爪は語る

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日は日食(新月)でした。暦的には節目であり、引力とか強いエネルギーが動く時。

まさにそんな出来事(意味づけ)がありました。

今朝、気づくと足の爪がすべて剥がれていました・・・靴のせいで内出血していた爪。

もうすぐ剥がれそうだな~とは思っていたもののその気配はいつもよりなかったはず。。。

爪って、思考の窓といわれたり、受け取る量を表していたりします。

爪が語ること、教えてくれていることとは・・・

爪・・・

爪は歩くために不可欠な臓器。足のバランスをとって、足に力が入りしっかりと歩けるように存在しています。

スピリチュアルな観点からみると、足の指にはそれぞれ意味づけがされています。

親指は自分の本質、人差し指はコミュニケーション、自尊心、中指は行動・情熱、薬指は他者との関係性、小指はセクシュアル、自己信頼、お金などの意味があります。。。

上記を念頭に爪も意味がその指ごとに異なりますが爪は「思考の窓」を表したり、「受け取れる量」と言いましたが具体的には以下の通りです。(一例)※実際には意味をヒントにして本人が連想することが答えであり、断定するものではない

◆思考の窓

例:爪が白く濁っている・・・カーテンがかかっていて見ることができない

例:爪が割れている・・・思考にヒビが入っている

◆受け取れる量

例:左の爪が小さい(利き手が右の人)・・・自己信頼の量が少ない

例:右の爪が小さい(利き手が右の人)・・・お金のブロック、お金が入ってこないと思っている

これはあくまでも一例であり、断定もできません。意味づけを参考に自分のキモチや出てくるものを使って向き合うためのものです。本当の答えはご本人の中にあります。

自分のことは自分が一番知っている、と思いがちですが実際には意識と無意識があり、例えばツライ過去からの記憶は観えないようにすっかり忘れるようにしているのであたかも「無かった」ように無自覚に行っていたりするため、自分ですら意識にあげることができません。

そんなことから身体のメッセージや催眠によるイメージによる紐解きによって今の問題を解決したり向き合うことが最適な方法となります。

さて、私の爪はなぜ剥がれたのでしょうか?読み取る必要があること?

きっかけは本当に不思議なのですがきつめの靴を履いただけで爪が真っ黒になっていました。たぶん、うっ血して死んでしまったため、新しい爪が生えてくるまであまり伸びませんでした。中指は行動や情熱の指、ということで真っ黒になった爪はまるでシャッターを閉めていたよう。。。

心当たりがあるとすれば、自分の言いたいことを言う、という行動ができなかったことがありました。(なるほど~)

ところが(意味づけですが)、新月の朝、まるで生まれ変わるかのごとく、きれいになくなって、新しい爪がお目見え(笑)まさに新しいスタートのような印象を受けました。

しかも、ちょうどダンスの大きなプロジェクトが終わって、新しい仕事のミーティングがちょうどある日でしたのでなんだか意味づけせずにはいられませんでしたよ(笑)

意味づけって、ポジティブなものならいくらでもしてもいいと思っています。常にニュートラルになる意識も持っていれば・・・

今回の爪からのメッセージはきっと「もう、シャッターを閉めないでね。自分を優先させよう」と言っていたのかも、と感じて自分を労わる気持ちが出てきました^^

身体に、爪さんに、感謝ですね。。。

 

ちなみにこんな見方も。。。

 

◆爪に線が入っている・・・縦線:爪の物理的な乾燥、横線:体調不良等

◆爪が割れる・・・体質的に弱い方もいますが弱いわけでもないときに割れるというその指をみて何を連想しますか?その言葉が答えを教えてくれています。

 

足は爪だけに限らず、皮膚の状態、匂い、角質のでき方、しわ、色、さまざまなメッセージとして自分のいま、過去、を教えてくれています。足相ではないので未来はわかりませんが自分の深層心理を知る、どのように人生を歩むか、などを自分で答えを出せるヒントになります。

