問題は解決させなくてもいい

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

問題があると解決せねば!と思いますよね?

でも、必ずしも解決しなくてもいいんです。

なぜなら、解決させても解決していないからです。。。
本当の問題を解決させていないから。

本当の心の声を聴いてない限り(*´Д`)

例えば、結婚。結婚したいのは結婚という憧れであって寂しさを埋めるためだったとしたら結婚してもうまく行きません。新たな問題が起きるだけです。
結婚できないことが問題ではなく、結婚しなければ幸せになれないと思い込んでることが問題なのです。

例えば、不妊。不妊になっている”原因”を突き止めて子供を妊娠しなければ!とがんばるっているとき、欲しい!と思って(顕在意識:意識:思考)いるのに潜在意識(無意識:深層心理)では「子どもができたら生活が大変だなぁ」と思っていたらギャップがあるから思う方向へ進まない。なにかにつけて思考が身体をコントロールして不妊を続けさせる。

これはたとえ話ですからこういう考えの人が必ずしもそうではありませんが。

しかし私も心当たりがありまして。私が不妊の時に気づいたのは「子どもがなぜほしいのか?」ということは無視していたんだな~と。ただただ、「できない!」と思って「子どもはできるもんだ」(=できない私は女性として生きる価値がない)と信じ込んでました。しかし、よーく自分の心の底のほうを観てみると、じつはそこに子供ができることを拒否していた自分がいて、というか、「女性として生きる価値がない」のほうを現実化しようとしていたことに気づいた。
本当はそこが問題であったのに、子供ができないことが問題だと思い込んでいたからいつまでも苦しくて、いや、自ら苦しんでいたんですよね~💦

じつは子供ができないことが問題ではなく女性としての価値観が低かったから結果的に子供ができなかったのかと気づきました。(私の気づきですので皆さんに当てはまるものではありません。そして、それが思い込みであろうが真実でなかろうがこれによって私は納得しているのでそこが答えです。今のね・・・ご自分の答えをそれぞれで見つけてね。答えは自分の内側にしかありませんから)
自分らしさ(=セクシュアリティ)を自己受容できてから変わりましたよ^^興味ある方はこちら→詳細はこちら

表面的に見えているところ、自分が悩んでいると思いたい悩みを現実化させていたり、、、

本当の答えが見つかると、それだけで解決しなくても消えて行ったり(そりゃそうですよね、そもそもそれは問題ではないのですから)するので解決する必要はない。

解決すればいい、ということは原因論としてしか物事を考えていないので八方塞がりになってしまうんですよね(*´Д`)

それよりも、どんな気持ちがそこにあるのか?じーっといろいろな想いに耳を傾けてみる。
それだけでハッとする気づきがあって、すっきりするかもしれません。

現在、ダイアローグ(メンタルセッション/トークセッション)モニター10回の方の8回が終わりました。
毎回すごい(笑)

びっくりするような思ってもみない気づきがたくさんです。そして、今まで問題だと思っていたことが「???」と気づいた後は消えてしまったというエピソードがありました。

6回目のトラウマへのアプローチをしたセッション後、7回目にそのことを聞くと「よく覚えてない」とクライアントさん。

人は結局自分のストーリーの中で生きています。ですからそれを手放してしまうと居なくなっているからすっかり忘れてしまうのです!(しかも、大体皆さん心もすっきりして、身体も軽くなって帰られます。。。心身つながってますからね)

病気もそうですね。治った数年後に病気以来会ってなかった人が「お加減はどうですか?」と聞くと「え?なんでしたっけ?」と忘れている、なんてことが起こることはよく知られています。

人は自分でその問題を掴む。つかんでいる。それがシンプルに本来の問題であるならば、解決させることが先決ですが(例えば風邪をひいたら休む、障害物があって車が通れないならそれをどかす、、、)表面に見えているものではなく、底にある深いものがその問題に影響しているならいくら表面をきれいにしてもまた浮き出てくるわけです。

常に俯瞰して、どんなかんじ?と客観的な視点を心掛けるといいですよ^^

☆☆☆☆☆

12/21

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/307798

コラボ企画 12/23

大貫めぐみ/恋とセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/307777

1/27

まじめなセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/311810

双葉お茶会(瞑想やお話

 

 

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

広告

PEA という恋愛ホルモン

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

人を好きになるとき、PEAというホルモンが

脳から分泌されるのをご存知ですか?

