人生初体験!ラジオの収録♪

昨日はインターネットラジオ「ゆめのたね」の収録でした!

人生初めてのラジオということでとっても緊張!

でもパーソナリティのみゅうさんの

さすがのトークであっという間に時間は過ぎ・・・

楽しく話すことができました~♪

リフレクソロジーが私の代名詞ですので

今回はハンドリフレクソロジーの話をさせて頂きましたが

打ち合わせで言ってなかったアイリッシュダンスと歌の話になり、

みゅうさんビックリ!(笑)

「知ってたら歌ってもらったのに!」と

またいつか機会があったら今度は

アイリッシュシンガーとして収録するかもしれません(笑)

放送は来月第3水曜日 23:00~23:30

再放送は翌週第4水曜日の同じ時間になります^^

11/21と11/28

インターネットがあれば聴けます~

https://www.yumenotane.jp/

東日本→「みゅうのPuasmile」をクリック!

みゅうさんはメンタルケアなどをされているセラピストさんでもあります!

カリスマ性のある素敵な女性でした~

みゅうさんありがとうございました!

 

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

広告

元気になろうとしなくていい

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

元気にならなくちゃ、

もとに戻さなくちゃ、

って思わなくていい。

そう思うと、

元気じゃない自分を責めたり、

今の自分を否定したりすることになるから。

「いまは元気がないんだな」

「少しでも良くなればそれでいいか」

と今の状態をそのまま受け止めること。。。

元気じゃない自分も自分なんだって認めること。

元気じゃない自分を許してあげること。

いま必要なのは元気になることじゃなくて

今、あるがままの自分を抱きしめてあげること。

本当の元気はどこから出てくるの?

元気にならないと生きてちゃいけないわけじゃないよ。

元気じゃないときだってあるんだし、人それぞれのプロセスや気質や体質だってあるんだし。

元気な子がいい、なんて誰が決めたの?

元気じゃなくなったから元に戻らないといけないの?

いえいえ、私たちは常に新しいんです。元に戻らなくていい。完全に戻ろうとするから苦しくなる。しかも、元の自分は幻想になっているかも。記憶が間違っている可能性も大きいよ。

元に戻るよりも、新しい自分を目指そう。

臓器だって、血液だって、骨も脳も、細胞も全部常に生まれ変わっていて、一瞬一瞬変化して常に新しい自分なんだから。

元気な人、とか、優しい人、とか、能力がある人、とか、いい母親とか、仕事できる、とか、痩せて美人になる、とか、それがいいなんて誰が決めたんだ?

もしも、いましんどかったら、しんどい自分を×にせず、「しんどいんだよね~」と労わってあげてね。まず必要なのは叱咤ではなく、労わり。そこからどうするか、どうなりたいのか?それで行動を起こす。

すぐに「こんな自分はダメ!」と責めたり、違う自分になろうとしたり、元に戻らないと!と思ったりするけれど、、、元気じゃないダメな自分も受容してあげよう~

そして、人に頼ることもあってもいい。肩をかりる時期だって必要。それが人間。。。一人でがんばらないでね。みんなの助けになりたいというのが人間の魂だから。

どんなあなたでも、ここに居てくれたらそれでいい。

いっしょにこの時間を過ごせること。一瞬一瞬が奇跡の連続。あなたの存在に感謝。

今のあるがままの自分を丸ごと抱きしめよう。

 

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

介護・介助でツラかった時したこと①

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

母のガン治療のとき、

父のくも膜下出血のとき、

私がつらかったこと・・・

母の治療のときはすでにセラピストとして知識も思想もできていましたので父のときと違いました。

父のときは半身不随になった父、意識不明、麻痺した半身、記憶喪失、半側無視、将来の不安・・・

知識も経験も初めてでただ情報を集めてやれることをひたすらやってました。

母のガン治療では色々な知識があったし、心理的なもののベースもできていました。

それに自分自身のことも自己探求してクリアになっていたので父のときとは全く違ました。

でも・・・

ツラいときはつらい。

よね?

