介護でぶち当たる親との関係

(アメブロからお越しの方、★の下からお読みください)

いざ介護、、、となったときに
親との確執がある人は何もない人より
一層ツラいものとなります、、、

私は母親に愛されてない!という想いから
「愛されていた」に変わり、

最後にきちんとお別れができて本当に良かったと思います。

しかし、姉は全く真逆でした。。。

『親の面倒なんて見たくない!』

『親に育ててもらったんだから面倒みなくちゃいけない』

どちらにしても・・・
介護でぶち当たる、蘇る、向き合わされる
親との確執、、、

それは子供の頃のあの感情や出来事のせいなだけ。
信じ込んでしまった想いを消化させれば
介護はもっと楽しくなる。。。

親が嫌い

親に愛されていない、と思ってた人は多い。

それは本当に愛されていなかったわけではなく
ちょっとした勘違いが大きな傷となって信じ込んでしまう。

(ここではネグレクトや虐待などがないいわゆる健全な家庭という前提の話)

本当に些細なしつけの言葉や冗談が子供の一生を決めることもある。
3~7歳くらいまでの子どもは潜在意識が優位で何でも信じる。そのまま吸収する。
ビリーフをつくっていく時期なのだ。

『言うこと聞かないと嫌いになっちゃうよ』
『なんてトロい子なの!』
『お姉ちゃんなんだから我慢しなさい』
『うちの子じゃない』

私は兄に『橋の下お前はから拾われてきたんだぞ』
というのをよく言われて泣いていた。

それと親には『当時、お金がなかったからお前は産むかどうか迷ったんだよ』
って言われたのがひどく心に残り、そこからずーっと私は
「産まれてきちゃいけなかったんだ」
という想いを抱えて生きてきた。

だから一人生きなくちゃ、迷惑かけないように、甘えちゃいけない、ねだってはいけない、、、と思って自分の欲しいものは欲しいと言えなかった。

そしてヒステリーな母親だったせいか「母は私が嫌いなんだ」という
ことを真実にしてずっと気にいられたいと思いながらも
母を憎んで生きてきた。というか、遠い存在だった。。。

父がクモ膜下出血で倒れてから10年がんばった母が胃がんを発症して
一年半ほどで亡くなった。

母が嫌いで大好きな私、、、

それはじつは姉も兄もいっしょだった。

みな、母に「愛されていない」と感じ、母の愛を欲していた。
だから母を憎み、イジメていた。

何かと言えばみんなで母に怒ったりしてそうやって接触を図っていたのだ。

人は愛されていない、と感じて生きていると自己否定し、自己価値の低い人間になる。

ところがこれらはほぼ勘違い。

私の場合、生きる価値がない人間だと苦しみすぎて大人になってから自己探求して、ヒプノセラピーに行き着き、そこで信念が変わった!

キネシオロジーの本を読んでいて、ヒプノ(催眠)がいいのでは?と思い、
講座を受講したのがきっかけだった。
退行催眠の授業で受講者同志で練習していた。
母のお腹の中に居る私。。。

「産むつもりじゃなかった」
ということを信じていた私が観たのは予想もしない母の姿だった。

そのとき観えた母は生まれた私をしっかりと抱きしめて愛おしい顔で微笑んでいる姿だった…

それを観た途端、

「愛されていた」

と180度真実が変わった!

涙が止まらなかった…

そこから私は母への態度が変わった。
やっと母と心から話して、関わって、一緒に時間を過ごしたい!と思った。

と思った矢先の母の胃癌の告知だった。

病院の付き添いと変わった。
でも、私にとってそれが母とのとても素晴らしい時間となった。

初めて母と色々と話して、母の気持ちを素直に聞いたり、穏やかに話すということを初めてしたのだ。

私の「親に愛されなかった」と言う勘違いだけでこれほどまでに現実が変わることを痛感した。
思っていることが、私が、変わったことで(しかもあの一瞬で)
これほど母との関係が変わるのか?と思った。