そのホルモンがあるから恋に落ちる、

のだそうです!!!

このホルモンはなんとモルヒネの200倍の

鎮痛効果があるそうです。。。ひぇ~

エンドルフィンが有名ですがあれは7倍。。。

どんだけ~

これ、どんなホルモンなんでしょう?

23日のイベントまでに調べられるかな~?

恋愛初期に分泌されるPEA。
PEAは「フェニルエチルアミン」の略。

恋の病といいますがその状態を起こす物質。

食欲がなくなって、腸が空っぽになって、美肌になって、、、そんな状態にさせるには生殖能力の仕業かもしれませんね。

一目ぼれさせて、恋愛初期の幸せ~な感じを起させる物質。
脳下垂体から出てドーパミンの分泌にも関与しており、これによって「あの人が好き!」「近づきたい!」「触りたい!」「自分のものにしたい!」と惚れてしまう状態になるのですね。。。まさしく生殖のため!!!

しかし、このホルモン3年~長くても4年が限界。(3年目の浮気って納得(笑))
そんなに気持ちい~状態を続けていたら身体が持ちませんからね(笑)

そして、これに代わるのが愛情ホルモンであるオキシトシンやセロトニン。

こういった身体への影響、生理学的なメカニズムも以下のイベントや講座でお話ししています。

☆☆☆☆☆

12/16

まじめなセクシュアリティのお話~自己受容

https://resast.jp/events/305438

12/21

医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/307798

コラボ企画 12/23

大貫めぐみ/恋とセクシュアリティのお話し会

https://resast.jp/events/307777

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

自殺したい子供たちへ

先日観たニュース。

自殺した少女の手紙と

その子の両親のインタビュー。

手紙には

「お父さん、お母さん、ごめんなさい。私は悪い子でした」

両親は

「もっと学校がちゃんと対応してくれていたら・・・」

とっても違和感。憤り。なんだ、これ?

子供が謝ってるのに、親は他人のせいにしてる。

死にたいって思っている子供は

自分が悪い子、と思っていることが多い。

謝るのは大人のほうなのに。。。

本当にやりきれない。

小さい心が押しつぶされてしまうとき、、、

大人が助けてあげれないこと。。。

自殺したいと思っている子供たちに言いたい。

あなたは一切悪くない。

自分を責めなくていい。

あなたが悪いからそれが起きているのではなく

あなたを守ってあげれない大人が居ないだけ。

謝るのは大人のほう。

親のせいにしたいわけじゃなく・・・

周りの大人が少しでも気にかけてあげていたら

違っていたんじゃないか・・・と

思うのです。

自殺した子供たちがどんだけ孤独で寂しかったろうって。

別に自殺をやめようって話じゃない。

そんなきれいごとじゃなくて、

とにかく「自分を責めなくていい」ってこと。

薬は効くと思って使おう

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

薬は毒です。

でも、飲むなら

「効くんだ」

「これで治すんだ」

と思って飲まなきゃ意味ないです。

せっかく飲むのに無駄になるよ。

薬は悪いもの、と思いながら飲むって・・・

だったら飲まないほうがいいよ。

西洋医学が悪いわけでも

薬が悪いわけでもない。

そこ、取り違えないでね。

なんにでも覚悟は必要。

「薬はなるべく使いたくない」という方が代替医療や自然療法を行っている人は多いと思います。

私もその一人、、、でした。

ただ、使うときにはしっかりと使うこと。変な偏見だけでむやみに拒否しないこと。

変に否定感があると効くものも効かないし、ネガティヴな想いはストレスになって身体に良くない結果になりかねません。

一度、その治療をすると決めたなら(自分で決めること。)信じること。自分の身体も。

医師の言いなりになるのでもなく、薬を悪いものだ!と決めつけず、いま自分に必要なのか、そうじゃないのか、よく考える。。。時間なかったら腹くくる。意識が一番影響するからね。