☆☆☆☆☆

双葉8月まで!8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集 他

https://resast.jp/events/273441

双葉8/26 「医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/274910

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

広告

足は最重要な臓器~シリーズ「なぜリフレクソロジーなのか?」

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

勝手にシリーズ化(笑)『なぜリフレクソロジーなのか?』

今日はダンスのお仕事の本番です!一ヵ月やってきた結果が出る日。

アイリッシュダンスは足を使うダンス。

ずっとジャンプしていて本当に身体に悪いんです(笑)滝汗

足って本当に大切なんですよ。

だって、私たちを支えてくれている大事な臓器。

大地と、地球と、いつもつながっているリンク部。

だから本当はとーってもケアが必要。

なのに結構私たちは一番後回しにしているかも・・・

足に不具合が出ると身体すべてに影響するのにチーン

リフレクソロジーは全体を整えるものですが足のチェックと足自体のケアにも当然優れています~

なんで足が大切か?足をどうケアするか?

足からの衝撃はすべて足から上のカラダ全体で支えています。特に背骨と首は重たい頭によって身体のバランスが崩れないように、足からの衝撃で身体に余計な負担を与えないために力を分散させて守ってくれています。

足自体も沢山の筋肉と骨、神経がどんな障害も避けられるようなシステムになっています。。。

ですから、足が正常に働いていないと足から上(=すべての臓器)、にかなり影響があるんです。

周知のとおり、足が正常に動くためには足裏の感覚がまずは重要です。感知できる状態を作ってあげないと正常なキャッチができずにかけてはいけない部分や余計な負担をかけて疲れを起こさせたり、挙句の果てには障害を起こします。

腰痛、頭痛、冷え・むくみ(血行不良)、歪み、肩こり、歯並び、顎関節症、顔のたるみ、部分太り(太ももやふくらはぎ、足首)、生理痛、不妊、首凝り、等々・・・

これらの症状がじつは姿勢よりも歩き方や靴を見直すことで改善されることがあります。(またはその歩き方を作っているメンタル面・・・)

慢性症状がある方で何か対処を施しても繰り返す方は靴や歩き方にも目を向けてあげること。足、足元、を見直すことは自分自身を見直すこと、と言っていますがこれは医学的にも精神的にも、そして、スピリチュアル的にも同様です。

例えば、以下の歩き方にはこんな原因が隠されているかも。

内股になっている=何か自信のないことがある、弱気になっていることがある、、、(自覚がないものが多い)

 

懸念される症状は足のむくみ(贅肉)。

内股だと身体の外側に贅肉がつきやすくなったり、血流不良で滞ることで浮腫みによって足が太くなります。横に贅肉がついたり、筋肉が変な場所へついたり、バランスが悪くなる。または足首が正常に動かないので太くなる、、、など。

これではいくらダイエットをがんばっていても意味がありません。一部分だけを見ていると灯台下暗し。特に脚を細くしたいと思っている方は靴や体幹の筋肉をケアするといいです。体幹は姿勢とつながりますが姿勢を良くすること、を勘違いされている方が多いのでその点も注意です。姿勢が良い、というのはまっすぐに立っている事でもなく、私は姿勢は気にしないほうがいいとクライエントにいつも言っています。

普段から足をケアすること、は全身に良い影響をもたらします。

リフレクソロジーはその施術以外にも足をチェックすることで全身のチェックを行えたり、足自体をケアすることでこれらのことも一緒にケアできます。

特にウォーミングアップの際、細かい足の骨や筋肉をほぐすことで施術以外にもとてもいいケアになります。

特に踵(かかと)の部分はここだけで血流がかなり改善したり、不具合の原因を解消できる可能性もあります。

足は第二の心臓

足首を回すこと、そして、心臓のポンプである足~ふくらはぎに溜まってしまった血流を正常に流すことは健康のための基本です。

まずは足を見直してみましょう^^

足のケア、リフレクソロジーの副産物です!

