めつけているのは誰でしょうか?

本当に必要なのはカテゴライズでも誤った決めつけでもなく、

何かになるのでもなく、

あなたになること

自分であれ。

自分って何だろう?

そう思うから自分を知りたくて心理テストとか好きだったり、カテゴライズされて安心するものかもね。

本質からそれるなかれ、といつも言ってるけど、先日もTwitterのプロモーション広告で「8500通りの性格診断」(正確なものは憶えてない)というのが流れてきて本当に笑った。

だって、それってもはやほとんど一人一人のキャラクターで、診断する必要なんてないでしょ?(笑)だから何?って、かんじ(ガハハ)

天命や使命を見つけるイベントとかやってますけど、それってそれぞれのこの世の、人生のミッションがわかるということ。それって仰々しく書いてるけど、極端に言えば人によっては何もしないことだってミッションだったりする。

何もしない人が居るからこそ何かしようとする人が居て、どっちが正しいわけでもなく、すべて循環、相互作用している。

自分が創り上げたアイデンティティやカテゴライズに当てはめるのではなく、自分を見つめる。自分の呼吸に戻る。

「自分らしく」「ありのままの自分」とかよく言いますけど、それって結局自己受容できているかどうかってこと。自己受容ができてこそ自分がどういう人間なのか、って解かっているということ。しかもそれは一回だけではなく常に起きるから都度自己受容していくもの。

病気だろうが、ADHDだろうが、独身だろうが、鬱だろうが、ゲイだろうが、高卒だろうが、背が低かろうが、ハゲだろうが、数値が平均より上だろうが下だろうが・・・・・

そんなことはさておき!!!それを決めたのは誰でしょう?

カテゴライズやレッテルをつけることで自分を逆に見失わずに済むことだってある。だから悪いことではないんです。

でも、その前に一番必要なことは「自分になること」です。

自分に為る、というのはすべての偏見を捨てて、まっさらな目で自分の見てみること。

「女だから」とか「もう歳だから」というものをすべて捨てて、何に感じるのか?反応するのか?奥のほうに響いているものを感知する。想いを拾い上げる作業。(そんなことを6/24のイベントでやります→https://resast.jp/events/266099

最近、発達障害やADHDの記事をよく目にします。

知ることで助かることがあります。(自分が決めるなら)それはそれとしてここでは違った意見を言います。(違った意見とはいえ、逆の意見を反対したり否定をすると思いがちでしょうがそれは違いますよ^^答えは一つではないからね)

 

わざわざ自分を何かに紐づけたり、位置づけたり、しなくてもいい。

常に気をつけることは「本当にそうなのか」と疑うこと。感じること。それでハッピーな観念や行動が制限されているなら見直すこと。

まっさらな人間、でいい。

誰があなたをつくっていますか?

あなたの「考え」ではないですか?

レッテルは他人が決めることじゃない。もし他人から言われて納得できなかったら無視すればいい。そして、思い込まない。参考程度にする。役に立たないなら毒になる。

記事の中に「自分だ~」と感じて、「そうか私は○○な傾向なんだ」「私って○○だったんだ」そう思ってビリーフをつくり、そこからさらに「だから○○なんだ」とどんどんストーリーをつくって、まるでそれが真実かのごとく思い込みます。

都合がいいように(笑)

常に疑うこと。

「それは本当?」

どんな自分も万全ではないし、完璧じゃないから常に自分と向き合う。そして、受け容れる^^

これができたら「あなたらしく」居られて幸せ♪を感じていることでしょう。

 

☆☆☆☆☆

双葉 6/17 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

命より大切なもの~自然療法ができること

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

私がどうやってお伝えしよう、、、と思っていたらこんなブログを発見!

https://ameblo.jp/kamisamanohoho/entry-12382166050.html

わかりやすい!しかも、ドクターの言葉だから説得力あるんじゃないかな?(ドクターへのポジティブ投影がある方は)

 

そうなんです。

命を助ける、よりも大切なのはどう生きているか、です。

でも、本当に必要なのはどう感じているか、なんです。

 

起きている現実は同じなのに本人が病気が治らない!と苦しんでいるのと

その中でも幸せを感じられているのと、どちらがいいですか?

命が助かっても寝たきりで意思の疎通もできないのと家族で会話ができたりするのと、、、

 

命が助かることが医療だと勘違いしていませんか?