処方されて、薬局で購入したけど自分で後からやめようと思ったものもいくつかあります。

やめたことで後悔していることも。。。私は帯状疱疹のとき、妊娠を希望していたので強い薬をあまり飲みたくなくて我慢しました。かなりの痛みに我慢しました。そして、そのせいで左脚はケロイドとして残ってしまいました。


 

抗がん剤

以前あげた記事にもありましたが抗がん剤には効くガンの種類、タイミングなど、様々です。安易にシャットアウトせず、きちんと調べたり納得いくまで医師と話して下さい。焦らなくても大丈夫です。

抗がん剤治療などをされている(きた)クライエントさんたちを見ていると違いがふたつに分かれます。先生に言われて仕方なく(よくわからず)抗がん剤をやられている方、もう一方は抗がん剤をやって治す!と決めている人。前者はいつまでも後悔したり、治療自体を疑っています。もうすでに受けているのに。。。後者は自分で腹をくくってますからやることやって後は不要なものを出します!ととても潔い。もちろん、後者の方はどんどん治っていくわけです。「再発するかも」という恐れも全く違うんです。

薬剤治療すると決めたら、それが自分にとって「健康をもたらしてくれる!」「私を助けてくれる」「この症状が良くなる」と信じて飲むなり、摂取すること。

「毒だ」と思って飲まない。でも、そのあとしっかり出す、ケアする。

母は抗がん剤やらないほうがよかったけど、本人が選んだから仕方なかった。


 

薬に関するこんなことがありました。

先日、風邪をひいて咳が出ていたのに歌の仕事があるので練習をしていたのがたたったのか、咳がいつまで消えなくて10数年ぶりに内科クリニックへ行きました。

咳喘息なりかけ、ということで「アドエア」という薬を処方されて、初めての吸引器♪っていやいや喜んでる場合じゃありません(笑)でも、ほとんど咳はないんですよね~と思いながらFacebookに投稿すると「私もこれ持ってます!」「娘が使ってます!」とかいるわいるわ。びっくりしました!
そして、「これステロイドだよ、大丈夫?」「効かないからすぐやめたよ」と心配してくれた人も。。。
ほっほー。以前の私なら「ええーーー!怖い!」とやめていたかもしれませんが今回は違いました。だって、自分で使ってから決めようと思いましたし、まだ一回しか使ってなくてすぐやめるというのはどうも、ね。せっかく¥1,500円+治療費も支払ってゲットしたし(笑)
確かに薬って間違った処方の場合や合わない場合もありますが使い方が悪かったり、用量など勝手に変えることで本来の効果が得られない場合もあります。。。(そうやって無意識が治ることを拒否している場合もあったりして・・・)だからしっかりと使ってみてどうなるか?と久しぶりの薬を試してみる楽しさ!があったので人体実験しています(笑)自分でクリニックへ行ったんだもの、、、最後まで責任もって自分の身体をケアしますよ~

で、少し使っていたら「うん、いいかんじ♪」です。楽になってきました!ここで止めず・・・完全に治るまで、使ってみます。さすが薬!(笑)


 

薬は毒です。
ジャンクフードも毒です。

しかし、それは本当?
一番悪いのは根拠もなしに「毒だ!」と思い込んで摂取すること。そのマインドが本当に毒性を持ち、毒になる。と思います。

おいしい~とか効く!と自分の身体に良いもの♪と思って摂取したほうがいいですよね^^

大切なマインド・・・

必要なものは吸収し、不要なものは出ていく環境を身体に整えてあげること。

 