※リフレクソロジーは全身のセラピーです。

 

☆☆☆☆☆

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉「医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/274910

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

リフレクソロジーがもたらす結果と目的

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

昨日の記事のつづきです⇒なぜリフレクソロジーなのか

リフレクソロジーがもたらす結果って当たり前すぎてわざわざ書かないという意識がどうしても働いてしまって💦

でも、今一度・・・こんな方に、という具体的なもの。。。

でも、そのときだけのツールではない。だからこその最高のケア。

リフレクソロジーは治療ではないので以下の症状が治す、という目的ではありませんが結果的に自己治癒力の正常化によって治った、ということは可能性として多くあります。

冷え、むくみ、生理痛、不妊、睡眠障害、更年期障害、肩こり、腰痛、便秘、痛み、精神障害(鬱、不安、愛着障害)、治療による副作用の軽減・緩和、不整脈・・・

とあげるのも、なんとなく違うような気もしますが・・・だって、コレに効きます!っていうんじゃないんです。。。結局、本来の状態=健康、に戻すってことは身体の機能が正常になるってことでそれが自然の力、治癒力なんですから。。。

元はと言えば、血流が全てです。

人間の体は血液が酸素や栄養素を運び、不要物を回収し、免疫機能を働かせて健康を守っており、全体の代謝を促します。血液が正常に流れているからこそ治癒力も正常なのです。

血液の流れが正常でないと症状が出ているところをいくら部分的に改善させたとしても遠回り、となりかねません。

疲れや症状に必要なのはどれだけ不要なものを出すか、です。それによって正常な血液の流れ、浄化につながって健康が保たれます。

不要なものが残っている状態でいくら栄養素を入れてもそれを身体に取り込むことができなければ意味がありません。ですから血流を促し、体液の流れを促して、機能のバランスを保つことが一番大事なんです。

それには滞っている状態を正常にする。全体を整える、ということが必要不可欠。

でも、一部だけ動かしても全体はケアできません。身体だけでも、です。

血流が正常に働くためには心身共にニュートラルな状態にすること。

ひずみ=ストレス、が必要以上に多い現代人にとって不要なストレス、過度のストレスを取ることが先決。それには心からリラックスすること。

強いマッサージなどは血流が一時的に良くなるものの、心は交感神経が優位になっており、リラックスとは真逆になっています。

脳を休めることも普段から使いすぎている私たちにはとても重要なポイントです。

手足には他の臓器にはない繊細で特別な神経が沢山通っています。それらが末端神経として身体を通って、脳へつながっている。これらがすべてメッセージを取り合い、連携しているので反射区としてのリフレクソロジーは全身の細部にわたり、すべての臓器へ影響するのです。

身体は決して臓器ごとに分かれているのではなく、すべて連携、関係しています。

リフレクソロジーはその全体、すべてを網羅し、刺激することで全体を整えます。全体が整っていないと治癒力はその力を発揮することはできません。

ですから、本来のリフレクソロジーの結果を出すにはフルトリートメントでないと意味がありません。プラス、その時の状態による再トリートメントなどのケアです。

足、と言う点でも血流のキーポイント。足は血行が悪くなりがちです。心臓が血流の親であり、その心臓と一番遠いのが足です。ですから、足を施術することで全体につながげていくことができるのでリフレクソロジーが基本的に足がお勧めなんです。

血行が悪いと臓器すべてに影響します。

結局すべては自己治癒力。

リフレクソロジーは治癒力を開花させます。色々なことから護ってくれる強い味方。

 

リフレクソロジーの目的は血流を促し、全体を整え、本来の状態へ戻すこと。リセットです。

その結果、自分の身体が正常な機能を果たし、症状が改善されたり、痛みや違和感が減って生活の質が上がるんです。。。そして、心が落ち着いて、前向きになったり、、、と心地よさの連鎖が起きる。

これぞリフレクソロジーマジックです♪

リフレクソロジーの作用を最大限に発揮させるには継続が一番です。

 

☆☆☆☆☆

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉「医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル」

https://resast.jp/events/274910

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

なぜリフレクソロジーなのか?

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

本日、リケアは8周年を迎えました~🎂がんばってきたなぁ。。。としみじみ思います。。。

そして、沢山の人がお越しくださって、幸せ者です!ありがとうございます!!!

記念すべきこの日に何を書こうかな?と思ったんですがやっぱり一番大好きな私の代名詞でもあるリフレクソロジーのことをば^^

改めて、リフレクソロジーができることってなんなのか?

なんでこんなに私がリフレクソロジーを知ってほしいのか?