精神的なストレスや体力的なもの・・・

・治療方針(西洋医学と自然療法、医師の善し悪し)
・会話(励まし、愚痴を聞く、、、)
・金銭問題(治療費、入院費、借金発覚)
・兄弟姉妹との関係(誰が面倒みるか、とか後ろめたさ、とか)
・付き添い問題(仕事休む休まない)
・匂い(シモの匂い)
・副作用
などなど・・・

まず、今日は治療方針。

がんの治療は都度選んでいくのでその度に家族で話し合います。が、基本的にはやはり本人(母)が決めること。

でも、母はとにかく「先生=神」みたいな昔ながらの人だったので、医師の言いなり💦というか、反論するような気力もなく、ただただガンということにショックを受けていましたし、「がん患者」であるということに自分を置き、失意のどん底みたいに常におりました。

そんな母に「それはよく考えろ」とか「他にも選択肢がある」「先生じゃなくてあなたが治すのよ」「病気はメッセージだよ」と言ってもそれは母を追い込めることにしかならず・・・

もう自分で選択できないくらい弱っていく母にこちらも「がんばれ」とか「だいじょうぶ」とかありきたりの言葉しかかけれなくなって、、、でも、そんな姿をみたくない姉も兄も優しくするというよりも逆に声を大きくして「しっかりしろ!」なんて怒鳴ったりして・・・

私は私で抗がん剤治療反対なので「知識ないから知らないだけだ」と”自分と向き合わない”母に不満がありました・・・(当時はね)自分で気づくことなのにね。

もう家族みんながイライラしていたなぁ。。。

精神的に限界になるんですよね。母は弱音ばかり言うし、抗がん剤治療でどんどん痩せて別人になっていく母をみていて、本当につらいですから。。。いいのかな?ほんとうにその選択で?と日々葛藤。兄弟姉妹で意見が違うとそれも大変で。

でもね、か細くなっていくけれど、母の性格は気性が激しく、頑固だし、言い争うくらいお互いにストレスフルでした。自分の身体が思うように動けなくなってヒステリック常に母にイライラ、ぴりぴり、、、

これはいかん。そう思いました。母の見た目だけをみて、会話をしているべきじゃないって思いました。母の本当の訴えはなんだろう?と。

そんなとき、私ができること、、、それは今の母をそのまま受け止める、受け入れることでした。そして、そう思えたら、母にイラつくことが減って、普通に話せるように。自分の意見を押し付けることが母の助けになるどころか苦しみになる、と教わった。。。

もともと、私は母の性格が大嫌いでしたから(母は好きでしたよ、もちろん)いつも見下げていたんです。あまり母とも話すこともなく、母親としてあまりいいイメージのなかった母とは仲が悪かった。

でも、私も自己探求で変わっていました。母がガンになる少し前に「母に愛されていなかった」から「母に愛されていた!」と変わり、これからいろいろと母と話をしよう、一緒に出掛けようと思っていたのに、、、それは叶わなかった。けれど、病院でたくさん母と過ごすことができた。

母の治療で初めて母と近づくことができて、素直に話をする機会に恵まれ、わかったこと、勘違いしていた事実、、、

母と穏やかに話ができたとき、本当に嬉しかった。

すると、いろいろと親に対して思っていた悲観的なこと、記憶がじつは勘違いだったことを知る、なんて場面もあったり、母の幼少期の知られざる事実を知ったりして今までのことが許せるようになったり、、、なんてことが起こったんです。

私が母に優しくできたとき、母も素直になって話をしてくれて生まれて初めて母と分かりあえた感じがしたんです^^

素直に(恥ずかしかったのかも)母と会話をすることができなかった私がリフレクソロジーというツールを通して、母とコミュニケーションできたことは人生の大きな節目だったかもしれません。