本当の毒は自分の思い込み、固定観念かもしれません。。。

 

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

 

 

光と影は同時に起きている

(アメブロからお越しの方は★からお読みください))

この世は陰陽といいます。裏表。

ただ、、、

どちらか一方、ということではなく、、、

どちらも「在る」、一緒に「起きている」のです。

観ている位置が違うだけで。

同時に起きている✨

光だけでも見えないよ。

影があるから何なのかがわかるんです。

光だけだったら眩しくて・・・

影だけでも暗くて・・・

どちらも同時にそこに存在するからこそ、認識できる。

 

ポジティブ(光)だけでもなく、ネガティブ(影)でもなく。

どちらもあってこその摂理。

偏ることもなく、ちょうどいい加減でいる。

 

光を求めがちですが、光があるということは影も必要で。

一対。一体。

バランス。表裏一体。

楽しい~!ということはその裏には「苦しい!」が隠されています。

それも否定しない。

どれもただ起きている自然のしくみ。

 

これを読んで下さっている皆様はきっと・・・とても、大切な、深い意味を受け取ってくださることでしょう。

偏らないように、受け入れてください。見究めて下さいね。

そこに最善が起きています。

どちらか一方ということはあり得ません。それを求めることは反れます。

気を付けて^^

☆☆☆☆☆

10/21 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/294918

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

『お金で不安を解消していた』モニター感想

ダイアローグ(メンタルセッション)モニターさん(計10回)の

5回目が終了しました。

これは継続してセッションを受けることのメリットとしてのケースモニターです。

 

クライエントさんから

「本当にこのセッションを受けてよかった」

とのお言葉をいただいて

私も本望な想いです。

一回では得られなかったであろう展開と結果。

 

引き続き、感想です。

 

4回目:

今日はお話出来てよかったです。

相手に対する怒りは、お金に対する不安から生まれてきたように思います。
お金を持っていない自分に自信が持てないことがあります。

今回セッションを受けたことで、お金で不安を解消しているようにも見えてきました。

 

 

今まで気づかなかった自分のコアビリーフ、

無意識(潜在意識)に気づくと

今までの問題が見えてきたり、

問題でなくなったりします。。。

本当の想いに触れることができればいいんです^^

 

特別料金モニターは9月末まで募集!

詳しくはクリック→

https://ameblo.jp/recare/entry-12400508115.html

☆☆☆☆☆

9/30 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/284329/

東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876

子供のできないあなたへ

(アメブロからお越しの方は★からお読みください)

本当は違うことをアップしようとしていたけど

ふっと、浮かんできたので・・・

子供ができなくて落ち込んでいるあなたへ。。。

私が救われたメッセージや私が経験した想いや伝えたいこと・・・

「きっとできるよ」と言ってあげたいけれど。きれいごとのような気もする。

でも、これだけは伝えたい。

あなたのせいじゃないよ。

だから自分を責めないでね(*´Д`)

数値のせいでも、身体のせいでも、運命のせいでもない。適当に思い込まない、決めつけない。しっかりと自分と向き合うこと。向き合うことは反省することじゃない。責めない。

そこを勘違いしちゃだめ。原因だけ探しても子供できない。病気といっしょ。自然の摂理。

不妊治療の前に、「できない」と思う前に本当に欲しいのか?と問うてみる。。。

妊活に本当に必要なのは、大事なのは・・・

 

意識

 

「こんな風に育てよう」とか「一緒にこんなことしよう」って赤ちゃんのことを思うこと。(自然に心から出てきてる?未来のことだけど「今」楽しむこと。)

私はただ「子どもが欲しい」「子どもができない」と思っていた。できない事実にフォーカスするばかりで悲嘆にくれてた。。。子供を授かるためだけに「今」をないがしろにして子供のいる”自分”ばかり夢見て、、、