しかもなんと!「産むか迷った」は弟のことだと母と話して初めて自分の勘違いだったと気づいて笑った(笑)

一方、姉は苦しそうだった。

長女によくある「しっかりしなくちゃ」とか無意識に甘えられない心理で
母につらくあたることは唯一の姉の母への愛情表現だった。

常に母を心配しながら母をなじっていた。

いざ、もう母は助からないと母の死が近づいているとき、
自宅介護しなくてはならなくなった。

ずーっと姉は母のやることなすこと気に入らなくて、怒っていた。

母の弱って行く姿がきっと受け入れたくなかったんだと思う。
ガリガリになった母へまだイジメまくっていた。

一生懸命やる姉、身体が弱ってまともに動けない母。ボケてきてもいた。。。
イライラする姉、ツライ母。

そんな毎日を姉の子どもたちもツラかったんだろう、兄や私へその怒りを向けてくる。

ものすごい憎しみの連鎖。

私もツラい。皆がツラかった。

親は自分を映し出す

母はまさしく、私の鏡だった。
母の嫌いな部分は私が否定している部分であり、
じつはそれこそが自分だった。

親の嫌なところは自分が自分を嫌っている、勘違いしているところだ。

母は良妻賢母ではなく、本来は自由でいたい人だった。
そこが嫌で、姉も兄もみんなで母親としてサイテーだと思ってきた。

自分の母親像を母へ求めていたのだ。

でも、今思えば、母はとても自分らしく生きていた。
生きたい人だった。
なのにそれができないとき、ガンになっていた。

祖母を介護していたときに乳がんになり、
父を介護していたときに胃癌になった。

自由が奪われて、誰も自分の味方になってくれない母はどんな気持ちで介護していたんだろう・・・

祖母を結局2人とも引き取っていた。

毎朝、起きると祖母の排泄物がある生活を一時期していた私はいつしか介護というものが恐ろしいものだと信じ込んでいた。

介護が嫌だ、老人が嫌い、なんて言う私は冷たい人間だ、と思っていた。

「そんな経験していたらそう思っても当然だよ」

という友人の言葉で我に返った。

責任感が強い人は一人でがんばってしまうものだ。

姉もそうだった。

一人で生きなくちゃ、親を頼ってはいけない、と信じ込んでいたから
親は常に子供の私たちの期待に添うようにダメ親だった。

そう、その親は私が創っていたのだ。
見事に親は子供の思い通りになってくれた。

姉は姉の母との関係があった。

最後まで姉と母は犬猿の仲だったけどいつも一緒にいた。
喧嘩が二人の間を取り持っていた。

私は母にリフレクソロジーで接することができて母に触れることで愛を交わした。
そして、最後に母を抱きしめて「産んでくれてありがとう」と心から思えて伝えた。

こんな日が来るとはおもってなかった。
後悔はなに一つなく、素晴らしいお別れだった。
母を嫌いなまま、愛されてないと思ったままだったらずっと引きずった人生だったろう。

そして、足ではなく「手」だ!家族の手、身近な友の手、が必要だと
ハンドリフレクソロジーの講座をやるようになったんです。

なにせ、どちらも癒されるから。
でも、触るのも嫌だ!って人は多いんです。
そんな人はやっぱりヒプノセラピー(潜在意識ね)をお勧めします。。。

生きている間に確執は取っておいたほうがいいから。

介護であぶりだされる親との関係を解消する

愛されてなかった、というのはほぼ勘違い。
身近だからこそ起こる摩擦。

親だから感情的にもなる。

介護で疎遠だった親と接触せざるをなくなるとどうしてもその触れたくない問題と向き合わされる。

それは結局、過去に信じ込んだ勘違いである。
そこにくっついているのは感情。
その感情にアクセスしてあげれば信じ込んでいた思いこみだったと気づく。
すると親どころか人間関係までもが変わる。