この続きは副作用の話で・・・

 

 

10/27(土)岩手県花巻

ハンドリフレクソロジー体験会https://www.facebook.com/events/2241143479463436/

※東京は随時開催(希望の方はご連絡ください)

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

自分を癒す最幸の方法

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

自分を癒す最幸の方法は・・・

こたえ👇

誰かに触れる

相手を癒す

です💖

マッサージを受けると癒されますがじつはマッサージしている側が癒されています( *´艸`)

自分が癒されると相手も癒されます✨

医学的に、科学的にこれは立証されているのですがこれからの時代、本当に必要になってくる。。。

だから・・・

”慈悲の心、思いやり、相手を思う気持ち、優しさ”

それらがあなた自身を癒すんです^^

「癒してあげたい」「元気になってもらいたい」と思いながら純粋に何かを相手にしてあげているときオキシトシンという愛情ホルモンが脳から分泌されます。

オキシトシンは「幸せ」な気持ちになる神経伝達物質ホルモン。

さらに脳のホルモンは皮膚と直結しています。皮膚の刺激によってホルモンの分泌が促進されます。だから、「触れる」というタッチングがいい!!!

肩もみやマッサージをした際、数値を測ってみると施術されたほうではなく、施術している人のほうがオキシトシンの分泌量が多いんです!

これは私も実際に経験していますし、ホームリフレクソロジーの講座を受けた方からも「逆に自分が癒された/気持ちが落ち着いた」と喜びの感想をいただいています。

私が母のがん治療や父の片麻痺へのケアを行っていたときもそうです。私自身が救われたのはリフレクソロジーやアロマトリートメントがあったからこそ・・・

介護など、家族が病気になったときってこちらも相当なストレスですよね(*´Д`)

でも、病気になった家族を気遣って相手にそのことは言えないし、「こちらのストレスなんて・・・」と抑えてしまいます。

でも、病院への付き添いだって大変だし、病気になった母の愚痴を聞くのだって相当なストレスでした。。。でも、やらなければいけない現実💦

無意識にたくさんの我慢や辛抱をして、感情を抑え、自分の欲求を後回しにして家族の助け役に徹しているのはつらいですよね。。。それ以外にも兄弟姉妹間での意見の相違とか仕事や結婚している人なら自分の家のことや子育てだってある。。。

入院中に会話が途切れた時、診察を待っている間、「リフレする?」の一言が私も母も救われた。。。

病気になった友人にかける言葉がみつからないとき、「ちょっと手を貸して」って言ってリフレクソロジーをしたら「リラックスした♪」と少し落ち着くことができた時間・・・

そんな場面をいくつも経験してきました。

人は生まれつき「誰かのためになりたい」と思っているものだと感じています。それは人間が持っている魂そのもので、思考ではなくて本能ですでにあるもの、、、だから自分が癒されるんですよ~^^

自分が癒される、愛されるにはまず与えることといいますが物理的に理にかなっていることなんですよね( *´艸`)

素敵な法則ですね(^_-)-☆

ちなみに・・・そういえば、小さい頃から私は人に触れることが大好きな子供でした。いつも大人の肩もみや髪の毛をブラッシングしていたな(笑)

人間は優しさ/思いやり(愛)の生き物。愛を与え、愛をもらう。

愛の循環が一番の幸福。誰かに触れることで幸せになり、自分を癒す最高最強の方法です^^

 

10/27(土)岩手県花巻

ハンドリフレクソロジー体験会https://www.facebook.com/events/2241143479463436/

※東京は随時開催(希望の方はご連絡ください)

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

子供のできないあなたへ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

本当は違うことをアップしようとしていたけど

ふっと、浮かんできたので・・・

子供ができなくて落ち込んでいるあなたへ。。。

私が救われたメッセージや私が経験した想いや伝えたいこと・・・

「きっとできるよ」と言ってあげたいけれど。きれいごとのような気もする。

でも、これだけは伝えたい。

あなたのせいじゃないよ。

だから自分を責めないでね(*´Д`)