命が助かることだけに注目してしまうと本当に大切なものが見えなくなってしまいます。

命が大切なのか生きる中身が大切なのか。

命は尊いものですが生きていてもずっと苦しいとしたらどうでしょうか?

命が助かることを基準に治療をするとどうしても他のことが忘れられがちです。

例えば西洋医学は効きめがあるだけに正常な組織にもダメージが大きいため、副作用が避けられません(見えても見えてなくても)。ですからどこまで我慢したり、OKにするのかを決めなければいけません。

逆に自然療法は優しく、ゆっくりと改善します。そして、そんな副作用などの症状などを軽減してくれるので西洋医学を補助とするものとして使うのもいい・・・どちらもメリットデメリットがあります。それも見方によって、変わってくるのですが。。。

西洋医学以外の伝統的な医療であるものと併用していく医療を統合医療といいます。

どの医療でも自分の病気にあったものを偏ることなくいいところを使うのがいいと思っていますがどうしても皆さんどちらかの考えに偏りがちです。

要は使い方、なのにね^^

すべてのものにはいい面と悪い面がありますからそれらをどう使うか、だけでなんですが。

リフレクソロジーなどの自然療法は日々の生活の質を高めます。それは治療にもいい影響を与えますし、精神的な支え、痛みの軽減ができることなど逆に小さな問題がなくなることで症状が安定したり、心の支えが出来て前向きになれたり、、、なんてことがあります。

私も母が抗がん剤治療していたとき、胃の不調が悩みでしたがリフレクソロジーで違和感がとれたことで治療に耐えられた、とも言えます。

病気になって、一年半ほどで母が他界したとき、周りの人は「あっという間だったね」とか「治療がうまくいかなかった」とか思われたと思います。

私がこの仕事をしていなかったら病気が治ることばかり考えて、母は病気に負けた、とか母は助からなかった、ということだけが残ったかもしれません。

でも、本当に大切なのは病気が消失することを願って、「治らない」と悲嘆するのではなく、その場その場、日々の生活の質やキモチが大切だということを実感しました。

抗がん剤で苦しむ母を見ていると本当にやりきれない思いが沢山ありましたが私が心がけていたことは「優しくしてあげよう」でした。今までは母に対してキツイ言葉や態度で接していた私。そういう関わり方の親子でした。心の中では優しくしたいのですが恥ずかしいといいますかもともと子供の頃からこんなかんじの親子だったんです。姉も兄も私も・・・

母は幼少期から末っ子の自分だけ学校へも行かせてもらえず、ツライ人生だったと話していました。愛に飢えていた人でした。私は母に対して愛情がないひどい母親というイメージで育ちましたがこの話を聞いて納得したおぼえがあります。愛された経験を実感していない母は愛し方を知らなかったんです。

だから私は母が嫌いでした。母親失格だと批判していました。でも、最後の最後、「愛が必要なんだ」と思って、とにかく優しくしてあげたいと思ったんです。母の笑顔を増やそうとしました。それが私にとっても心地よかった。

それまでぎこちない親子関係でしたが、私はリフレクソロジーのおかげで母との思い出が悪いものから良いものへと変わった経験をしました。もちろん、リフレクソロジーがなくてもいい人もいますし、それだけではないと思いますが。

私の場合、母と最期に語り合うことができて、愛を伝えることができて、本当に良かったと思っています。

死んじゃうことが一番悲しいことという観念があるとどうしてもそこへ意識がいってしまって今この瞬間のことを忘れがちですが本当は生きることが一番で長生きすることが幸せではないんですよね。

自然療法ができることは寿命ではなく、また別の「イノチ」を助けることでそれこそが尊いことなんだ、と思っています。

どれだけ生きるか、ではなく、生きている質。その場の実感こそが大切で病気であろうがなかろうが本人が「幸せ」と感じられていることが「生きる」ということなんだ、と。

自然療法ができることは「生きる」ことを感じさせてくれる、自分の人生を本当の意味で楽しむことができる助けになる、と感じています。

ここ、この一瞬が幸せであること。

西洋医学は「命」を救い、自然療法は「人生」を助ける。そう感じています^^

 

応援してくれたら嬉しいな♪

☆☆☆☆☆

双葉 6/10 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

私は「これ」で生きやすくなった~これさえあれば幸せに生きれる

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)※トップ画像はインスタグラムでほぼ毎日あげているイラストメッセージです。昨日あげました。

人は幸せを探すものです。

でも、それは外ではなく内にあると気づくまで人はどれだけの学びをするのか?