ストライクゾーンが非常に狭くて、本当にいいと思うことが少ない、こだわりが強すぎる私が「いい!」と言うものはまじでいい(笑)

本当にこの世で必要なものが何なのか?ということにも通じます~

リフレクソロジーは反射療法です。アメリカの耳鼻科医によって研究されてきたことが今につながります。足(手)に施術しますが全身の臓器を間接的に刺激することになり、身体のシステムを元に戻す、本来の状態に戻してくれる自然療法です。(=血流を促し、代謝を正常にする)

どこから色々な手技や治療として行っている南アフリカや補完療法としては英国、そして昨今○○リフレクソロジーとして進化していっていますが私は色々なことを学びつつもやっぱり伝統的な手技であるソフトで自然療法としてのリフレクソロジーが何よりもベストなリフレクソロジーであり、最高のセラピーだとやればやるほど実感しています。

究極で唯一無二の全てにおけるケア。

主に足に働きかけるのは第二の心臓であることも重要です。

リフレクソロジーとは?と常にご説明していることは上記の通りですが

8年、そしてリフレクソロジーを始めてからは10年、施術をしていて感じてきたこと、日々感じること、、、改めてまとめてみました。

自然療法である(ホリスティック~心と身体一体としてのケア)

・自然の摂理・ケアの本質

・自己受容・自己肯定・愛着ケア

・最高のタッチング作用

・足自体のケアにもなる

・足はその人すべてを表す鏡

・メディテーション(瞑想)/エネルギーワーク

自然療法とは、本来持っている治癒力『=生まれ持った本来の状態=健康』を維持するもの、元に戻すものであり、人工的なことをして何かを変えるというよりも元々の状態に戻る手助けですがこれこそが健康に、私たちのカラダと心に一番必要不可欠なベースです。

そのベースの部分のケアは隠れている部分ゆえにケアを怠っている場合が多いかもしれません。本質を見極めることが必要なのは表面的なことばかりに意識が行ってしまい、本来の自己を見失うこと。

心と身体がつながっているというのは「一体」ということであって、その全体としてのケアができるのがリフレクソロジーです。(自然の摂理、非二元、スピリチュアルだと実感)

そして、タッチングの作用は脳への影響が非常に高いというエビデンスがありますがその点でもゆったりと丁寧に触れる伝統的なリフレクソロジーの手技は作用も高いと思われます。

触れ方によってもその差、作用は異なると思いますがアロマにせよ、リフレクソロジーにせよ、触れ方については確固たる自信があります。

クライエントさんたちから良く出る感想は「他とぜんぜん違う」ということ。

また、「リフレクソロジー」に対する概念が変わる方が多いです^^

余談ですが先日、知り合いのアロマの大先輩でありスクールで触れ方を教えている先生に「泡のような触れ方で本当に気持ちよかった」と言われたことはとても光栄でした!

私が心がけている触れ方、施術のときの意識は色々なことから学んだ結果です。

ケアに最高の手技だという自信があります。

リフレクソロジー講座で教えるときにお伝えするのは

「足はその人そのもの」

「その人すべてだと思って、丁寧に、尊いものとして触れること」

「自分が何かをするという念を入れず、クライエントが望むいい状態を思い浮かべ、思いやりを持って施術する」

知識だけに偏らず、その時の一瞬一瞬の肌の状態、反応も肌を通して感じながら、寄り添うように、、、決してエゴが出たり、偏見や不安などでジャッジせず、その方のすべてを信じること。

そういった意識が触れ方に現るからです。技術よりもマインドが伴っていないと技術も宝の持ち腐れです。

リフレクソロジーは一点一点を丁寧に押して行きます。その一点一点は流れで終わらせず、常に臓器のこと、主訴のこと、その方のこと(背景、人生、生活、性格、すべて)、感覚をキャッチ、研ぎ澄ましながら施術します。そして、クライエントと一体となります。

全身全霊で施術にあたる。

でも、自分の念は入れない。

だからこそ、心からの気持ちよさ、心地よさ、自分が大切にされているということや身体への愛情や労わりも自身から生まれる。。。自分でも施術中、施術後に感じる身体の感覚がある。優しいのに(優しいからこそ)がっつりと心身にしみいる。。。