数値のせいでも、身体のせいでも、運命のせいでもない。適当に思い込まない、決めつけない。しっかりと自分と向き合うこと。向き合うことは反省することじゃない。責めない。

そこを勘違いしちゃだめ。原因だけ探しても子供できない。病気といっしょ。自然の摂理。

不妊治療の前に、「できない」と思う前に本当に欲しいのか?と問うてみる。。。

妊活に本当に必要なのは、大事なのは・・・

 

意識

 

「こんな風に育てよう」とか「一緒にこんなことしよう」って赤ちゃんのことを思うこと。(自然に心から出てきてる?未来のことだけど「今」楽しむこと。)

私はただ「子どもが欲しい」「子どもができない」と思っていた。できない事実にフォーカスするばかりで悲嘆にくれてた。。。子供を授かるためだけに「今」をないがしろにして子供のいる”自分”ばかり夢見て、、、

「赤ちゃんができたらこれしよう♪」とか「子どもと一緒にいる幸せなイメージ」をせず、ただ「子供が居るのが当然なのに私にはなんでできないの?!」みたいに思っていたかも。

子供が居なかったら女性として何のために生まれてきたの?なんて思っていた。ひどいわぁ、、、いまさらながら自分で自分を否定しまくってた。そんな母親のところに赤ちゃんも来ないわね(笑)当時、苦しくて怖い顔してたと思うし(笑)

赤ちゃんのことを考えてなくて、自分も否定していて、そのときを楽しめてもなかった。そこに気づけなかった。。。

 

胎内記憶で有名な池川明先生の本とかブログ読んで愕然としたり、あきらめつきました。これ読んでみて→

https://ameblo.jp/kosodateqa/entry-11976177433.html

『できない人生もある』ということもある。

人それぞれの道がある。子供が必要な人、そうじゃない人。女性だからって子供を産まなくちゃいけないわけでもないのにそこにとらわれていただけだったかも。。。

もしかしたら「子どもをつくらない」と決めたのかもしれない。

「他に役目がある」からかも?

自分の産んだ子供だけではなく、他人の子供を育てる役目もある。

「子どもから学ぶことがない」

「子供を通して幸せを感じないから子供ができない」

ということもある。

(この反対もある。子供から学ぶために何人も産む場合もある)

 

私も何年も「子供ができない」と悩んでいたころ苦しくて、孤独で、自分を責めて、、、どうしていいのか途方にくれたり。。。

自分のストーリーの中にいただけだったと今では思うけれど、、、産まないでよかった、と今では思えてる。(私はね^^)授かるものを無理やり作ろうとは思えなかったしね。

 

それぞれの悩み、試練があります。

でも、今一度、どうして子供が欲しいのか?を考えてみて下さい。不妊治療や漢方や高額セミナーやセッションやサプリメントに時間とお金かける前に。。。

子どもができたら何がしたいですか?どんなふうに遊びたい?旦那さんとは話し合ってる?そんなことを考えて。。。感じて。

子供がいるから幸せ→幸せだから子供ができる

考えのシフト。「いま」ワクワクしてますか?

で、やることはやる。妊娠しないのは女性だけの問題じゃないことも知ってほしい。一人で作るんじゃないんだから。精子、何よりだいじ!!!種が悪かったら育たない。男女ともにケアも必要。

お父さんとお母さんが仲良くしてないと楽しそうじゃないから。赤ちゃん見てるよ。空の上から。楽しいエネルギーを感じたら空の上からタイミングを見計らってやってきてくれるかもしれない。。。子供は親を選んでくる、という。

できない人はじつは本当に欲しくなかったのかも、と納得して自分の人生を生きれるかもしれない。

大切なことは子供が居る、いないにかかわらず自分らしく生きること、楽しむこと。あきらめたとたんに懐妊するのは意識が変わったから。意識を変えようとしてもダメ。変わったのは結果でしかない。