そこを解消していくと本当の自分になる。

なぜなら自分の意識で現実はなりたっているから。

よく聞く親の愚痴。

介護も主体的にやるのと「やらされている」とでは全く違うものになる。

父はいつもユーモアを用いていた。いや、母もだった。
祖母がぼけていたことを楽しそうに子供に話していた。
それはわざとかもしれない。
でも、それで家族は救われていた。

父は祖母に「愛されていた」感覚があった人。
母や実母に「愛されていなかった」と育った人。

父の母を見て、私は「親に愛される」とは結局思い込みによって現実はつくると教わった気がする。

憎しみというのは結局「愛して」の裏返し。

その「愛して」を自分が自分へ向けていないことに気づくことで
相手を愛せるようになり、愛されていたことに気づくのだ。

すると、関係は変わる。

がんばらなくていい。
介護に正解はない。

それぞれのやり方でいい。
気楽にいくしかない。

ちなみに認知症は関係性でやめさせられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★コロナ限定割引クーポン★(半年有効:2020年まで有効)
※10名限定 売り切れ次第終了

★ホリスティックリフレクソロジー
1回 ¥7.700→ ¥7,000(税込)
2回 ¥15,400 → ¥13,000(税込)

★代替補完リフレクソロジー
1回 ¥5,500→ ¥5,000(税込)※初回 は+¥1,000
2回 ¥11,000→ ¥9,500(税込)

★自己受容ブリースセラピー
1回 ¥10,000→¥9,000(税込)
2回 ¥20,000→¥17,000(税込)

★ヒプノセラピー
1回 ¥19,800→ ¥18,000(税込)

★ダイアローグ(トークセッション)
1回 ¥6,600→¥5,800(税込)
2回 ¥13,200→ ¥11,000(税込)
※オンライン可

購入されたい方はメールか電話、メッセージ下さい!
book★hsrecare.com ★→@
080-5462-5286 --------------------

さて、無料イベントもやります!
コロナをいっしょに乗り越えよう~!!!

いっしょに踏ん張っていこう!!!
今こそ人生をより豊かにするチャンスの時期!

下記イベントやキャンペーンで繋がってくださいね~

★初めての方限定 無料オンラインセッション★

https://resast.jp/page/reserve_form_week/7600?course=61677

5/3★リケア無料オンラインサロン★

https://resast.jp/events/427994

★ハンドリフレクソロジー無料動画★

★10回セッションキャンペーン★5/10まで(開始は6月からでも可)
https://resast.jp/page/reserve_form_week/7600?course=66430



投稿者: 44歳から人生変容!レゾナンスタッチセラピー心身ケア!ホリスティックスタジオ・リケア

根津駅から徒歩1分の心身ケアルームのタッチセラピスト渡辺きみえです^^ 2010年〜 心身一体として両面からの根本ケアと人生変容ケアをさせて頂いています。 人生何をやるにも氣づいたときがそのとき!遅すぎるとあきらめないことが実現の第一歩✨変容も覚醒も人生の愉しい通過点♫なぜか私に会うと恋愛がうまくいったりいいことが起きるらしい🌈ので確かめにお越しください😂 繊細/敏感/HSP気質など特殊感覚の方も安心してリラックスできるやさしいタッチケアと「今まで体験したことのない新しい感覚・氣持ち良さ」が人氣です✨ 血流、氣を通すことで心も身体も両面をケアして本来の生命力を養います。 人生も身体も不調は本来の自分に戻ることで健康に✨ 自己受容、自己愛、自己肯定感ケア、女性の不調ケア、男女のパートナーシップ、メンタルケアで人生を豊かにするお手伝いをしています。 現在、個人セッションの他、「あなたの手が神の手!プロジェクト」としてハンドリフレクソロジーで介護やセルフケアに役に立つケアの本質、タッチングやスキンシップの大切さをお伝えしています^^ https://hsrecare.com/ws  新情報はFacebookで^^https://www.facebook.com/HolisticstudioreCare エヴァセラピー専用ページ→https://info59502.wixsite.com/evatherapy

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。