自分のすべてを支えている足自体に施術することで様々な症状自体へも作用します。

ただ、気持ちいいだけではないのがリフレクソロジー。

そして、自分の身体がどれだけ素晴らしいかを感じられる数少ないもの。

そして、家族にもできたり、施術する側が癒されたり。

心理面、肉体面、あらゆる面で最高のケアになる人生のツールです。

私はリフレクソロジーを心底信じて、人の治癒力を信じて施術をしています^^

 

当初はリラクゼーションの方がほとんどでしたが現在はご病気で治療中の方、未病ケアの方などが増えております。

定期的に継続されている方の多くは当初の主訴や体質が改善されているケースが多く、リフレクソロジー、そして、自己治癒力、自然治癒力をまざまざと目の当たりにしているとつくづく実感しています・・・。

3年続けた病院での透析患者さんへのボランティアを通して、人の命にも毎月触れて、毎回学びを頂いています。継続できているのもリケアがあってこそ。。。

これからも生涯、現役でやっていきたいですしそれこそが教える側としても必要なことと思っています。

現在、「家族の手は神の手」「ゴッドハンドよりファミリーハンド!」としてハンドリフレクソロジーを日本中に広めたいと思っています!

ご興味ある方はどこへでも講座しに行きますのでお声がけ下さい~^^
経費さえ何とかなれば全国どこでも行くまーす!リフレクソロジーを知ってほしいーーー!

 

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

ご感想 :「何かが違う」

こんな感想を頂きました。(許可を頂き掲載しております)

リフレクソロジーを定期的に受けて下さっていた女性のクライエントさん。

久しぶりにメールが・・・

 

『今日はマッサージに行ってきました。

本当は長浜さんに会いたかったけど、

時間がないし、頭痛いし、

どうしても何かしないと気が済まなかったので。

でもやはり何かが違う。

長浜さんの気持ちよさは半端じゃないので、

比べものにならない。』

 

※「マッサージ」というのはリフレクソロジーのチェーン店さんとのこと。

 

ひえぇ~嬉しい~(掲載するのはちょっと恥ずかしい~(笑))

普段から仰って下さるようなタイプの方ではなかったので驚きとともにすご~く嬉しかった!!!

そして、先日久しぶりにお越しくださいました!

 

私のリフレクソロジーは皆さんが知っているリフレクソロジーと全く違うかもしれません。。。

どちらがいいというのではなく、全く異なるもの。。。

8周年になるこの時期になんとも嬉しい出来事でした^^

 

足に触れることはその人の全てに触れること。
私が気をつけていることは何よりも「タッチング」と「意識」です^^
意識が触れ方に現れる・・・そして身体へ伝わる、循環する、お互いの波が合うからこその心地よさと作用。
あ、リフレクソロジーってマッサージとは違った作用と気持ちよさが「味わったことのない」と表現されることがありますがまさに愛を感じる手技かもしれません💖

 

 

 

☆☆☆☆☆

双葉7/22(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/273406

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉7/22ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/274037

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

本人が求めていないなら家族でもやってはいけない

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

ハンドリフレクソロジーやホームリフレクソロジストなど、家族へのケアを推奨しているのですがその点で注意しておくことがございます。

それは・・・施術の押し付け。

押し付ける行為は何はともあれ絶対にダメです。

どんなに良いセラピーも受けるご本人が嫌がっているのに行う行為はどちらのためにもなりません。

患者に、家族に、寄り添うケアが本来のケア。

薬だって治療だって同じです。本人が自覚して「いいな。やるぞ」という積極的な意識ではないといくら良いものも作用しません。

逆効果です。

これ結構やっている人多いみたい・・・

家族と言えども、無理矢理やるのはご法度です。

尊厳が何よりも大切です。寄り添うとは何よりもその人の存在、意志を尊重すること。問題は本人が解決するものです。本人の意志があって解決に向かう。あなたではない。

母親や子供と言えども、、、いやいや受けてもらうことにどんな利点があるでしょう?苦痛の何物でもありません。

よく聞くのは(私の講座以外の一般的なところで)

「せっかく習ってきたのに受けてくれない」「リフレクソロジーは本当にいいものなのにわかってくれない」など。

自分がいくら「いい!」と感動していても自分以外の人には知ったことではありません(笑)幸せの押し売りをしてしまっては元も子もなくなります。

例えば、タッチングは素晴らしい結果をもたらしますが相手が嫌がっているのにやってもその効果は半減どころか悪影響にもなりかねません。

「触ってもいい?」

 