どちらにせよ、

腑に落ちたら、苦しみはなくなっていますから。

前世に聴くもよし、子供に話しかけるもよし、自分のセクシュアリティに向き合うのもよし。

必要でしたらご相談ください。

心のケアではヒプノセラピーやメンタルセッション、リフレクソロジーでも妊活ケアしています。

☆☆☆☆☆

9/30 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/284329/

東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

”出して”から”入れる”~健康と美容の基本

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

 

健康の基本は

出してから入れる

ことです。呼吸も吐いて吸う。

逆の人が多い。

宣伝でもサプリとか栄養とか摂取するほうがなんとなく当たり前になっているけど。(やりやすいからね)

本来は出さないと入りません(笑)

いくら身体に良いもの、必要なものでもスペースがないのに入らないから無駄になる💦

それよりも老廃物を出して常に血液をキレイにしておくことが健康にも美容にも不可欠。

では、どう出せばいいのか・・・

運動(代謝を良くする)、たまの絶食(食べ過ぎない)、水を摂り過ぎない、冷やさない。と、リフレクソロジー(≧▽≦)

現代は食べ過ぎ。飲みすぎ。栄養とりすぎ。

添加物、環境汚染など身体に毒になるものも知らずうちに摂取しています。

ですからそれらをすべて出さなければいけないのにずっと食べたりしているとその処理が追い付かない(-_-メ)

すると老廃物(ごみ)が体内に残り、血液に残り、循環が悪くなったり、身体の各臓器への栄養が届かなかったり、排泄が十分にできないことで様々な不具合が起きます。

それらは下痢や便秘、むくみ、胃痛、腹痛、肌荒れ、不眠などなどの症状(アレルギー、うつ、リウマチ等々もよく言われます。特に水分の多い方はむくみ、緑内障、不整脈、帯状疱疹、アレルギー<喘息・じんましん・アトピー・鼻炎>、心不全)となって身体に出ればまだいいのですが(軽いときこそケアしてあげる)それらすら放っておくと正常なシステムから外れて、大きな病気になることになります。

血液の滞りが癌などをつくる。精神的な状態も血流を悪くしたり身体のシステムに影響します。

血液(体液)循環を良くすること、代謝を良くすることはわかっていてもなかなか・・・と言う方も多いと思います。

運動をしたくても時間がなかったり、身体がだるくて無理だったり、寝たきり、術後や何らかの理由で出来ない方もいらっしゃるかと思います。

そんなときにリフレクソロジーの出番。

施術中からトイレへ行かれる方もいらっしゃるほどリフレクソロジーは代謝を正常にします。かなりの冷え性や便秘症、生理痛なども継続することで徐々に本来のご自身の代謝へ戻っていく。

血液循環は健康のすべて。

健康には摂るよりも抜くことを優先させて下さいね。

風邪をひいたときも栄養を摂るのではなく、絶食して休ませること。

身体は常に戻そうとしてくれていますのでその邪魔をせずに薬も飲まないほうがいい。

本能に従って、食欲がなかったら食べないこと。

冷えている方は水毒を疑って、水分を摂り過ぎないようにしてくださいね^^

 

☆☆☆☆☆

9/23 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

⇒ https://resast.jp/events/274910/

9/30 まじめなセクシュアリティのお話

⇒ https://resast.jp/events/284329/

東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

愛のある施術

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

「愛」って言葉。

悪いイメージのほうが刷り込まれてるかも。

恋愛映画とか恋愛ドラマとか。

家族の愛や○○愛ってあるから

まるで愛は「とってつける」もののようになっている。

けど、

愛ってもともと誰にでもあって

それだけを出そうとするものでもなくって

当たり前すぎて自分の中にあることすら忘れてる。

世界平和を祈る、ってのも「愛」なんだろうけど

「世界平和」って言っちゃってる人は信用できない(笑)