 

人それぞれのカルマによってでしょうがそれすら私はないと思っています。

私は苦しくてもがいていました。

そして、あるときからとても楽になりました。

 

はっきりと、いえ、いつの間にか・・・

 

でもそれは「これ」という答えのように特定できないもの。。。

なのに、皆さん聞いてくるのです。

 

何を言っても皆さんは答えが欲しいらしいのです。(と聞こえているのは私ですが(笑))

だから、そんなものはないのですがわかりやすいように敢えて言います。

私が今現在、こうして心が楽になった理由を。

答えはこれ。

 

「全部あっていい」と思えたから

起こることすべてに降参したのです^^「すべて」ですよ。。。(耐えられるということじゃないよ。平気じゃないよ(笑)でも、仕方ないと思えたら「どうにかしたい!」が苦しみだから、全然違うの。それも当然起きるよ!)

問題となったこと、そこに起こる反応、感情、いいも悪いもすべて。

嫌なことも嫌な人もどんな考えもそこから出てきた感情も全部です。

例えば、誰かが私に質問されたとしましょう。

 

<Q:質問者 A:私(長浜公恵)>

Q:「どうやって楽になったんですか?」

A:「色々なことと向き合って、自己受容ができたからでしょうか」

Q:「じゃあ、もう何もストレスがないんですか?」

A:「いいえ、もちろんストレスはあります」

Q:「え?だって、もうすべて癒されているんじゃないんですか?あの有名な方ももう何もかも超越して、悟っているから普通の人とは違うはずですよね?終わったんですよね?」

A:「いえ、まだ終わっていませんよ。日々生まれるもので終わりはありません。繰り返しです」

Q:「良く分かりません。だって、ブログでも言ってるじゃないですか!いろいろ・・・もうわかっているのだから大丈夫なんですよね?苦しくないはずじゃ・・・?」

A:「はい。だからといって私がそれをすべてできている、とは限りませんし、人間ですから反応は当然します。私は怒ることだってあります。いちいち反応もします。」

Q:「えー。意外!もうすべて達観されているからそういうことはないと思っていました。反応一切しないかと」

A:「それもすべて在るんです。正しい答えや悟りの境い目があって、そこへ行った人行ってない人、ではなく、生きること、すべてがずーっと続く。何かを変えられた、得られた、到達したからここから違う場所へ行っているわけではなく、むしろ、ここに居てどんなことが起きようともそれを受け入れられること、が大事なんです。それも全部受け入れなければいけないということでもなく、それが一瞬一瞬起きて居て、そのとき、悲しんだり、反省したり、それも起きるということです。全部がOKなんです。」

Q:「全部がOKならなぜ感情が出るんですか?わかっているのに反省とかなぜするの?」

A:「それが生きるということ。生きているからです。感情は出てくるものです。それが自然なんです。自然を受け入れられることこそが幸せと感じられることかもしれません。なぜなら私たちは自然の一部で生かされているからです」

Q:「なんだかよくわかりません。どうして答えが行ったり来たり色々とあるんですか?混乱します」

A:「それはきっと答えが一つ、もしくは何かの型にはまっているもの、という固定観念があるから混乱してしまうのかもしれませんね。でもそもそも答えがある、のではなく、どう感じて都度受けいれていくか、なんです」

Q:「うーん・・・」

 

さて、この会話どう思われましたか?

こんな感じで質問者は自分の特定された答えを想定しているため、理解に苦しんでいます。さらにはたぶん、ポジティブイメージがあるのでしょう。「○○な人は○○なはずだ」みたいな。医者は病気にならないかといったらそんなことはありませんよね。聖職者は全く清らかな存在なのか、と言えば完全ではありませんね。苦しみが一切なくなったら人間じゃなくなるということです。

本来は何事にも答えというのは都度違いますし、一概に言えません。

すべてが必要で、OKで、受容もあって、母性も父性も、、、あらゆるものがあっていい。でも楽になりたい人はどうしても方法をみつけたい、得たい、と思うもの。。。

 

私は心理学、自然療法、非二元、禅、神道、エックハルト・トール、バイロン・ケイティ、ティクナットハン、、、はじめ、様々な学びに触れて、自分なりに到達して今があります。(でも終わりはないんです。「終わり」があると思うからツラくなる。)

苦しいときは苦しいし、気質的にいつも怒っています(笑)でも、出しているのでストレスにはなっていません(笑)