まずは本人の許可を得ましょう。そしてお互いに気持ちよく施術できることが何よりも良い作用、結果へ影響することでしょう。

「この療法がいいからやったほうがいい」とか本人が納得していないのにやっても意味がありません。

大切なのは思いやりです。良いものを押し付ける自分本位な考え方や行動はやめましょう。

介護でもその点が分かれ目。自分に合わせるのではなく、相手に合わせる。認知症の親がまだ「食べてない」と言ったら「そうなんだね。そう思ったんだね。お腹は空いてる?」と受け入れてあげること。上からものを言うのではなく、同じ目線に立ち(実際にも)言っていることを認めてあげること。否定しないこと。するとお互いにより良く生活できる。たまには当然イライラしたりしますけどね。

ケアの本質はこちらの考えを押し付けるのではなく、従わせるのでもなく、その個人を尊重することでケアになると思っています。寄り添うとは正しいものに従わせるのとは真逆です。

肌に触れることは心に触れること。心に触れないものは意味がないんです。

私も昔、父に「もうリフレクソロジーはやらなくていい」って言われたことがあります(笑)「えーーー、せっかく習ったのに!」とその時は思ったものです。でも、「おしっこが近くなるから」と父に言われて、そうか。とそれからは辞めました。そして、フットバスや手のマッサージをするようになり、ある日父が「またリフレクソロジーもやってほしいなぁ」と言いました。

私は「おっしゃー」と心の中で叫んで、そこからは父は受けてくれるようになりましたが逆に「やって」としつこい場合、こちらが疲れてしまうこともあります。そんなときは「今日は疲れているから明日ね」と断っていいです。無理してやると介護の負担が増えるだけ=ストレスになる、ので結局良い結果を生みません。断れるときは断る。相手の希望をすべて受け入れようとしなくていい。もっと気楽に(口で言うのは容易ですが)やろうね。

ハンドリフレクソロジーもフットリフレクソロジーもタッチング、ハンドマッサージも肩もみも、こちらも癒されて、相手も癒されるもの。。。義務にならなように楽しく、気楽にやりましょう^^

その足は、その手は、その方のすべてです。心です。愛です。それがタッチングです。その意識なしに触れてはいけません。あなたの念を入れず、心で接し、触れて下さい。

 

☆☆☆☆☆

双葉7/22(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/273406

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉7/22ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/274037

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

8周年記念新メニュー&モニター

記念だからと言ってキャンペーンとかはやめました。そういうのやめました(笑)

必要な方と必要なもので深く関わり、結びつきたい、つながりたいから。

 

自己受容プログラムコースを紹介しましたが

https://resast.jp/events/273441

 

継続は力なり。。。

 

その他、新しいメニューも8年経って辿りづいたこちら!

 

まずは初回モニターをお願いします^^

 

 

新メニューモニター

リフレクソロジー 心身リセットコース (全8回:3ヵ月)

トリートメント45分+前後カウンセリング30分(初回は60分程度)

¥33,000~¥40,000→ モニター価格 ¥25,000

 

オリジナルセッションコース (全6回:3ヵ月以内)

初回カウンセリング 50分 +ダイアローグまたはボディケア50分(セラピスト判断)

その時に必要なセッションをセラピストが判断して決定します

¥60,000→ モニター価格 ¥40,000

 

ダイアローグ メンタルサポート (全10回:6ヵ月以内)

10回 × ダイアローグ(メンタル/トークセッション)50分

¥60,000 → モニター価格 ¥30,000

 

※モニターは内容を公表出来る方、感想を書いて下さる方(公表)が対象。

※期限経過および自己都合によるキャンセルなどによる返金はできません。

2018年8月末までのお申込みに限ります。

 

双葉7/22(日) EFTセルフケア講座

https://resast.jp/events/273406

双葉8周年記念『自己受容プログラムコース』モニター募集

https://resast.jp/events/273441

双葉7/22ハンドリフレクソロジー無料体験会

https://resast.jp/events/274037

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00 ※7月はお休み

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876