前置き長くなったけど

愛を感じる人のところに私は行きたいし、会いたい。

自分を愛している人=他人を愛せる人とつながりたい。

施術者の場合だと自分の念を入れてくる人じゃなくて愛をもって行う人。

私はとても繊細すぎて、私が施術してほしいと思うセラピストさんは限定される。

愛がない施術は私のカラダを壊してしまうから。。。

それは痛みや揉み返しとなって不快と不調を引き起こす。

愛がある施術はまったく違う。。。

それは施術者としても「やり方」ではなく「在り方」が変わってから顕著になった。

私は愛をもって施術、セッションを行っているからクライエントさんも感じてくれています。

愛のある施術って何が違うか、わかりますか?

時間とお金を無駄にしたり、身体に悪いことになる前に愛を感じる施術、セッションを受けて下さいね^^

愛のある施術・・・

何が違うかって『意識』が違うんですよね。

優しいとかそういうことじゃなくて、真剣にクライエントのためを思っているか?クリアなマインドか?セラピスト自身が自分を信じて居るか?クライエントさんを信じて居るか?

すると施術の手技自体、というかやることが違うのではなく、感じ方が変わる。

自分でも変えてないつもりだろうけど、意識が筋肉に伝わり自分では動かし方を変えてないつもりでもじつは違う。クライエントさんは感じている。ちゃ~んとその違いを。

細かく言えば波動が違う。意識次第で伝わり方、触り方、響き方が変わる。

 

自分が「治してやる」と思って施術するのと、(=念を入れてる)

クライエントさんへの思いやり、慈愛から主訴が治ることを思い施術するのと、(=念を入れずにお互いのエネルギーを循環させている)

まーったく違う!!!

念を入れる施術は無理矢理仕向けているかんじ。どうにかしようってのがあるから力づくで変えようとコントロールされるかんじ。全然自分の身体のことは無視されて、施術者のエゴまみれ。

念を入れない施術は相手のこと、身体を思い、常に気を向けてくれていて、気遣いがあって・・・心からの愛がある。

スクールで生徒に言うのは、「足」と思って施術をするのではなく、「ご本人自体」と思って自分が大事にしている大切なものに触れるように、触れさせて頂くという気持ちで施術しなさい、と教えています。

この気持ちひとつで伝わり方が全く違う。手技が変わるんです。

クライエントさんとセラピストが一体となることが最高の施術となる。

「長浜さんのリフレクソロジーには愛を感じます」

と先日、モニターさんから言われました。

 

テクニックではなく、慈愛の心が意識として上がり、自然に皮膚から空気から伝わる。何度かの施術ということもあるし、お互いの信頼ができているから、安心感もある。

そして、クライエントさんの身体、生命力を信じていることが大切。それこそが自然療法。

 

私がたまにお世話になる先生方も愛を感じるのです。だから安心して身体を任せられる。徐々に信頼関係も築かれてもっと施術作用が高まっていく。。。

見分けるポイントは「愛」なんです^^あの愛、ではなく、この愛。。。身体の芯にあるじーんとあったか~いやつ。

そして、施術の質も「愛」によって何十倍も違ってきます。。。

治療やセラピーに一番必要なのは(人間関係も)この愛、だと思っています^^

 

☆☆☆☆☆

9/9 東京都 ハンドリフレクソロジー体験会

⇒ https://resast.jp/events/284326/

9/23 東京都 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

⇒ https://resast.jp/events/274910/

9/30 東京都 まじめなセクシュアリティのお話

⇒ https://resast.jp/events/284329/

9/30 東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

第三木曜日:本質への気づき「Cafe Practice~カフェ・プラクティス」

双葉リフレクソロジスト講座 随時開講!

①プロ実技コース(30時間)

②ホームリフレクソロジスト講座(2日間)