「赤ちゃんができたらこれしよう♪」とか「子どもと一緒にいる幸せなイメージ」をせず、ただ「子供が居るのが当然なのに私にはなんでできないの?!」みたいに思っていたかも。

子供が居なかったら女性として何のために生まれてきたの?なんて思っていた。ひどいわぁ、、、いまさらながら自分で自分を否定しまくってた。そんな母親のところに赤ちゃんも来ないわね(笑)当時、苦しくて怖い顔してたと思うし(笑)

赤ちゃんのことを考えてなくて、自分も否定していて、そのときを楽しめてもなかった。そこに気づけなかった。。。

 

胎内記憶で有名な池川明先生の本とかブログ読んで愕然としたり、あきらめつきました。これ読んでみて→

https://ameblo.jp/kosodateqa/entry-11976177433.html

『できない人生もある』ということもある。

人それぞれの道がある。子供が必要な人、そうじゃない人。女性だからって子供を産まなくちゃいけないわけでもないのにそこにとらわれていただけだったかも。。。

もしかしたら「子どもをつくらない」と決めたのかもしれない。

「他に役目がある」からかも?

自分の産んだ子供だけではなく、他人の子供を育てる役目もある。

「子どもから学ぶことがない」

「子供を通して幸せを感じないから子供ができない」

ということもある。

(この反対もある。子供から学ぶために何人も産む場合もある)

 

私も何年も「子供ができない」と悩んでいたころ苦しくて、孤独で、自分を責めて、、、どうしていいのか途方にくれたり。。。

自分のストーリーの中にいただけだったと今では思うけれど、、、産まないでよかった、と今では思えてる。(私はね^^)授かるものを無理やり作ろうとは思えなかったしね。

 

それぞれの悩み、試練があります。

でも、今一度、どうして子供が欲しいのか?を考えてみて下さい。不妊治療や漢方や高額セミナーやセッションやサプリメントに時間とお金かける前に。。。

子どもができたら何がしたいですか?どんなふうに遊びたい?旦那さんとは話し合ってる?そんなことを考えて。。。感じて。

子供がいるから幸せ→幸せだから子供ができる

考えのシフト。「いま」ワクワクしてますか?

で、やることはやる。妊娠しないのは女性だけの問題じゃないことも知ってほしい。一人で作るんじゃないんだから。精子、何よりだいじ!!!種が悪かったら育たない。男女ともにケアも必要。

お父さんとお母さんが仲良くしてないと楽しそうじゃないから。赤ちゃん見てるよ。空の上から。楽しいエネルギーを感じたら空の上からタイミングを見計らってやってきてくれるかもしれない。。。子供は親を選んでくる、という。

できない人はじつは本当に欲しくなかったのかも、と納得して自分の人生を生きれるかもしれない。

大切なことは子供が居る、いないにかかわらず自分らしく生きること、楽しむこと。あきらめたとたんに懐妊するのは意識が変わったから。意識を変えようとしてもダメ。変わったのは結果でしかない。

どちらにせよ、

腑に落ちたら、苦しみはなくなっていますから。

前世に聴くもよし、子供に話しかけるもよし、自分のセクシュアリティに向き合うのもよし。

必要でしたらご相談ください。

心のケアではヒプノセラピーやメンタルセッション、リフレクソロジーでも妊活ケアしています。

☆☆☆☆☆

9/30 まじめなセクシュアリティのお話(11月もあります)

⇒ https://resast.jp/events/284329/

東京都 EFT(タッピング)セルフケア講座

⇒ https://resast.jp/events/284327/

10/21 医学&スピリチュアルから観た女性の身体トラブル

https://resast.jp/events/292099

双葉お茶会(瞑想やお話

本質への気づき「カフェ・プラクティス」

毎月第3木曜日 19:00-21:00

https://www.reservestock.jp/page/event_series/28876