幸せになりたい!と思う人がいますがしいていうなら幸せは感じることです。達成することではありません。それよりも心地よく生きる、ことを意識されることのほうが楽になると思います。

これが達成されれば幸せ、ではなく、今の自分の中に幸せをみつけること。

幸せや問題解決はまるで自分が身に着けているのにそれに気づかずにそれを掴もうとしていること。掴めるはずがありません。もうすでに自分の中にあることを否定しているのですから。

 

敢えての答え(笑)はとにかく、何が起きてもそれを受け入れる(認めることではない。イヤなら嫌!と)ことができる心持ちになること。

ここに帰ってこれれば安心する。幸せなんです。

 

私が今こうして平和な心(時には怒り、泣いたり、悩んだり、欲望に翻弄されたり)に帰ってこれるのはこの「すべて在って仕方ない・在るもの」という降参する気持ちに至ったから、と言えます。

 

敢えて言うならね^^

強くならなくていい。勝たなくていい。ありのままの自分を受け容れる。弱いままの自分でもいい。。。

もし、こういった話にご興味があるならイベントへお越しください。セッションよりも来やすいし、参加しやすい料金にもなっていますので。

 

☆☆☆☆☆

双葉 6/10 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」残席3

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」残席3

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

「なんとなく」が最高なワケ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

何かの方法にこだわるよりもとにかく自分の好きなことをただやっていればいいんです。

それがどれだけ好き!とかじゃなくて(好き!って様々だからね。)

ただなんとなく・・・でいい。

 

私はこの「なんとなく」って究極だと思っています。

 

なんとなく心地がいい

なんとなく体調がいい

なんとなく気になる

なんとなく感じる・・・

この曖昧さがじつは必要だったりする。

なんとなく、って本能で感じてることだから。

直感^^

なんでもはっきりしなければいけないのはストレスなんですよね~

だって、人によって必要なものは違うのに、物質も環境も常に変化しているのに(笑)これ!って決められないし(;・∀・)

決めなければいけないと思うから苦しくなる。。。だって本当に心地がいいのは「なんとなく」とか「どっちでもいい」ってことなんだから。それが自然なんです。

体調の変化でも(リフレクソロジーでも)同じです。

「なんとなく体調が良くなってきた」が自然。だって、一気に変化するのは身体のシステム的に負担ですから。

「気づいたらよくなっていた」くらいがちょうどいい。

これが本能ではなくて、思考や刺激による実感(明らかな違いや脳内ホルモンによるアディクション的な欲求満足感)だと自分のためになっていません。一過性の思考による実感だからです。

でも多くの人は『はっきりとした答え』が欲しい。だから『はっきりしない』ことは『ない』ことと同じ。でも、曖昧なところが本来の心地よさということが解かるとこれ以上の安心感はないのです。

直感はいつも正しい選択をします。

好きなもの、選択、将来、、、すべて「なんとなく」な感性が鋭くなったら、迷うことなく選び、それはきっと自己信頼から生まれていて、もっと本能のままに生きることができるんだろうなあ~。

私はよくこんなことを言われます。

「長浜さんは好きなことをやれてていいですね」

確かにそうですね。でも、これって「これが好きなものだから」とやってないんですね。

やってたら続いてた、なんとなくやってきた、程度なんです。そして、ある時から自分のものになっていくといいますか・・・。

アイリッシュダンスもそうです。なんとなく楽しいから好きだから(好きな量とか考えたことない。途中からすげー好き!と我に返るけど)続けてきただけ。続いただけ。続けようと思ってやってきてない。それこそが好きなことなんです。

好きなことって、どんなに苦しくても色々あっても結局続くんです。初めに「これが好きだからやる」なんて前提なんてない。ものごとってすべてそうだと思うんですね。

そして、別に一つじゃなくてもいい。沢山、浅く広くやることもあれば深くやるほうが性にあっている人だっている。人それぞれ違うんですよ、何もかも。

ほんと、「なんとなく」でいいと思うんです^^

なんとなく、生きてても。なんとなく、幸せでも。ね^^

☆☆☆☆☆

双葉 6/10 ハンドリフレクソロジー体験会

https://resast.jp/events/266388

 6/29  ハンドリフレクソロジー講座

https://resast.jp/events/266381

双葉6/24「まじめなセクシュアリティのお話」

https://www.reservestock.jp/events/262406

双葉6/24 「ほんとうの自分になるワークショップ」

https://resast.jp/events/266099

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876